抽選で総額○円の現金プレゼント、とプロモーションするような場合、法律上・実施上気をつけるべきポイントを教えてください。また、現金をプレゼントする場合と賞品をプレゼントするような場合とでは、法律的に何か違いがありますか?

A 回答 (2件)

お金を払って賞品を購入しないと懸賞に応募できない場合はクローズド懸賞扱いになり、一人当たりの景品の金額上限は取引金額が5000円未満のときは取引金額の20倍、5000円を超えるときは10万円以下にしないといけません。

又総額も売上予想額の2%未満にしなければなりません。
直接商品等を購入しなくても応募できるときは一人当たりの最高金額は1000万円まで可能で総額にも規制はありません。
また現金をプレゼントするも賞品をプレゼントするときも独占禁止法・景品表示法に従わないとなりません。

法律以外に、懸賞を実施するに当たって必ず主催者名、連絡先、責任者名はきちんと明示しておいた方がよいです。

法律については公正取引委員会のサイトを見るとよいです。

参考URL:http://www.jftc.go.jp
    • good
    • 0

以前、販促の仕事でプレゼントを実施した際に得た知識をご提供します。



景品表示法と独占禁止法が関連する法律で、いくつかの基準で金額上限が
定められています。
景品表示法では10万円、独占禁止法では1000万円が上限です。大きくは
懸賞か全員プレゼントか、取引が付随するかどうかで金額上限その他の
制限が変わります。
http://imasy.or.jp/~ume/copyright-ml/inetmag/int …
http://www.pref.tochigi.jp/seikatsu/kurasi/keihi …
などにその説明がありますので、詳しくはそちらを参照してみてください。


参考URL:http://imasy.or.jp/~ume/copyright-ml/inetmag/int …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこんなビンゴ大会やクイズ大会は賭博違反?

以下のケースで、賭博を行ったとして違法となり、
警察に御用となってしまうのはどれですか?

ケース(1):参加費無料のビンゴ大会。景品は一万円程度。
ケース(2):参加費無料のビンゴ大会。景品は一億円程度。
ケース(3):参加費無料のクイズ大会。景品は一万円程度。
ケース(4):参加費無料のクイズ大会。景品は一億円程度。
ケース(5):参加費有料のビンゴ大会。景品は一万円程度。
ケース(6):参加費有料のビンゴ大会。景品は一億円程度。
ケース(7):参加費有料のクイズ大会。景品は一万円程度。
ケース(8):参加費有料のクイズ大会。景品は一億円程度。

ビンゴ大会は運だけで景品が貰えるかどうかが決まり、
クイズ大会は実力だけで景品が貰えるかどうかが決まるものとします。

景品は大会の運営側(第三者)が出資するものとし、
参加費有料の場合に集まったお金は全て運営費にのみに使われる(景品代にしない)ものとします。


私の考えでは、参加費無料なら無罪、参加費有料なら有罪だと思うのですが、
実際の所はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)から(4)(参加費無料の場合)
 景品表示法上の「オープン懸賞」といい、抽選方法がビンゴだろうがクイズの結果だろうが、賞金・商品の上限がいくらだろうが、全て合法です。

(5)から(8)(参加費有料の場合)
 参加費の払い込みに対して、抽選以外のなんらかの商品・サービスを提供すれば、景表法上の「一般懸賞」です。(提供する商品・サービスの内容は、単なる参加券でも飲食サービスでも、何でも構いませんが、必ず参加者全員に提供すること。この提供がないと賭博にあたる可能性があります)
 この場合、参加費が5,000円以上か未満かで、提供できる景品類の最高額、総額に制限があります。(参考URL「一般懸賞」の項を参照願います)

参考URL:http://www.jftc.go.jp/keihyo/keihin/keihingaiyo.html

Qネットでポイント換金するとまずいのですか?

どのネットビジネスでも、ポイントというものを発行して
貯まると、それでプレゼントと交換してますよね。
これって、プレゼントではなくてお金に交換しては
ダメなのですか?何か法律に触れるのでしょうか?

