出産前後の痔にはご注意!

口唇ヘルペスのバルトレックス使用量について質問です。

口唇ヘルペスが再発し、たまたま耳鼻科に別の病気でかかっていたので、そこでバルトレックスと塗り薬を処方してもらいました。
初期で薬を使用したので、発症3日目でかなり症状は落ち着いています。

質問ですが、バルトレックスを1回2錠1日3回
5日間処方されたのですが、ネットで調べたら口唇ヘルペスの場合、1回1錠1日2回と書い
ていました。

処方された1回2錠1日3回だと、多すぎるような気がしますが、いかがでしょうか?
処方してくれた医師が耳鼻科ということ、私自身、薬が効きすぎる体質なのか、飲んだ後はちょっと視力が悪くなったり、体がしんどくなったりする症状がでるので、不安です。

口唇ヘルペスだと1回1錠1日2回ぐらいでもよいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

処方されたバルトレックスが250、500、1000㎎のどれにもよるかと。



私は自己責任で海外輸入で買ってますが、口唇はできるまえのピリピリする頃なら500㎎を1日1錠を3日飲めばおさまります。
出てしまったら1回1錠1日2回ほど飲みます。
性器ヘルペスに何度もなってる旦那は治療で毎日1日1錠を飲んでおり。
それでもストレスで出た場合は朝晩にわけて1日2錠飲んでます。

ので、その量は多いかと、、、
私もよく口唇はなるので皮膚科とか行ってたとき、塗り薬ぐらいで飲み薬は出してくれなかったんですけどね。
バルトレックスの処方は高いですから。

あんまり信用できないのなら他の病院で訪ねてください。
    • good
    • 0

その点は、処方した医師にしか意図がわからないので、病院に電話して確認してみてはいかがでしょうか。


抗ウイルス薬は十分な量を十分期間、正しく服用することが大切ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。処方した医師のことが別の治療の際にも少し信用できなくて、こちらで質問させていただきました。

お礼日時:2017/02/23 23:56

専門家紹介

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する女性医師が回答。
※教えて!goo内での回答は終了致しました。
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q唇ヘルペスのバルトレックス5日分飲みきるべきか?

お世話になります。
唇ヘルペスになり皮膚科でバルトレックス5日分を処方されました。
完治するのに大体10日かかります。
次回再発したときのために何錠残しておけば宜しいでしょうか?
それとも全部飲みきるべきでしょうか?
5日分10錠残さず飲めば再発しにくかったりするのでしょうか?
現在非常に悩んでおります。

Aベストアンサー

抗生物質やバルトレックスといった抗ウィルス剤は、途中で飲み忘れたり、薬を飲むのをやめたりすると、耐性菌などが出現しやすくなりますので、決められた期間きちんと飲みましょう。

以下のサイトにバルトレックスの説明があります。注意の項目に同様の記載があります。
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se62/se6250019.html

Q子供に感染してしまうでしょうか。。

先日、結婚して早10年、念願の第一子を妊娠しました。
年齢が35歳過ぎての妊娠だったので世間一般で言えば、高齢出産になります。
なので私自身の検査も念入りに、おなかの子に対しての検査もできるものはすべて行うつもりでいます。
私自身の検査で、血液検査の結果、肝臓の数値が悪く、再検査をしたほうがいいと言われました。
再検査の結果、B型肝炎に感染していたようです。
産婦人科の先生がおっしゃるには、私は母からの母子感染の可能性が高いと言われました。
母は三年前に肝硬変にかかっています。
これもB型肝炎の可能性があるのでしょうか?
私のおなかの子にも感染してしまうでしょうか?
先生は大丈夫と言っていますが不安です

Aベストアンサー

B型肝炎が胎児に感染するには、可能性として四種類の経路があります。
(1)母親の遺伝子にウイルスの遺伝子が組み込まれている場合
  B型肝炎ではあり得ません。

(2)胎盤を通しての感染
  このウィルスは通過出来ません。
  但し、胎盤に小さな傷が付くと、母親の血液が極微量入り込みます。
  この場合には、僅かながら可能性は有ります。

(3)お産の間に起こる産道感染
  母親の血液中ウイルス濃度が高い場合には可能性があります。

(4)産後の授乳感染
  母乳中には、リンパ球などの白血球は混在しています。
  この細胞にウィルスが存在すれば、頻度は極低ですが可能性はあります。

(2)(3)(4)の場合しか考えられませんが、「おなかの子」に感染する可能性は極めて低いです。

可能性の高い感染ルートは「おなかの子」では無く、産後の授乳感染です。

授乳による感染も適切に予防すれば起こりません。
念のため、乳首に疵があり出血している場合にのみ、授乳を避けることが勧められています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報