高校の内定が決まっているものです。
新入生テストについて教えていただきたいです。

高校から、国語・数学・英語の課題をもらい、その範囲が新入生テストで出ると聞きました。

国語に、文学史の知識で例えば『黒い雨』の作者を語群から選びなさい。
という問題があったのですが、覚えた方がいいんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ベネッセのスタディサポートなら、新入生テストは学校の独自問題ではなく全国模試になるので、それそっくりには出ません。


模試なら結果は成績に影響しませんよ。
ですから覚えるべきか否かはあなたの意欲次第でしょう。
    • good
    • 0

やれって言うんだから、普通の人はやるよね。


試しに何もせずに行ってみな。退学にはならないよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分史を文学史の中に位置づけたいのですが。

 お教えください。
 自分史を、文学史の中に位置づけたいと思っています。
自分史は自伝の一形態と考えたとき、自伝がキーワードになるのではないかと思うのですが、どのようにアプローチしたらよいか分かりません。
ご指導のほど、どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

最近多く行われるようになった街頭パフォーマンスという素人演芸に似たものかもしれません。少なくとも不特定多数の人に向けて発信されるものという意味では昔は恥ずかしくてとても他人様には見せられませんというような謙虚さと正反対のもののようです。これは逆説的に身の丈の生活の中で自分という存在を実感できないことが多い現代人の悲劇ではないかと思います。昔は無名の庶民というのは身の丈の人づきあいで満足していたのだと思います。当時自分史は周囲の人の頭の中に書いてあったのではないでしょうか。逆説ですが庶民の履歴は文学史とつながらないのではないでしょうか。

Q心理学に触れたイギリス文学作品を探しています。 イギリス文学 心理学 イギリス文学を用いて心理学

心理学に触れたイギリス文学作品を探しています。

イギリス文学 心理学

イギリス文学を用いて心理学の論文を書こうと思っています。
特にサスペンスやミステリーが好きなので、犯罪心理学の路線で行こうかなと考えていますが、未定です。
集団心理、思い込み(幻想、幻聴など)、多重人格でも何でも、何か心理学的なヒントが見つかりそうなイギリス文学作品があれば教えて頂きたいです。時代は問いません。
和訳されていない作品でも大丈夫です。英語で論文を書くので、むしろそっちがやりやすいかもしれないです。

どんどん挙げてくれたら嬉しいです!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シャーロック・ホームズはコカイン中毒だったとのことですから、病理心理学はダメですか?
ルイス・キャロルは幼児性愛者だったそうですが、これも病理心理学として使える?

Q捕虜兵を題材にした文学作品の題名と作者名

国語の教科書にも出てくるようなとても有名な作品だったのですが、、、。

題名も著者名もど忘れしてしまいました。

「第二次世界大戦での捕虜兵の話」ということだけが頼りなんですが、、、教えてください!

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大岡昇平の「俘虜記」ではないでしょうか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%98%E8%99%9C%E8%A8%98

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%98%E8%99%9C%E8%A8%98

Qこの国語教科書教材の作品名と作者名を教えて

砂漠の真中にある駅。
3人の駅員(乗客だったかな?)が登場します。
そのうち2人はそれぞれ東と西に進んでゆき、そこで見たものを残っていた1人に教えます。
残っていた1人は、南に向かって歩いてゆき、そこでオアシスを見つけるというお話。
ストーリーも漠然としか覚えていないのだけど、
ご存知の方がいらしたら教えてください。

Aベストアンサー

見つけました。質問を見て私もにわかに思い出し、そうなったら気になってしょうがなくなってしまいました。
その作品は『三人の旅人たち』ジョーン・エイキン作、猪熊葉子訳 です。
下のHPで見つけました。“教科書タイムトラベル”の61年度版 5年生に載ってました。これが本当にそうなのかは自信がなかったのですが、いろいろ調べた結果間違いありません。「さばく駅」で働く3人駅員のお話です。
あ~、良かった。私もこれでスッキリです。

参考URL:http://www.mitsumura-tosho.co.jp/

Q国語教育と文学についての疑問

高校生のサブ教材にとても素晴らしい短編がありました。大変感動して読んでいたら、ところどころに設問があって、「彼はなぜ○○と言ったのか?」とか「要約せよ」とか書いてあります。
この設問を見たとたん、せっかくの感動が粉砕されたような気分に陥りました。

国語の授業でお馴染みの設問ですが、文学作品を細切れにし、分析し、それをもって「解釈」とか「読解」と称し、テストまでしたのでは、文学嫌い、読書嫌いを産み出すだけではないでしょうか。

国語教育ってもっと別のやり方があるのでは、と思うのですが、教育者、文学部の方、先生を目指す方、生徒・学生さんのご意見など、お聞きしたいです。

Aベストアンサー

はじめまして。
国語を教えているものです。国語を教える意義は、日本語の表現力を付けることにあるのではないかと思っています。日本語の表現力があれば、様々な感動を伝え、また受け取ることができます。
文学作品に感動することは、この「表現力を付ける」という点から見ても、大変有効だと思いいます。しかし、それだけでは不十分です。感動を伝えた、味わわせたというだけでは、国語を教えたことには成りえません。
その理由は、授業中に文学作品を味わっても、それが表現力など日本語の能力に結びつくまでに至るには、とうていその量が足りないからです。「好きこそものの上手なれ」で、本ずきの人は授業以外で日本語に多く触れ、その能力を高めていくことができますが、そうでない人が国語の時間内に力をつけようとする場合、「感動」を目指していたのでは、遠回りに過ぎるのです(一部、それで充分な人もいるでしょうが、残念ながら限られています)。
それならばと、日本語好きにすること、本好きにすることを国語の授業の目的にするのでは、「国語の時間外に力を付けてくれ」という姿勢の指導となり、これはあえていうなら「責任の放棄」です。
いま、国語科の指導は「文学作品を味わう」ことの占める割合を低くし、「どんな力を付けるか」という視点から指導する方針に変化してきています。「書く力」「読む力」「話す・聞く力」などがそれにあたります。
授業を通してどんな力を付けられるか。限られた時間の中で、多くの子どもに日本語の力を付けるのが国語教育の目的かと思います。
「設問」が、作品を細切れにしているとお感じのようですが、理解を助け、感動を深める問いかけもあります。何より、子ども自身が抱いた疑問を解いていくことは、彼らにとって大きな喜びになっています。
文学作品を味わうこと、教材として使うことの意義は、変わらず大きいと思います。

「設問によって文学が嫌いになる」「感動がじゃまされる」と思う人は、きっと繊細な感覚をお持ちなのでしょう。その感性に、実際的な日本語の力を付けてあげられればと思っています。

それでは。

はじめまして。
国語を教えているものです。国語を教える意義は、日本語の表現力を付けることにあるのではないかと思っています。日本語の表現力があれば、様々な感動を伝え、また受け取ることができます。
文学作品に感動することは、この「表現力を付ける」という点から見ても、大変有効だと思いいます。しかし、それだけでは不十分です。感動を伝えた、味わわせたというだけでは、国語を教えたことには成りえません。
その理由は、授業中に文学作品を味わっても、それが表現力など日本語の能力に結びつくま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報