忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

大学や大学院で日本語・日本文学を学んで日本語教師になることはできますか?

質問者からの補足コメント

  • 京都府立大か同志社大の国文学科にしようと思っています。どっちがいいかも迷っています。

      補足日時:2017/02/18 10:19
  • 現在目指している大学よりも偏差値が低い大学なら日本語教員養成課程などがある大学が多いんですが‥そこは親に反対されてしまいました。

      補足日時:2017/02/18 14:31

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

#4の回答者です。



>現在目指している大学よりも偏差値が低い大学なら日本語教員養成課程などがある大学が多いんですが‥そこは親に反対されてしまいました。

民間の日本語教師になるなら、別に大学がどこであろうとも、大卒というだけでも十分なのかもしれません。また、民間の日本語教師学校については、私が聞いた範囲でも、実用が優先して、アカデミックの要素がないので、私自身は、あまり関心がありません。

#4でも申しましたが、大学で日本語教員養成をメインにするというのはできませんから、国語科の教員のカリキュラムの中で、将来を考えていったらどうかと思います。これも、また大変なことだとは思います。当然、日本語教員養成講座を考えて大学を選ぶのは、あまり得策ではないと思います。

自分の選べる範囲の中から、ベストの大学を受験するのがよいのではないでしょうか。もちろん、自分が行く大学の校風というのも大事にしたいものですね。

なお、高校二年生で、英検2級をお持ちだというのは、英語はかなりできるほうかもしれません。厚労省の近年の統計でも、高校三年で卒業するまでで、英検2級取得者は3割には満たないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!国語科教員のカリキュラムも視野に入れて考えていこうと思います。

お礼日時:2017/02/18 17:01

昔はね、いろんな人がいました。


いろんな経歴を持ちながら、日本語教師になった人。
英語の先生とか、商社マンだった人とか。

でも最近は競争が激しいし、なにしろ、日本語教育の環境がすっかり整備されてきた。
いま、言語教育が一番しっかりしているのは、英語よりも日本語教育だという人もいるくらいです。

そんな中では、やはり日本語教育を専攻した人の方が優先されます。
日本語教育に必要なのは、日本語の知識だけではない。
日本事情も含みます。
サブカル、政治、経済、歴史、ビジネスマナーも教えなければならない。

あ、もちろん、「もらってやってくれ」って、もらうの?、やるの?、くれるの? なんて質問にもすぐに答えられないといけないのは当然だけど。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはり日本語教育を学ぶ方が良いのですね。わかりました!

お礼日時:2017/02/18 14:26

こんにちは。



>大学や大学院で日本語・日本文学を学んで日本語教師になることはできますか?

最初に前置きから始めます。

昔の話になりますが、私の時代は、大学院について言われました。当時は、大学教授が、文部省管轄で、そういう資格を公的に与えるように働きかけるとおっしゃっていましたが、#1さんのおっしゃるように、結果的には、就職先自体を含めて民間の資格にゆだねているようです。民間でのスクールで、半年間程度の通学するそうです。授業料としては、30~50万円だそうです。数年前に、そうしたスクールのガイダンスを聞きました。それは、#3さんがお書きになったことに譲ります。

大学では、最初に、国語科の教職を取るということが、最優先になると思います。その上で、大学に、カリキュラムを持っていることですが、大学で日本語講座を取ることは、途方もなく大変なことだと思います。まず、それをメインにすることはできないはずですから。

民間の日本語教師としての資格を取るのか、大学で国語学を含めた勉強をするか、ここで目標が大きく違ってきます。#3さんとは別の世界だと思います。

同志社ですと、「日本語教員養成課程」というものがあるようです。

私の頃は別の大学ですが、習得単位は、46単位(2単位を1つの授業と換算しても、23科目、その内、メインの教職と兼ねられるのは、3~4科目) 私の時代では、受講している人の多くは脱落しました。メインの授業が怪しくなってくると、こちらは後回しになってしまいます。卒業しても、当時は何の値打ちもない、ただのディプローマだけです。

実は、その時に、私は、先生に更に勉強したい旨を申し出たら、国学院の大学院を紹介されたのですが、大学院は、まず、コネクションがないと無理だと思いました。ただし、最終的なターゲットは、海外の大学の日本語学科の教師を目指すためのものです。

そのような日本語教師になるというのは、半端のない国語の専門知識です。私の恩師の日本語教師は、元は高校の国語の先生から、大学の日本語の教師(後に、大学教授)になりました。当時言われたのは、近代文学は、江戸時代以降までは、把握していることと、漢文の知識が必要だと言われました。今は、英語などの知識も必要なのだと思います。

