足の親指が1ヶ月近くしびれるように痛いんです。激痛まではいかないのですが…
先日ここで、「ひょうそう」かもしれない。と言われたのですが、
ひょうそうの場合、何科のお医者さんに行けばいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「ひょうそ」の場合、


「巻つめ」(陥入爪・といいます)が合併、あるいは原因であることが大部分です。

もしくは巻きつめを、俗称、ひょうそといわれることが多いようですね。

外科でよいのですが、外科医の「うまいへた」が大変差の多い病気
なのですね。この点は、極めてご注意ください。

上手な先生ならば、爪母から一気に、カッテイングまで

2-3秒(本当)です。
普通の先生で、1分。

下手な先生では30分で、手術後も何回も再発します。

ご注意3つございます。

1)局所麻酔は痛いです。

2)手術後、きずをぬらせませんのでビニール袋で足を保護したりしなければならないのですね。

3)何科がよいか、とは「外科」でよいのですが、

「ひょうそのうまい先生」とかならず、ご近所あるいは、ご友人の口コミで聞かれ情報をあつめられることが
「痛み」で苦しまない、
また「ひょうそ」をなおす秘訣なのですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の場合は巻き爪ではないのですが、みなさんのアドバイスをいただき
病院に行こうと思っています。
でもなんだか怖いです!!下手な先生だったらどーしよう…汗

そこまで痛くないのにそんな大掛かりな手術になるんでしょうか?

土曜日近所の病院に行ってみます。ありがとうございました♪

お礼日時:2001/06/28 22:10

以下の参考URLは参考になりますでしょうか?


「形成外科」
(念のため整形外科ではありませんので!)

外科・形成外科・皮膚科でしょうか?

御参考まで。

参考URL:http://www.hokuriku.ne.jp/higashiyama/keisei.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

巻き爪ではないのですが、参考に拝見しました!
ありがとうございます♪

お礼日時:2001/06/28 22:02

私も小学生の頃から、何度も激痛までに至りましたので、


xgirlさんのお辛さ、お察し致します。

もし「ひょうそう」でしたら、大病院の形成外科が一番良いでしょう。
あとは、皮膚科の爪治療をしている専門医です。
どうしてもお近くに無ければ、外科ということになります。
簡単な治療で良ければ、整形外科でもしてくれることがあります。

整形外科と形成外科は、まぎわらしい言葉で混同されますが、
整形外科は本来、主として骨・関節の外科です。
(ただし、顔の骨折(鼻や顎の骨折)に関しては形成外科、
頭の骨折は脳外科で診療しています)
なお、美容形成外科は形成外科の一分野にすぎません。
美容専門の病院は、ほくろや傷あとの治療まで自費診療ですが、
大病院等の形成外科では、保険診療でOKです。

もし「巻き爪」治療で良かったら、下記URL↓を参考にされてください。
http://www.tokyo23.at-home.ne.jp/~geko/gekotume9 …
http://www.hokuriku.ne.jp/higashiyama/makidume.h …

1日も早く受診された方が良いですよ。お大事にどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

小学校の頃からですかぁ。大変ですね。
今は治ったんですよね?

爪の専門医ですかぁ。探すのに時間がかかりそうですねぇ。
タウンページこないだ捨ててしまったし。汗

巻き爪ではないと思うんです。爪に泥が入ったのでとろうとしたら
痛くなったんです。みなさんの話を聞くととっても痛い物みたいですけど
そこまでは行かないんですよね。

とりあえず近所の形成外科のある病院に行ってみます!ありがとうございました♪

お礼日時:2001/06/28 22:01

以前、足の親指のふかづめから「ひょうそう」になり、膿がひどかったのでとりあえず外科に行きました。


その場で麻酔を打たれて親指のつめ半分を切り取られ、その後連日消毒に通いましたが、つめは見事に再生しました。

実は「ひょうそう」という病気じたいよくわかっていないのですが(人から聞いただけ)、まずは外科でよいのではないでしょうか?
受付で事情を話して、もし違えばなに科にいけばいいか教えてくれると思います。
お大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

爪半分!!!痛そーですね。外科ですね!
土曜日にでも行ってみます!
ありがとうございました♪

お礼日時:2001/06/28 21:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 顎骨骨折<口・あごの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    顎骨骨折とはどんな外傷か  眼より下の顔の土台になるのがあごの骨(顎骨)で、ものを噛む時などに動かす下顎(かがく)(下あご)とそれに向かい合う上顎(じょうがく)(上あご)からなっています。上下ともに元々は左右の骨として発生してきますが、下顎では正中で硬く癒合して一体化しています。あごには歯が生えてきて噛み合うようになり、上下の骨の位置関係がきっちりと記録されています。  あごの骨が砕けたり折れたりす...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qひょうそ(初期)の治癒期間は?

