出産前後の痔にはご注意!

 このサイトでもそうですが、文末に句点(マルやピリオド)を付けないかたがいらっしゃいます。せっかく書いていただいた文章なのに、読みにくいと感じてしまうことがあります。

 しかし、何か理由があって句点を付けていないのだと思います。どんな理由があるのか教えていただけますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

めんどくさいからです

    • good
    • 6
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

 1031janaiさんの回答履歴を見ると、時々めんどくさくなるようですね。

お礼日時:2004/08/18 07:00

amajunさん、はじめまして。

句読点を付けて欲しい方のようなので付けますね。文章は思い遣りですので。

さて、一般に手紙文では、句読点を付けるのは、どこで文章を区切り、どこで文末になるかを、相手に指示することになるので、差し上げる(読んでいただく)方に失礼に当たります。どこで区切るか、文末になるか、ある程度、教養があれば分かることですので、それを指示するのは、相手に教養がないと指摘していると思われかねないからです。それを慮らないのは、書き手の傲慢な心の現れです。手紙の文化を大事になさっている方々には常識ですが、そうでない方々は、あれっと思われるようです。私も、目上の方や、面識の無い方に手紙を差し上げるときは細心に注意して句読点は省きます。句読点を付けることの方が、付けないことより余程簡単です。また、私は最近では目下や同僚、お友達等への手紙、葉書でも句読点は省いています。しかし、年配の方でも、「なぜ、ぴちヒメさんの文章には句読点がないのか?何か意味があるのか?」と訊ねられる事がありました。電子メール、BBSの世界では、私は句読点を打っています。それはやはり、思い遣りの心からです。ネット上でも、最近は手紙文や葉書でのルールが通ずる世代の方が多くなってきているので、これからは句読点を思い切って省こうと思っていた矢先にこのご質問に出会ったので思わず回答してしまいました。

あくまで私の一意見ですよ。でも、決して面倒くさいから句読点を付けないという方はいらっしゃらないと思います。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

 賞状に句読点を付けないのも同じ理由だそうですね。

 ところで、相手が事前に特定されるメールと、不特定多数に向けた掲示板とでは事情が異なるかもしれませんね。

お礼日時:2004/08/18 23:41

単に相手の事を考えない自分勝手で、基礎的な教養が無い人だと見ています。

(^_^;;

それなりの社会環境で暮らしていると、論文の下見だけでも、その人は嫌われます(読みにくいので読んでもくれない・後回し)。

つまり、そういう中身のある社会に暮らしている人では無いと言う判断が下せます。

ただ、これらはキーボード操作に慣れている人で、と言う条件が有ります。
携帯では私も日本に戻ったときには使いますが、面倒なので省くことも有ります。(殆ど入れますが)
    • good
    • 6
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

 確かに、自分の文を読んでくれる相手のことを考えれば、「面倒だから」にはならないと思います。

 回答文ならまだしも、相談文で自分勝手を貫くのは少々まずいような気がします。

お礼日時:2004/08/18 07:15

私もたまに意図的につけないことがあります


その意図は・・おしゃれっぽく若く見られたい!です
文末に句点(特にマル)がついていると、なにか若々しくないと感じます
そういう私は、実は指が自動的にマルを打ってしまう年齢ですが、若い子を見ているとつけていないように感じます
若い子は改行、スペースがすごく多いですよね
スクロールするのもけっこう面倒なんだけどな、と思いながらも、ちょっとまねする時もあります

この回答への補足

 さらに若くなって小中学生になると、句点に「o」を使うようになりますね。

補足日時:2004/08/18 07:23
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

 句点を付けないと、おしゃれっぽくて若い! なるほど、そういうものでしょうか。さらにギャル字を使えば完璧ですね。

お礼日時:2004/08/18 07:10

まあ基本は「めんどうだから」これに尽きると思います。


僕も国語は好きなので文章など細かいことが気になる方ですが、こういう場所はまた別だと考えます。

質問者様が言いたいのは「句点がないこと」以上に「改行の少なさ」ではないでしょうか。
句点がなくても改行がきちんとしてあれば見やすさ的には問題ないと僕は思います。そりゃあ書き文字として正しくはないのもわかりますけどね。

段落の一文字空けも、よほど堅苦しい書類でもなければ行いません。少なくともデータとしては空白だって1文字分の容量を使いますし、それなら同じ1文字分の容量でたくさんの空白があく改行を使います。

