先日、初めてバイクを購入しました。(原付ですが…)。
中古も中古、販売場所がディスカウントショップだったこともあり、シートは破れているは、タイヤはパンクしているはで、拾ってきたようなバイクだったのですが、とにかく安かったので購入しました。
だが、さすがに、シートは堪えればどうにかなるが、パンクは法的にもヤバイので交換しようと思っています。
「自分でやろう」と思い、やりかたを調べ、必要な道具を調べしているのですが、そのうち、ふと思ったのですが…。
道具をいろいろと揃え自分でやるよりは、ガソリンスタンドにでも持っていき、頼む方が安上がりだと思ったのですが、どうなのでしょうか?
確かに、一度道具を購入すれば、後は安上がりなのでしょうが、とりあえず、金銭的に目下のところゆとりがないもので…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

道具。

精々2万キロに胃一度の出番。無駄。

街道沿いのバイク用品&修理専門展で交換すればタイヤ代金3,000円、工賃2,000円といったところか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やっぱり、そんなモンですか。
とりあえず、タイヤ持参で、後は近所のガソリンスタンドにでも丸投げしようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2017/02/17 18:28

>後は近所のガソリンスタンドにでも丸投げしようと思います。



バイク用のタイヤ(特に原付)は、取り扱いしないスタンドが多いですよ。
バイク屋かパーツショップでタイヤ購入と取り付けを依頼するのが良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか…。

お礼日時:2017/02/18 00:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイク250の廃車手続きについて質問です。 他県のナンバーを、地元の陸運局で廃車手続きを行うことはで

バイク250の廃車手続きについて質問です。
他県のナンバーを、地元の陸運局で廃車手続きを行うことはできますか?詳しいこと分かる方、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

廃車の抹消登録手続きは、他県ナンバーでも、どこの陸運局でも手続きができます。廃車の手続きには、「移転抹消、又は転入抹消」という手続き方法が必要となりますが、通常の廃車手続きに、若干の書類が増えるくらいの事なので、特別難しい手続きにはならないでしょう。

http://haisha.keiaisha.co.jp/haisha_taken.php
http://scrap.support-carlife.com/kenngai-haisya.html

Qパンク修理について

リトルカブです。パンクしました。
修理方法について教えてください。
1.車体から外さないで直したほうが楽でしょうか。外したほうがいいでしょうか。
2.外さない場合はどんな問題がありますか。外す場合はシャフトはどうやって外しますか。
3.タフチューブは修理がきくのでしょうか?パッチはあてるとして、また充填材かなんか入れるんでしょうか?
4.寿命(何回パンク修理が可能か)はどのくらいと考えてておいたらいいのでしょうか。
5.標準作業時間はどのくらいとすればいいのでしょうか。
6.タイヤは数万キロ走っていますが。溝は基準内充分です、年数による交換時期の目安はどの程度でしょう。

バイクのパンク修理は数十年ぶりで少し動揺しています。

Aベストアンサー

1.タイヤの脱着(ホイールから)に慣れていれば外さない方が楽です。
2.外さない場合、作業はやりにくいですがブレーキなどの組み付けミスが防げます。
シャフトを外す時、前輪は特に問題なかったと思います。後輪の場合シャフトを抜く時にマフラーにぶつかる場合があるので、リヤショックのナットを外しスイングアームをずらす必要があったと思います。
3.たぶんタフアップチューブだと思うんですけど、厳密に言えば修理可能ですが、二重構造になっている為に修理不可です。タフチューブ(確かオフロード用)は修理OKです。
4.最大で5箇所位だったら交換したほうが良いと思います。
5.外さなければ15分、外す場合F20分R30分位あれば出来ると思います。
6.タイヤのゴムが硬くなった時と横にヒビが入った時。

ついでに数万kmチューブ交換してなければ、チューブの寿命と考えて交換した方が良いのではないでしょうか。チューブがタイヤとの摩擦でダメージを受けている場合が多いです。
ホイールを外して作業する場合、組付けには十分気をつけて下さい。特にFだったらスピードメータギヤ、Rだったらブレーキ回り。
Rブレーキをミスると走行中ブレーキを掛けた瞬間ロックすることがあります。
以上、長文失礼しました。

1.タイヤの脱着(ホイールから)に慣れていれば外さない方が楽です。
2.外さない場合、作業はやりにくいですがブレーキなどの組み付けミスが防げます。
シャフトを外す時、前輪は特に問題なかったと思います。後輪の場合シャフトを抜く時にマフラーにぶつかる場合があるので、リヤショックのナットを外しスイングアームをずらす必要があったと思います。
3.たぶんタフアップチューブだと思うんですけど、厳密に言えば修理可能ですが、二重構造になっている為に修理不可です。タフチューブ(確かオフロード用)...続きを読む

Q自宅前でパンク→JAF無料レッカーサービス受けられる?