先日、3歳になる娘が足の親指の爪からバイ菌が入り炎症を起こしてしまいました。

4/20皮膚科にかかり、
飲み薬の抗生剤
・ファロムドライシロップ 10mg 100mg
塗り薬の抗生剤
・アクアチムクリーム1%
を処方されました。

4/27に再受診したところ、
腫れはひいているもののまだ赤い腫れがあり、押すと痛いようなのでもう一週間分同様の薬を処方されました。

次は5/2に受診予定なのですが、ひょうそはたとえ軽いものでも治癒に時間はかかるのものなのでしょうか??

完璧に治癒するのが一番ですが、
まだ小さいので、抗生剤を飲ませ続けることに少々抵抗があります。。。

皮膚科の先生に聞けば良いことなのですが、
なにしろつっけんどんで必要のないことは話さない(必要であることも話さない)ような先生なので(診察時間10秒程度)少し不安です。

経験者の方、わかる方いらっしゃいましたら
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

完全に腫れと痛みが無くなるまで服用した方がよさそうですね。
塗り薬は飲み薬と抗菌成分が違うので、きちんと塗ってあげてください。
皮膚上面から膿が見えていますか?見えている様であれば排膿した方が良いのですが
3歳のお子さんにメスによる切開や穿刺を行うのは苦痛ですし大変だと思うので薬で治療という
形を取っているのだと思います。
瘭疽は安静にする事が必要な疾患ですが、乳幼児は安静にする事が難しいので
治療が長引く事が多いです。抗生剤は原因菌が残っている状態で止めると良くありませんので
担当の先生がもう大丈夫と言うまで治療を続けてください。

Qひょうそは何科の病気ですか?

膿がでたので、病院にいったのですが、
皮膚科だと思ったのに間違えて整形外科で治療してもらっていました。
皮膚科に行きなおした方がいいですか?

Aベストアンサー

外科系ならどこでもできますよ。
簡単な手技ですから。

できないのは、使用する薬剤が無い科・医院の場合だけで、我々は元々全科に対応ができますから、こういう基本的なのは問題ありません。

結論:行きなおす必要は基本的に有りません。

Qひょうそ

三年前にひょうそになりました。
その時は右足の中指の爪のわきの部分がすごく腫れたので、
自分で海を出してオキシドールで消毒しているうちに腫れはひきました。
でも今でもひょうそになった部分を強く押すと少し痛みます。
最近、痛みを無くそうと思って、また自分で爪を切って、オキシドールで手当てしていますが、強く押すとやっぱり少し痛むし、ひょうそになった中指の第一関節全体が赤く腫れていて、中指の爪の生え際より少し下を押すと痛いです。
これって何の病気ですか???
骨がくさっているんでしょうか???
少しでもしっていることがあったら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

『ひょうそ』は化膿性爪囲炎(かのうせいそういえん)といい、手足の爪が黄色ブドウ球菌に感染して化膿する病気です。
普段から逆剥けをむしる癖があったり、深爪、陥入爪、怪我、爪水虫などがあるとなりやすいとそれています。
初期のまだ表層にしか進行していない程度なら消毒液と抗菌剤で治るのですが、深いところに膿がたまっていたりすると、爪があるために自然に膿が出ないまま残り、ご症状のようになったりします。
きちんと皮膚科で処置せずに放っておくと、最後には大きな切開や爪や指の切除、骨の一部を削ったりしなければならなくなることもあります。また腱や関節が細菌におかされると、治っても一生変形が残ってしまうことさえあります。

