「ブルータスよお前もか」とは現在本当に使われているのでしょうか。
信頼していた者に裏切られたときに用いられるとは本当なのでしょうか。

http://dictionary.goo.ne.jp/jn/195969/meaning/m0u/
ブルータスよお前もか の意味
出典:デジタル大辞泉
《(ラテン)Et tu, Brute!》カエサル(シーザー)が暗殺されるとき、相手の中に信頼していたブルートゥスを見いだして発したとされる言葉。信頼していた者に裏切られたときに用いられる。
⇒ブルータス【Brutus】の全ての意味を見る


※日本の辞書の定義及び、和訳の「ブルータスよお前もか」の話なので日本語カテゴリに質問を立てます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

口を出るかは分かりませんが、この台詞、心中には根を張っています。

「裏切ったな」と思うより、この言葉の方が気持の本質に近く、かつ自身を客観化できる気がします。地獄の沙汰も、とか、明けない夜はない、とかと同じで染み付いているのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/02/26 20:39

外国文学に属する表現なので、あまりカジュアルに使う機会はないでしょうね。



どこだかの議員の不正が次々明らかになって、議長までもが辞任した時、この言葉が浮かんだ気もします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/02/27 19:20

ひとつの教養としての位置は占めているように思いますけどね。


ユダが裏切り者の象徴であるのと同じぐらいの比重は、まだ維持しているんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/02/26 20:40

ブルータスは今はいませんから、適当に人名を当てはめて比喩的に使う人はいます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/02/26 20:39

安倍さんもお前もかと使います

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/02/26 20:39

使ったことは無いですね 昔のコントで 聴いたことがある程度です 哲学を勉強している方なら 皆様知っているかもしれませんが

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/02/26 20:39

自分は年寄りだから、こういう古臭い言葉をわざと使って笑いにしています。


若い人だと「何ですか、それ?」ってなりますよね。
知っている人と知らない人で会話になったりしますし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/02/26 20:39

現在は「もか」が「キリマンジャロ」に変わった・・

    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみませんが、何の話か分かりません。

お礼日時:2017/02/26 20:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重箱の隅をつつくようで恐縮ですが、敬語のことです。

テレビで、森友学園、籠池理事長の長男にインタビューしていました。
父親(理事長)のこと聞かれた長男が、
「理事長は(中略)していらっしゃいます。」「ご自身で~~」と父親に対して敬語を使って、記者の質問に答えていました。
長男についての説明(肩書)は「籠池理事長の長男」とだけテロップが出ていました。

1.自分の親のことを他人に話すのに、親に対して敬語を使うのは間違っている。
2.長男が森友学園の職員、役員などで、父親が理事長という上司の立場だったとしても、外部に話すとき、内部の人に敬語を使うのは間違っている。

と思いました。
とくに、2、は就職した時などに、たとえ自分の上司でも、会社外の人には「呼び捨て」が礼儀だと、厳しく教えられたりします。

別に、特別に森友学園について、あれこれ言うつもりはありませんが、幼稚園や学校を運営する家の関係者(長男)なのに、敬語の使い方が間違っているのはなんなの?と思いました。

もしかして、最近はこれらは許容されているのでしょうか?

Aベストアンサー

ご存知のように尊敬語と謙譲語がありますが、「理事長は(中略)していらっしゃいます。」「ご自身で~~」などは尊敬表現に当たる。
ところで尊敬語の本質とは、「敬意を示したい、と自らが思う相手の行為やものごと」に対して使うものということが言えます。
なので、嫌な上役について話すときには(社内でも)尊敬語を使わないでしょう。
この場合、敬語を使わないのは間違っているといった問題ではなく、話者にとって、その上役が「敬意を示したい、と自らが思う相手」ではない、という事実を示しているにすぎません。
親や上役、以下まとめて「身内」と表現しますが、身内の行為に対して尊敬語を使うべきでないのは、身内を立てることにより、結果的に聞き手や第三者を低く評価することになってしまうから。尊敬語は、こうした性質を持った敬語なわけです。
以上のことを踏まえて言えば、それにも拘わらず、身内に対して尊敬語を使うのには、以下のような(論理的な)理由があることになる。
1.正しい尊敬語の使い方を知らない。
2.身内だとは捉えていない。(捉えてほしくない)
3.結果的に聞き手(記者)を低く評価することになっても差し支えないような相手(記者)であると判断している。
どれも、すでにみなさんがご指摘になっていることですが、敬語の本質から考えても妥当な指摘である、ということを蛇足的に述べさせていただきました。

