人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

外国人の友人が心理学を日本の大学院で習いたいと考えています。英国の心理学IUNDERGRADUATE卒業見込みです。 ただし友人の日本語レベルはひらがなが読めて会話ができる程度です。日本の大学院
にて心理学があり英語にて授業が受けられるところはありますでしょうか? (学部は臨床心理を希望してます)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

臨床心理はクライアントとの会話のみで出来上がっています。

国にはそれぞれ隠された暗部があり、表現の中にタブーとしてちりばめられています。それは幼稚園の頃から本人に知らず知らず蓄積されており、心理士の中にもぎっしり詰まっています。ですので文化が異なれば「常識が常識でない」ので、最初に「日本学・日本語学」を極めないと、クライアントの無意識に入っていくことができません。英国の方なら「恥を隠さずに英国と犬の関係」を説明できるか考えてみることを薦めます。つまり英国の光と影ですね。
    • good
    • 2

まともな英語コースがあるのはGlobal 30に選ばれた大学だけ。


この中に clinical psychology はなさそう。

http://www.uni.international.mext.go.jp/

一応、探してみる?

臨床なのに、日本語のレベルが低いというのは、どうなんだろう。
授業や講義はともかく、暮らしていくのが大変なんじゃないかな。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

このサイトとても助かります。ありがとうございました。一応日本にて2ヶ月間のインターンシップを経験しており、日本語会話はできます。やはり読み書きがむずかしいですね。 
日本での英語での授業は限られてますね。

ありがとうございます!

お礼日時:2017/02/23 19:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学院と就職

現在大学4年生なのですが、大学院に進みます。しかし、進分野と違う研究、職種でやりたいことがはっきりしてしまいました。
・現在の大学院に進んで1年で別の分野の大学院を新たに受験する
・2年間過ごして、就職で別の分野に就職できるようにする(データサイエンスなので厳しいかもしれません)
・進学せず、フリーターで別の大学院を受験する
この3択で迷っています。現在は情報系でない工学部(しかし、シュミレーションをメインとしています)にいて、やりたい研究は情報系(人工知能)の研究がしたいです。どうすればいいと思いますか?

Aベストアンサー

もし私なら、「現在の大学院に進んで1年で別の分野の大学院を新たに受験」します。
理由は明白で、2年も無駄にしたくないこと、フリーターは損なことです。

院へ進学すれば、必ず応援してくれるかた、別の方面のかたを紹介してくれたり、自分が本来やりたいことを発表している学会に積極的に参加したりすることによって、顔をつなぐチャンスが出てきます。それをフリーターという身分ではできないでしょう。ちなみに学会は、おつきあい程度であれば、数種類入っておいたほうがよいです。のちのち論文を書いて、本数でかせいで博士号を取る際に、学会発表数も論文数も大事になってきます。

私の息子くらいの年齢ですね。
私もかつては研究の世界にいましたので、そう思います。
自分の息子なら、そうアドバイスします。
ちなみに私の息子は東京の某理系大学の情報系にいます。

Q大学院生の学生結婚

友人の娘さんが、今度の4月から大学院医学部に進学されます。その彼女が、結婚したいと言い出しました。大学院という新しい環境に慣れるだけでも大変だと思いますが、その上に結婚するとなると、はたして両立出来るのかと、正直不安です。大学院生の方で、結婚されておられる方からアドバイスを頂ければと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.5です。お礼コメントを拝見しました。

No.6さんへのコメントも拝見しましたが、旧帝大の医学部の大学院となると、体験者は少なく、部外者にはどんなところか想像が難しいですから、大丈夫だろうか、と心配になる気持ちもわかります。ですが、そこへ進学できる能力のある、優秀なお嬢さんなのです。医学部大学院の世界が想像できないように、そのお嬢さんの本当の能力だって、部外者には本当には想像できません。
後に日本や世界のトップクラスで活躍する理系・医学系の女性で結婚している人は、院生の頃の学生結婚が多いですよ。
逆に言うと、学生(院生)を終えてしまうと、もっともっと忙しくなってしまって、結婚のチャンスを失ってしまうことが多いのだと思います。新生活を始めるにしても、学生のいまのうちのほうが、いろいろと融通もきくものです。社会人になってからの結婚準備のほうが、もっと大変だと思いますよ。

