今の日本では、仕事と言いつつ
工場とかお店とか事務所とか
人間が、働ける場所が
日本全国で、何ヶ所ありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

今工場ではロボットが生産しています。

労働賃金の安い国ベトナム、フィリピンの生産移転が移っています。自動車産業も契約社員が多いですね。
    • good
    • 0

http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/リンク先は、統計局、国勢調査についてです。
資料が膨大なので、自身でご覧ください。調査資料がついています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会計事務所、特許事務所、法律事務所など

このカテゴリーでいいのかよくわからないのですが・・・。
就職活動中の学生です。

ちょっと興味があるのですが、
『会計事務所』『特許事務所』『法律事務所』『社会保険労務士事務所』『経営コンサルタント』では、それぞれどのような業務をしているのでしょうか?

お答えお願いします。

Aベストアンサー

『会計事務所』
公認会計士・税理士が勤務しており、公認会計士は会社の監査、税理士は各種税金の申告書の作成、等をしています。他に経営相談・資産運用相談、行政書士(公的機関に提出する書類の作成)を兼ねていることもあります。

『特許事務所』
弁理士が勤務しており、特許権の申請書類作成、申請前の類似特許がないか検索、等をしています。

『法律事務所』
弁護士が勤務しており、法の専門家として、訴訟・法律相談・代理人交渉、等が中心業務ですが、税理士の仕事を兼ねる人もいます。

『社会保険労務士事務所』
社会保険労務士が勤務し、各種社会保険に関する申請書作成をしています。行政書士を兼ねて助成金関係の手続きをする事務所もあります。

『経営コンサルタント』
経営相談・開業相談・融資(金融機関)の紹介、等をしています。

Q法律事務所、会計事務所、特許事務所などのカテゴリについて

会社の取引先をカテゴリー別に分類整理しているのですが、
法律事務所、会計事務所、特許事務所をまとめてどのようなカテゴリーにすればいいのかわからず悩んでいます。
アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

企業の分類方法は色々あります。
(御社にとって、検索・抽出しやすい分類にする必要がありますので、御社事
 情を知り得ない者の回答は意味が無いかもしれません)

ただ、これが回答では意味がありませんので

http://www.stat.go.jp/data/jigyou/2006/bunrui.htm
専門サービス業

こちらですと、ほぼ全ての企業体を網羅できますのである意味、便利な分類です。

Q会計事務所・税理士事務所の求人について

会計事務所・税理士事務所の求人について


 ハローワーク等の求人を拝見しますと、他業種・他職種と比較し、会計or税理士事務所職員の給料水準は、低いような気がします。

なぜ、でしょうか?

業務内容は、高度でかつ専門知識・経験も求められそうな気がするのですが・・・。

慣れでしょうか?慣れれば、誰でもできる程度の業務なのでしょうか?(そう思いたくありませんが。)

Aベストアンサー

まず第一に個人の会計or税理士事務所は零細企業だということです。

税理士一人に数人程度の事務員という規模でしょう。従ってこの規模の会社と同等と考えたら間違いありません。

次にこの職場の特殊性は、経営者の資格者と非資格者の差です。この規模の事務所では資格は1名で十分です。それ以上は不要です。
ということはどれほどベテランでも補助事務に過ぎません。

又多くの事務員が将来は資格を取って独立したいとの希望で入ってくるという事情もあります。
彼らは合格までは実務の習得と顧客の獲得を狙って、いわば丁稚奉公を我慢してでも余り良い待遇でもないのに耐えているのではないかと思います。
実際開業するにはこの経験をしないとなかなか難しいのは事実でしょう。

さらに雇うほうの事情で言えば毎年千人程度の合格者と、かなりの数の国税出身者の資格者が増加しています。一方で市場は殆ど拡大していませんから多分報酬の相場は上がっていないと思います。
その上会計ソフトが昔よりかなり安価に入手できるので、簡単な記帳代行は余り必要性がなくなってきたということもあります。これも会計事務所の収益を減少させる要因となっているのではないかと思います。

このような事情があって、雇うほうは良い待遇を出すのが難しい一方で、それを承知で勤務するものが絶えないということから、こういう実態が出てきたのではないでしょうか。

もちろん申告や決算はある程度経験や知識が必要です。でもそれほど多くのクライアントがいないのであれば、難しい問題が出たときだけ資格者が関与し、後は普通程度の経験者でも結構できてしまうということもありそうな気がします。

まず第一に個人の会計or税理士事務所は零細企業だということです。

税理士一人に数人程度の事務員という規模でしょう。従ってこの規模の会社と同等と考えたら間違いありません。

次にこの職場の特殊性は、経営者の資格者と非資格者の差です。この規模の事務所では資格は1名で十分です。それ以上は不要です。
ということはどれほどベテランでも補助事務に過ぎません。

又多くの事務員が将来は資格を取って独立したいとの希望で入ってくるという事情もあります。
彼らは合格までは実務の習得と顧客の獲得を狙って...続きを読む

Q会計士事務所、税理士事務所 一人当たりの担当顧客数は?

