休暇についての質問です。当社の規定では、入籍もしくは挙式のいずれかの早い方の1週間前から1ヶ月後までの間の連続した7日間、結婚休暇を取れることになっています。
私は3月22日に入籍するのですが、3月31日付けで退社します。
その場合、結婚休暇を取得する権利はあるのでしょうか?
先月、上司に申し立てした所、忙しい、人手不足との理由で取得できないと言われましたが、納得できません。

どなか詳しい方、お力をお貸しください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

> 結婚休暇を取得する権利はあるのでしょうか?



そりゃ、ありますよ。
結局のところ、「当社の規定(就業規則)」が全てですから。

逆に言えば、「忙しい、人手不足等の理由がある場合は取得できない」が、就業規則に書かれているなら、上司の言い分も正しいですが、書かれていなければ、上司の言い分には根拠がありありません。

しかし・・そもそも慶弔休暇の給与はどうなってるのでしょうか?
これも会社毎に、就業規則などで異なり、慶弔休暇を特別有給休暇的に扱う会社もあれば、単なる就業免除としている会社もあります。

もし無給であって、有給休暇が残ってるなら、慶弔休暇の期間見合いに、有給休暇を申請した方が得ですよ。
逆に言えば、この場合、会社や上司としても、有給休暇の取得の方が、イヤな話です。
従い、「では最終週は、有給休暇を申請します」でOKかと。

有給休暇の申請に対しては、会社には時季変更権と言うものがあって、会社は申請者に「別の時季にして!」と頼むことは出来るのですが、退職日が迫っている状況では、変更が不可能なので、断れます。
    • good
    • 0

№1さんも触れていますが、法定の有給が付与されていてその上乗せとして特別休暇などの区分けで結婚休暇があり、就業規則に繁忙期には取得できないなどの条件が付けられているならば会社側は拒否することはできるかと思います。


そちらは確認されておりますでしょうか?
    • good
    • 0

有給は、社員である限り、取得出来る権利を有します。


一方、1部の企業では、辞めると決めた、社員のボーナス、臨時給与、当月に亘る有給休暇を認めない風潮が有ります。
明らかに法律違反で管轄する、労働基準監督署に、訴えを起こす権利をを有します。
人出不足は、会社の勝手な都合で、正統性が有りません。
また、会社による、有給の買上げも同じく、法律違反です。
    • good
    • 0

結婚休暇は、法で義務付けられているものではないと思いますので、取得の可否は会社の規定次第ということになってしまうと思います。


上司の方への相談で納得がいかなければ、さらに上司の方や、会社の総務人事部門等にご相談されてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有給休暇取得届・退職届を出したら、有休取得日前日付けで解雇。

派遣社員です。自己都合で退職することになり、8月21日以降は法定年休をすべて消化して9月15日付で退職する旨、内容証明を出しました(直接手渡しても受理されなかったので)が、8月20日付で、派遣先、派遣元とも契約解除にされました。
「会社に有給休暇の制度がない」と言うのが会社側の理由です。私が取得したのは法定年休で、会社の制度とは関係ないことをいくら説明しても梨の礫でした。おそらく「有休を取得させた」という前例をつくりたくないのでしょう。労基法違反は覚悟の上だと思います。

契約解除の書類を渡されたのが8月8日なので、有休は取得できない代わりに解雇予告手当を請求できると思うのですが、いかがでしょうか。

また、この場合、失業給付の3ヶ月制限はかかりますか?

Aベストアンサー

>契約解除の書類を渡されたのが8月8日

事情がはっきりわかりませんが、契約解除とあるので契約社員だったのでしょうね。
でも「自己都合」と書いてあるのに「契約解除の書類を渡された」となれば、会社側は「自己都合で一方的に契約解除を申し入れたから」解雇予告手当は出せないという理屈でくるのでしょう。

有給休暇も「法定」でと、理解している社員にすごく強硬な手段で、会社の人事総務全般を担当している僕としては理解に苦しむ会社側の対応です。

労基法違反も承知の上で、争ってでも8月20日付けで退職して貰う、という会社の意思表示なんでしょうね。

会社側がこういう対応をしてくるなら、後は時間をかけて労働局へ提訴とか方法はありますが、あまり問題をこじらすと日本的村社会的風潮で、次の就職先であなたに不利に働くかもしれません。

でも、僕なら労働局へ提訴するだろうな・・

すみません。回答になっていないかな

Q土日の有給休暇の取得はできるのでしょうか?(シフト制での勤務)

3月末で退職する予定のものです。

有給休暇が残っているので消化しようと思うのですが、土曜日・日曜日を有給休暇に当てはめることは出来るものでしょうか?