そのつもりはないのでしょうけれど、あまり「心配です」を繰り返すと、まるでその結婚がうまくいかないことを望んでいるかのように聞こえてしまいますよ。
結婚と大学院生活が両立できるかどうかは、当事者にしかわかりませんし、もし両立できなかったとしても、どちらを優先するべきかも当事者が決めることです。もし家庭生活を優先することになっても、就職してから仕事を途中で辞めるよりは、院生で休学なり中退なりのほうが、まだ周囲への迷惑も少ないでしょう。
家庭生活が「どうあるべきか」だって、夫婦二人が決めることです。傍目には「両立できてない、妻としてなってない」と思えても、夫婦が理解し合って納得していれば、それで良いのではありませんか。

No.5です。お礼コメントを拝見しました。

No.6さんへのコメントも拝見しましたが、旧帝大の医学部の大学院となると、体験者は少なく、部外者にはどんなところか想像が難しいですから、大丈夫だろうか、と心配になる気持ちもわかります。ですが、そこへ進学できる能力のある、優秀なお嬢さんなのです。医学部大学院の世界が想像できないように、そのお嬢さんの本当の能力だって、部外者には本当には想像できません。
後に日本や世界のトップクラスで活躍する理系・医学系の女性で結婚している人は、院生の頃の学生...続きを読む

Q文系学部から理系大学院への受験

文系学部から理系大学院の受験についてお聞きしたいです。
現役地方国公立大学の工学部に入学し2年間在籍し単位を全て取った状態で退学した後別の国公立大学の文系学部に入学しました。
今年、今の大学で2年生になるのですが進路について考えており文系学部から理系大学院への入学を選択肢に入れようか悩んでいます。
一応前の大学で学んでいた分野の大学院に行きたいのですが、そもそも大学で学んでいる分野が違うから予備校に通うべきなのかそれとも大学院の過去問を取り寄せて自分で勉強するべきなのか迷っています。
よければ教えてください。

Aベストアンサー

理系の大学院卒ですが、文系事情や文系からの理科系転向についてはあまり知らないのであくまで参考程度に

理系であれば、事前の研究室訪問はほぼ必須です
大学によっては院の説明会があり、その後研究室訪問の時間を設けているところもあります
なければHPなどから自分でアポをとる
そこで色々相談してみると良いと思います

過去問などはそこでもらえることも多いですし、(もちろん教授によってはもらえない場合もある)
入試対策なども聞けば教えてくれたりします

推薦については…、よく分かりませんが自分の大学の院に進むのでない限り無いのではないでしょうかね
(ちなみに私も理系の大学から、別の理系大学に進学しました)

とにもかくも、行きたい研究室に訪問するのは必須ですので、
そこでかしこまらず本音で色々相談してみたらよいと思います

Q私立大学の文学部在学で、教職志望です。 先日大学のガイダンスで教育学部ではないためか教員になるために

私立大学の文学部在学で、教職志望です。

先日大学のガイダンスで教育学部ではないためか教員になるためには大学院に通うことを勧められました。(大学在学中に教員免許は取得できます。)

大学の言う通りに大学院に行く方が良いのでしょうか?

私立大学に通っているため正直お金が厳しいです。大学院に行くとなると今以上に厳しくなると予想されます。

また、せっかく大学院に行くなら今通っている大学の大学院より教育系の大学院に行きたいなとも思います。他大学の大学院に行くことは難しいことなのでしょうか?

大学院に進むことは全く考えていなかったため、どうすれば良いか分かりません。

アドバイスお願いします

Aベストアンサー

4年間で教員免許が取得できるのなら、大学4年生のときに教員採用試験を受けて、それで合格したら、教員になればいいんです。
もし4年生の教員採用試験で不合格だったら、大学院進学を考えても良いかも知れませんが(先週免許が取れます)、別に大学院に進学せず、教採浪人している人はたくさんいます(というかそのほうがほとんど)。採用試験にダメだった時点で、講師登録したり、ツテを頼って非常勤講師の口を探したり、そうしながら翌年の採用試験に再チャレンジする人がほとんどです。

いま、教育系の大学院、特に教職大学院はどこも定員割れで起こしていて、必死ですからね。
大学側としては、大学院の存在を知らない学生に大学院を宣伝して、余裕のある学生が「あ、大学院に行ってもいいな」と思ってくれたら儲けもん、くらいで言っているかもしれませんよ。

