中学生の頃から30年くらいタバコを吸っています。今さら禁煙しても肺が綺麗になることはないから肺がんのリスクは変わらないと言われました。無理してやめても意味ないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

今までヘビースモーカーだったとしても禁煙して損することなど1つもありませんよ


喫煙していれば損ばっかりですけどね
私は喫煙歴20年以上でしたが禁煙して凄く辛かったのが最初の1週間程度、
少し辛かったのがせいぜい1ヶ月程度でした
月一万円以上のタバコ代をローンの支払いに当てて車買いました
タバコやめれば車まで買えちゃう♪
さあレッツ禁煙(*゚▽゚)ノ
    • good
    • 0

肺がんのリスクは消えません。


但し、呼吸時の効率が良くなるので、走っても息切れしにくいという健康へのつながりはあります。
禁煙にストレスやフラストレーションを感じているなら、禁煙はすべきじゃありませんね。
やるなら、禁煙エリアと喫煙エリアを設定して、メリハリを付ければ良いでしょう。
    • good
    • 0

「バカの壁」というベストセラーを書いた医学博士が居ました。

取材記者が多忙の筆者を追い掛け、新幹線内でインタビューを取ろうとした。その先生、喫煙エリアに移動して煙草をプカリ。記者は、「医者のくせに煙草を吸うのか?」と言ったそうですが(←余計なお世話)、先生曰く:「職業柄数々の人間の肺を開いてみたが、肺がん患者のそれも、健康と言われている人のそれも大差ない。現代人の肺はそもそも既に汚れているのだ」、と。

汚れているから喫っても良い、という論理は医者らしくないですが、汚さに大差ないのは事実の様です。「大気汚染とは縁がない場所の人の肺も一発開けてから言って欲しかったな」とは思いますが、そういう見解もある事をお伝えしたくて駄文を振るいました。

「今日も元気だ煙草が旨い」。50年程前にの煙草のCMより。

わたしは健康のバロメーターで喫煙を踏み絵にしています。日に一本しか喫わない軟弱スモーカーより。
「中学生の頃から30年くらいタバコを吸って」の回答画像9
    • good
    • 1

ジャンヌ・カルマンっていう女性は、記録が残り確認ができる範囲で一番長生きした人です。


彼女は122歳で亡くなりましたが、タバコは20代から吸い始め、117歳のときに介護者に気を使って禁煙するまで吸い続けました。
こういう話を時々思い出して、タバコを吸い続けても長生きできると思い込めば、無理してやめる必要はないでしょう。
好きなタバコを心配しないで楽しんで、ストレスのない人生をおくりましょう。
(私はとっくにやめましたけどね(笑))
    • good
    • 0

肺が綺麗になることはないけれど、タバコをやめれば肺がんになるリスクを確実に下げられます。


タバコをやめて10年経てば、肺がん罹患リスクは非喫煙者と同じになるそうですよ。

他回答にもあるけど、他にも肺気腫や心筋梗塞、口腔がん、舌癌、等々タバコを吸えば吸うほどリスクの高まる病気はたくさんあります。
肺が綺麗かどうかではなく、病気にならないリスクを下げることを考えてはいかが?
    • good
    • 1

治らない肺気腫が待ってる。

遅いだろうが。今の状態から進むのを遅らせるやり方だな。義父がそうなんだが、たしか60くらいでやめたと思うけど、今80超えてとうとう息がしにくくなってきたようだ。肺胞が潰れている故、息を吸っても吸い込めないようだね。
    • good
    • 0

>無理してやめても意味ないでしょうか?



無理して辞めれば小遣い増えるぜ。
一日450円なら、月13000円ぐらいだけど、毎月の事だから大きいよ。
    • good
    • 0

>無理してやめても意味ないでしょうか?


いいえ。
大いにあります。

No.1様の仰るように、肺気腫のリスクは喫煙を続けていればどんどん高まります。
人間の臓器というのは、どれも耐用年数として120年くらいあるんです。
大事に使えば120年ということです。
様々な不摂生などが原因で、この耐用年数が減っていくわけです。
肺の場合は、喫煙という行為によって、その耐用年数がどんどん落ちていくわけです。
この肺の耐用年数が来てしまうことが、肺気腫なんです。
もしまだ他の臓器が比較的元気で、質問者さんの寿命の前に肺の耐用年数が来てしまうと大変です。
肺が正常に機能しなくなり、結果として呼吸が苦しくなり、酸素ボンベを常に携帯しなければならなくなります。
どこに行くにも酸素ボンベを持ち歩かなければならなくなり、最近では軽くなったとは言えそれなりの重量ですし、飛行機に乗る場合なんかはかなり制約を受けます。
もちろん火気厳禁ですから、火のそばなどにはあまり行けません。
かと言って酸素ボンベを使わないで放っておけば、血中の酸素濃度が減っている状態なので、心臓にも大きな負担がかかってしまいます。
喫煙をやめれば、この耐用年数をこれ以上下げないで良くなります。
    • good
    • 0

肺の病気に万が一なったら禁煙しないと治療が進まないって聞いたことがあるから今から禁煙した方がいいのではないですか?

    • good
    • 0

あらゆる癌の中で、「肺癌」ほど



苦しいものはないそうです。

貴方の肺は元には戻らないにしても、煙草を止めれば

、多少は、肺癌への道は遠のきます。

煙草を止めれば、肺癌は、若干は遠のきます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報