Aベストアンサー

そういったプレゼントや懸賞は,不当景品類及び不当表示防止法という法律で
規制を受けています.(参考URLは,宮城県のサイトにある説明です)
しかし,現金だからどうのこうのという記述はありません.
それが関係あるのは,「景品類の価格」は,仕入価格ではなく、一般小売価格で
算定されるという点くらいです.

実はここに,懸賞を主催する側の,現金よりも商品の方が好まれる要因が
あります.なぜなら,”現金10万円”は,10万円が必要ですが,”小売価格
10万円の商品”なら,懸賞品は,その仕入れ値で賄えることになるからです.
仕入れ値が7万円なら,3万円トクすることになります.
表面上は,同じ価値といえなくもないので,モノが好まれるのだと思います.

その他,その商品やサービス券に,スポンサーが付いている場合があります.
たとえば,”カメラに交換できる”という場合,そのカメラのメーカーや
仕入先が,その商品の宣伝を目的に,それを無償提供(または格安で提供)
している場合です.
これにより,主催者は殆ど費用をかけずに賞品を用意することができるという
わけです.

参考URL:http://www.pref.miyagi.jp/seibun/syohi/keihyoho.htm

そういったプレゼントや懸賞は,不当景品類及び不当表示防止法という法律で
規制を受けています.(参考URLは,宮城県のサイトにある説明です)
しかし,現金だからどうのこうのという記述はありません.
それが関係あるのは,「景品類の価格」は,仕入価格ではなく、一般小売価格で
算定されるという点くらいです.

実はここに,懸賞を主催する側の,現金よりも商品の方が好まれる要因が
あります.なぜなら,”現金10万円”は,10万円が必要ですが,”小売価格
10万円の商品”なら,懸賞品は,その仕入...続きを読む

Q1000本のワインがあって、1つは毒入りです。

1000本のワインがあって、1つは毒入りです。
1滴でも飲むと、10h~20hで死にます。
今から24h以内に、毒ワインを自分のドレイに飲ませることで、判別したい。
これには最低何人のドレイを要するか?




以下がこれに対する僕の回答です。




結論から言うと1000人必要です。


まず0時から検査を開始します。

24時までに終わらせなければなりません。




まず0時にx人がそれぞれで一本検査します。

死ぬのは10~20時ですね
二本目を検査するためには
10時より後に飲まなければなりません(理由はAに書きます)
しかし4時より後に飲んだ場合は24時より後に死ぬ可能性があるため、毒を見逃す可能性があります。

ゆえに10時より後には飲めません。


A、もし10時以内に飲んだ場合
死んだとしても最初に飲んだワインによるものなのか後に飲んだワインによるものかわからないからです。
一本目の死ぬ可能性のある時間帯は10~20時
二本目を例えば9時に飲んだとしたら死ぬ時間帯は19~29時になります。
つまり19~20時に死んだ場合、その死が一本目によるものなのか二本目によるものなのかわからないからです。


ゆえに1人1本しか検査できません。

従って1000本には1000人必要です。





こういう答えがでたんですが、答えは10人なんだそうです…

先生にだされた問題だとか。


どうして10本になるのでしょうか?


困ってます。

1000本のワインがあって、1つは毒入りです。
1滴でも飲むと、10h~20hで死にます。
今から24h以内に、毒ワインを自分のドレイに飲ませることで、判別したい。
これには最低何人のドレイを要するか?




以下がこれに対する僕の回答です。




結論から言うと1000人必要です。


まず0時から検査を開始します。

24時までに終わらせなければなりません。




まず0時にx人がそれぞれで一本検査します。

死ぬのは10~20時ですね
二本目を検査するためには
10時より後に飲まなければ...続きを読む

Aベストアンサー

ついでに書いておこうかな(^^)
2進数                 10進数
 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1   1番目のワイン
 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0   2番目のワイン
 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1   3番目のワイン
 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0   4番目のワイン
 ・・・【中略】・・・
 1 1 1 1 1 0 0 1 1 1  999番目のワイン
 1 1 1 1 1 0 1 0 0 0 1,000番目のワイン
奴隷は上に1があればそれを飲む
 A B C D E F G H I J  10人


人気Q&Aランキング

おすすめ情報