ご存知のように尊敬語と謙譲語がありますが、「理事長は(中略)していらっしゃいます。」「ご自身で~~」などは尊敬表現に当たる。
ところで尊敬語の本質とは、「敬意を示したい、と自らが思う相手の行為やものごと」に対して使うものということが言えます。
なので、嫌な上役について話すときには(社内でも)尊敬語を使わないでしょう。
この場合、敬語を使わないのは間違っているといった問題ではなく、話者にとって、その上役が「敬意を示したい、と自らが思う相手」ではない、という事実を示しているにすぎ...続きを読む

Q童謡ちょうちょうの歌詞で、なのは

ふと思い立って「蝶々」の歌詞を検索してみたのですが、歌詞の中で、
♪ちょうちょう ちょうちょう なのはにとまれ
私が調べた限り全て「なのは」の所、漢字表記だと「菜の葉」となっています。
小学校の国語の授業の時、先生が教えてくれたのは、歌詞では「なのは」だけど、意味は菜の花なんだよという事です。歌詞を唄にするとき(音数に合わせる為に)、省略する事がある、というような理由だったと記憶しています。
要するに「菜の葉」は間違いではありませんか?

同じような事で、
♪丘を越え行こうよ 口笛ふきつつ
という童謡、題名は「ピクニック」というのだそうですが、歌詞の中で、
♪牧場をさして 歌おう、ほがらに
「さして」→「めざして」の省略、「ほがらに」→「ほがらかに」の省略という事になりますか?

Aベストアンサー

1、元々「蝶々」はドイツの童謡が原曲となっていて、それに「野村秋足」という人が、日本語詞をつけたものです。
その時につけられた詞には既に「菜の葉」となっており「菜の花」ではありません。
私見ですが、菜の葉の「緑色」から、桜の「薄桃色」に蝶々が飛び行くさまがコントラストを感じさせて良く、また「葉から花へ」「緑から桃色へ」と移り行くさまが、女性の成長を暗示させているのではないかと思います。
蝶というのは女性を想起させるものですので。

2、「さして」は「指して」ですので、そのまま。
「ほがらに」は「朗に」ですので、これもそのままです。

Q【暴力団用語】「芋を引いとるんちゃうんか」の芋を引くってどういう意味ですか? もう一つ「反目になりま

【暴力団用語】「芋を引いとるんちゃうんか」の芋を引くってどういう意味ですか?


もう一つ「反目になりませんか?」の反目もどういう意味か教えてください。

Aベストアンサー

イモを引く= 怖気づくこと

反目= 仲が悪くにらみあうこと

Q日本語が変わっていく

誰もが見ることが出来る公のこのサイトで、口から出る音のままの文章が多いのに日本語が変わっていくのではないかと気にかかります。

そーゆーこと・・・そういうこと
のようなことです。皆さんは変に思われませんか?

毎年辞書は、新しい言葉や通常化してしまった略語など改定しているそうです。
昔の美しい日本語が変わってしまうようでとても寂しいです。
という私もいつの間にか現代の言葉になっていることがあります。

Aベストアンサー

最近は余り気にしない様にしています。

色々うるさく言っている人達の言葉や発音も、何世代の間に変遷し、昔の人から言わせると、とんでも無いデタラメな言葉だから。

何千年もズーっと「今の若い奴は」と言う言い方が連鎖して今になっている。

奈良・平安時代の人が、現代人の言葉を聞いたら、そもそも通じない。
発音だって、当時の中間母音はすっかりなくなってしまって、その時代の人が聞いたら、相当訛っている。

余りにも変化しすぎてしまって聞いても意味不明の筈。

Q「老舗」貴方は此の語を何と読みますか?

老舗ーーーー⇒(しみせ)
老舗ーーーー⇒(しにせ)

さー、如何ですか?

私は(しにせ)が本来だと思うのですが、皆さんのご見解をお教え下さい、
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

[日本国語大辞典]
し‐にせ 【老舗・仕似】
〔名〕
(動詞「しにせる(仕似)」の連用形の名詞化)
(1)父祖の家業を守り継ぐこと。
(2)商売、経営をして信用を得ること。また、商売、経営がうまくいっていること。商売以外の物のやり方などにもいう。
(3)伝統、格式、信用があり、繁昌している店。
(4)守りつづけている方針や主義。また、その人の持ち前や得意としていること。

発音
シナセ〔岡山〕シミセ〔徳島〕

これらは方言でしょう。商店が対象になることが多いので、「店(みせ)」となまったのかも。

Qどうして障害者ってああ言う表記の仕方にされてるんですか? なんとなく「害」っていう字が害虫の害とかそ

どうして障害者ってああ言う表記の仕方にされてるんですか?
なんとなく「害」っていう字が害虫の害とかそういうイメージが強くて、差別されてるみたいであまり好きではありません。
私は、「支援要者」とかの方がわかりやすいしいいと思うんですがね、、