Q院試(博士後期課程)の事前挨拶について

博士後期課程の院試(特に、文学系)を経験された方にお聞きしたいです。

現在、某大学の院試(博士後期課程)の1次(論文審査)を通過し、2次(口頭試問)を控えている者です。
他大学受験です。
3月末退社予定の社会人です。

お聞きしたいのは、進学希望先の指導教授(予定)に今からでも、メールなどでご挨拶した方がよいか、ということです。

口頭試問の対策を調べていたところ、院試を受けるにあたっては、「事前訪問」をするのが常識という情報を目にしました。恥ずかしながら、私にはその発想自体がなく、ここまで来てしまいました。
年末に決断したため、入試説明会などにも行っておりません。

数日後に2次(口頭試問)を控えていますが、今からでも、メールなどで事前のご挨拶や、事前訪問ができなかったこと、他大学を志望した理由など、お伝えした方がよいでしょうか……?

私自身の感覚としては、教授の立場に立つと、試験を受ける直前の時期に会ったこともない受験生からメールで挨拶がくるのは、違和感の方が強いのですが。

ちなみに、他大学受験をしているのは、修士での指導教授が2年前に退官されているためで、その方には受験するにあたって相談はしています。

どなたか院試について詳しい方がいらっしゃったら、アドバイスを何卒よろしくお願いいたします。

博士後期課程の院試(特に、文学系)を経験された方にお聞きしたいです。

現在、某大学の院試(博士後期課程)の1次(論文審査)を通過し、2次(口頭試問)を控えている者です。
他大学受験です。
3月末退社予定の社会人です。

お聞きしたいのは、進学希望先の指導教授(予定)に今からでも、メールなどでご挨拶した方がよいか、ということです。

口頭試問の対策を調べていたところ、院試を受けるにあたっては、「事前訪問」をするのが常識という情報を目にしました。恥ずかしながら、私にはその発想自体がな...続きを読む

Aベストアンサー

理系と文系、特に文学系では、事情がかなり違います。
理系ではラボ単位での研究になりますので、専門の内容が指導教員と一致していないと、どんなに優秀でも「うちは分野違いだから」で門前払いになります。そういうミスマッチを防ぐための「事前訪問」です。内部進学であれば、院進学の事前訪問というのは、就活などの進路相談と同レベルの話になります。指導教員としても、最初から受け入れられない学生が無駄に院試を受けるよりも、事前にある程度打診があった方が対応しやすいのです。
これに対して、文系、特に文学系では、個人研究の性格が強く、指導教員と学生の研究内容が狭い範囲で一致していなくても構いません。というか、大学院レベルになると、師匠と完全に同じ研究分野では競合してしまう(そしてまず勝てない)ので、広い意味では同じ分野の中で、狭い分野では師匠とは少し異なる道を模索するものです。したがって、マッチングという意味での事前訪問は、文系では必須ではないのです。

修士での指導教員には、受験にあたって相談なさったのですよね。
そのときに、元の指導教員から「先方に事前に挨拶するように」等のアドバイスがなかったのであれば、それで良いのだと思います。
もしかしたら、元の指導教員から、学会などのオフレコの場で、受験先の指導教員(予定)に「今度うちの教え子が受けるから」というくらいの話は行っているかもしれません。先生の性格によっては、そういうオフレコの挨拶ですら、先方に心理的負担をかける「根回し」になるから嫌だ、ということで一切なさらない、ということもあります(私の指導教員がそのタイプでした)。

既に院試が始まっていて、1次と2次の間なのですよね。院試期間に指導教員(予定)に接触することは、試験の公平性を損なう行為になります。
指導教員(予定)も不正を疑われたくはないですから、迷惑でしょう。
院試がどのようなスタイルかはわかりませんが、複数の教員による合議制の場合、指導教員一人の意向では合否は決まりません。ですから、「事前訪問」もあまり意味がありません。
私は、前述の理由で、文学系ならば事前訪問は必須ではない(研究室によって慣習が違うので断定はしませんが)と思いますが、挨拶するのであれば、指導教員に断った上で、院試の受験を決めたときくらいのタイミングでやっておけば無難だったかと思います。