それに、本居宣長から始まる、国語学、いわば言語学の知識も必要とするようです。(今はどうなのか知りません。) 今、言語教育のほとんどは、アメリカの大学のものが多いわけで、日本人の学者も、そこで、研究されている人たちもいます。日本語教授法でも、今どき、ダイレクトメソッドで教える先生などはいないはずです。

京都府立大の場合は、中国語が熱心のようです。インターネット検索で「日本語教師」という単語でヒットしますが、それは、私の知っている印象とはかなり違いがあるように思います。

学生時代、私は中国語も多少はかじっていたのですが、その話をしたら、上記のその日本語の先生に、「そんなものは役に立ちませんよ。日本語においては、漢文は、中国語ではありません。現代中国語の発音で把握しようとしても意味がないのです。」と言われ、ハッとした覚えがあります。

**
>京都府立大か同志社大の国文学科にしようと思っています。どっちがいいかも迷っています。
**
それは、たぶん英語が得意か得意でないかで、どちらかに決まるはずです。いかがでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます!
英語は英検2級はもっていて今年のセンターを解いてみたら136点 でした。(高2です。)自分的には得意というほどでもないように思います。

お礼日時:2017/02/18 14:09

国文学科かあ。


ちょっと違うな。

まず、日本語教師というのは民間の資格です。
日本語教育能力検定試験に合格すれば、日本語教師の「有資格者」となります。
ただし、公的な資格ではありません。

くわしくはこちら。
http://www.jees.or.jp/jltct/


さて、実際に日本語教師として働こうとするならば、日本語学校に採用されなければなりません。
日本語学校がどういう人材を求めているかについては、日本語教育振興協会の求人情報をご覧下さい。
こちらです。
http://www.nisshinkyo.org/


そこにあるのは、
1.四年制大学または大学院で日本語教育を主専攻または副専攻で卒業した人
2.四年制大学卒業以上で日本語教師養成講座(420時間)を修了した人
3.日本語教育能力検定試験に合格した人

国文と言うよりは、日本語教育を専攻しないと。
たとえば、こういうところ。
http://u-biq.org/daigakuin.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりやすいリンクも載せていただきありがとうございます。
私が書いた2つの大学では一応日本語学も履修するみたいですが、やはり日本語学というよりは日本語教育を勉強しなければならないということでしょうか?必要であれば大学院などで日本語教育を学ぼうと思っています。

お礼日時:2017/02/18 13:45

どこで日本語教師を目指すかによると思いますが。

。大学などであれば文学修士は最低ラインではないでしょうか。。
    • good
    • 1

学んでも学ばなくてもなれます。


幼稚園~高等学校以外の教師なら資格はありませんし個人教授なら自称するだけです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどうして障害者ってああ言う表記の仕方にされてるんですか? なんとなく「害」っていう字が害虫の害とかそ

どうして障害者ってああ言う表記の仕方にされてるんですか?
なんとなく「害」っていう字が害虫の害とかそういうイメージが強くて、差別されてるみたいであまり好きではありません。
私は、「支援要者」とかの方がわかりやすいしいいと思うんですがね、、

Aベストアンサー

私もそう思う時期がありました。
しかし,最近では語弊があるかもしれませんが,「害」と言う字に囚われているからおかしいと思うのではないでしょうか?
こういう考え方もできませんか?
運動・知覚・思考などが障害されている。
人そのものには害はないが,その人の機能が害されていると考えることができます。
要約するとある機能が障害されている人=障害者としているのではないでしょうか。

Q日本語の長音について(2)

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9485139.html
↑この前はありがとうございました m(_ _)m

でも日本語はやはり難しいですね。長音についてまた疑問が出てしまいました。すみません。

1. 「かわいい」、「カッコいい」などの「いい」は長音だと思いますが、「気持ちいい」の「ちいい」は、もしかしたら、三拍(3モーラ)の長音ですか?それとも、気持ち+いい(二拍の長音)ですか?

2. 「言い方」、「言います」などの「言い」は、長音ですよね。「言」+「い」ではありません、そうでしょう?

