私は塾を経営している者です。50インチのプロジェクションTVがあるので、生徒たちに映画(個人所有のDVDやレンタルビデオ)や『NHKスペシャル』などを録画したものを見せようと思うのですが、私個人で楽しむわけではないので著作権を侵害するのではないかと心配です。
 こういう場合、法に触れずにすむ方法、またはどこに許可(届出?)を申し出ればよいのかを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず、DVDやレンタルビデオなどの上映については、非営利無料で上映する場合には著作権者の上映権は働きません。

が、塾での上映となると非営利とはみなされませんので、著作権者の上映権に基づく許諾が必要となります。
許可をとるべき著作権者等は、映画製作者(映画会社)、音楽の著作権者、脚本家などが考えられます。

放送の録画については、私的使用などの限られた場合について許諾なしに行うことが認められているもので、これを多くの人に見せると、録画自体に許諾をとらなければならないことになります。
放送の録画について許可をとるべき著作権者等は、放送事業者(NHK)、音楽の著作権者、脚本家?、出演している人etc.が考えられます。
今のところ、放送の録画については、他の著作権者等の許諾が得られていないため(放送局も他の著作権者等から許諾を得て放送している立場でもあるのです)、放送局ではほとんど許諾をしていません。

法に触れずにすむ方法としては、塾の事業の一環として上映を行うのではなく、塾が終わった後に自主上映のような格好で直接宣伝活動その他の営利とは関係なく上映を行うのであれば、ビデオ・DVDについては非営利無料の上映とみなされる余地もあります。
放送の録画の方は、適法に上映できる手段はほとんどないのが現状ですので、改めてビデオを購入されるのが早道でしょう。
子ども達に接しておられるお立場でもありますし、きちんとなさりたいのだろうと推察いたします。頭が下がる思いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく回答してくださって、ありがとうございます。
授業の後に私が一人で映画を観るつもりが、生徒たちが勝手に押しかけて一緒に観てしまった、っていうことにすればいいのですか?ん~、それでも、やはり気分的にスッキリしませんね。1回だけなら自分で許せても、私は彼らに見せたいものがたくさんありますし(笑)
自分で納得いく方法が見つかるまで、しばらくあちこちあたってみようと思います。

お礼日時:2001/06/29 22:59

ズバリ制作サイドに直接許可を求めるのはいかがでしょうか。


NHKに電話して、いついつ放送のNHKスペシャルをビデオにとったので、塾の生徒達に見せたいのですがよろしいでしょうか?と聞いてみれば回答してくれると思います。
テレビ放送の番組ならわりかし許可してくれそうですが、DVDやビデオなど、売上をだすことによって損益のでるものは難しいかもしれません。
でもわたしだったら、直談判で口説き落とす!ぐらいのつもりでやってみます。
一度頑張って挑戦されてはいかがでしょう(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。だまって諦めるより、ダメモトでかけあってみましょうか。一度挑戦してみます。回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/29 22:49

詳しくは参考URLと


http://www.net-b.co.jp/cright/
http://www.bunka.go.jp/8/2/VIII-2-C.html
をご覧下さい。たぶんこのした側の方で納得できるかと思います。
分からなければ、また聞いてくださいな。
ちなみに、使用料などの詳しいところはちょっと分かりません。

参考URL:http://jca.net-b.co.jp/info/law/welcome.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

営利を目的としない場合でも、生徒たちに映画を鑑賞させるのは難しそうですね。参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/06/29 22:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスポーツジム施設がジム側の都合で急に使えなくなったので、休会を申し出たのですが・・・

スポーツジムでのトラブルです。ジムの利用条件は、
月会費5800円、27日引落し(翌月分)。退会、休会手続きが5日までで翌月より適用、利用施設は大浴場(含サウナ)・2階トレーニングマシーン全種、休息室です。

8月19日、夕刻(18:30頃)にジムに行ったところ8/29/~9/26まで2階トレーニングマシーン全種が、ジムの改装工事(障害者用のエレベーター等の増設)により使用できないとの通知を簡単な書面と口頭で説明を受けました。
わたしはトレーニングマシーンしか利用しませんので、休会をしたい旨を申し出ましたが、ジム側は、規約の「退会、休会手続きが5日までで翌月より適用」をたてに応じようとしません。
改装工事などは、もっと前から計画されていたはずですし、会員に対してもっと前に告知すべきではないでしょうか?
規約の「退会、休会手続きが5日までで翌月より適用」をたてにとるならなおさらだと思います。
このジム側の対応は、法的におかしくはないでしょうか?
また、このままジムが休会等の申し出に応じなければ、規約にある利用施設の一部が1ヶ月近く使えないにもかかわらず、27日に翌月分月会費の満額5800円が引き落とされてしまいます。
これはジム側の債務不履行にはあたらないでしょうか?
皆様のお知恵を拝借賜りたくお願い申し上げます。

スポーツジムでのトラブルです。ジムの利用条件は、
月会費5800円、27日引落し(翌月分)。退会、休会手続きが5日までで翌月より適用、利用施設は大浴場(含サウナ)・2階トレーニングマシーン全種、休息室です。

8月19日、夕刻(18:30頃)にジムに行ったところ8/29/~9/26まで2階トレーニングマシーン全種が、ジムの改装工事(障害者用のエレベーター等の増設)により使用できないとの通知を簡単な書面と口頭で説明を受けました。
わたしはトレーニングマシーンしか利用しませんので、休会をしたい旨を申し...続きを読む