どうしても気になるのならば、専門分野もわからないような匿名が答えるネットのQ&Aではなく、元の指導教員に「今からでも挨拶するべきか」と相談してください。
文系の院受験では、元の指導教員に相談しない=礼儀を欠く人間は、受験先でも敬遠されます。
逆に言えば、元の指導教員がそういう指示をしなかったのであれば、あなたは勝手に動くわけにはいかないのですから、それで良いのです。
口述試験のときに何か聞かれたら、そのときにきちんと、元の指導教員と相談した上での受験であることを説明すれば良いでしょう。修士時代と同じ分野なのであれば、受験先の指導教員(予定)も、あなたの元指導教員の存在は知っているでしょうし、退職されているので師事できない→新しく指導教員を探すしかない、ということも理解していると思いますよ。
「事前訪問」の有無が合否に関わるのであれば、1次に含まれる論文審査の段階で不合格になっていたかと思いますよ。その1次は通ったのですから、余計なことは考えず、2次を頑張ってください。

理系と文系、特に文学系では、事情がかなり違います。
理系ではラボ単位での研究になりますので、専門の内容が指導教員と一致していないと、どんなに優秀でも「うちは分野違いだから」で門前払いになります。そういうミスマッチを防ぐための「事前訪問」です。内部進学であれば、院進学の事前訪問というのは、就活などの進路相談と同レベルの話になります。指導教員としても、最初から受け入れられない学生が無駄に院試を受けるよりも、事前にある程度打診があった方が対応しやすいのです。
これに対して、文系、...続きを読む

Q大学院での専攻

現在4年生で、今と同じ研究室の院に進学します。しかし、現在の研究室の内容に興味が持てず興味のあった分野の院に来年受けなおそうかと考えています。この考えはよいと思いますか?同じ経験をされた方がいらっしゃればお話を聞かせてください。

Aベストアンサー

研究室の先生に相談するのがいいと思いますが、先生が難しい方なのですか。普通の先生なら、興味がなくなったといえば、「残念」といわれると思いますが、無理に引き止めて、厄介なこと(引きこもりになるとか、無理やりやらせても結果が出てこないとか、修了できないのは先生の所為だとか言い出すとか)になるのを避ける方を選ぶと思います。興味のある分野について話すと、適切な先生を紹介してくれる可能性もあるのではないかと思います。

はじめに研究室を決めたときには、興味があったのではないでしょうか。それが、1年足らずで、興味が他に移ったということだとすると、うまくいって、来年、別の研究室に入っても同じようなことをする可能性があります。
「となりの芝生は青い」いうように、ちょっと面白くないといやになって、他に目が移ってしまいがちです。別のことわざに、「石の上にも3年」というのがあります。面白くなくても、3年もやっているうちにその研究の意義、面白さなどが分かってくるようになるということです。

もし、他のところに行くつもりで、受け直すならば、じっくりと自分の興味がある研究は何か、それができるところはどこかを調べ、決めたらもう迷わない、という覚悟を持ってください。

質問に対する回答とはずれていますが、一人の多少経験のある年配者のアドバイスとして、これを読んでご理解いただけると幸いです。

研究室の先生に相談するのがいいと思いますが、先生が難しい方なのですか。普通の先生なら、興味がなくなったといえば、「残念」といわれると思いますが、無理に引き止めて、厄介なこと(引きこもりになるとか、無理やりやらせても結果が出てこないとか、修了できないのは先生の所為だとか言い出すとか)になるのを避ける方を選ぶと思います。興味のある分野について話すと、適切な先生を紹介してくれる可能性もあるのではないかと思います。

はじめに研究室を決めたときには、興味があったのではないでしょうか...続きを読む

Q薬学研究科の院試合格点について 私は薬学部在学中の学生です。北大の大学院に気になる研究室があるので他

薬学研究科の院試合格点について

私は薬学部在学中の学生です。北大の大学院に気になる研究室があるので他大学から北大の大学院への進学を考えており、院試を受けるつもりなのですが、筆記の合格点はどのくらいなのでしょうか?北大薬学研究科限定でなく他大学の院試も参考に知りたいのでご存じの方には教えていただきたいです。

Aベストアンサー

それより先にその研究室の教授・准教授にメールでも封書でも良いので加わりたい旨伝えて下さい。もちろん院試が前提ですが、もう満員だとか、教授・准教授が別の大学へ移るからその年は無理だとかお家の事情があるので簡単ではありません。一番悲しいのは、退職しますと言われるの。