どうか教えてください。

Aベストアンサー

1.モーラという観点から見ると、「かわいい」、「カッコいい」、「気持ちいい」の「いい」は、どれも2モーラです。「かわいい」、「カッコいい」は、くだけた感じで発音するときには、「イー」と長音で発音することが多いと思いますが、2モーラです。それに対して、「気持ちいい」は、くだけた感じのときでも、「イイ」と発音することが多いように思います。その理由は、「気持ちいい」は、「気持ち」+ 「いい」と分析(「いい」は「良い」の読み方の一つ)されて、それが発音にも影響するということだと思います。
あなたの最初の方の分析のように、「ちいい」とは、ならないと思います。

2.「言い方」、「言います」の「言い」は、くだけた言い方では、「イー」ですが、普通は、「イイ」と意識していると思います(実際の発音では、長音になっているとしても)。どちらでも、2モーラであることには変わりはありませんが。
あなたの{「言」+「い」ではありません、そうでしょう?}は、何を確認したいのか、よく分かりません。音(オン)だけに注目した分析では、間違いが起こる可能性がありますということの確認ですか。
「言い方」、「言います」の「言い」は、動詞「言う」の活用の一つで、前者は名詞「方」に接続する連体形で、後者は丁寧の助動詞「ます」に接続する連用形です。一体となっている動詞を「言」「い」と切り分けてしまう分析は問題があるように思います(別の議論として、動詞の語幹と活用部分、という内容であれば、この切り分けは正当なものですが、ここの議論とは違うという意味です)。

1.モーラという観点から見ると、「かわいい」、「カッコいい」、「気持ちいい」の「いい」は、どれも2モーラです。「かわいい」、「カッコいい」は、くだけた感じで発音するときには、「イー」と長音で発音することが多いと思いますが、2モーラです。それに対して、「気持ちいい」は、くだけた感じのときでも、「イイ」と発音することが多いように思います。その理由は、「気持ちいい」は、「気持ち」+ 「いい」と分析(「いい」は「良い」の読み方の一つ)されて、それが発音にも影響するということだと思...続きを読む

Qなんで、不定詞を含むさまざまの表現って様々をわざわざひらがなで書いてるんですか?中1だからですか?

なんで、不定詞を含むさまざまの表現って様々をわざわざひらがなで書いてるんですか?中1だからですか?

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10129479250

Q謎の漢字

この画像の漢字について教えてください。

"auspicious : 縁起が良い、幸先が良い" と言う意味があるそうです。

Google文字入力の手書き文字入力ツールも試してみましたが、
該当しそうな漢字が思い浮かびません。

Aベストアンサー

賀 が
ですね、年賀状の賀

http://kakijun.jp/page/12210200.html

Q日本語話者が不自由なく使いこなせるであろう言語は存在しませんよね?

日本語に近い文法構造で漢字カタカナひらがなアルファベットの様に異なる
文字をを使い分ける言語は存在しないと思いますが日本語話者が
ある意味、方言的に不自由なく使いこなせるであろう言語は存在しませんよね?

大雑把に言えばインド・ヨーロッパ語族の話者はアルファベットの英語でありさえすれば
外国移住生活もかのうかとおもいますし、

スペイン語とポルトガル語がほぼ同じ、とか日本語からみれば方言じゃん
と思えるのをみると日本人が外国語をはなせないのがとうぜんのことにおもえますので。

Aベストアンサー

存在しませんよ。

Q白人ですが、仕事で日本語を話さなければならないことになりました。

切符売り場で働くことになりました。日本の歌手のショーなので、日本人のお客様に仕えるために少なくとも簡単な日本語を話さなければなりません。日本人の皆さんにちょっと手伝ってもらえますか。切符を売るために必要な表現と例文を教えてください。
日本語の間違いがあったらごめんなさい。
よろしくお願いします(^^)

Aベストアンサー

切符は大人だけですよね。他には特別なオプションとか無いですよね?

まず挨拶・・・「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」
何人ぶんの切符かたずねる場合・・・「何名様ですか?」
価格を言う・・・「A円でございます」
お金を受け取ったら・・・「B円、お預かりします」
 ※これは客がいくら出しているか確認の為に必ず言います。例えば客は1万円出したつもりなのに実際5千円しか出していないと、お釣りを渡すときに「お釣りが足りないじゃない!」ってことになりかねないからです。
お釣りが無い場合・・・「C円、ちょうどいただきます」
お釣りを返す場合・・・「D円のお返しでございます」
別れ際・・・「ありがとうございます」
それくらいですよね。他に何か必要なやりとりありますか?

