柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

天体望遠鏡のピントを合わせるときに動く筒の部分にラック&ピニオンが使われているのですが、部分的に溝がなくなってしまい動かなくなってしまいました。MEADE社のものです。何とか直せないでしょうか。穴埋めパテ、波ゴムを貼り付けたりと試してみたら動いたのですが、すぐに削れたり、ボロボロに剥がれてしまいだめでした。修理方法、その部分だけ取り換えるためにどうしたらいいか、自分なりに調べたのですが上手くいきませんでした。どうかお知恵を貸してください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

メーカーはMeade Instruments (アメリカ)なので、日本の代理店である 株式会社ケンコー・トキナーのホームページればから問い合わせしてみては? 


部品販売していれば、部品を購入して自分で交換することができるかもしれませんが、天体望遠鏡は精密機械なので修理にだしたほうがよいと思います。
代理店で部品在庫があれば比較的短期間で修理できると思いますが、メーカーの戻すと高価になります。
価格や納期などについて見積もりを依頼すればよいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧にありがとうございます!問合せてみます

お礼日時:2017/02/22 11:52

ジズコや協栄産業には聞いてみましたか?


http://www.zizco.jp/Meade.html
http://www.kyoei-osaka.jp/hpgen/HPB/entries/45.h …
http://www.kyoei-tokyo.jp/html/page37.html

あるいは穴埋めパテの代わりに、デブコン使ってみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます!参考になりました

お礼日時:2017/02/22 11:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング