このようなケガでは、本来、公的医療保険は使えないんですよね?
http://mainichi.jp/articles/20170228/k00/00e/040 …
でも、一旦は、7割を公的医療保険で負担されて。になるんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

例えば喧嘩をして自分もケガをしたような場合には、その治療について保険は使えませんが、ご質問のケースでは保険の支払いがあり、保険から加害者に対して支払保険料の請求と言う事になるでしょうね。



保険の目的は、加入している者の保護にあるのですから、支払った保険料が請求できる先があるときはそこに請求し、それが回収できるかどうかは加入者とは無関係、ということです。
この場合に回収は民事裁判になりますから、刑事裁判としての有罪無罪とは別問題ですね。不謹慎なたとえかも知れませんが、ご質問の事件が被害者の狂言であった場合には保険請求は被害者本人にされます。

ご質問のケースが労災保険の適用になるかどうかという問題ですと、被害に遭われた方の雇用関係が判らないので、何とも言えないところです。労災保険であれば、健康保険に比べてはるかに低い自己負担で済むため、業務中(通勤中含む)なのか業務外なのか判然としない場合には、一応労災適用で手続きを執り、後に労災不適用とされた場合には、健康保険が適用され、自己負担分の差額を請求する、という仕組みになってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2017/03/04 20:41

私にも良く分かりません。


交通事故では、被害者が、保険適用も有り、100%補填されますが、アイドル傷害事件の被害者は、自払いで、対応するのではと、考えます。
本来ならば、加害者が被害者に医療費を払うべきなのですが、車のように、保険が適用されない為、残されるのは、害者の親族に請求の、訴えをするかの問題ですが、害者が成年に達していると、親族からは、補填不可能で、本人はム所暮らしでムリとすれば、後は公的資金での療養給付で、幾ら補填されるのか、ハッキリしません。被害者の心の回復を願っております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2017/03/04 20:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qhttp://okwave.jp/qa/q5832716.html の

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5832716.html の質問にもあるように、払いすぎた電車の運賃は返してもらえません。ということは、目的地よりも1ランク安い切符を買えば、もしもの時の自衛につながるのでしょうか。例えばA~B~Cと並んでいる駅があり、1駅区間は100円、2駅区間なら250円の運賃とします。

◎メリット
もし途中で引き返すことになった場合に200円で済む。

◎デメリット
降車駅で必ず精算が必要となる。

違法な行為ではないと思うのですが、この考えに落とし穴があったら教えてください。

Aベストアンサー

発駅から降車駅までが101キロ以上ある場合は、打ち切り計算と言って差額ではなく持っている切符の降車駅から実際に降車した駅までの金額を払わないといけないです。

なので、もしA~C区間が101キロ以上ある場合、通常はA~B運賃+B~C運賃よりA~C運賃の方が安く設定されるため、A~B区間の切符を買ってC駅で降りたら無駄に多く支払うことになります。

Qhttp://oshiete.goo.ne.jp/qa/5982006

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5982006.html
で回答者諸氏が口をそろえていっている「違法」ですが、どこの国のなんという法律でしょうか。
製造元のアメリカの法が適用されるのでしょうか。

Aベストアンサー

#2です。

○複製権あたりを侵害していることになるのでしょうか。

リカバリディスクを別のコンピュータに使用する点についていえば、複製権侵害ですね。リカバリディスクは、それが付属されていたPCのみに使うことを条件として使用を許諾されているはずで(契約書に書いてあるはず)、許諾の範囲を外れた使用は無許諾での著作物の使用と同じことになり、インストールという行為はソフトウェアをハードディスク等に複製する行為ですから、複製権侵害になります。

Q夢小説についての質問です。たとえばhttp://ameblo.jp/r

夢小説についての質問です。たとえばhttp://ameblo.jp/ryoha/、もっちさんのように漫画やアニメをつかった夢小説は、著作権に反しないのでしょうか?
私も書いてみたいと思っているので、そこのところどうなのかを教えてほしいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

著作権には反していますが、黙認されているのが実情です。
やってる人結構たくさんいますしね。

書いて、もしネット上で公開されるのなら、検索よけして、代わりにサーチ等に登録したほうがいいと思いますよ。

あと、例を出すにしてもURLは載せない方がいいです。
管理人様に許可をもらっているのなら別ですが…


私も夢小説は大好きですよ!まぁ書いてる途中に「あっ、これもいいな」と気が移ってなかなか最後まで書けませんが(笑)

すっごくaboutな回答ですみません。では!

