@@ Association of Spread and Promotion

@@ASPと略して問題ないでしょうか?
それとも別の略でしょうか?

@@(は固有名詞)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

問題ないと思います。



英語の略語は各単語の頭文字を取って三文字にするのが主流ですが、業界によっても異なりますのでわが社の略語はこれだと主張すればいいことです。業界や取引先以外の人にも理解してもらうために略語を大きく書いて、その横か下に小さな文字で会社のフルネームを書くのが普通です。参考までに略語(略称)は常に文字を
エイ、エス、ピーのように発音するのではなくアスプロ(ASPRO)のように略語をひとつの単語のように発音して覚えやすくする会社もあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社会保険労務士法人

社会保険労務士法人の社員の任期はあるのですか。
有限会社の社員のように任期はないのでしょうか。

また、社会保険労務士法人について調べてる際に
お勧めのHPなどはありますか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

社会保険労務私法人で調べたわけではありませんが、他士業の法人と変わらないと思いますので、書かせていただきます。

合名会社とほとんど変わらなかったと思います。ですので、あくまでもここで言う社員は、出資者に過ぎなかったと思います。もちろん業務も行うわけですから役員に相当しますがね。ですので、無限責任社員に相当し、これは直接役員と言う意味ではありませんから、人気という概念は無いでしょう。

Q名詞 in名詞of名詞or名詞 という英文の訳し方

The most dramatic disturbances of perception are hallucinations,(以下質問文です)
sensory experiences in the absence of relevant or adequate external stimulation.

構造的には、
sensory experiences 【in the absence of 〔relevant〕or〔adequate external stimulation〕.】
だと思うのですが、訳が釈然としません。
『関係がなく、または適切な外的刺激がないような、情緒的な体験』 では、おかしいですよね。
たぶん構造は読めているかと思うのですが、単語の繋がりが読めていないのかと思います。
(以前も似たような質問をしたのですが)…。

どういう部分に気をつけて訳せばよかったのでしょうか。

Aベストアンサー

The most dramatic disturbances of perception are
感覚のもっとも劇的な混乱状態は以下である,とあって,
hallucinations「幻覚症状」,すなわち,
このあとがご質問の部分です。

sensory experiences in the absence of の後ですが,
of の後に必ず名詞がくるはずです。
the absence of …名詞で「名詞のないこと」
その名詞に (relevant or adequate) (external stimulation) と修飾関係が成り立っています。
「適切な,あるいは十分な外的刺激がないような,感覚上の経験」

試訳ですと,分配法則のように absence の意味を2つにかけていますが,こういう場合は,後ろから「(形 or 形)(形+名)」がない
とすればいいです。結局,「名詞」がない,と言っているだけですので。

relevant は「適切な」の意味で,relevant to ~となった場合,「~に適切な」から,「~に関連した」という意味合いが生じます。日本語的には,こういう場合,「適切」はピントがずれます。
たぶん,この「~に関連した」という訳は何十年も前に誰かが考案した訳だと思います。
今から数十年前,私の学生時代の辞書にはやはりこの訳しかなく,ある時どうしてもこの意味では成り立たない,すなわち,to ~がなかった。
いくつか辞書をあたって,一つにだけ,「今日的な意義がある」という訳語が載っていました。

今の辞書にはちゃんと「適切な,妥当な」の意味が出ています。

The most dramatic disturbances of perception are
感覚のもっとも劇的な混乱状態は以下である,とあって,
hallucinations「幻覚症状」,すなわち,
このあとがご質問の部分です。

sensory experiences in the absence of の後ですが,
of の後に必ず名詞がくるはずです。
the absence of …名詞で「名詞のないこと」
その名詞に (relevant or adequate) (external stimulation) と修飾関係が成り立っています。
「適切な,あるいは十分な外的刺激がないような,感覚上の経験」

試訳ですと,分配法則のように a...続きを読む

Q社会保険労務士法人でのお仕事

現在転職活動中です。
給与計算や社会保険事務等の人事労務の経験が13年ほどあり、
社会保険労務士法人でのお仕事に興味を持ってます。

しかし社会保険労務士の資格があるわけでもなく、
派遣もしくは正社員で補助的な求人での応募を考えているのですが、
結構この程度の経験しかなければ、実際に働いたとしたら
厳しいでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

大丈夫です。
基本的には 零細企業の社会保険事務(書類書き、役所への提出 社会保険料の計算等)を代行する仕事で これまでの仕事と殆んど同じですよ。

Q形容詞+名詞+前置詞+動名詞and動名詞…

the confused thought processes that are the hallmark of disorder seem to stem from a general difficultly in focusing attention and filtering out irrelevant stimuli.
障害の顕著な特徴である、その混乱に満ちた思考過程は、注意を行う中で、そして無関係な刺激を選別する中での、一般的な問題から生じるように見える。

特に後半部分(general difficultly in focusing attention and filtering outあたり)
がおかしいと思うのですが、具体的に、どの部分の解釈が及ばなくて、こうなってしまったのか断定できません。どこがおかしいのか判別できないと以後の改善も出来ず、堂々巡りで悩んでいます。
文の構造が読めていないからだと思うのですが、どういった解釈を行い、どういう点に留意して訳していけばよかったのでしょうか。