あとは、白人の方なのですよね? 外国人にしか見えないなら、多少の言葉の失敗は大目に見てもらえますよ。笑顔で押し切るのも手です。

Q悪い意味で借金をしてまで人に貸すみたいな慣用句を教えてください。

私はとあるメーカーで営業をしていますが、今とても人気で品薄の商品があり、少ない在庫をみんなで取り合っていました。私はリーダーとしてなるべく平素から付き合いの深い得意先を優先するよう指示を出し、得意先の規模に応じて各営業マンに残っている在庫を配分したのですが、ひとりの中堅営業が初めてその商品を発注して来た普段あまり付き合いのない得意先に自分の持分の殆どを出荷してしまいました。
彼は全国でも一番の得意先も担当しており、出荷の翌日その品薄商品を発注して来ました。残念ながら最も優先すべき得意先には欠品の連絡を出しました。
私は普段から部下を叱るときに良く慣用句を使うのですが、このケースに当てはまる慣用句が思いつきません。ニュアンスが合っていれば結構ですので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

直接の慣用句ではありませんが、春秋時代の虞という国の君主が、
家臣に「輔車相依り 唇滅ぶれば歯寒し」と諫められたにもかかわらず
宝玉や良馬に目が眩んで、隣国を討とうとする他国に軍の通過を
認めてしまったために隣国は滅ぼされ、後に自国まで滅ぼされてしまった、
という故事を思い出しました。

「普段あまり付き合いのない得意先」が宝玉や良馬に見えたのかもしれませんが、
結果的には「唇歯輔車」の間柄である「最も優先すべき得意先」を
蔑ろにしてしまったということで。

Q日本語ひらがなに関する問題です。 「心が傷ついていたかもしれません」どうして「傷ついていた」を使うの

日本語ひらがなに関する問題です。
「心が傷ついていたかもしれません」どうして「傷ついていた」を使うのか、「傷ついた」はダメでしょうか。何か違いがありますか?
皆さん ぜひお教えいただけますようお願いします。

Aベストアンサー

「傷つく」が継続して動作が進行するものではない(傷つく前の状態→傷ついた瞬間→傷ついた後の状態、と遷移する)ため、違いが感じられないのかもしれません。
「走っていた」は走り始め、ある程度の時間走り続けて、走り終わったことですが、
「落ちていた」は多くの場合落ちた結果の状態を表しています。「お金が落ちていた」は、お金が落ち始めて、落ち続け、落ち終わったことではありませんからね。
「傷ついていた」も傷ついた結果の状態を表していると考えられる(意識的に傷つき終わることができないことから)ので、「傷ついた」という状態の形容を過去形で表しているのと同じに感じるのでしょう。
(お金が)落ちていた、落ちた、というのと同じと考えると、「傷ついていた」は状態、「傷ついた」は変化の瞬間と考えればよいのではないでしょうか。

Q謎かけがが分かりません

「奥さん美人ですね」とかけまして「部屋の一部」とときますその心は

分かる方いますか?

Aベストアンサー

やーね。(屋根):これは家の一部
あれまぁ。(荒れ間):これも家の一部
正直(障子、木)ですね。本気(本、木)では無いですよね?

Q括弧内の文末の句点

丸括弧内に名詞ではなく文を入れて示す場合には、普通はその文の末尾に句点を書くのが正しいと思います。
例えば、次の(1)では、(b)が正しいと思います。

(1)
(a)自分が掘ってきた(つまり、自力で入手した)のでとても貴重だった。
(b)自分が掘ってきた(つまり、自力で入手した。)のでとても貴重だった。

もしもその文がその丸括弧の直後の名詞を修飾する場合は、その文の末尾に句点を書くのと書かないのとどちらが正しいでしょうか。
例えば、次の(2)、(3)では、(a)、(b)のどちらが正しいでしょうか。

(2)
(a)自分が掘ってきた(つまり、自力で入手した)食材は、ほんの僅かでした。
(b)自分が掘ってきた(つまり、自力で入手した。)食材は、ほんの僅かでした。

(3)
(a)自分が掘ってきた(つまり、自力で入手した)直後だった。
(b)自分が掘ってきた(つまり、自力で入手した。)直後だった。

また、もしその根拠となる文書、指針などがあればお教えいただけないでしょうか。

Aベストアンサー

句読点の打ち方には厳密なルールはなにので、「こうするのが正しい」ということはありません。せいぜい「こうしている例が多い」くらいでしょう。 まず結論だけ書きます。
 (1)は(a)が一般的です。(b)はXとまで言う気はありません。
〈丸括弧の直後の名詞を修飾する場合〉は、よほどのことがない限りマルは打ちません。

