よろしくお願いいたします。

個人で住宅設備関連の仕事をしています。

個人宅のリフォームや
会社に依頼され、住宅設備関連の取付などを行っています。

個人宅の仕事の場合なのですが
完了後 すぐに代金を支払っていただく場合
もちろんですが
現金/売上 という仕訳ですよね。

たとえば、工事完了後 請求書をお渡ししてから3日後に
現金で支払いがあった場合(もしくは口座への入金の場合)
これは、掛になってしまうのでしょうか?

私は、これまで このように締めや翌月払いではない個人のお客様の場合は
掛けという形はとっていなかったのですが
気になってしまいまして。

よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

請求書を発行した日の「年」と、請求額を受け取る「年」が同じなら、売掛金を上げなくても、入金=売上で良い。



請求書を27年に出したが、入金が28年という場合に、上記の処理をすると「売り上げにあげる年が違うぜ」と税務署に叱られるので、きちんと
売掛金  999  / 売上  999
としておくべきです。

簿記試験では、とにかく売掛金と売上をセットにしないと「×」です。「あかん」とされます。
が、実務では良いんです。
期中現金主義とか言われますが、簿記から出た言葉ではなく実務からフィードバックして「これでいいのだ」となり、簿記学習をする人に「なんだ、難しい事言い出したじゃん」と思われる用語です。

請求書を出すが、年内に払ってくれるかどうかわからんお客様だったり、年末に請求するなど「明らかに年越しになるぜ」という場合には「売掛金 / 売上」の仕訳を起こしておくべきです。

確定申告書の提出日までに帳簿を頑張ってやるぜ、という人でしたら、年を越して入金がない請求書についてだけ「売掛金 / 売上」の仕訳を起こすという「これでいいのだ2」方式もありです。
「年内に帳簿を付け終わってる」なんて人はまずいません。
正月が終わって2月になって「そろそろ、やらんとあかん」とやり始めるのすから、年内入金があったのは、売掛金勘定など無視して、そのまま「現金 / 売上」で処理します。


請求書の日付が28年なのに、28年の売上に計上してないと「売上計上もれ」となっちゃうんです。
万一税務調査を受けると、かならず見られるところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつも、ご丁寧に 質問以上の回答をありがとう
ございます。
間違っていたわけではありませんが
自身が持てました。
これまでしていたことを、ふと 間違っているかも?
もっといい方法があるのかも?
などと、考えてしまうことがあります。
税務署や、無料で税理士さんから記帳の指導は受けたものの
1年に1回しかしない確定申告なので
不安になることも多いです。
まだまだ、申告書の作成段階なので
このような疑問にぶつかるかもしれません。
機会があれば、ぜひ よろしくお願いします。

お礼日時:2017/02/23 16:28

例えば、平成29年12月31日に工事が完了し、3日後の平成30年1月3日に入金があった場合は、


平成29年12月31日の仕訳 (借方)売掛金 (貸方)売上
平成30年1月3日の仕訳   (借方)現金〔または普通預金等〕 (貸方)売掛金
となります。
あくまでも平成29年分の売上だからです。
でも、年度をまたがないのであれば、3日ぐらいの日数なら、入金日に
(借方)現金〔または普通預金等〕 (貸方)売上
の仕訳で問題ないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

助かりました

ありがとうございました。
これまでしていたことを、ふと 間違っているかも?
もっといい方法があるのかも?
などと、考えてしまうことがあります。
税務署や、無料で税理士さんから記帳の指導は受けたものの
1年に1回しかしない確定申告なので
不安になることも多いです。
まだまだ、申告書の作成段階なので
このような疑問にぶつかるかもしれません。
機会があれば、ぜひ よろしくお願いします。

お礼日時:2017/02/23 16:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業主の現金出納帳の現金残高は家計の現金残高と一致?

 こんにちは、みなさん!!

