人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

基礎年金は20歳から60歳までの40年間でのみカウントされてしまうのですか。21歳から22歳の時に未納が9か月ありますか高校卒業後18歳の4月から(この年の11月が19歳の誕生日)翌年12月まで厚生年金のある会社に就職し退社しました。この21か月分の厚生年金加入の記録はあります。この期間は65歳からの年金受給額に反映されないのですか。20歳過ぎてからの未納9か月の穴埋めになってもよいとおもうのですが。後60歳で退社して再雇用せず65歳の年金受給まで無収入で生活する場合国民年金の支払いはしなくてよいと思うのですが教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

> 基礎年金は20歳から60歳までの40年間でのみ


> カウントされてしまうのですか。
原則はそう書いてありますが、色々な例外(救済)が定められております。
 【合算対象期間】
  http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/kyotsu/juk …
例えば、60歳以降は「任意加入被保険者」となることで、保険料納付済み等期間が40年に満たない方は、40年に近づけることが可能です。
 【任意加入被保険者】
  http://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/kanyu/20 …


> 高校卒業後18歳の4月から(この年の11月が19歳の誕生日)翌年12月まで
> 厚生年金のある会社に就職し退社しました。
> この21か月分の厚生年金加入の記録はあります。
この厚生年金に加入していた『20歳未満』又は『60歳以降』の期間は
(1)老齢基礎年金の受給権を判別するための期間に合算できる[昭和61年4月1日以降の期間に限定されるが]
(2)老齢基礎年金の年金支給額を計算する期間からは除かれるので、同年金額を増やす効果は無い。
(3)厚生年金から支給される年金額の計算対象になる。


> この期間は65歳からの年金受給額に反映されないのですか。
上で書きましたが・・・
国民年金から支給される「老齢基礎年金」の額には反映されない
厚生年金から支給される「老齢厚生年金」の額には反映される


> 20歳過ぎてからの未納9か月の穴埋めになってもよいとおもうのですが。
最初の所に書きましたが、任意加入被保険者(保険料は第1号被保険者と同じ)になることで40年に近づける事が出来ます。


> 後60歳で退社して再雇用せず65歳の年金受給まで無収入で生活する場合
> 国民年金の支払いはしなくてよいと思うのですが教えてください。
ご賢察の通りです。
でも、老齢基礎年金の年金額は、『満額×471÷480』になります。
    • good
    • 2

>基礎年金は20歳から60歳までの40年間でのみカウントされてしまうのですか。



老齢基礎年金の金額計算としてはそうなります。

>この21か月分の厚生年金加入の記録はあります。

この期間は老齢厚生年金として別に計算されます。
また、年金の加入期間としては通算されます。

>20歳過ぎてからの未納9か月の穴埋め

こちらは60歳以降に任意加入することで埋めることができます。

>後60歳で退社して再雇用せず65歳の年金受給まで無収入で生活する場合国民年金の支払いはしなくてよい

任意加入しないなら、それでも結構です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国民年金は絶対オトクなのになぜ未納率が高いのか?

「年金は若い世代にとっては払い損だ」という論が有ります。ネットで調べてみると払い損なのは大きな赤字になっている厚生年金に限った話であって、国民年金については払ったほうがむしろトクをするようです。国民年金は払った人だけが受け取る賦課方式の上に、不足分は税金で補填されるので払っておいて損しないシステムなのだのです。さらに払えば税控除還付も受けられるし、良いことづくめなはずです。
 多くのサイトで「厚生年金は払い損。逆に国民年金は払ったほうが絶対オトク」といっているのに、現実にはどうして国民年金を払わない人が多いのでしょうか?