切開を怖がってなあなあで先延ばしにしていると大変なことになります。すぐに外科・整形外科・皮膚科などに行きましょう。

Q親指がひどく化膿して怖いです。長めです。

親指が化膿して非常に怖いです。どうすればいいでしょうか?
症状:左足親指(内側)が化膿しています。この指の化膿は今年に入って三度目です。化膿して爪の間からなにか1~3センチくらい(米二個くらい)の楕円の袋が出てきています。どうやら、その中で化膿してるようです。化膿し始めたのは四月下旬~五月上旬です。風邪気味です鼻水が出る程度(2月~現在)。

化膿してからの処置:初め(できてから、2週間)は
ほったらかしといてましたが、ひどくなって、ヤバイと思うようになったら(できてから、2週間後期~現在)消毒液で殺菌し、ばんそうこうで覆ってます。
現在から2週間くらい前から、内側の化膿がひいてきてます。現在から1週間~四日くらい前から、楕円の
袋が、青紫(ピンクを黒にちかずけた感じ)の色になり。明日6/16(木曜日)に病院に行くことにしました。当然切開をする覚悟はできてるんですけど、入院とかなるんでしょうか?それと親指は治るのでしょうか?
覚悟は、切開の覚悟はできていても怖いです。それと何科に行ったら良いのでしょうか?とりあいず整形外科に行こうとしています。
          ・・・大丈夫でしょうか?

親指が化膿して非常に怖いです。どうすればいいでしょうか?
症状:左足親指(内側)が化膿しています。この指の化膿は今年に入って三度目です。化膿して爪の間からなにか1~3センチくらい(米二個くらい)の楕円の袋が出てきています。どうやら、その中で化膿してるようです。化膿し始めたのは四月下旬~五月上旬です。風邪気味です鼻水が出る程度(2月~現在)。

化膿してからの処置:初め(できてから、2週間)は
ほったらかしといてましたが、ひどくなって、ヤバイと思うようになったら(できてから、...続きを読む

Aベストアンサー

私は「化膿」ではないのですが同じく足の親指の爪の隙間からバイ菌が入ってしまって、最終的には爪の間から出血し、
そうなって初めてお医者様に診てもらったことがあります。

私も始め(市民病院の)外科に行ったところ、それは「皮膚科」だと言われました。
化膿している点からして、質問者さんの場合も同じかもしれませんね。
ただ、病院によっても違う可能性があるので、診察前に電話で聞いてみた方が良いかも!です。

私の場合は、お薬で症状が治まるのを待つか爪を抜いてしまうかのどちらかだと言われ、抜きました。
症状の改善はこの方が早いと当時は診察されたので。
幸いお医者様の腕やその後の指示・治療が良かったのか、爪が生えてきた後も巻き爪になることなく、
今は元気にしています。
なお、手術は足の親指のみだったので術後すぐに帰宅しましたよ。

同じ足の親指でも症状が違うと処置の仕方ももちろん違ってくると思うので、どの程度参考にして頂けるかわかりませんが。
質問者さんの親指も早く元気になりますように☆☆☆

Q指腫れて針刺したのに膿が出ない

2日前に左手薬指の爪の横辺りから、気付いたら膿が出てきたので、しっかりではありませんが膿を出しました。

昨日はうっすら腫れてる感じでしたが気にしませんでした。

今日はパッと見で分かるくらい腫れてきたので、針を刺したところ、血と透明な液は出ましたが膿が出ません。

腫れてるところは熱くてすごいパンパン状態です。
指の腹もパンパンに膨れています。


もっと深く刺せば膿が出る可能性が高いですか???



とにかく痛いくてしかたがないです。早く膿を出したいです。

どうかご回答を宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まずは病院で診察を受けられては如何しょうか
菌が入っていると思います
多分抗生物質の薬又軟膏が処方されると思います