Q修士論文のセカンドオ-サ-について

現在、経営学部の大学院に通っています。修士論文を作成しているのですが、この論文を学会発表することになりました。その際、ゼミの教授に博士課程の学生の名前をセカンドオ- サ-にいれてほしいと頼まれました。この学生は、なんの貢献もしておりません。私一人で作成しております。セカンドオ-サ-をいれることでファ-ストオ-サ-である私の
価値は、下がらないでしょうか?そして、これをすることにより誰が得をし誰が損をするのでしょうか。

Aベストアンサー

#1回答者です。

>お断りする場合、私は、十分な指導を受けられなくなるでしょうか?
そればかりは、人に依ると思います。一般論で語っても仕方ないというか。
断ることによって教授の機嫌を損ねるリスクはあると思いますよ。
単純にことの善悪を問うなら、それにより十分な指導をしなくなるという事態は許されませんが
悪いことはしない、がまかり通るなら、そもそも今回のような事態は生じてませんからね…

あなたにとってどちらのリスクがより重いか、で判断するのが妥当ですね。
そもそも大学院に通っている目的は何か?によってリスクの重さは変わるでしょうし。
一意の解が求まる話ではないでしょうから、その辺りは質問者さんご自身の考え方次第だと思います。

Q大学院の人間関係について

はじめまして。僕は30代後半で、近い将来大学院(政治学系(専門は未定)、修士課程のみ)進学を考えております。この年ですから、就職のためでなく純粋に研究をしたく考えております。ただ、少々気にしておりますことは人間関係のことであります。自分なりに調べますと、大学院は少人数であり人間関係が濃密であると聞きます。大学院の研究は一人自分勝手にするものではなく、切磋琢磨してやるものであり、それも当然のことと感じております。ただ、生来人との付き合いが下手で、常に一人で行動するのが好きな人間であり、またいくぶん年をとっているため大学院で若い子たちとの付き合いが上手くいくものか心配しております。

そこで少し詳細にお聞きします。①討論の参加やプレゼン以外に、グループワークはあるのでしょうか?②授業以外で研究室にいなければいけない時間はあるのでしょうか?

院に進むものが、まことに不甲斐ない質問でありますが、みなさんのご意見や経験談をお聞かせいただければありがたく思います。

Aベストアンサー

>①討論の参加やプレゼン以外に、グループワークはあるのでしょうか?②授業以外で研究室にいなければいけない時間はあるのでしょうか?

大学院によって違う、研究室によって違う、指導教員の方針によって違う、としか言いようがありません。
同じ「演習」形式の授業でも、やり方は先生によっていろいろです。研究・教育に必要、有用だと判断されれば、実施されます。
授業以外での研究室の滞在についても、研究室によって様々です。完全に出入り自由のところもあれば、院生が輪番で日直のように研究室管理(部屋の解錠・施錠、来訪者対応等)をしているところもあります。
授業に「しか」出席せず、研究室(院生室)にいないと、「あいつ、どこで何やってるんだ」「ちゃんと研究できてるのか」と心配されたりするかもしれませんね。
院生になると、授業だけでなく、内外の研究会や学会活動への参加も求められるでしょう。所属大学で開催される研究会の手伝いもまた、研究に必要な下積みとして、当たり前のように参加を求められると思います。

いくら人づきあいが苦手でも、これまで社会人として生きてきたのであれば、それなりに「最低限の大人の対応」くらいはできるでしょう。
馴れ合う必要はなくとも、常識的に最低限の人間関係の維持は、研究生活を円滑にしていく上で、必要でしょう。
まあ、大学院は多少浮世離れした人の集まりでもありますから(政治学系は実社会との接点が多いと思いますが)、一匹狼の変人がいても、他の人はたいして気にせずスルーしてくれるかもしれません。
学生同士のつきあいを心配するよりも、指導教員との人間関係をきちんとできるかどうかを考えたほうが良いと思いますよ。指導教員が「参加しなさい」と言うものを「人付き合いが嫌だから」と断っていると、関係が悪くなると思います。

>①討論の参加やプレゼン以外に、グループワークはあるのでしょうか?②授業以外で研究室にいなければいけない時間はあるのでしょうか?

大学院によって違う、研究室によって違う、指導教員の方針によって違う、としか言いようがありません。
同じ「演習」形式の授業でも、やり方は先生によっていろいろです。研究・教育に必要、有用だと判断されれば、実施されます。
授業以外での研究室の滞在についても、研究室によって様々です。完全に出入り自由のところもあれば、院生が輪番で日直のように研究室管理(部屋...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報