Aベストアンサー

>どうして国民年金を払わない人が多いの>でしょうか?
はっきり言えば、国民年金加入者に低所得者
が多いからです。
目の前の生活費から月額16,260円の
保険料を『取られる』感覚を持つ人が
多いのでしょうね。

自営業を始める、例えばお店を始めると
いった人は、なけなしの資金を投じて
お店を始めるわけです。
その状況で保険料等払えるわけないと
いうことになるのでしょう。

また、失業した人や離婚した主婦は
これまで自分で社会保険料を払った
実感がなく、抵抗感が大きいのでしょう。

猶予や免除の申請でお役所や年金事務所
を相手にするのも抵抗感が大きいので
しょう。
このあたりはかつての社会保険庁の怠慢や
不祥事も影響しているでしょうね。

年金改革法案で加入10年で受給権を
得られるようにしたのは反対です。

そんなことより20~60歳といった
年齢の制約や保険料の払い込み額や
方法(ある時払い)等をもっと柔軟に
した方が『未納』といった状況は
避けられるのではないかと考えます。

Q年金は六十歳で貰えますか?

年金は六十歳で貰えますか?

Aベストアンサー

>生まれは、昭和32年3月21日です 男性です
 ・上記だと、下記の「【男性】昭和30年4月2日~昭和32年4月1日」に該当するので
  厚生年金加入だと、「特別支給の老齢厚生年金」が62歳から支給される
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20140421-02.html
 ・国民年金(老齢基礎年金)に関しては、65歳から支給される
>老齢年金の繰上げ請求ができますか?
 ・可能です
 ・国民年金(老齢基礎年金)、厚生年金(老齢厚生年金)、ともに繰り上げて60歳から受給出来ます
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/kuriage-kurisage/20150313.html
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/kuriage-kurisage/20140421-04.html

Q学生時代の年金未納について

旦那の学生時代の年金未納が発覚しました。
学生時代1年目のものは既に10年経過していました。2年目のものはこの3月で支払い期間終了です。
昨年子供が入院し、高額医療を利用しました。還付希望で手続きに行ったら窓口で「失礼ですがご主人課税等は大丈夫でしょうか?」と聞かれました。やはり学生時代の年金未納がある場合は還付されないのでしょうか?
今後の事を考え2年間分支払いをしたいのですが、上記の通り既に1年間分は期限が過ぎてしまっています…その場合はどうしたら良いのでしょうか?未納があると住宅ローンが組めない等聞いた事があるので不安です。
これは愚痴になりますが結婚時も旦那はお金がなく結婚式、新婚旅行、家具・家電全て私がお金を出しました。なのに結婚後更に旦那のせいで新しくローンが始まったり未納が発覚し、うんざりしています。この事実を旦那の両親も知らない事にも腹が立っています。こんな風に思う私はおかしいのでしょうか…泣

Aベストアンサー

学生特例を受けているのなら、未納扱いにはなりませんよ。
ただ金額には換算されないので満額受け取ることはできませんが、例えば丸2年(24月)学生特例を受けたとすれば老齢基礎年金の満額の40分の2の金額が減るだけです。
税金や医療費の還付やローンには何も関係ありません。
余裕があるようなら追納で払えば良いだけです。

Q何で、国民年金保険料を導入したの。払うのが、ばかばかしい。高すぎる!将来、もらえるかが気になる。皆さ

何で、国民年金保険料を導入したの。払うのが、ばかばかしい。高すぎる!将来、もらえるかが気になる。皆さんは、どう思いますか?

Aベストアンサー

高すぎる。お金持ちだから払わなくていいわけではないからね。必ず清算して送ってくる。払わなかったら財産差し押さえだとかいってるし いつまで生存しているかわからないのに。でも払わない人ってなるのも嫌ではないですか?