Aベストアンサー

1)複雑な構文ですが、貴訳は、しっかりそれを捉えておられます。うまく訳せないのは、意味のつながりを見いだせないところにあります。

2)The confused thought processes that are the hallmark of disorder が主部ですね。that は関係代名詞。

「その混乱に満ちた思考過程」と訳しておられますが、the は、that節に規定されていますので、訳さないのがふつうです。訳すと分かりにくくなります。「混乱に満ちた」も複雑ですので「混乱した」と単純化しましょう。

 「混乱した思考過程は」となりますが、こうした抽象表現の場合、時に、ひっくり返すと、日本語として分かりやすくなることがあります。「思考過程の混乱は」のほうが(訳者にも)分かりやすいでしょう。

 他の回答者の方が指摘されているように、that節は、長いですので、継続的に(補足説明的に)訳すとすっきりします。

 ●「思考過程の混乱は、精神の不調の現れであって、」

3)seem to stem from は、「から生じるように見える」 

 これは、とても自然な訳です。

4)a general difficultly in 「一般的な問題」

 このgeneral は、多くの場合、意訳が必要になる言葉です。「一般的な問題」だと、何の事だかぼんやりしますね。general は、細かい点でいろんな例外はあるかもしれないが、全体としてみると次のような傾向がある、というニュアンスです。

 また、difficulty in は、「~するのに困難がある」ということですので、やはり意訳される場合が多いです。でもこの場合は、

 ●「~することが困難になる傾向」と、直訳調で十分です。少しやわらかくして、「~するのが困難になりがちなこと」

5)focusing attention and filtering out irrelevant stimuli「注意を行う中で、そして無関係な刺激を選別する中での」

 ここがずれています。in ~ing を「~する中で」と訳しておられますが、difficulty in ~ing のイディオム性を生かさねばまりません。4の訳とつなげますと、focus できず、filter out できない、ということになりますね。filter out は(フィルターにかけて)取り除く、ということですので、「選別する」だけだと、少し誤解を招きかねません。

 ●「注意を集中し、無関係な刺激を排除する」ですが、よく考えると、内容的には同時進行の過程ですね。そうすると、「必要のない刺激を無視して、注意を集中する」と言ってもいいことになります。

6)2~5をつなげますと、

 思考過程の混乱は、精神の不調の現れであって、必要のない刺激を無視して注意を集中するのが困難になりがちなことから生じるように見える。

 となります。これだと、意味の流れがある程度伝わってくるように思います。

 翻訳に直訳というものはありません。実は全部意訳なのです。

1)複雑な構文ですが、貴訳は、しっかりそれを捉えておられます。うまく訳せないのは、意味のつながりを見いだせないところにあります。

2)The confused thought processes that are the hallmark of disorder が主部ですね。that は関係代名詞。

「その混乱に満ちた思考過程」と訳しておられますが、the は、that節に規定されていますので、訳さないのがふつうです。訳すと分かりにくくなります。「混乱に満ちた」も複雑ですので「混乱した」と単純化しましょう。

 「混乱した思考過程は」となりますが、...続きを読む

Q略の対義語って?

「略(りゃく)」とか「略す(りゃくす)」の対義語って何でしょうか?

・コンビニエンスストアを略して言うとコンビニ。
・コンビニを略さずに言うとコンビニエンスストア。

↑こういう文が思い浮かんだのですが、
さすがに「略す」の対義語が「略さず」だと、
「重い」の対義語を「重くない」と言っているようで変ですよね・・。

Aベストアンサー

「正す(ただす)」「正して(ただして)」はどうでしょう?
変化したものを元に戻すという意味ではシックリくると思います。

Q動詞 名詞and名詞in名詞(上皮癌について)

It may enhance PAH induced mutation and tumor development within other epithelial tissues.

という文章でいつも疑問に思うのですが、

これはPAH誘導型変異とほかの上皮組織中での腫瘍発生を増強する可能性がある。

なのか

これはほかの上皮組織中におけるPAH誘導型変異と腫瘍発生を増強する可能性がある。

なのかどちらなのでしょうか。

このようにin やwithinなどどこまでにかかっているものなのかご教授いただければ幸いです。
そしてもしも前者が正しい訳ならば後者の文章はどのように表現するのか
後者の文章が正しいのなら前者の訳はどのように表現するのかを何よりも一番知りたいです。

ご教授よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

言葉の綾ですね…。
確かにどちらとも取れますが…。

私は、within以下が PAH induced mutation と tumor development の両方に掛かっていると思います。
もし tutor development のみを修飾しているのならば、誤解の無い様に
It may enhance tumor development within other epithelial tissues and PAH induced mutation.
とするか、或いは"PAH induced mutation of other cells"(前置詞としてofが適当かは分かりませんが)など、「どこそこに於けるPAH誘導型変異」と PAH induced mutation に関しても同等の記述をするのではないでしょうか…?