JAF会員です。
10キロ以内無料のレッカーサービスがあったと思いますが、旅先でなく自宅前からショップまでも適応されますよね?
その際は自分もJAFの車で同行って事になるのでしょうか??
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
私も会員です。
JAFは5KMまでが無料です。
もちろん旅先でなく自宅前からショップも適用されます。
JAFは本人がいないと持っていきませんよ。
(よっぽどな事情がないとだめです)
同行するのはよくわかりませんが、なんらかのトラブルが起きないとも
限らないので同行することをお勧めします。
JAFホームページ(PC用)だけ貼り付けときました。
http://www.jaf.or.jp/
一番いいのは#8139で連絡して受付の方にご相談されたらどうでしょうか?
ちなみに5KMの無料だけでなくあなたが契約している自動車保険会社によってはキャッシュレスのサービスがついてたりすることもあるようです。その辺のこともあるのでJAFに連絡して聞くことをお勧めします。

参考URL:http://www.jaf.or.jp/

Qどこ向けの逆輸入車か調べる方法

中古でTDM850(96年式)を購入しました。
ふと疑問に思ったのですが、マイルメーターが付いているのはヨーロッパ仕様ではないのかな。
どこの国向けだったのかってどうしたら調べられるのでしょうか?

Aベストアンサー

オートバイの逆輸入車の場合でしたら、フレームNo.、リフレクターのサイズや取り付け場所、ヘッドライトの常時点灯設備、キャブレターの仕様(排ガスや馬力規制)等である程度輸出先が分かります、おっしゃる通りTDMでマイルーメーターがついているのでしたらアメリカとカナダ仕様の可能性が高いのですが、ヘッドライトが常時点灯で無ければカナダ仕様の可能性が高いと思われます。

Qバッテリーが充電しているか調べるチェッカー

アイドリング時や回転を上げたときに発電の余力を充電に廻すと思いますが
それを知ることができる機械は売られていますか?

ネットの某サイトでバッテリーコネクタに取り付けて、プラスなら充電中、マイナスなら消費中(発電が追いつかない状態)を数値化して表示している機械(ハンディタイプ)が画像にあったのでそういったものを欲しいと思っています。

Aベストアンサー

最近の車ではあまり見ませんが、アンメーターという計器があります。

これは自動車の文字通り充電状態を監視するための機器で、通常のものでは通電していないときに針が中央にあり、充電中は+側に放電中は-側にそれぞれ触れるようになっています。

取り付けにはそれなりのスキルが必要ですが後付のものも販売されています。
それなりのスキルと書きましたが、いい加減な配線をするとまず間違いなくトラブルを起こしますので要注意です。
それというのもこのアンメーターの回路にはスターターモーター以外の全ての電流が流れることになるので十分な太さの(電流容量を持った)電線で確実な接続方法をとって設置する必要があるのです。

いい加減な配線をすると配線の焼損や電圧降下・充電不良などの原因になります。また、スターターモーターの母線(スターターモーターにつながる太い線)はアンメーターを通さないように別に配線する必要があります。スターターモーターの動作電流は起動の瞬間には数百アンペア以上になりますので、この電流をアンメーターに流してしまうとアンメーターが破損する場合や、アンメーター内部での電圧降下によりスターターモーターが動作しなくなります。

もっと、お手軽にと言うのであれば電圧計でのバッテリー状態の監視も有効です。こちらは直接充電電流を計測することは出来ませんが、バッテリーの電圧を把握することである程度状態を管理することが出来ます。取り付ける場合もこちらであれば、配線に大きな電流が流れることもありませんので、IG回路から分岐して取り付けるだけで済みます。

運転中常時監視すると言うのでなければ秋葉原などの計器屋さんで直流電流計を買ってくれば出来ますが、接続にはちょっとした電気回路のスキルが必要でしょう。もっと簡単に出来る機器ではクランプメーターと言う計測器があります。
こちらの機器であれば計測しようとする配線を挟むだけで電流や電圧の計測が出来ます。

クランプメーターにはDC(直流)AC(交流)兼用タイプとA専用のものがありますので、必ずDCで使えるものを選ぶ必要がありますし、レンジ(測定できる範囲)も30A以上は欲しいところですね。最近では安価なものも出ていますので、精度をそれほど気にしないのであれば廉価品を持っていても良いかもしれません。

クランプメーターの例です。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8-%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB-%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC-%E4%BA%A4%E6%B5%81-%E7%9B%B4%E6%B5%81%E5%AF%BE%E5%BF%9C/dp/B00B3QGFMC/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1409622193&sr=8-1&keywords=dc%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

先端の黄色い部分が洗濯ばさみのように開くので、計測しようと思う電線を黄色の部分の内側に入れる(洗濯ばさみのように挟むのではない)だけで計測できます。

最近の車ではあまり見ませんが、アンメーターという計器があります。

これは自動車の文字通り充電状態を監視するための機器で、通常のものでは通電していないときに針が中央にあり、充電中は+側に放電中は-側にそれぞれ触れるようになっています。

取り付けにはそれなりのスキルが必要ですが後付のものも販売されています。
それなりのスキルと書きましたが、いい加減な配線をするとまず間違いなくトラブルを起こしますので要注意です。
それというのもこのアンメーターの回路にはスターターモーター以外の全...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報