ようは、国語に対する姿勢の違いかと思います。

あと、強いて理由を挙げるなら、
「表現方法としてわざと使わない」ってのもあるかと。文学作品ではこの理由で使わない場合もあります。
まあ、ここは別に文学がどーたらこーたら言う場所ではないし、こんな理由で省く人はまずいないと思いますがね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

 句点を付けない人の文は、文末でたいてい改行しています。つまりむしろ改行が多くなります。

 しかし、一文イコール一段落ですから、段落の意味がなくなってしまいます。それが気になるところです。

お礼日時:2004/08/18 07:08

こんばんは。



普段は句読点を省略することはまずないのですが、携帯メールの場合、最後の一言に「。」を付けないことが多いです。「まぁそれもありだけど」とか「疲れた~」とか「あはは」とか。

これは自分的には本文に付け加えた独り言、フェードアウト気味の独り言ってニュアンスなので、「。」がない方がふさわしいのかなぁと勝手に思ってそうしています。きっとこういうこと聞いているんじゃないんだろうなぁ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

 句点を略すと

>本文に付け加えた独り言、フェードアウト気味の独り言

という効果になるのですね。これは思いもよりませんでした。

お礼日時:2004/08/18 07:05

 想像ですが、この種のサイトを、手紙などの延長と考えるか、チャットや携帯メールの延長と考えるかで変わってくるのではないでしょうか。


 amajunさんは、手紙などの国語文の延長と考えていらっしゃるようですが、携帯メールやチャットの延長と考えている人の場合、句点を省くのも無理からぬことだと思います。
 段落で一文字空白を空ける人と空けない人がいるのも、同様の理由ではないでしょうか。

 かくいう私も気分次第でバラバラですが^^;
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

 手紙というか、「文章」ということですね。

お礼日時:2004/08/18 07:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q句読点の「。」をつけるかつかないか。

会社で、従業員向けに、箇条書きに近い感じでこれこれこうしてくださいと文章を書いてボードに張り出すとき、文章の末尾に「。」をつけるのかつけないのか?
箇条書きに近い感じでも、文章の末尾は、「~になった」「~だ」「~にしてほしい」など「。」が必要そうな語尾になります。
ブログを書くときに、箇条書きに近い感じで短くて読みやすい文章を書くとき、文章の末尾に「。」をつけるのかつけないのか?「~である」などこちらも「。」が必要そうな語尾になります。
この2点について回答ください。
会社の方が一番悩んでいます。

Aベストアンサー

箇条書きでも、複数の文が連なったものには付けるべきでは?

1.出勤してきたら、必ずタイムカードを打ちましょう。打つのは制服を着用し、すぐに仕事に取りかかれる状態になってからにしましょう。

という具合に。一つの文章が終わって句点を打っているのに、二つ目の文章の終わりが箇条書きの終わりだから……といって句点を打たないのはバランスとしておかしいと思います。

これが、

1.出勤してきたら、必ずタイムカードを打ちましょう
2.タイムカードを打つのは、制服を着用し、すぐに仕事に取りかかれる状態になってからにしましょう

という具合に、一つの文章で一つの箇条書きが成立する場合は、なくてもおかしくないと思います。

先の回答にもありますが、句読点の打ち方にはルールがあるようなないような、曖昧なところがあります。
個人的な趣味で決めてしまっても、絶対的な間違いだと言うことはできません。

私自身の趣味としては、上記のように、一文ならなくてもOK(入れてもOK)、複数の文なら入れる方が統一性があるように思える……ですが、これとて「正解」ではありません。

いろんな方の意見を聞いて、ご自身の感覚にしっくりするものを探してください。
でも、いろんな意見を聞くと、却って混乱するだけかもしれませんね(^_^;)。

一つだけ注意するとしたら、末尾に句点を打つか打たないか、同一文書中ではどちらかに統一すること。
これだけ気をつけておけば、どちらでも大丈夫だと思います。

箇条書きでも、複数の文が連なったものには付けるべきでは?

