個人事業主です。
青色申告で、個人のクレジットカードで支払っている場合
どのように仕訳すれば良いのでしょうか?
 ※個人のクレジットカードではあるが、この引き落としの口座を
  事業用口座として使用しようとしている。
  個人使用分は、事業主貸で仕訳しようと思っています。

実際の利用期間:11月1日から11月30日
請求書の発行日:12月18日(ご請求年月日 12月分となっている)
クレジットの利用日:12月24日
クレジットの引き落とし:1月27日

例1
11/30 通信費 xxx / 未払金 xxx 11月分使用分
1/27 未払金 xxx / 普通預金 xxx 11月分未払金

例2
12/24 通信費 xxx / 未払金 xxx 12月分?(11月分?)使用分
1/27 未払金 xxx / 普通預金 xxx 12月分?(11月分?)未払金

例を示してはみましたら、これ以外の方法なのでしょうか?

また、もしよろしければ、白色申告の場合の仕訳も教えていただけると
ありがたいです。(やよいの白色申告オンラインを使用しています。)
 ※28年は、白色申告です。29年のことが心配になり、質問しています。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>個人のクレジットカードで…



個人のって、個人事業である限り、事業用の財布や預金はすべて「個人」のものであって、団体のものではありませんけど。

>この引き落としの口座を事業用口座として…

なら、「個人のクレジットカード」などという言葉は全く無意味です。

>請求書の発行日:12月18日…

仕訳とは関係ありません。

>クレジットの利用日:12月24日…

未払金の計上日です。

>11/30 通信費 xxx / 未払金 xxx 11月分使用分…

電気や電話、水道などは 1ヶ月単位で計上すればよいです。
特にご質問のケーでは、毎月 1日~月末が集計期間のようですから、何も問題は起きません。

これがもし 20日締めとかなら、12/21~12/31 と 1/1~1/20 は分けて仕訳しないといけなくなります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

>未払金 xxx 12月分?(11月分?)使用分…

12月分としようが、 11月分としようがどうでもよいです。
とにかく年をまたがないことです。

>白色申告の場合の仕訳も教えていただけると…

白色申告なら、そんな複式簿記による仕訳は無用です。
そもそも「仕訳」などという概念を持たなくてよいのです。
まあ、複式簿記をしてはいけないということはありませんけど。

>29年のことが心配になり…

29年分から青色申告に移行するつもりなら、28年分から複式簿記の練習をしておくのはよいことです。

なおご承知かとは思いますが、29年分から青色申告に移行するなら、3/15 までに届けを出しておかないといけませんのでね。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shi …

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今回も基本がわかっていない質問にご回答いただき
本当にありがとうございます。
再度、お尋ねしたいのですが、白色申告では、
実際の利用期間:11月1日から11月30日を、
11/30に通信費として計上しようと思ったのですが、
これは、間違いなのでしょうか?
10月からプロバイダーを変更したので、10月と11月の
料金が異なるのです。
青色申告に移行するときに、クレジットの利用日が
未払金の計上日とのことですので、
1/24 通信費 xxx / 未払金 xxx 1月分使用分
1/27 未払金 xxx / 普通預金 xxx 12月分使用分
と記載して問題ないのでしょうか?
 ※未払金を貸借対照表で繰り越しておくということ?

お礼日時:2017/02/17 22:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社で11月3日に来た請求書。いつ支払うのが良いですか?選択肢・11月12日,22日,31日、12月31日

こんにちは、みなさん!!

【質問】会社で使った経費の請求を受けました。請求書が来た日が
11月5日。会社には得に【末締めの翌月払い】といったルールがない。
支払える日だけは決まっていて、11月12日、22日、31日、12月31日とある。さて、どの日で支払うのより良いでしょうか?

私は、12月31日に支払う方が資金を後々まで会社に残しておけるから
良いと考えます。

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私なら以下の順に考えますが

1.その請求書に「○○日までに支払ってください」旨の記述があればその日
2.1.の記載が無ければ会社で決めてある基準(末締め翌月末払い等)
3.1にも2にも該当しないならまず上司に確認をしてそれでも決めてなければ当月末(私の経験上だいたいの会社は経費関係は末締め翌月末払いと決めていますが)

Q確定申告/1月分から12月分ですか?

確定申告の初心者です。
ものすごく初歩的でお恥ずかしいのですが
今回申告するのは2004年1月から12月分の
収入でいいんですよね?