Q国民年金の確定申告について

タイトルについて数点、教えてください。

昨年6月に退職し、現在に至ります。年末調整は行っていません。

①退職月から昨年11月分までは支払済みなのですが、申告するのは支払った分となるのでしょうか。
例えば、申告までに、昨年12月と今年の1,2月分をコンビニで支払ったとしたら、申告するのは
(i)昨年12月まで or (ii)今年の1,2月分まで
のどちらになるのでしょうか。

②申告時に必要な原本は、払い込み用紙に付属の領収書(コンビニの押印済み)でも良いでしょうか。

③①と付随する質問ですが、国税庁の確定申告書作成サイトで申告書を作成する場合、「社会保険料控除」の欄で記入する「支払保険料」の額は、単純計算で、○○○○円×支払月分 で良いのでしょうか。

Aベストアンサー

>②申告時に必要な原本は、払い込み用紙に付属の領収書(コンビニの押印済み…

ではだめです。
日本年金機構から送られてきている「控除証明書」でないといけません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1130.htm

>①退職月から昨年11月分までは支払済みなのですが、申告するのは支払った…

去年の 1/1~12/31 に支払った分のみです。
今年になってから払った分は来年の申告要素です。

去年のうちに払っている分は、遅くとも今年 2月には「控除証明書」が届いているはずです。
http://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/hokenryo/koujyosyoumeisyo.html

>③①と付随する質問ですが、国税庁の確定申告書作成サイトで…

サラリーマン時代に給与から天引きされた健保、年金、雇用保険を含み、退職後の国民健康保険 (払っていれば) も含みます。
それぞれの内訳を入力する欄があります。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>②申告時に必要な原本は、払い込み用紙に付属の領収書(コンビニの押印済み…

ではだめです。
日本年金機構から送られてきている「控除証明書」でないといけません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1130.htm

>①退職月から昨年11月分までは支払済みなのですが、申告するのは支払った…

去年の 1/1~12/31 に支払った分のみです。
今年になってから払った分は来年の申告要素です。

去年のうちに払っている分は、遅くとも今年 2月には「控除証明書」が届いているはずです。
http://www.nenkin.go.jp/ser...続きを読む

Q扶養家族からフルタイムで厚生年金を支払った場合

よろしくお願い致します。
52歳の妻が会社要望でフルタイム勤務になりそうなのですが、
今まで私、53歳の扶養家族として過ごしてまいりました。
以前、妻は約4年ほど厚生年金に加入していた時期があります。
この場合、以前の厚生年金の支払い分と、
これから妻が払っていく厚生年金の掛け金分は、
将来,支給されるのでしょうか?

Aベストアンサー

>将来,支給されるのでしょうか?
はい。支給されます。

私=妻という解釈でよろしいですよね?

扶養家族(配偶者)として
・第3号被保険者で国民年金に加入
 しておられて、
・以前厚生年金加入期間が4年あり、
・フルタイム勤務でこれから厚生年金の
 加入期間が増えるということですね。

年金は加入期間が国民年金、厚生年金
とおしで、25年加入が受給の条件です。
今年8月から10年加入に短縮されます。
そのうえで厚生年金は1ヶ月以上加入
期間があれば、受給できます。

誕生日前後に『ねんきん定期便』が
送られてきていませんか?
そこに年金の受給見込みが記載されて
います。
その内訳の『老齢厚生年金』の受給額
が、さらに増えていくと考えて下さい。
下記の『ねんきんネット』にIDを
登録すれば、詳細を確認したり、
シミュレーションもできるように
なっています。
http://www.nenkin.go.jp/n_net/index.html

いかがでしょう?

Q企業年金の繰り上げ受給

厚生年金は60歳から繰り上げ受給が可能であることはわかりましたが、企業年金(厚生年金基金)についても繰り上げ受給は可能でしょうか。

Aベストアンサー

企業年金ですから、その基金の制度次第です。

私の所では、
退職時の一時金
60歳以降の年金
60歳以降の一時金
(段階的な設定もあり)
みたいな感じでした。

たいてい選択肢はいろいろあるはずです。

ご自分の会社や基金へ問い合わせ
あるいはネットのサイトでご確認
ください。

Q年金について遺族年金が受け取れるときはどんなときですか?