Q民法についての質問、http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3334485.htmlについて疑問がわきました。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3334485.htmlで質問したものです。回答してくださった皆様ありがとうございました。事例をコピーしてみると

BはAから量販品のテーブルを購入し、所定の期日に配達してもらうこととしていたが、Aは、当該品物を配達中、Aの責めに帰すべからざる事由によって当該品物を滅失してしまった。

前の質問で、このテーブルが不特定物の場合は、無限の調達義務を負うので、履行不能という債務不履行ははありえないという事が分かりました。

では、このテーブルが特定物の場合に♯2さんが、『Aさんに責がなければ、Aさんは危険負担を負っているBさんに代金の請求ができます、しかし、BさんはAに対して債務不履行の損害賠償の請求ができます。
』とおっしゃっています。
しかし、債務不履行というのは債務者に帰責性がないと責任を問うことは出来ないとテキストに書かれています。ですから、
質問:この場合、危険負担の考え方よるA→Bの代金請求は可能だと思いますが、B→Aの債務不履行は問うことは不可能なのではないでしょうか?

さらに♯3さんが『テーブルが特定物でも不特定物でも、答えに影響しない』とおっしゃっているため、ちょっとまたこんがらがってきてしまいました。

すいません。どなたかご教示ください。お願いします。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3334485.htmlで質問したものです。回答してくださった皆様ありがとうございました。事例をコピーしてみると

BはAから量販品のテーブルを購入し、所定の期日に配達してもらうこととしていたが、Aは、当該品物を配達中、Aの責めに帰すべからざる事由によって当該品物を滅失してしまった。

前の質問で、このテーブルが不特定物の場合は、無限の調達義務を負うので、履行不能という債務不履行ははありえないという事が分かりました。

では、このテーブルが特定物の場合に♯2さん...続きを読む

Aベストアンサー

考え方の順序としては、まず債務者Aに責任があるかどうかで切り分けます。
責任があれば債務不履行による損害賠償責任を問えますし、なければ問えません。この点ははっきりしています。
次に責任がない時に危険負担を考えます。
そう考えるとすっきりしますよ。

(1)特定物 →滅失すれば履行不能ですね(当然)。

(2)債務者Aに履行不能の帰責性がなければ →Aは債務不履行責任を負いません(415条後段)。

(3)特定物滅失の危険は誰が負う? →民法534条1項で債務者無責の場合の滅失リスクはテーブルをよこせと言う債権者Bが負担します。

つまり、滅失すれば、テーブルはもらえないがカネは払わなければならないし、損害賠償も請求できない、ということです。

これが条文に則った答えです。(3)の危険負担については学説からの異論が強い結論ですが、(2)の債務不履行による損害賠償については異論はないと思います。
無過失で損害賠償を認めると、534条1項で債権者Bの負担にできる場面がなくなって条文の存在意義がなくなりますからね。

Qhttp://okwave.jp/qa/q5602072.html

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5602072.html
上記の質問の回答でわからなかったところがありましたので、質問します。

・被告が全面敗訴した場合、原告からの慰謝料の請求が無い場合でも訴訟物の価額160万円は支払わないといけないのか?(160万円という金額を支払うかという意味)

・「訴訟費用」とは相手の弁護士費用も含まれるのか?

Aベストアンサー

 前の質問の回答No.1にあったと思いますが、離婚など身分関係の確認訴訟は訴訟物の価額の認定が困難なので、印紙の額を決める都合上、一律に160万円と書きます。
 決して160万円の慰謝料を求めているわけではありません。
 敗訴した時に支払うのは、別に請求及び申立ての趣旨に書かれてある慰謝料、財産分与、養育費です。
 これらが書かれていないのなら、単に離婚することの判決を求めているだけです。

参考URL:http://blog.goo.ne.jp/gootest32/e/56d942c972cc526010351233c409a2ed


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報