Aベストアンサー

私もそう思う時期がありました。
しかし,最近では語弊があるかもしれませんが,「害」と言う字に囚われているからおかしいと思うのではないでしょうか?
こういう考え方もできませんか?
運動・知覚・思考などが障害されている。
人そのものには害はないが,その人の機能が害されていると考えることができます。
要約するとある機能が障害されている人=障害者としているのではないでしょうか。

Q旧暦の呼び方(使い方)

旧暦(陰暦)を使用していた時代(江戸時代や明治初年など)の人達は一般的に各月の名を、睦月、如月・・と言っていたのか、1月、2月・・と言っていたのでしょうか。両者の間にはずれがあるわけですが、そこはどう考えていたのでしょうか。何か、使い分けていたのでしょうか。実証できる文献(文学作品等)が、あるのでしょうか。
 なお合わせて、現在の文学作品(短歌など)で、例えば2月(太陽暦)を即、「如月」と言い換えることがありますが、これは問題ないと思いますがどうでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

sasa8787さんのおっしゃりたかったのは、「季節感」とのずれのことではないでしょうか。

古今和歌集巻第一 春哥上
 ふるとしに春たちける日よめる  在原元方
年の内に春はきにけり ひととせをこぞとやいはん ことしとやいはん
旧暦では、最大30日程度の差が、暦と季節の運行との間にあったわけですが、暦の12月中に「立春」がやってきたことを詠んでいるのですが、あり得たことです。この歌は正岡子規によって「下手な歌詠みの代表」にされていますが、最近では『たとえば今年(2013年)は旧12月24日(太陽暦2月4日)が立春、6日後が元日(2月10日)で、まさに年内立春。』

http://e2jin.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-2cce.html

 また、次のブログによれば、今日(2009/05/16)は、芭蕉が奥の細道に旅立った日とされています。
『新暦の5/22頃には二十四節気の「小満」がやって来ます。この小満は旧暦の四月中気と呼ばれるもので、この日を含む月は、旧暦では四月となります。
 とすると旧暦の3/27は遅くとも小満の 3日前の日付となって、それより遅くなるということは無いはずですから、一番遅い旧暦の3/27は新暦の5/19頃となります。』
と、旧暦の3/27が新暦の5/22頃になってしまう理由が述べられています。

http://koyomi.vis.ne.jp/doc/mlwa/200905160.htm

sasa8787さんのおっしゃりたかったのは、「季節感」とのずれのことではないでしょうか。

古今和歌集巻第一 春哥上
 ふるとしに春たちける日よめる  在原元方
年の内に春はきにけり ひととせをこぞとやいはん ことしとやいはん
旧暦では、最大30日程度の差が、暦と季節の運行との間にあったわけですが、暦の12月中に「立春」がやってきたことを詠んでいるのですが、あり得たことです。この歌は正岡子規によって「下手な歌詠みの代表」にされていますが、最近では『たとえば今年(2013年)は旧12月...続きを読む

Q【日本語】日本語の「御大将」を「おんだい」と読むそうです。 「大将」は「たいしょう」なのになぜ「御」

【日本語】日本語の「御大将」を「おんだい」と読むそうです。

「大将」は「たいしょう」なのになぜ「御」が付くと「だい」に読みが変わるんですか?

大将と御大将はどっちが偉いですか?

大将と御大将の違いは何ですか?

Aベストアンサー

おん‐たい 【御大】解説
〔名〕
(「おん」は接頭語。「大」は「大将(たいしょう)」の略)
(1)一つの団体や仲間の中で、中心的な地位にある人を親しみをこめて、または気軽な感じでいう語。かしら。親分。大将。
(2)刑事をいう、盗人仲間の隠語。〔特殊語百科辞典{1931}〕
 [日本国語大辞典]

Q謎かけがが分かりません

「奥さん美人ですね」とかけまして「部屋の一部」とときますその心は

分かる方いますか?

Aベストアンサー

やーね。(屋根):これは家の一部
あれまぁ。(荒れ間):これも家の一部
正直(障子、木)ですね。本気(本、木)では無いですよね?

Q文章に句点・句読点があるのは、日本文以外にありますか?

文章に句点・句読点があるのは、日本文以外にありますか?

Aベストアンサー

たとえば,英語では カンマやピリオドが使われます。

日本語の文でも昔の文章には句点も読点もないものがあります。
句点も読点もないのが普通の書き方だったかもしれません。
 
 
(句点「。」,読点「、」を合わせて句読点ですね。)
(私は,横書き文では読点として「,」を使っています。)


人気Q&Aランキング