電子書籍の厳選無料作品が豊富!

カトリックに入信したら苦しい人生から救われますか?

介護、家事、父親からの暴言の毎日。苦しい日々です。
なんでこの世の中に生まれてしまったのか?

私は子供の頃からいじめられ、片目弱視によりほぼ失明。
苦しい日々を送ってきました。

もちろん、わたしより苦しい日々を送っている人も
多くいらっしゃると思います。
貧困や不治の病と闘っていらっしゃる人もいらっしゃることも
知っています。

しかし私は周囲の知り得る人達より、幸せではないことは確実です。
知人のひとりにこう言われました。
「あなたみたいな人生、私には絶対ムリぃ~!
あなたならできるからこそ、そういう人生なんじゃないの?」と・・・・

でも、でも、
私は限界なのです。

もうとっくに限界は来ているのです。

でも生きるしかないから、やるしかないから
生きているのです。
どうにか前向きに考えようとも思いました。

でも無理なのです。

母のシングル介護疲れ、
父から暴言&奴隷のように家事をさせられて・・・
そこで考えたのが、
もしキリスト教(カトリック)に入信したら
私の未熟な考え方も変わり
今までの人生でも幸せになれるかもしれない・・・
ということでした。

宗教に勧められたことはあります。
しかし、新興宗教にはあまり良い思い出がない為
正式なキリスト教(カトリック)に入れば
気持ち的に救われるものがあるのではないかと
思うようになりました・・・。

大人のカトリック信者の方に回答頂けるとありがたいです。
入信したら救われるでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • つらい・・・

    回答に女性希望と書きましたが男性でも結構です。
    私がアラフォーなので、30代以上の方から回答を頂けるとありがたいです。
    現状が変わるとは思いませんが、考え方が変わり少しはこの壊れた、どうしようもない苦悩の精神から救われるになれるかもしれない(考え方が変わり)ということはあると思うのです。ちなみに新興宗教には良い感情がありません。興味はないのです。

      補足日時:2017/02/18 17:29

A 回答 (17件中1~10件)

http://uccspace.net/mweb/index.asp

探して見てください
    • good
    • 0

https://www.cbcj.catholic.jp/
せっかく、公式ホームページがあるのだから分からないことは質問したら良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0

    • good
    • 0

1時間20分、、。

。我慢してお聞き下さい。。僕はこの人の本を読み宗教観が一変

しました。。参考になれば良いと思うのですが。。

    • good
    • 0

新興宗教ではなく、という事は判りますが、なぜ仏教ではなくカトリックを選ばれたのでしょう。


カソリックでもなくプロテスタントでもなく。

もしきちんと調べていて、「カトリックの教えが一番自分に納得できるから」というのであれば良いのですが、
キリスト教は基本的に「正しい人ほど辛い目にあう人生を送る」を大原則としているので現世で辛さから解放される事は無いと思った方がいいです。正しい人が救われるのは死んだ後です。キリスト教(多分その他の宗教の方々も)が現世でどんなに辛くても耐えられるのは強い信仰心から「正しいから辛いのだ。これを耐えれば神はお喜びになる。私が正しい道を忍耐して歩む姿を神は見て下さる」と思うし、見てくれていると感じるだけで辛さも和らぐのです。

対して、信仰心の弱い人は「見てるんなら助けてよ!神さまの癖に!」みたいな感情が浮かんできてしまうので入信したから救われる、と考えているとしんどいかもしれません。

「神はその人の耐えられない試練は与えない、だから与えられた試練は恐れず受け入れろ。」というのもよく言われる事ですが、それはつまり「神は耐えられる人には際限なく試練を与える。」のです。神にとって死は終わりではない為、もし仮に押しつぶされて死んでしまっても、正しく生きた人であれば死後救いがあるので現世に於いての神は容赦ないです。

どんな宗教でもそうかもしれないのですが、救うのは神ではありません。
信じる人の強い信念、信仰心です。

私はどこの宗教にも属していないので現実的な話しをさせて頂ければと思うのですが…。
介護や失明など、忍耐に必要となる人生を送られて大変だと思います。
それは紛れもない事実で、あなたより大変な人生を送っている人がいるとかいう事実とはまた別問題です。
それを混同して「自分はなんて駄目な奴だ」等思わないように気を付けて下さい。辛いものは辛いんですから他人と比較する必要はないです。そしてそれは幸福も同様です。「どうして自分だけが不幸なのか」とも思わない事です。それを考え出すと際限がありません。
辛さに耐えるための宗教も勿論構わないのですが、もっと別の人(行政など)にもなりふり構わず助けを求めてみてはいかがでしょうか。精神科のカウンセラーでもいいかもしれません。知恵を貸してくれるかもしれないので。
    • good
    • 0

高校生の時カトリックの洗礼を受け、現在ほぼ毎週教会に通っている60代の男性です。



まず、カトリック信徒になることが、あなたのいう意味での「人生の苦しみから逃れるための特効薬」になるのかどうか、「御利益」になるのかどうかと問われれば、それは疑問と答えざるをえないでしょう。なぜなら、幸せと言うものは、信徒になったりすることで自動的に「与えられる」ものではなく、そこからあなた自身が「掴み取る」ものだからです。「人間は、自分がなりたい者になる」と言われますが、それをわかりやすく解説した心理学者に「アドラー」がいます。是非、アドラーの心理学を学んでください。ベストセラーの岸見一郎著『嫌われる勇気』を読めばわかりやすいと思います。