1.出勤してきたら、必ずタイムカードを打ちましょう。打つのは制服を着用し、すぐに仕事に取りかかれる状態になってからにしましょう。

という具合に。一つの文章が終わって句点を打っているのに、二つ目の文章の終わりが箇条書きの終わりだから……といって句点を打たないのはバランスとしておかしいと思います。

これが、

1.出勤してきたら、必ずタイムカードを打ちましょう
2.タイムカードを打つのは、制服を着用し、すぐに仕事に取りかかれる状態...続きを読む

Qパソコンのメールで句読点を使わない人

こんにちは。
メールで「お願いします」や「○○○です」など、文章の最後に句点を絶対に使わない人がいます。
どうしてだと思いますか?何か理由があるのでしょうかね?
この方は読点も半角スペースにしているようです。
最近増えているようですが、私にはとても不思議なので、
この方の真意を知りたいと思い質問させて頂きました。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

知り合いに、句読点や改行の使い方が独特な方がいます。
ある時きいてみたら、文章のみで個性を出す為わざとやってると言ってました。
私にとっては、文の内容よりもその独特な文字の並びに気が行ってしまって気持ち悪かったのですが、そういう方もいると言うことで。

区点よりも半角スペースの方が読みやすいと思ってあえてやる方もいらっしゃいますよね。(例えば こういう 書き方です)
すべての行を一行あけて書く方もいます。
こだわって「、」「。」を「,」「.」と書かれる方もいます。
文節に関係なく同じ文字数できっちり毎回改行する方もいれば、適当な区点でもって改行する方もいる。

それぞれ個性として受け止めてはいかがでしょうか。
読みやすい、読みみくいもそれぞれ個人差があるし、国語の作文の添削では無いのですから。

Qメールで句読点をうたないひと

メールの書き方の傾向についてのご質問です。
最近、いろいろなことに気がつきます。

1.英語圏で暮らしていた人
 
  文面の冒頭の呼びかけ部分で
  「鈴木さん、」
  と(、)をいれてきます。私はそれは知りつつ
  「鈴木さん」
  と書いています。

2.高圧的な業者

  ちょっとでも気に食わないと、
  「お世話煮なります」と書いたり、わざと名前を間違えて
  書く人たちがいます。これは失礼であり嫌われる原因ですが、
  一部、「自分が偉い」と思っているひとたちの常套手段のようです。

3.最近、気がついた書き方

  句読点(とくに終わりの「。」)を抜いたり、
  普通漢字にするところを、わざとひらがなで書いてくるひとを
  たまに見かけるようになりました(主に30代男性)。
  
  これは、くだけた調子で親しみの表現なのでしょうか。
  あるいは、多少軽んじた気持ちが先方にあるのでしょうか。

日本語はきちんと書けばよいのに、と思うのですが、
気になる書き方ですし、悪い意味があればそれなりに対処したいので、
ご意見伺えると嬉しいです。

宜しくお願いいたします。

メールの書き方の傾向についてのご質問です。
最近、いろいろなことに気がつきます。

1.英語圏で暮らしていた人
 
  文面の冒頭の呼びかけ部分で
  「鈴木さん、」
  と(、)をいれてきます。私はそれは知りつつ
  「鈴木さん」
  と書いています。

2.高圧的な業者

  ちょっとでも気に食わないと、
  「お世話煮なります」と書いたり、わざと名前を間違えて
  書く人たちがいます。これは失礼であり嫌われる原因ですが、
  一部、「自分が偉い」と思っているひとたち...続きを読む

Aベストアンサー

 
 打字作法 ~ 句点「。なし文体」の用例 ~
 
 かつて、印刷物の編集デザイナーとしての立場から述べてみましょう。
 一目で文頭を発見できる「一字アキ」は、とても便利で合理的でした。
 どのページであっても、前の行に続いていないことが明白だからです。
 
 あるいは「。」が、どの位置にあっても、その文章は終わっています。
 これが無くてもよいというルールだと、つぎのページを開くまでは、
ほんとうに終ったかどうか、だれにも判別できないのです。
 
 スペースで改行する「一行アキ」も、タイピング時には便利ですが、
ページの終りや初めに置かれると、どっちつかずで判定できません。
 これを日本版ウィキペディアが採用すると、厄介なことになります。
 
── 古来の日本語文書には無く、欧文の翻訳文への終止符・疑問符・
感嘆符の替わりとして使用され始め、純粋な日本語文書にも定着した約
物である。しかし、2000年代初期からは句点を使用しない文が増えてい
る。特に、若者を中心に広まっている。── (Wikipedia)
 
 文書形式は「私的メモ」から「教科書」「契約書」を経て「憲法条文」
に至るまで多様なルールが存在し、形骸化した例も少なくありません。
 つぎの例は、いわば公式文書なのに、なぜか1500字に唯一の句点です。
 
── 「不正利用は否定できないと判断した。」
http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatenasupport/20090831
 はてな情報削除・発信者情報開示関連事例
 
 たとえば、小説の最後が「完」、映画は「終/Fine」、演劇に「幕」、
書簡に「拝啓:敬具=前略:草々」、ニュースに「NHK」、お祈りに
「アーメン」などの決り文句が失くなると、〆らないですね…‥・.
 