現在税理士の資格を目指しているものですが、勉強しながら働こうと思い会計事務所に勤めたことがあります。3ヶ月で辞めてしまったのですが。。

私はその会計事務所に勤めた時、簿記の2級は持っていましたが税理士の資格は勉強を始めたばかりでした。
今まで経理の仕事をしたこともなく、実務において全くの素人でした。
そんな私に任された顧客数は、入社1ヶ月で大小合わせて28件でした。

ちょうど3月頃入社したため、5月には3月決算の会社が5件あり、前任者も入社時には既にいなかったため素人作りの恐ろしい決算書を作りました。。他の社員は全くノータッチ(あまりにも不安な所は聞きましたが..)。そして最後に先生が軽く目を通すだけ。
また、ほとんど毎月監査に出向きますからほぼ毎日どこかの監査に行きます。
伝票の処理もありますからもう毎日がいっぱいいっぱいでした。

私が資格をもっていれば申告書の作成など、もう少しスムーズにできて余裕もできるのかと思い、資格取得に専念してから出直そうと辞めることにしたのですが、今冷静に考えて私が担当していた件数は普通なのかと疑問に思ってきました。


会計事務所、税理士事務所などで働いている方たちがおられましたら何件くらいお持ちなのか教えてください。

現在税理士の資格を目指しているものですが、勉強しながら働こうと思い会計事務所に勤めたことがあります。3ヶ月で辞めてしまったのですが。。

私はその会計事務所に勤めた時、簿記の2級は持っていましたが税理士の資格は勉強を始めたばかりでした。
今まで経理の仕事をしたこともなく、実務において全くの素人でした。
そんな私に任された顧客数は、入社1ヶ月で大小合わせて28件でした。

ちょうど3月頃入社したため、5月には3月決算の会社が5件あり、前任者も入社時には既にいなかったため素人作りの恐ろ...続きを読む

Aベストアンサー

実務経験10年近くあるものです。

それにしてもいきなり28件担当とは非常識ですね。
確かに仕事を多くこなすと早く仕事は覚えると思いますが、その間ご心配のように間違いなくお客様に迷惑をかけてしますと思います。
私の場合は現在約20件の担当ですよ。

私の経験からするとまずこの仕事で大事なのはお客様を思う気持ちです。考えみたらわかると思いますが、私達は経営者にとって経営の本音を話せる数少ない立場の人間ではありませんか?
それをわかっていながら監査だけそつなくこなす仕事は私はしたくありません。実際して喜ばれる仕事は資金調達、事業計画などです。もちろんこのような業務は別に報酬をいただくこともあります。
お客様にニーズに答えられてこの仕事の醍醐味が初めてわかると思います。
専門職ですから税法の知識はもちろんある程度は必要。しかしまず大事なのはお客様に役立つことを考えて、それに取組む、その姿勢が大事だと思います。
自分も成長しますよ。もちろんお客様の成長します。

専門職であること、そして経営者にとって最も身近にいる取引業者の一つという気持ちを忘れずにいさえすれば、あなたは職員として大きく伸びると思います。
決してこの業界の慣習に自分を当て込んではいけまんよ。この業界の地位はまだ低いんです。
これは業界が努力して地位を上げていかなければいけません。

自分なりの視点で頑張りましょうよ^^
つきつめればおそらく自分が独立開業することが自己実現につながることが多いと思いますが。

実務経験10年近くあるものです。

それにしてもいきなり28件担当とは非常識ですね。
確かに仕事を多くこなすと早く仕事は覚えると思いますが、その間ご心配のように間違いなくお客様に迷惑をかけてしますと思います。
私の場合は現在約20件の担当ですよ。

私の経験からするとまずこの仕事で大事なのはお客様を思う気持ちです。考えみたらわかると思いますが、私達は経営者にとって経営の本音を話せる数少ない立場の人間ではありませんか?
それをわかっていながら監査だけそつなくこなす仕事は私は...続きを読む

Q事務所→事務所兼自宅に移転する際の敷金は経費?

株式会社を経営している者です。
現在、自宅とは別にマンションの一室を事務所として使用しています。

結婚を機に、新居と事務所を一緒にすることを考えているのですが、
その際に支払う敷金はどこまで経費にできるのでしょうか?
またその際の条件など(社宅扱いにすればOKなど)があれば
教えてください。

希望としては、全額経費にしようというのではなくて、
例えば敷金が30万円としたときに、経費として10万円とか20万円とか、
自由に経費にする額を決めることができればよいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>入居する際に支払う敷金についてはどうですか?

#1さんが言っているのは、「退去した時に返却されることになっている出金だから経費にできない」という意味です。
入居する際に支払う敷金のことを言っています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報