父は年金を数百万納めたのですがもらったのは五ヶ月ほどでした・・・
納得いきません
母も遺族年金もらえなかったです

Aベストアンサー

夫・妻のうち、妻が先に亡くなり、夫が残された事例になりますね。
つまり、夫が遺族基礎年金や遺族厚生年金を受けられるときはどのようなときか、と考えます。

平成26年3月までは、遺族基礎年金(国民年金から出る遺族年金)を受け取れる遺族は「子どものいる妻、又は子ども自身」に限られていました。
ですから、夫は、妻が先に亡くなっても、遺族基礎年金を受けることができませんでした。
子どもとは「18歳到達年度末までにある」ことが条件で、早い話が高校3年生までの子のことです(以下の説明でも意味は同じです。)。

平成26年4月以降は、妻の死亡が平成26年4月以降であれば、残された夫も遺族基礎年金を受け取ることができるようになりました。
ただし、子どもがいることが条件で、子どもが高校3年生までのときに限られます。
このデメリットを補うため、別途の要件を満たせば、1回かぎりの死亡一時金を受けることもできます。

一方、妻に厚生年金保険に入っていた期間があったのなら、残された夫は、遺族厚生年金(厚生年金保険から出る遺族年金)を受け取ることができます。
これは、平成26年3月まででも平成26年4月以降でも変わりません。
ただし、残された夫が妻に先立たされたときに55歳以上であるのが条件で、その他、妻に生計を維持されていた(要は、妻から養ってもらっていた/夫自身の年収が850万円以下)などという要件が必要です。
しかも、遺族厚生年金を実際に受け取れるのは、妻に先立たれた夫が60歳を迎えたときからです。
(夫に子どもがいるときに限って、妻死亡時に夫が55歳以上なら、60歳前でも遺族厚生年金が出ます。)

夫が60歳を迎えると、今度は、夫自身が老齢厚生年金(特別支給の老齢厚生年金といい、生年月日次第で、特別に、本来の65歳を迎える前に受け取れるもの)を受け取れるようになります。
このとき、1人1年金制度といって、種類(老齢・遺族・障害)の異なる物どうしは同時に受けられないために、遺族厚生年金と老齢厚生年金とは二者択一となります。

残された遺族が遺族基礎年金や遺族厚生年金を受けるための要件は、次のとおりです。
亡くなった人がどうであったか、ということを見ます。

<遺族基礎年金> ‥‥ 亡くなった人が、以下のいずれかにあてはまっていること
1 国民年金の被保険者であった
2 過去に国民年金の被保険者(20歳以上60歳未満が強制加入)であり、日本国内に住所を有し、60歳以上65歳未満であった
3 老齢基礎年金の受給権者(=老齢基礎年金を実際に受けることができる者)であった
4 老齢基礎年金の受給資格要件を満たした者(=いわゆる「25年」の保険料納付を完了した者)であった

1と2は、亡くなった人の保険料納付実績が問われます。
年金保険料の未納期間が全加入期間の3分の1未満であるか、死亡月の2か月前までの1年間に保険料未納がないことが条件です。

<遺族厚生年金> ‥‥ 亡くなった人が、以下のいずれかにあてはまっていること
(短期要件)
亡くなった人が、以下のいずれかにあてはまっていること
1 厚生年金保険に加入しているときに死亡した
2 厚生年金保険に加入しているときに初診日のある病気・けががもとで、5年以内に死亡した
3 1級・2級の障害厚生年金の受給権者であった
(長期要件)
老齢厚生年金の受給権者または受給資格期間(25年)を満たしている者が死亡した

遺族厚生年金の短期要件の1と2については、先ほど書いた遺族基礎年金の保険料納付実績を満たしていないとダメです。
また、長期要件は、遺族基礎年金の要件の3・4と同じ意味です。老齢基礎年金を受け取れる要件を満たしていないと老齢厚生年金も受けられないからです。