 昔書いた知恵ノートからひきます。
【句読点の打ち方/句読点の付け方──簡略版】
https://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n140029
 以下は一部の抜粋(重言)。


⬛︎句点の打ち方
 ついでなので、句点の打ち方の一般的なルールに関しても「赤い本」から引用しておく。 

================引用開始
 句読点の使い方のうち、句点(マル、「。」)については、それほど問題はないと思います。「文の終わりにつければいい」ということはだれでも知っているはずです。「文章読本」に書かれている句点の使い方を見ると、次のような記述になっています。 

1)段落全体がカギカッコなどで始まりカギカッコなどで終わる場合は句点をつけない 
例 「きょうは予報がはずれてひどい雨降りでした。あしたは晴れるでしょう」 
※一般の新聞や雑誌はこうなっている。しかし、教科書の類いはこういう場合もカギカッコの前に句点をつけている。その影響と思われるが、マンガのセリフの場合も、小学館は句読点をつけていることが多い。他社は句点も読点もつけていない。ほかに句読点をつける流儀にしている出版社があれば教えてください。

2)段落の途中に句点があり、その直後にカギカッコなどが続いて段落末がカギカッコなどになった場合は句点をつけない 
例 天気予報は、何度も同じことを繰り返していた。「あしたは晴れるでしょう」 

3)段落の最後の文がカギカッコなどで終わる場合でも、その直前に主語があり、文末のカギカッコなどのあとの述語(「と語った」など)が省略されているときは句点をつける 
例 気象予報士は苦笑しながら「あしたは晴れるでしょう」。 
  この数日の予報がはずれつづけているだけに、さすがに自信のなさそうな口ぶりだった。 

4)文末に注釈などを加えるパーレン(丸カッコ)を使うときは、そのあとに句点をつける
例 気象予報士は苦笑しながらコメントを終えたが、さすがに自信のなさそうな口ぶりだった(笑)。 

5)文章全体の注釈、クレジットなどを加える場合は、パーレンの前に句点をつける 
例 きょうは天気予報がはずれてひどい雨降りでした。あしたは晴れると思います。(談) 

6)改行して箇条書きにする場合は、各文の文末に句点をつける(ただし、箇条書きの内容が簡単な場合はつけなくていい) 

 本によって書き方は多少違いますが、だいたいこんなところではないでしょうか。 
 新聞でよく見かける3)の形は言葉足らずの印象があり、ふつうの文章で使われている例も少ないので、避けたほうが無難です。6)は趣味の問題で、本書では箇条書きの場合、原則として句点はつけていません。 
================引用終了

 下記のような資料もあるが、何がなんだか(泣)。
【文章を書くときに、文末に句点(「。」)を付けないのはどのような場合かを知りたい。】
http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000088455 


 主として「 」とマルの関係、( )とマルの関係について書いています。先行コメントにある教科書が問題になるのは、↑の1)の話でしょう。
 元の原稿は相当古いものですが、当時何冊かの書籍や新聞社の用字用語集を参考にして書きました。先ほど最新の『記者ハンドブック』を確認しましたが、ほとんどかわっていません。
 
 おそらく質問者の答えにはならないでしょう。というのは、この質問の件はあまり問題になっていないからです。
 文中の( )の中にマルを打つのは、ほとんど見ません。
 問題になるのは下記のような例ですかね。
 文章の最後に改行して(1行あけて)注のようなものを書く場合。
1) ※価格は●年●月時点のものです。
2) ※価格は●年●月時点のものです
3) (価格は●年●月時点のものです)
4) (価格は●年●月時点のものです。)
5) (※価格は●年●月時点のものです)
6) (※価格は●年●月時点のものです。)
 1)〜6)のどれにするかは、書き手の自由でしょうね。
 5)6)は(と※が重複気味かも。
 当方なら、1)か3)ですね。個人的には「 」や( )の中が一文ならマルはつけないもので。

句読点の打ち方には厳密なルールはなにので、「こうするのが正しい」ということはありません。せいぜい「こうしている例が多い」くらいでしょう。 まず結論だけ書きます。
 (1)は(a)が一般的です。(b)はXとまで言う気はありません。
〈丸括弧の直後の名詞を修飾する場合〉は、よほどのことがない限りマルは打ちません。

 昔書いた知恵ノートからひきます。
【句読点の打ち方/句読点の付け方──簡略版】
https://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n140029
 以下は一部の抜粋(重言)。


⬛︎句点の打ち方
...続きを読む


人気Q&Aランキング