Q親指の化膿を繰り返しています

繰り返す爪囲炎にすっかり精神的に疲れてしまったのでお願いします。

(1)2012年12月に深爪をきっかけに初めて爪囲炎を起こしました。
8回通院しましたが化膿が進み、肉芽が2個できたため、部分抜爪して一旦落ち着きました。

(2)その1か月後、2013年2月にまた爪囲炎を起こし、このたびは肉芽ができなかったため、抗生剤内服と塗り薬で落ち着きました。

(3)4月に久しぶりに履いたパンプスで爪先を傷付け、このたびも抗生剤内服と塗り薬で落ち着きました。

(4)7月に泥水に足がはまってしまい、爪周りが膿みました。なるべく歩かないようにし、抗生剤内服と塗り薬で落ち着きました。

(5)10月初旬、久しぶりに爪を切ったところ、指先が白くなり、どんどん膨張して今日、ついに血の混じった黄色い液体が噴出しました。爪の上部3分の1が白くなっています。

今回(5)で、爪先に異常を感じた日から連続でクラビットを5日連続内服し、テラコートという塗り薬を塗っていますが、今のところひどくなる一方です。
今までずっと、消毒は絶対してはいけない、湿潤療法で、と言われ、その通りにしてきました。
でも10か月の間に5回も繰り返す爪囲炎に、どうすれば治るのかとホトホト疲れてしまいました。
本当に消毒してはいけないのでしょうか。
また、爪は極力抜いてはいけないとのことでした。
抜くのは確かに怖いので、できれば抜きたくないのですが、もしかしたら抜いた方が治りが早いのではないかと考え始めました。
素人ですので今まで専門の医師の指示通りにしてきたのですが、本当にこれでいいのでしょうか。

膿んでいる時は湿潤療法は効かないという意見や、できるだけ空気にさらすようにという意見がある一方、軟膏を塗ってガーゼで覆うようにという相反する意見もあります。
どれが本当なんでしょうか。

繰り返す爪囲炎にすっかり精神的に疲れてしまったのでお願いします。

(1)2012年12月に深爪をきっかけに初めて爪囲炎を起こしました。
8回通院しましたが化膿が進み、肉芽が2個できたため、部分抜爪して一旦落ち着きました。

(2)その1か月後、2013年2月にまた爪囲炎を起こし、このたびは肉芽ができなかったため、抗生剤内服と塗り薬で落ち着きました。

(3)4月に久しぶりに履いたパンプスで爪先を傷付け、このたびも抗生剤内服と塗り薬で落ち着きました。

(4)7月に泥水に足がはまってしまい、爪周りが膿みました...続きを読む

Aベストアンサー

No.4です。お礼ありがとうございました。
東南アジアにお住まいなのですね。

学生時代、微生物を専攻していましたが、東南アジアなどの熱帯には日本ではいない微生物が多々存在すると言われました。
土壌から 有用微生物のスクリーニングを行っていましたが、指導教官によると 東南アジアなどの土は面白いけど怖い、持ち込んだ土で実験しているうちに訳の分からない症状が出ることが結構あるということでした。

慣れない外国生活で体調も万全ではないでしょうに、日本にはない微生物で治りも芳しくないのかもしれませんね。
(現地の人は免疫が出来ていて平気らしいのですが)

また、湿潤療法は 家族が受けたことがありますが その時は やはり 毎日通院出来ることが条件みたいなところがありましたね。

それに ちょっと調べたところではやはり 化膿が酷い場合は適さないようなことが書いてありました。

個人的には 抗生物質の軟膏が手に入るのでしたら 患部をきれいに洗浄して(飲み水にしているものか、沸騰させたもので)消毒薬で洗い流し、抗生物質をたっぷりつけてガーゼで覆う。
必ず毎日,ガーゼを交換。そのたびに以上のことを繰り返す。
化膿が酷いうちは 一日2回出来ると好ましいです。

義母が化膿しやすい体質でかなり酷くしてしまってもこの方法で治癒できました。

とにかく、膿みは 取り除き きれいに保つことが大事かと思います。

後、蛇足でしょうが 栄養など身体の元を丈夫にしてください。
お大事になさってください。

No.4です。お礼ありがとうございました。
東南アジアにお住まいなのですね。

学生時代、微生物を専攻していましたが、東南アジアなどの熱帯には日本ではいない微生物が多々存在すると言われました。
土壌から 有用微生物のスクリーニングを行っていましたが、指導教官によると 東南アジアなどの土は面白いけど怖い、持ち込んだ土で実験しているうちに訳の分からない症状が出ることが結構あるということでした。