妻に先立たれた夫も亡くなると、通常、父の遺族基礎年金や遺族厚生年金を受け取れるのは、残された子どもということになります。
しかし、子どもが受けられるのは、高校3年生までの間に限られます。

ということで、このようなことをまとめてみると、複雑ではありますが、何となくわかってくるのではないかと思います。
推測ですが、妻(子どもから見た母)の遺族年金を、残された夫(子どもから見た父)が受けられなかったのは、おそらく、妻が保険料納付実績を満たしていなかったからでしょう。
また、夫(子どもから見た父)の遺族年金については、子どもが18歳到達年度末を過ぎてしまった(高校を卒業した)ために受けられなくなってしまった、と考えられます。

いずれにしても、時系列(子どもであるあなたの、母親や父親が、いつ何歳で亡くなったのか?)をはじめ、保険料納付実績などの細かな情報が何1つ記されていないので、推測で申しあげることしかできません。
その点については、ご理解いただけますと幸いです。

夫・妻のうち、妻が先に亡くなり、夫が残された事例になりますね。
つまり、夫が遺族基礎年金や遺族厚生年金を受けられるときはどのようなときか、と考えます。

平成26年3月までは、遺族基礎年金(国民年金から出る遺族年金)を受け取れる遺族は「子どものいる妻、又は子ども自身」に限られていました。
ですから、夫は、妻が先に亡くなっても、遺族基礎年金を受けることができませんでした。
子どもとは「18歳到達年度末までにある」ことが条件で、早い話が高校3年生までの子のことです(以下の説明でも意...続きを読む

Q私の母は無くなった父の遺族年金を160万、自身の厚生年金と国民年金を60万、合わせて約220万受けと

私の母は無くなった父の遺族年金を160万、自身の厚生年金と国民年金を60万、合わせて約220万受けとっています。
これだかの年金を受け取っていて扶養家族に入れますか?
周りに聞くと遺族年金は除外されるので、自身の年金60万だけだから入れると聞きました。本当ですか?

Aベストアンサー

社会保険の扶養家族としての加入は
できません。
条件としては、遺族年金も収入とみて、
180万未満となるので、対象外です。
http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/hihokensha1/20141204-01.html

税金の扶養控除の条件には、遺族年金の
収入は所得とみなしません。
ご質問文面のとおり、60万だけが公的年金
の収入とみなされ、公的年金等控除120万
が差し引かれる(60万-120万≦0)ため、
★非課税の扱いとなり、扶養控除の条件の
所得38万以下を満たすため、扶養控除の
申告は可能です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

但し、扶養控除申告をすると、その後、
お母さんは臨時福祉給付金が受け取る
ことができなくなります。
http://www.2kyufu.jp/

ご留意下さい。

Qねんきん定期便を見たのですが少ない気がします。

ねんきん定期便が届いたのですが、厚生年金が少ない気がします。

ねんきん定期便を見ると、
一般厚生年金の欄が192ヶ月とあり、
厚生年金保険料の合計が400万円ぐらい、
老齢厚生年金が28万円ぐらいとなっています。

厚生年金を16年納めてこれだと、
定年まで残り24年間働くとしても、70万円ぐらいにしかなりません。

月で割ると5.8万円です。
老齢厚生年金が満額もらえたとしても、
合計で12万円ぐらいです。

将来貰える年金ってこんなものでしょうか?
普通の会社員で、厚生年金基金には入っていないと思います。

ネットで調べると、世の中の平均の厚生年金支給額が、だいたい月15万円ぐらいだと聞き、低くて不安になりました。
詳しい方、教えてください、

Aベストアンサー

ちょっと既回答が目に余るので…A^^;)
ご説明します。

年金の計算方法は、下記に記載があります
ので、詳細な計算方法はご確認下さい。

厚生年金額の計算方法
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20150401-03.html

自分の年金のシミュレーションは、
『ねんきんネット』にIDを登録し、
今後の年収の見通しを入力していくことで
これまでの実績と見通しで受給見込みの
年金額がシミュレーションできます。
http://www.nenkin.go.jp/n_net/index.html