個人事業主の会計において現金出納帳は必ずつけます。
収入が事業収入だけの場合は事業主はその収入で生活をしていることになります。

家計費の支出についても事業主貸勘定を使い、生活費をとっている仕分けを切ります。

したがって、現金出納帳は家計の現金残高と同じなのでしょうか?

現金出納帳=会社の金庫=事業主の財布となっているのでしょうか?

それとも、会社の金庫(会社の金庫)と事業主の財布は明確に分けられているのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、個人事業主/青色申告者です。
すでに多くの方から回答が寄せられておりますが、私の場合を説明いたしましょう。
わが家には、三つの財布があります。
(1)個人事業の財布
(2)私(個人事業主)の個人的な財布
(3)妻の財布
この三つを明確に分けて、(1)(2)については私自身で現金出納帳を記載しています。((3)については、当然妻が管理)
先般新たに購入した10万円未満のノートパソコンの購入代金は、(1)の現金出納帳に、事業分/個人分=6/4に按分して、事業分→科目「消耗工具備品」、個人分→科目「事業主貸」に仕訳けてパソコン入力しました。
知人から受取った「お祝い金」のような明らかに個人分に該当するものは、(2)にだけパソコン入力しております。
従って、表題の「個人事業主の現金出納帳の現金残高は家計の現金残高と一致?」のご質問への回答は、「一致しません」となります。
以上、ご参考になれば幸いです。

Q買掛金の支払いの際、現金で支払う場合、支払い口座の相手は現金?買掛金?どちらになりますか?

買掛金の支払いの為に、口座から引き出して、引き出した日に現金で下請けさんに支払いをしました。
その場合、口座の相手勘定は買掛金でもよいのでしょうか?一度、口座の相手を現金にして、それから現金の相手を買掛金にするべきでしょうか?
経理初心者ですみません…。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

買掛金(材料仕入れだけでなく外注・役務提供の下請への支払を含みます)50,000円を支払ったとして

ア)
現金 50,000 普通預金 50,000
買掛金50,000 現金   50,000

イ)
買掛金 50,000 普通預金 50,000

ア)の仕訳をへし折ってイ)にしてしまう方法もありますが、どちらかと言えば忠実にア)のほうがいいでしょう。振込でなく現金で支払ったという事実も記録できます。

Q個人事業として仕事を請け負っていますが、個人事業としての届け出が完了していません。

質問させて下さい。
現在、個人事業として仕事をしています。
ただ、現在は仕事を始めたばかりで、個人事業としての届け出を行っていません。
そのなかで、先日クライアントから「源泉徴収をさせて頂きます。」と言われました。
色々調べたのですが、私はWEBデザインを主に仕事をしていますので、源泉徴収される業種に入るようなので、それは仕方ないと思っております。
一つ心配事があります。
現在個人事業の届け出を出していない状態で、クライアントが納税をした時に当方が「潜りの個人事業」のような感じで思われないか?
という事です。
もちろん個人事業の届け出を行う事に抵抗はないので、行おうと思っております。
その中で今からでも個人事業の届け出をすれば、確定申告を行った時に返金がある場合は戻ってくるのでしょうか?
あっそれともう一つ質問があります。続けてすみません。
現在、家庭の仕事も手伝っており一様その会社の社員扱いになっています。
つまりサラリーマンという事なんですが、この場合は個人事業としての届け出は問題なくできるのでしょうか?
また「青色の申請?」で税金の優遇は受ける事は可能でしょうか?
乱文で申し訳ありませんが、ご存知の方どうぞ宜しくお願いします。

質問させて下さい。
現在、個人事業として仕事をしています。
ただ、現在は仕事を始めたばかりで、個人事業としての届け出を行っていません。
そのなかで、先日クライアントから「源泉徴収をさせて頂きます。」と言われました。
色々調べたのですが、私はWEBデザインを主に仕事をしていますので、源泉徴収される業種に入るようなので、それは仕方ないと思っております。
一つ心配事があります。
現在個人事業の届け出を出していない状態で、クライアントが納税をした時に当方が「潜りの個人事業」のような感...続きを読む