慣れない外国生活で体調も万全ではないでしょうに、日本にはない微生物で治りも芳しくないのかも...続きを読む

Q娘(小6)がひょうそうで、

教えて下さい。娘は昨年6月頃にひょうそうで、
近くの外科の先生に一度足の親指の爪をはいでいます。
局部麻酔で、痛そうでかわいそうでした。
それで治ったのですが、

また、8月終わり頃、親指の爪と横の肉の境目から
はれてきて、今度も通院、、これはヨードチンキと
塗り薬でなんとか。。

そして、また昨日足がなんか押すといたいと言うので
見てみたら、やはり爪と横の肉が少し盛り上がってきて
いて、早速今日いつもの所に行きました。

先生が言うに、またヨードチンキと塗り薬で様子をみて
だめそうなら局部麻酔で肉と爪の所を縦に切ろうとの事!

娘も半泣きで、私もほとほと困っています。
どういう医者を選ぶべきか、また、このように何度も
繰り返すものなのか?いろいろなんでもいいのでアドバイスをお願いします。

ちなみに火曜日に爪とるかもしれないので、
至急お返事下さい!

Aベストアンサー

ひょうそ経験者です。
手術も経験済みです。

今娘さんがされている治療は「暫定治療」というモノで、
とりあえず現状で消毒だけで治るかどうかを見ている状態です。
それとは別に「根本治療」というモノがあって、
それは手術になります。
と言っても局部麻酔で合計20分のあればできるモノです。
私の場合はまず局部麻酔、で、効いたらまず患部の爪を縦に切って切除。そこまではきっと6月にもやってますよね。で、その患部の爪を組織する細胞を薬で焼いて
爪が生えてこないようにするんです。
ひょうその原因は爪切りの失敗が元ではなかったですか?
あと、巻き爪とか。
それでよくなるんです。
で、その原因となる爪を切除、排除することによって、
巻き爪の予防になって、肉に食い込むことがなくなり、
爪切りに失敗することもなくなるんです。
爪全部を取ってしまうことはないと思います。
(その必要はないので)
原因があれば何度も繰り返します。
私は妊娠中に3回なりました(^^;
妊婦はお腹が大きくなって爪切りに失敗しやすく、しかも抵抗力が落ちていたりするので結構なる人がいると先生に言われました。
私は整形外科で治療しました。なので近所に整形があれば
電話で問い合わせしてみてはいかがでしょうか?
教えてくれると思いますよ。
(その時は「外科でひょうそだと診断されている」
「何回もなる」「根本治療をしてもらえますか?」
と聞くといいと思います。)

ひょうそ経験者です。
手術も経験済みです。

今娘さんがされている治療は「暫定治療」というモノで、
とりあえず現状で消毒だけで治るかどうかを見ている状態です。
それとは別に「根本治療」というモノがあって、
それは手術になります。
と言っても局部麻酔で合計20分のあればできるモノです。
私の場合はまず局部麻酔、で、効いたらまず患部の爪を縦に切って切除。そこまではきっと6月にもやってますよね。で、その患部の爪を組織する細胞を薬で焼いて
爪が生えてこないようにするんです。
ひょ...続きを読む

Q化膿した傷には『ゲンタシン』だけで大丈夫?

化膿した傷には『ゲンタシン』だけで大丈夫?

7月末に出産して以来、抵抗力が弱まったせいか、ちょっとした切り傷やささくれなどが化膿しやすくなりました。1度酷くなったので病院で切開してもらって『ゲンタシン軟膏』と、飲み薬として『フロモックス』と『ロキソニン』を処方されました。外科医には授乳をストップするようにと言われたのですが、産婦人科に確認したら『フロモックス』は大丈夫とのことなので、飲んで完治しました。
その後も、ささくれや深爪をした箇所が腫れやすくなっていたので、怪我をするたびに、ひどくならないうちに『ゲンタシン』を塗って治していました。
そして、先週も、足の親指の端が化膿してきたので、これまでと同じように、『ゲンタシン』を使用したのですが、場所が場所だけに、サンダルを履いても当たるし、物にもぶつかりやすいので、なかなか治りません。そして、とうとうキッチンで床においてあるものを思い切り蹴飛ばしてしまい、傷から肉が飛び出てしまいました。状態としては、足の爪の合間から少し赤白い膿の混じったような柔らかい肉が出ている状態です。大きさは米粒程度です。マメに消毒をして『ゲンタシン』を塗り、余っていた『ロキソニン』を飲んで凌いでいますが、飛び出た肉は腫れが引けば元に戻るのでしょうか?
医者に行った方がいいのかもしれませんが、乳児を抱えて暑い中遠い病院に行くのは正直気が重いでです。
何か他にいい薬や治療法などがありましたら教えてください。
ちなみに、おとといから蕁麻疹が出てしまいました。薬のせいでしょうか?