Aベストアンサー

#2の人の回答に債務不履行とはならない可能性が高いとありますが、質問文の情報が正しい限り債務不履行でしょう。契約上利用できる施設が「大浴場(含サウナ)・2階トレーニングマシーン全種、休息室」であるのに「2階トレーニングマシーン全種」が使えないのなら、使える施設は「大浴場(含サウナ)・休息室」となるので、それはもう「ジム」とは言えず、債務の本質的な部分が履行できない状態ですからね。マシンの一つが故障して使えないような場合とは異なるでしょう。

「退会、休会手続きが5日までで翌月より適用」という規約は、ジムの施設が利用できることを前提として(即ちジム側の履行の提供がなされていることを前提として)利用者の都合で利用者側の履行(即ち支払い)を免れる制度ですから日付を区切るのにも合理性がありますが、今回のようにジム側の都合で施設がほぼ使えないのなら明らかに債務不履行で、対応する部分の支払義務は発生しないといえるでしょう。

Q個人情報の保護に関する法律における個人情報保護では

ネット上で本人により公開されている個人情報は本人承諾なしに転載しても問題ありませんか?
また収集テータをデータベース化して有料で販売する場合には本人の了解が必要でしょうか?

Aベストアンサー

個人情報保護法は、一般の人が想像しているような主旨の法律ではありません

大量の個人情報を所有するものは(個人情報取扱事業者)
その情報を収集するにあたり、
使用目的やその情報を第三者に提供・貸与することがあるか等を、あらかじめ通知するなり、公表しなければならないこと
その個人情報の本人から開示・削除修正等のの申し出があった場合はそれに応じなければならないことを、数々の例外事項を含めて規定しているだけです

ですので、個人情報取扱事業者でなければ、転載しても、販売しても、個人情報保護法では全く問題ありません
個人情報取扱事業者であっても、情報収集の際、利用目的に、明示してあれば問題ありません

ただし、損害賠償や慰謝料請求の民事訴訟を起こされる可能性は充分にあります

Q夫婦で共同の財産ではなく、個人的な財産はあくまでも個人のものでいいでし

夫婦で共同の財産ではなく、個人的な財産はあくまでも個人のものでいいでしょうか??

夫や妻が死にそうな時に相手は財産がありませんでした、という時どうなるのですか??


それで何の助けもせず死なせた場合何か罪に問われるのですか??

罪になる場合、それが夫婦だからですか??
夫婦でなければ罪にはならないですか?!

Aベストアンサー

個人的な財産はあくまでも個人のものです。
結婚する前から有していた財産などがこれに当たります。
結婚後に得た財産は、通常は夫婦が協力して得た財産は通常は共有財産となると思います(学説は色々ありますが、少なくとも離婚の際の財産分与の対象になります)。
婚姻の際に夫婦財産契約を締結した場合には、その契約の内容次第だと思います。

相手が死にそうなときに相手には財産がありませんでした、というのは質問の趣旨がいまひとつ分からないのですが、医療費は日常家事債務にあたり、連帯責任となるので他方配偶者にも支払い義務が生じます。

夫婦には扶助協力義務があるので、何もしないで死なせた場合には、保護責任者遺棄致死罪に問われる可能性があると思います。
夫婦でなくとも、病者を引き取り自宅に同居させたときは、病人が保護を必要とする限り継続して保護すべき義務が生じるなど、一定の場合によっては保護責任者になるので、一概には言えません。

・・・そもそも何を求めて結婚するのでしょうか。

Qプライバシーの侵害又は個人情報保護違反?

妻が夫の個人情報を行政に受取申請、入手し、妻の身内、他の行政に開示した場合、法的に抵触しますがどこのどの行為にどの様な罪状が考えられるか教示ください。簡略化すると妻と夫は別居中で審判離婚中で、妻が夫の所得明細を不法入手し身内に見せ、家裁に書類を提出しています。
卑劣な行為許せないと夫は怒っています。刑事訴訟、民事訴訟を検討中だそうです。本気で悩んでいますので宜しく良きアドバイスください。

Aベストアンサー

入手した手段は「不法」ではないというお考えでしょうか? 「不法入手」とあったので、代理人と偽ったのかと思ったのですが。

「不法」のポイントは、「入手した手段」と「使用した目的」だと思います。
たとえば、離婚審判にあたって、養育費の請求の根拠として提出するのは違法とは言えないでしょう?

失礼ながら、ご説明が不足しており、状況が分かりません。
家裁は行政機関ではないし、「審判離婚中」は「離婚審判中」のこととしても、審判になる例はほとんどないはずですし、審判なら家裁自身が入手するでしょう(調停か裁判の間違いでしょうか。それとも養育費の審判でしょうか)。

ここでやりとりしていても時間が掛かるだけでらちがあかないと思います。弁護士さんにご相談になった方がよろしいかと。

Q個人事業の開廃業等届出書について

事業内容は決まっていて、今年から営業活動を開始します。しかし収益のメドはたっていません。それでも個人事業主の申請はするべきでしょうか?

Aベストアンサー

営業活動を始めることが「開業」です。
営業して成果が実ることが「開業」ではありません。

開業届とともに青色申告の届けも出しておけば、開業初年度が赤字で終わった場合に、翌年以降の黒字と通算できる特典を享受することができます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2070.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報