Aベストアンサー

>クライアントが納税をした時に当方が「潜りの個人事業」のような感じで思われないか…

特定の職種において源泉徴収されるのは、「事業であること」に限るわけではありません。
あくまでも法人ではなく個人であれば源泉徴収されるのですから、「潜りの個人事業」などという言葉は無縁です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

>確定申告を行った時に返金がある場合は戻ってくるのでしょうか…

源泉徴収はあくまでも捕らぬ狸の皮算用です。
狩りに行ってきた結果、皮算用が多すぎれば戻ってくるし、皮算用のほうが少なすぎれば追納となる、ただそれだけです。

>サラリーマンという事なんですが、この場合は個人事業としての届け出は…

わが国の憲法は職業選択の自由を保障しており、一人で同時にいくつの職に就こうと、何ら制約はありません。

>また「青色の申請?」で税金の優遇は受ける事は可能でしょうか…

開業から 2ヶ月経っていないなら、今年分から適用されます。
ただ、開業届のほうは 1ヶ月以内なので、開業届を出さないまま 1ヶ月以上 2ヶ月以内とかな、ら税務署が何というかは分かりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2090.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>クライアントが納税をした時に当方が「潜りの個人事業」のような感じで思われないか…

特定の職種において源泉徴収されるのは、「事業であること」に限るわけではありません。
あくまでも法人ではなく個人であれば源泉徴収されるのですから、「潜りの個人事業」などという言葉は無縁です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

>確定申告を行った時に返金がある場合は戻ってくるのでしょうか…

源泉徴収はあくまでも捕らぬ狸の皮算用です。
狩りに行ってきた結果、皮算用が多すぎれば戻...続きを読む

Q年末に閉店した場合の翌月分の支払い

12月に商店を閉め借りている店舗を返す為に翌月より工事そして道具などの処分をいたいと思いますがその費用又電気代などはどのように計上するのでしょうか? 経費としては認められないのでしょか? 税務署への廃業届けは店舗を返してからする予定です

Aベストアンサー

おはようございます。
私見ですので、詳しくは専門家へですが、

来年に工事などが行われるということなので、来年のすべてが終了するまでは事業が継続していると考えられます。
そのため、来年に事業としてかかった経費(工事費、廃棄料など)は事業所得の必要経費に算入し、その赤字(マイナスの所得)は、他の所得があれば損益通算(例えば、来年からサラリーマンになるのであればその給与所得をマイナス)をすることになると思います。

Q震災した事業の仮設倉庫関連の設備費用処理について

お世話になります。
震災により流失した倉庫を、当面仮設倉庫を建設して事業を進めて行くところです。
仮設倉庫を5月頃に取得して、9月に電気工事、上下水道工事を行います。
電気工事は20万円と30万円の2種類の電気配線工事です。
上下水道工事(鉄管工事)は60万円です。
経理処理として、修繕費等の費用処理可能でしょうか?
償却資産計上を要しますでしょうか。

Aベストアンサー

問題はその仮設倉庫の取得のないようです。
その電気工事や配管は建物と一体構造ですよね。これだけで独立の機能を果たすとは思えません。
ということは固定資産税上では、家屋の一部と思われます。この場合は独立して償却資産の課税客体にはにはなりません。
家屋として合計で課税評価されます。

一方法人税法上では、20万円と30万円の2種類の電気配線工事が一体かどうかが問題です。多分一体と思いますが、これが相互にまったく別な部署についているような場合は別の工事という見方も可能です。
一体の場合は50万円の建物付属設備とするしかありません。

個別の場合は「資本金の額が1億円以下の会社においては法人税法の規定により取得価額が30万円未満の資産についてを費用処理することができる。」とされているので20万円の方だけは修繕費にできます。
30万円の方は普通の減価償却をします。

上下水道工事(鉄管工事)は60万円ですから修繕費は無理ですね。固定資産に計上するしかありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報