化膿した傷には『ゲンタシン』だけで大丈夫?

7月末に出産して以来、抵抗力が弱まったせいか、ちょっとした切り傷やささくれなどが化膿しやすくなりました。1度酷くなったので病院で切開してもらって『ゲンタシン軟膏』と、飲み薬として『フロモックス』と『ロキソニン』を処方されました。外科医には授乳をストップするようにと言われたのですが、産婦人科に確認したら『フロモックス』は大丈夫とのことなので、飲んで完治しました。
その後も、ささくれや深爪をした箇所が腫れやすくなっていたので、怪我をす...続きを読む

Aベストアンサー

化膿しやすい、腫れやすい、というのは、食生活が変わった時にも起きやすいものです。
野菜を多く食べたり、ビタミンC(Bも?) を摂ると改善するようです。

Q肉芽の治療法は整形外科と皮膚科ではどう違いますか

年始に病院に行きたいのですが、どちらに行くか迷っています。
足の指の爪に肉芽ができ、痛いので治療したいと思っています。
整形外科に行くと肉芽を焼き切ったり削ったり、場合によっては爪もはぐと聞きました。
皮膚科だと薬物治療が中心で肉芽を小さくするとも聞いたのですが、実際にはどうなんでしょうか。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

当方は、巻き爪で20年以上、悩んできました経験からですが、両方ともおすすめしません。
敢えてであれば、皮膚科です。なお、以下は当方の主観ですので、実際は病院とよく相談して下さい。

整形外科は、基本、「今起きている傷を治す」ことが主眼ですので、爪を剥ぎ取ります。そうすると、一時的には痛み・出血がありますが、その傷口の治りは早いです。但し問題があって、炎症を起こしている根本原因である爪の形が良くならないので、爪が伸びてくると、何れかは、爪と皮膚が干渉して、同じことが再発します。で、その処置で、爪そのものが生えてこなくなる処置もできますが、かなり痛く、入院が必要な場合もあるかもしれません。
皮膚科は、上記の状況を把握できている病院であれば、爪の形そのものを矯正して貰えます。但し、処置方法として爪の局部的な場所(1カ所)に矯正器具をかけての矯正ですので、爪の強度が無いと、爪が割れてダメになります。親指などで爪の厚くて強度のある方は対応できると思います。
当方は、爪が薄く柔らかいため、この処置でも改善しませんでした。

 当方の現在行っている処置は、ネイルケア等で、爪全体に力を掛けて形を矯正していきますので、心配しているような爪が割れる可能性が少ないです。片方はこの処置で改善しましたが、もう片方は処置の前に炎症を起こして、その体液で爪がボロボロになりましたので、先ずは傷口が何とか塞がって爪が伸びたので、ようやく処置を再開しました。


 いずれにしても、爪の状態や、どの方向に持って行きたいかで処置方法が違ってきますので、病院ではよく相談してから治療を行って下さい。巻き爪は、改善するまでに何年もかかるので(下手すれば何十年も)、処置方法についてはよく考えられた方が良いですよ。

当方は、巻き爪で20年以上、悩んできました経験からですが、両方ともおすすめしません。
敢えてであれば、皮膚科です。なお、以下は当方の主観ですので、実際は病院とよく相談して下さい。

整形外科は、基本、「今起きている傷を治す」ことが主眼ですので、爪を剥ぎ取ります。そうすると、一時的には痛み・出血がありますが、その傷口の治りは早いです。但し問題があって、炎症を起こしている根本原因である爪の形が良くならないので、爪が伸びてくると、何れかは、爪と皮膚が干渉して、同じことが再発します。...続きを読む


人気Q&Aランキング