さて、カトリック信徒になる意味について考えてみましょう。

私に置き換えてみると、私は、親戚にカトリック信徒が多く、学校もずっとカトリックのミッションで同級生にも信者が多かったので、カトリックになることが自然でした。しかし、直系の家族は信徒ではなく、むしろ仏教や神道に親近感があった反面、キリスト教に内在する排他性に強い抵抗感がありました(今でもあります)。

これまでを振り返って、カトリック信徒になったことによってどんなメリットがあったかと問われれば、やはり「自分の軸」が出来たことではないでしょうか?人が生きていくためには、夫々「自分の軸」が必要だと思います。ある人にとっては「仕事」だったり、「家族」や「友達」だったり、「お金」や「名誉」だったり、色んな人がおられます。でもそういった世俗の価値に比べ、「信仰」という価値観はかなり盤石で、ちょっとやそっとでは揺るがないものだと思いますし、そうした精神的な「自分の軸」を持っている人は、いざという時逆境に強い、ナチスによるユダヤ人迫害でも生き残った人の多くはそんな人だったという記録があります(フランクル著『夜と霧』:霜山徳爾訳、池田香代子訳があります)。人生はあなたの言う通り、決して良い事ばかりではありません。辛い時、自分一人ではなく、家族や友達、そして神様がいつも一緒にいて下さる、という安心感は何物にも代えがたいと思います。

そういう意味で、早計にご利益を求めるということではなく、先ずカトリック教会の門をたたき、神父様や信徒の皆さんと仲良くなり、色々話を聞くだけでも有益だと思います。
    • good
    • 0

>ただ姓名判断は信じない訳ではありません・・・。

占いはお金もかかりますし、そんな余裕があるなら、母の抜けてしまった歯を入れるために貯金をしたいのです。今も私はほとんど漢字の名前を使って生活しておりますので。(文字数でひらがなだと孤独になるとか出たので・・・)
でも、漢字名になったので、アラフォーという年代ではありますが、これからわたしは良いことがあると信じて生きていきたいと思います。

カトリックに入信するということは、こういう考え方を捨てることです。カトリックに入信したいと言って、何故神様ではなく、占いを信じているのですか。聖書にも占いをしてはならないと書いてあります。もちろん、母のために貯金するのは構いませんが。No10さんの言っている「ちゃんとした霊能者」の意味はよく分かりません。(そんな人いるのかと思います)
(最初にカトリック教会に行ったときにここまで厳しく言われることは少ないとは思いますが、占いや姓名判断はカトリックの教えに反するものです)

また、カトリックに入信したからと言って、先祖供養が禁止されることはありません。
    • good
    • 0

カトリックに入信しても今の状態から抜け出せるともおもえません。



ちゃんとした霊能者を探した方が良い導きして貰えるはずです。
その方がよいとおもいます。

勿論、お布施をいくらとか高い金額を提示してくる所などは絶対ダメです。

とりあえず、母親の介護は
入所はなかなか難しいけどロングショートの支援を受けれるようにケアマネに相談し(介護がどこまでの状態なのかわかりませんが…)
暴言を吐く父親の家から出る事から始めませんか?


今までよく頑張ってきたのだから、もう自分を大切にして下さい。
自分を守れるのは自分しかないのです。
行動しないと何も始まりません。

カトリックより
ご先祖様をちゃんと供養してあげて下さいね。
そう導いてくれる方に出会える事を祈ってます。
    • good
    • 0

興味があるなら、近くの教会でミサを見学してください。

飛び込みでも構いませんが、信者ではない(他のカトリック教会で洗礼を受けていない)ことは分かるようにしてください。話を聞いてもらえるとは何のことでしょうか。カトリックは信者同士のつながりが弱いので(私はこれをカトリックの長所と思っていますが)信者同士の話し合いも少ないです。神父様に余裕があれば話を聞いてもらえるかもしれませんが。カトリックでは(プロテスタントでもそうかもしれませんが)「幸せ」など人間には定義できない(あえてできるとすれば天国に入ること?)のです。新約聖書の山上の垂訓を読んでください。通常では、とても幸せと思えないことが幸せであるとが書かれています。悲しむ人は幸い、迫害されるものは幸いなどが書かれています。姓名判断や占いは基本的にはカトリックでは禁止されています。社会生活上困るような変な名前を付けれれているなら改名は構いませんが。
    • good
    • 0

その昔・とある宗教に入った人、最期には「田売りたまえ・畑売り


たまえ」って一家離散した人を見た事有ります!宗教って何だろう
カトリックに入ったからと言って幸せには成らないと思います!
其れより自分の心を良く聞いて呉れる「友達」だと思います、別に
宗教が悪いとは言いません・又市役所の相談窓口に行って見るとか
俺は無神論者ですけど「苦しい時の神頼み」では無く如何にして
自分の苦しみ悲しみ辛さをシッカリと聞いて答えを出す様な・友達!
だと思います、字画で或る時・絶頂な人の画数を褒め称えてた!
その人が賄賂で捕まり裁判に・そうしたら何と掌を返したように!
イエスが貴女を助けるのではない、人間誰かに話を聞いて貰うと
少し気が楽に成りますよね!其処に助言を貰うと頑張りますよね!
ボランテアで手伝いに来る人は信者ですよね・連帯ですよね!!
行政機関に相談し少しでも母の介護を楽にするか 時間を作るか
そして自分のこの先の事を一生懸命考える事・そして良き友達・
相談者を早く見つける事だと思ってます!!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す