もっと簡易な確認方法としては、
以下の計算式で求めることができます。

年収×0.5481%
=1年厚生年金に加入した場合の
 厚生年金額

例えば、現在のサラリーマンの平均年収は
約442万です。
https://doda.jp/guide/heikin/

そうしますと、
442万×0.5481%≒2.42万/年
が、老齢厚生年金の受給額
となります。

厚生年金に加入した期間が、
20~60歳の40年間とし、
その期間ずっと現在の平均給与年収
だったとすると、
2.42万×40年=①96.8万
が、老齢厚生年金受給額となります。


老齢基礎年金はもっと簡単な計算となり、
20~60歳の間での国民年金、厚生年金の
加入期間で計算します。

20~60歳の40年間加入していたなら、
1,625円×12ヶ月×40年=②78万
となるのです。

①老齢厚生年金96.8万
②老齢基礎年金78万
の合計で、  174.8万
となるのです。

ですから、現在の平均給与からすると
月14.5万といったところになり、
ご質問の
>世の中の平均の厚生年金支給額が、
>だいたい月15万円ぐらい
ということになるのでしょう。

因みにあなたの厚生年金の状況から
逆算すると、
28万÷16年÷0.5481%
≒320万が、これまでの平均給与額だった
ことになります。

加入期間が16年とのことなので、
本当は新人の3年間は『0.5481%』
の係数がもう少し高かった(0.7125%)
ですが、そこは今回省略します。

320万という金額をみて、現在
どう感じるかです。
『そこまで年収は少なくない。』
と思うならば、今後の伸び率を
考慮してかまわないです。

例えば、現在賞与込で年収450万
あるなら、今後この金額が下がる
ことは考えづらいと思います。

そうすると、
450万×0.5418%≒2.5万となり、
今後の24年間の分は、
2.5万×24年= 60万
となり、これまでの28万を足して、
28万+60万=88万
となります。

老齢基礎年金78万を合わせて、
88万+78万=166万(月13.8万)が、
65歳から受給できる老齢年金となります。

次に、これじゃあやっていけない。
という部分ですが、これはこれから
年金を受給する全ての人の課題です。
年金の税制の優遇などがあり、手取りは
それほど目減りしませんが、それでも
きつく見えるかもしれません。

ですから、政府は確定拠出年金の個人型の
適用拡大をしたり、厚生年金加入者の拡大
を図ったりしているわけです。
(夫婦での年金額を増やすといった取組み)

因みに厚生年金は、どんなに年収があっても、
上限があります。
簡潔に言うと年収1000万以上となっても
年金額は上がらないのです。
保険料がそのあたりが上限だからです。

ですので、
1000万×0.5481%≒約5.5万
40年間ずっと1000万だったとしても、
220万にしかならず、老齢基礎年金を
足しても300万に届かないということです。

ですから、誰しも老後への年金以外の
準備が必要となるのです。
一番のネックは60~70歳です。
今後年金を受ける人は60~65歳は、
『空白期間』となります。
また、将来年金受給開始が70歳に延びる
可能性はあるでしょう。

以上を踏まえて、老後のことを意識されて
確定拠出年金や個人年金など様々な制度を
ご検討されるとよいと思います。

いかがでしょうか?

ちょっと既回答が目に余るので…A^^;)
ご説明します。

年金の計算方法は、下記に記載があります
ので、詳細な計算方法はご確認下さい。

厚生年金額の計算方法
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/jukyu-yoken/20150401-03.html

自分の年金のシミュレーションは、
『ねんきんネット』にIDを登録し、
今後の年収の見通しを入力していくことで
これまでの実績と見通しで受給見込みの
年金額がシミュレーションできます。
http://www.nenkin.go.jp/n_net/index.html

もっと簡易な確認方法としては...続きを読む


人気Q&Aランキング