しかし、どの道どちらの解釈が正しいと断言する事はできないと思うので、他の文献を探す、専門の方に教えて貰う(或いは可能ならば書いた本人に直接訊く)などの方法が一応一番確実かとは思います。

Q何と略して呼んでいますか?

私の住んでいる所ではマクドナルドを略すとマック。ケンタッキーを略すとケンタ。と呼びます。
住んでいる地方によって略し方が違うって聞きました。
みなさんは何て略してますか?
他にもこんな風に略して呼ぶ名前がある!って言うのがあったら教えてください。
他に、自動車教習所を略して車学(しゃがく)って呼びます。ロイヤルホストはロイホかな。
  
  

Aベストアンサー

沖縄です。
マック
ケンタッキー
自練。実際の名前が○○教習場や○○自動車学校でも「○○じれん」と呼びます。
ロイヤル…無い!!

沖縄オリジナル?
えんだー:A&W(エイアンドダブリュというハンバーガーチェーン)

QThe members of~の後の固有名詞の前

ボランティアで英訳をしています。

まだまだ未熟なので教えて頂きたいのですが、

The members ofのあとに団体名の固有名詞が来るのですが、その固有名詞の前にtheもしくはaは必要でしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

固有名詞自体が the をつけるものがあります。
川の名前とか複数の山め山脈とか。 the Thames, the Alps

この場合も複数で固有名詞にしているなら the がつくものが多い。
the members of the Beatles
the members of the New York Yankees

QO.Kは何の略?

ふと思ったのですが、VS は Verse、V.I.Pは Very Important Person の略ですが はたして O.K は何の略なのでしょうか? まさか Okay ではないでしょうねえ。 知っている人教えてください。
(Oklahomaの略なんて言わないでください。)

Aベストアンサー

それは「教える・答える」では?(笑)
冗談はさておき、

辞書には
「語源 第8代米国大統領Martin Van Burenを支持する民主党の一派が1840年に組織したO.K. Club (Burenは生地がKinderhookであったために'Old Kinderhook'とあだ名されていた).一説ではall correctの発音どおりのつづりoll korrectの略」と載っていました。(プログレッシブ英和中辞典 第3版 小学館)

まだ違う語源がありそうですね。

Q"terms of the contract" と "conditions of the contract" と "terms and conditions of a contract"

■You/we must follow all the conditions laid out in the contract.

■The terms in the agreement covered shipping, but not insurance.

上記の conditions と terms はどちらも「契約の条件」のような意味と思います。

「契約条件」を調べると

"terms and conditions of a contract"

という使い方が多く

"terms of the contract"
"conditions of the contract".

も多くあり、


"conditions in the contract.
"terms in the agreement"
も使われています。

1: "terms of the contract" と "conditions of the contract" と "terms and conditions of a contract" の相違は何でしょうか。

"terms" は 例えば
■The purchase agreement contained many clauses.
の " clauses" /条項 に近いのでしょうか。

2: 前置詞を in にした場合はどのような相違があるのでしょうか。

教えて下さい。

■You/we must follow all the conditions laid out in the contract.

■The terms in the agreement covered shipping, but not insurance.

上記の conditions と terms はどちらも「契約の条件」のような意味と思います。

「契約条件」を調べると

"terms and conditions of a contract"

という使い方が多く

"terms of the contract"
"conditions of the contract".

も多くあり、


"conditions in the contract.
"terms in the agreement"
も使われています。

1: "terms of ...続きを読む

Aベストアンサー

1.
"terms"、"conditions"、"terms and conditions"は、いずれも同じ意味と考えてよいと思います。

"terms and conditions"のほかにも、法律英語では"null and void"、"any and all"、"made and entered into"、"by and between"等々、同義語をふたつ並べる表現が多く用いられます。
どうしてそうなのかについては、その昔、支配者階級の使うラテン語・フランス語系の言葉と一般庶民の使うゲルマン語・古英語系の言葉を並べて、誰にでも意味がわかるようにしたことに由来するという説明を聞いたことがありますが、この説明に当てはまりそうにない例も多くあり、本当のところは良くわかりません。
いずれにしても、同義語を並べて表現するのが、法律英語らしくてかっこいいのだと思います。

2
terms (conditions) of the contractだと「(全体としての)契約条件」という感じがします。
一方、terms (conditions) in the contractだと「契約の中の条件」ということになって、どちらかといえば個々の条項のことを指している感じがします。

1.
"terms"、"conditions"、"terms and conditions"は、いずれも同じ意味と考えてよいと思います。

"terms and conditions"のほかにも、法律英語では"null and void"、"any and all"、"made and entered into"、"by and between"等々、同義語をふたつ並べる表現が多く用いられます。
どうしてそうなのかについては、その昔、支配者階級の使うラテン語・フランス語系の言葉と一般庶民の使うゲルマン語・古英語系の言葉を並べて、誰にでも意味がわかるようにしたことに由来するという説明を聞いたことがありま...続きを読む


人気Q&Aランキング