ちなみに、マスコミの仕事で、契約社員・シフト制勤務で土曜・日曜の勤務も勤務する契約になっています。
給与の契約内容は、
土曜日は法定外休日で、通常時間×1.25倍
日曜日は法定休日で、通常時間×1.35倍

シフト制で、土日休みと決まっていません。
業務に必要な場合は、土日・深夜も出勤するという典型的のマスコミ勤務条件です。

長期連休があったのですが、それなら平日に有給を当てはめるより、土日祝に有給を当てはめた方が得な気がしますが、どうなんでしょうか?

逆に損してしまうことってあるんでしょうか?

自分でエクセルで出勤表を作成して、提出しましたが特に何も言われませんでした。

上記に「平日に有給を当てはめるより、土日祝に有給を当てはめた方が得」と記載して疑問に思われる方もいらっしゃると思って追記しますが、通常このようなことをしてしまうと良くない&他の人に指摘をされるのでは?と思うかもしれませんが、今の会社は出勤状況は個々に任せられているので、自分で決めても大丈夫な所です。

よろしくお願いします。

3月末で退職する予定のものです。

有給休暇が残っているので消化しようと思うのですが、土曜日・日曜日を有給休暇に当てはめることは出来るものでしょうか?

ちなみに、マスコミの仕事で、契約社員・シフト制勤務で土曜・日曜の勤務も勤務する契約になっています。
給与の契約内容は、
土曜日は法定外休日で、通常時間×1.25倍
日曜日は法定休日で、通常時間×1.35倍

シフト制で、土日休みと決まっていません。
業務に必要な場合は、土日・深夜も出勤するという典型的のマスコミ勤務条件です。

長...続きを読む

Aベストアンサー

損得は別問題・・・土日に、有給休暇の取得は可能です。

http://ha8.seikyou.ne.jp/home/syoki/masaki/roukiQA/roukiQA033.html

Q得意先A社の締め日及び、支払日変更に伴い、当社のシステムで得意先マスタ

得意先A社の締め日及び、支払日変更に伴い、当社のシステムで得意先マスターに登録されているA社の締め日と支払日を変更したいのですが、何月何日に変更すればいいのでしょうか。

■得意先締め日
毎月25日から20日に変更

■得意先支払日
翌月25日から翌月末日に変更

■得意先より通知された開始時期
3月請求分より

私は製造業で経理を担当して間もない者です。
なお、現在の日付は2010年2月11日とします。
理由も教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

3月請求分より⇒2月25日締が最後で、次回は3月20日締にする。
その支払日は4月25日ではなく、4月末日に支払ということ。
ということは、通常、2月25日締めまでは、今のままの処理を行い、2月25日請求処理が完了してから、マスターを変更するのがいいです。

Q退職金支給の可否。 当社は同族の零細な株式会社です。40年間ほど代表取

退職金支給の可否。 当社は同族の零細な株式会社です。40年間ほど代表取締役を勤めた人がこの度役員を辞任する事になり『社業から身を引きます』退職金支給を考えています。給与は4年前に業績不振の為に約85%減額しています。また会社全体一年半位商売を休業して現在に至っています。支給金額としては給与×勤続年数×功績倍率では駄目でしょうか?似たような人が2名程います。不動産とか有価証券を処分すれば資金は問題ありません。よろしく教授ください。

Aベストアンサー

代表取締役は労働基準法で規定する労働者ではありませんので、労働基準法の規定は適用されません。
代表取締役の退任は具体的には株主総会を経て、法人登記簿から当該役員を外す手続きで完結します。
 退職金額は株主総会で自由に決めて良いのですが(退職金金額、内規や規定も)法人の人件費(経費)として認められる場合の計算式が役員報酬×勤続年数×功績倍率になります。従って一般的に広くこの計算式を元に退職金額を算出しているようです。
 功績倍率については1~4の範囲で良いのですが、税務署が最高の功績倍率4で経費として認める場合は、40年間実質的に法人経営を一人で担ってきた等の条件が付くようです。
 なお、同族会社という事ですので退職金を受け取られた人の退職所得の所得税関係は下記のURLで見て下さい。
 
 

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1420.htm

Q得意先からの当社請求締日の変更要求について

会社で、ある得意先への請求締日が、毎月25のところ、得意先から「当月は、決算月のため、月末までの請求をしてほしい」との依頼がありました。

なぜかもわからないのですが、この様なことは、よくあることなのでしょうか?

また、対応しなければならないのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

しなければならないかどうか、という決まりはないと思いますが、決算月の場合、私の職場にもそういう依頼はあります。

特に、こちらに不都合が発生しない限り、ほとんど先方の意向に沿うように対応しています。

会社の規模によっては、対応部署が複数になったり(営業と経理など)手続きが煩雑になるので、難しいのかとも思いますが、私は中小企業なので取引先の要望には、なるべく応えています。
また、その取引先とのつきあいの深さによっても、違ってくるかもしれません。

私も、決算時期には、期内のものは処理してしまいたいと思いますので。

他の部署や、自社の損益に影響が出ないかどうか、検討して、上司の承認を取られたらいいと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報