 
 打字作法 ~ 句点「。なし文体」の用例 ~
 
 かつて、印刷物の編集デザイナーとしての立場から述べてみましょう。
 一目で文頭を発見できる「一字アキ」は、とても便利で合理的でした。
 どのページであっても、前の行に続いていないことが明白だからです。
 
 あるいは「。」が、どの位置にあっても、その文章は終わっています。
 これが無くてもよいというルールだと、つぎのページを開くまでは、
ほんとうに終ったかどうか、だれにも判別できないのです。
 
 スペースで改行する「...続きを読む

Q読点、句点のない文章

勤め先の小さな会社で、来店されたお客さまに読んでもらう用のプチ新聞のようなものをひと月に1回作っています。
A4用紙の裏表に、社員4人くらいずつが持ち回りで文章やコラムを掲載するのですが、社長の奥様(副社長・50歳前後)の書かれるする文章がほかの人とは違う書き方をされており悩んでいます。


ほかの方の書かれている文章は、普通に『、』『。』が使われ、適当なところで改行されているものなのですが、副社長のものは『、』『。』が一切なく、『、』の代わりにスペースを空け、『。』の代わりに改行か読点と同じくスペースを空けているスタイルです。

手書きの年賀状などは句読点をつけないのが礼儀と聞いたことがあるのですが、プチ新聞は手書き印刷などではなく、PCのWordをプリントアウトしたものをお渡しします。ですので、副社長の文章だけ非常に読み辛いという状態です。

先月、私の同期が皆の提出した文章をまとめて印刷物として仕上げる係をやったのですが、その時、
「副社長の文章ですが、みんなの文章と同じく『、』『。』を入れていいですか?」
と副社長に直接聞いたところ、
「ふ~ん、まぁいいけど~?」
と言いながら睨まれたそうです。

副社長は、こう言っては失礼ですがあらゆることに関して出所不明な自信がある方で、
「こういう時って、私の書き方に合わせるのがスジだと思わない?」
と私に言い、ほっぺたを膨らませたいじけ顔をしていました。

その時は
「あはは、そうですね~」
とごまかしていましたが、正直、社員4人分の文章を全部句読点無しの謎のスペースと改行だらけのスタイルにしてしまうと、非常に読みにくいものになってしまいます!
そして、6月に私に文章のまとめ役の順番が回ってきます!!


この場合、プチ新聞はどのようにまとめるのが適切だと思いますか?
①4人全員分の文章に句読点をつける
②副社長の文章のみ提出されたままの句読点無しにし、ほかの社員の句読点はつけたままにする
③4人全員分の文章を句読点無しにする


ちなみに、
社長は奥様の副社長のお尻に敷かれており、あまり口出しをしていない状況です。
副社長の文章を含んだプチ新聞を出すのは、私が入社以来、来る6月で4回目。
今までの3回は上記の①~③でいうと、①が1回・②が1回・自作の詩?ポエム?(もちろん句読点無し)の提出が1回となっており、
入社以前の資料はありません。


カテゴリー違いでしたらすみません。
プチ新聞自体は、会社の掲示板、HPへの掲載とお客様への手渡しで、読んでくださり感想を聞かせてくださる方もいらっしゃるという感じです。

勤め先の小さな会社で、来店されたお客さまに読んでもらう用のプチ新聞のようなものをひと月に1回作っています。
A4用紙の裏表に、社員4人くらいずつが持ち回りで文章やコラムを掲載するのですが、社長の奥様(副社長・50歳前後)の書かれるする文章がほかの人とは違う書き方をされており悩んでいます。


ほかの方の書かれている文章は、普通に『、』『。』が使われ、適当なところで改行されているものなのですが、副社長のものは『、』『。』が一切なく、『、』の代わりにスペースを空け、『。』の代わりに...続きを読む

Aベストアンサー

すべて元原稿どうり。②かな。
この板でもそんな文章を作る人がいますね。
①はまあいいとして③では読みにくさ以前に会社の程度を疑われます。

Q「>」や「。」をつけない心理とは?