Aベストアンサー

>今回申告するのは2004年1月から12月分の
>収入でいいんですよね?
その通りです。

以下の控除対象があれば証明書や領収書、ローン残高証明書などで、一定額または全額の控除が受けられます。
生命保険、住宅火災保険、個人年金保険、10万円以上の医療費(扶養家族の分も含む)控除、住宅ローンがある場合はローン残高に対する控除(控除は収入)、国民年金など、

控除とは税引き前の収入から控除合計を差し引いた収入に対して税額表に基づいた税金がかかります。
つまり控除により払いすぎの税金が数万円~10万円程度税金が還付されるようですね。

Q3月決算で、3月分(4月末納付分)の社会保険料を未払費用にしますが、決

3月決算で、3月分(4月末納付分)の社会保険料を未払費用にしますが、決算伝票の仕訳を教えて下さい。 給与は当月分を当月払いです。

厚生年金 全体 100,000 会社負担 52,000 被用者負担 48,000
健康保険 全体  80,000 会社負担 42,000 被用者負担 38,000の場合
(判り易くするために 折半の金額にしてないです)

法定福利費 180000 / 未払費用 180000 だけでいいのでしょうか。

会社負担分だけで 法定福利費 94000 / 未払費用 94000 なんてないですのね。

被用者分については、調整する必要があるでしょうか。
必要があるということでしたら 上の金額で、仕訳例を教えてもらうと大変助かります

Aベストアンサー

tokyojinさんの説明で思いは伝わってきます。こうして切磋琢磨して確認することは互いに勉強になります。労務担当として自信につながります。

いろいろ確認してきましたが,tokyojinさんと私の意見の違いを発見しました。自治体によって納付日が違うから話の食い違いが起こると言うことでした(^^♪

tokyojinさんの自治体は月末納付・・・・の場合は給与20日給与の月末納付。
damoi(私)の自治体は月始納付・・・・の場合は25日給与の翌月始め納付です。

Q個人事業主です。12月に1月分の家賃を払った時の仕訳について

自宅で個人事業主をしている者です。今年初めて青色申告します。

・地代家賃支払いは事業用の口座から引き落とし
・按分 事業50% 自宅50% 

12/25日に1月分の家賃が引き落とされました。
12月分までの家賃仕訳は、振替伝票で、
------------------
借方
家賃 按分50%円
主貸 按分50%円

貸方
普通預金 家賃全額円
------------------
としています。

決算時の仕訳方法を教えて下さい。

また、別件の質問ですが、
9月など途中で銀行口座を追加した場合は、まず新規で0000円入れますが、この場合の書き方を教えて下さい。元入金?事業主借??

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No1です。

> 前払費用は家賃全額円ですか?
> 通帳には家賃全額円が記載されています。
> この場合、残りの主貸 按分50%円はどのようになるのでしょう??
家賃計上をしたものの期末振替処理ですので、現預金は関係有りません。家賃計上した50%円です。

支払時
(地代家賃)50%円/(現預金)100%円
(事業主貸)50%円/
振替時
(前払費用)50%円/(地代家賃)50%円
です。

Q12月分の給料仕訳について

小さい塾経営をしている、経理初心者です。
通常、月末締めの翌月5日にお給料支払いをすることにしており、
「H27年12月分給料(H28年1月5日に支払い)は12月に未払い費用として計上しなくていい」と商工会で教えてもらいましたが、

H25年に途中入社したA先生に関し、
H26年の12月分給料はA先生の要望で(お金がなかったようで)1月まで待たずに12月中に支払った為、H26に関しては1~12月で計上し、源泉徴収票も同様に1~12月分で作成しました。
同様に、H27年に関しても、H27年12月末の時点で確定した1~12月分の給料を合計し、その金額を源泉徴収票にも記入していますが、この12月分の支払とH27年還付は1月5日に行いました。
一貫性をどこかで持たせるべきだったのだろうと反省していますが(発生月一本でいくか、振込日を絶対に変えず振込日最優先でいくか)今回はどのように処理したらいいのかを教えていただけると助かります。

12月に未払い金として計上しない場合は決算書の給料内訳のページも1~11月分にしないと決算書と合わず、すると源泉徴収票や徴収簿とも合わなくなります。
こういった場合は、H27年分を1~11月の給料として損益計算書にも反映させるべきなのか、
また未払い費用として計上した場合は源泉所得税等(預り金)も含めた総額を未払い費用として計上するのか(決算書の給料内訳のページにも関わってきますが)わからないので教えてください。

小さい塾経営をしている、経理初心者です。
通常、月末締めの翌月5日にお給料支払いをすることにしており、
「H27年12月分給料(H28年1月5日に支払い)は12月に未払い費用として計上しなくていい」と商工会で教えてもらいましたが、

H25年に途中入社したA先生に関し、
H26年の12月分給料はA先生の要望で(お金がなかったようで)1月まで待たずに12月中に支払った為、H26に関しては1~12月で計上し、源泉徴収票も同様に1~12月分で作成しました。
同様に、H27年に関しても、H27年12月末の時点で確定した1...続きを読む

Aベストアンサー

hinode22です。

おはようございます。

>今回2016年の申告時は2014年12月分を含めると重複してしまうので2015年1~11月分の給料とし、既に済んでしまった源泉徴収票や納税との差異は無視して次回2017年の申告時(2016年分)から2015年12月~2016年11月分の正しい記入をした方がいいのでしょうか?

はい。それで結構ですよ。
今までのやり方を変えるのだからパニックになるのも当然です。頑張って下さい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報