ネット上では「。」をつけない文をよく見ます。
これは改行によって「。」なしでも区切りが分かるからだと思っていました。
横書きならではの変化だな、と。

しかし最近、「>」をつけないで他の人の文を引用する書き方を見かけるようになりました。
本人の言葉だと思って読んでたら、あ、前の人のか、
ということもあって、分かりづらいと思うのですが、
にもかかわらずそうするからには何か理由があるのでしょうか。

どことなく「自分を隠している」ような、逃げ腰のような気配を感じます。
その気配はよく考えると「。」がない書き込みの一部にも共通して見られる気がします。

一体どのような心理で「>」をつけないのでしょうか。
そして「>」抜きで自分の言葉を引用されると、嫌な気分……というか、スッコ抜けたような変な不快が残るのはなぜでしょうか。

Aベストアンサー

#1です。引用に >か| の件。

OEの場合にも返信時に >、|、:のどれかが設定できます。

メールソフトによっては|だけのものもあります(ありました。改行してもくっついてきたりするのでとても使いにくかったです。)

>の方が編集しやすいのですが、先方が|の設定の場合は困りものです。そして大概、先方はPC初心者で設定で変えられることも、テキストメールとHTMLメールの違いも判っていないことが多いです(ーー;)

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Qカギ括弧内の最後に句読点は間違い?(例:「~。」)

「こんにちは。」などという用法は間違いだと言う記事を見かけたのですが、
私は小学生のころに「~~です」と書いてバツを貰い「~~です。」と直された経験があります。
以後、作文などで「~。」という使い方をしていましたが間違いだと指摘されたことはありませんでした。

どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

1)「こんにちは」
2)「こんにちは。」
 どちらも間違いではありません。
 どういうルールに従うか、という問題です。

 学校(義務教育)では、昭和21年に文部省が発表した「くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)」の影響があるせいか、2)の書き方を教えます。
【くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)】
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/kijun/sanko/pdf/kugiri.pdf
 しかし、新聞や一般の出版物は1)の形が圧倒的に多いはずです。

 新聞や一般の出版物の句点の打ち方は、おおむね下記のようなルールになっています。
【句読点の打ち方──簡略版】
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n140029
 以下は一部の抜粋(重言)。

================引用開始
 句読点の使い方のうち、句点(マル、「。」)については、それほど問題はないと思います。「文の終わりにつければいい」ということはだれでも知っているはずです。「文章読本」に書かれている句点の使い方を見ると、次のような記述になっています。

1)段落全体がカギカッコなどで始まりカギカッコなどで終わる場合は句点をつけない
例 「きょうは予報がはずれてひどい雨降りでした。あしたは晴れるでしょう」
※一般の新聞や雑誌はこうなっている。しかし、教科書の類いはこういう場合もカギカッコの前に句点をつけている。その影響と思われるが、マンガのセリフの場合も、小学館は句読点をつけていることが多い。他社は句点も読点もつけていない。ほかに句読点をつける流儀にしている出版社があれば教えてください。

2)段落の途中に句点があり、その直後にカギカッコなどが続いて段落末がカギカッコなどになった場合は句点をつけない
例 天気予報は、何度も同じことを繰り返していた。「あしたは晴れるでしょう」

3)段落の最後の文がカギカッコなどで終わる場合でも、その直前に主語があり、文末のカギカッコなどのあとの述語(「と語った」など)が省略されているときは句点をつける
例 気象予報士は苦笑しながら「あしたは晴れるでしょう」。
  この数日の予報がはずれつづけているだけに、さすがに自信のなさそうな口ぶりだった。

4)文末に注釈などを加えるパーレン(丸カッコ)を使うときは、そのあとに句点をつける
例 気象予報士は苦笑しながらコメントを終えたが、さすがに自信のなさそうな口ぶりだった(笑)。

5)文章全体の注釈、クレジットなどを加える場合は、パーレンの前に句点をつける
例 きょうは天気予報がはずれてひどい雨降りでした。あしたは晴れると思います。(談)

6)改行して箇条書きにする場合は、各文の文末に句点をつける(ただし、箇条書きの内容が簡単な場合はつけなくていい)

 本によって書き方は多少違いますが、だいたいこんなところではないでしょうか。
 新聞でよく見かける3)の形は言葉足らずの印象があり、ふつうの文章で使われている例も少ないので、避けたほうが無難です。6)は趣味の問題で、本書では箇条書きの場合、原則として句点はつけていません。
================引用終了

1)「こんにちは」
2)「こんにちは。」
 どちらも間違いではありません。
 どういうルールに従うか、という問題です。

 学校(義務教育)では、昭和21年に文部省が発表した「くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)」の影響があるせいか、2)の書き方を教えます。
【くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)】
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/kijun/sanko/pdf/kugiri.pdf
 しかし、新聞や一般の出版物は1)の形が圧倒的に多いはずです。

 新聞や一般の出版物の句点の打ち方は、おおむね下記のようなルールに...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング