レトロビルの一室を借りてアパレルショップを営んでおりますが、
先般管理会社から建物老朽化により取り壊しが決まったと告げられました。
退去期限は来年末ですが、その前に定期建物賃貸借契約を結ぶよう言われています。
もちろん捺印提出するつもりはありませんが
そろそろ退去に伴う補償について考えないとと思っています。
立退きははじめての経験ですのでその補償相場額、
また提示する上で弁護士や不動産コンサルなどの
第三者にお願いすべきかどうかもわかりません。
和解の進め方について教えていただけたらと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まず、賃借人のあなたがいるため、取り壊しは決まっていません


あなたの交渉相手はアホです
定期建物賃貸借には応じる必要がありません
明け渡しの正当理由として、移転先を請求できます
移転先を提示しないなら、経営者含め従業員全員の退職金を家主へ請求出来るぞとお伝えください
移転先の選定が終わったら、移転経費の請求が出来ます
判決でも認められる請求出来る費用として、
①移転先との賃貸借にかかる費用
②現在の商売を継続するために、移転先で必要な内装工事費用と設備工事費用
③備品の引越し設置費用
④住所移転の会社登記や営業許可手続き費用
⑤顧客への住所変更通知費用
⑥引越し日の休業保障として役員給与日当分と従業員給与日当分と営業利益
⑦敷金などの全額返金
⑧移転迷惑料として家賃相当額の1〜6ヶ月分
といったところが、家主の負担額です
移転先の提示もなく、廃業と退職金負担となるなら明け渡し料は数千万円単位になります
賢い家主や管理会社なら、移転先物件資料と①〜⑧の見積書を勝手に作って明け渡し料を提示してきます
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速ご丁寧な回答ありがとうございます。
移転迷惑料。。。そうですね。ここが一番難しいかと。
今より立地が悪くなるなどして顧客が離れたら?といった
マイナス要素についての請求額が悩みどころです。
ひとまず先方の出方を待ちます。

お礼日時:2017/03/08 13:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【コンサル】アップさせた利益の何%を報酬とするのが妥当?コンサル終了から何年このマージンをもらい続けられる?

ある会社の短期アパートメント事業のコンサルティングをやります。
報酬は私達が介入してから、アップさせた利益(アップした売り上げ-アップした費用。過去の平均値からいくらアップしたかを見る)の数パーセントをいただこうと思っています。
また、コンサルとしてこの事業に関わるのを辞めてからも何年間はこのコンサル料金を支払い続けてもらおうと思います。(コンサルをしたことによって、利益が上がった状態が今後も続くので、今後もしばらく続くこの利益アップは私の貢献なので。)

コンサルティング業界の相場はどの程度なのですしょうか?
(35%ぐらいかなと漠然と思っているいます。私は個人のコンサルなので、小さいコンサルの相場が知りたいです。)
また、コンサルを辞めてから何年ぐらいもらい続けるのが妥当ですか?

私の役割は以下です。
売り上げを上げるための全ての作業です。権限的にはどこまで介入することも許されおり、市場の調査を行い、経営に反映させれます。また、アパートの部屋の視察やビルの管理人の指示管理の権限もあります。Webサイトのレイアウト変更など企画・仕様決定・実行も任かされています。

管理するアパートメントの状況は以下です。
アパートメントはビル6棟で各ビルに部屋が10個ぐらい個室である。2つのビルに1人ぐらい管理人がいて合計3人います。その人たちがお客の送り迎えや部屋の掃除などを行なっている。なので、部屋をきれいに保つやお客さんとの対応をよくするためにはこの人たちの協力がいる。
お客の集客はほぼそのアパートメントのWebサイトからです。Webサイトからの問い合わせに回答したり、部屋を手配するための事務の方も1人います。
Webサイト以外でも例えばフライヤなどを作り配ったりして、いろいろな形で宣伝は強化しようと思っています。この活動はいただくマージンに込みです。
Webサイトの更新に関しては、私がWebのエンジニアもかねているので、私と別のデザイナー、プログラマーと行いますが、Web改築費は別途いただきます。

ある会社の短期アパートメント事業のコンサルティングをやります。
報酬は私達が介入してから、アップさせた利益(アップした売り上げ-アップした費用。過去の平均値からいくらアップしたかを見る)の数パーセントをいただこうと思っています。
また、コンサルとしてこの事業に関わるのを辞めてからも何年間はこのコンサル料金を支払い続けてもらおうと思います。(コンサルをしたことによって、利益が上がった状態が今後も続くので、今後もしばらく続くこの利益アップは私の貢献なので。)

コンサルティン...続きを読む

Aベストアンサー

コンサルというよりもビル経営代行(プロパティマネジメント=PM)もしくは不動産仲介業者に近いですね。

報酬ですが、一般にプロパティマネジメントは米国の場合はテナント総収入の5%程度、国内は3~5%程度が相場です。
また、仲介業の場合、契約時に家賃1か月分を払うのが相場です。仮に平均的な入居期間が12ヶ月とすると、報酬は総収入増(≒家賃収入増と仮定)の1か月分÷12ヶ月=8%程度となります。こちらの方がオーナーにとってなじみのある基準になりますので、交渉はこれをベースに行うことになりそうです。

報酬の期間ですが、PMは権限を与えられている期間しか経営状況をコントロールできませんし、また建物オーナーにとっても契約満了以降同じ成果が継続されるわけでないために以降も成果報酬を払うことは納得しづらいです。ですので、契約期間のみ報酬をもらうのが一般的です。もしくは、ご契約期間中に入居した入居者に限定して、賃料の一定比率をその入居者が退去するまでもらう、といった契約になるでしょう。
また、仲介業の視点で考えれば、契約成立時点に報酬をいただくことになります。ただ、もしtosi_uさんが、入居者が退去しないように入居後もケアするのであれば、賃料の一定比率をその入居者が退去するまでもらう契約の方がオーナーにとっても納得感・安心感が出ると思います。

コンサルというよりもビル経営代行(プロパティマネジメント=PM)もしくは不動産仲介業者に近いですね。

報酬ですが、一般にプロパティマネジメントは米国の場合はテナント総収入の5%程度、国内は3~5%程度が相場です。
また、仲介業の場合、契約時に家賃1か月分を払うのが相場です。仮に平均的な入居期間が12ヶ月とすると、報酬は総収入増(≒家賃収入増と仮定)の1か月分÷12ヶ月=8%程度となります。こちらの方がオーナーにとってなじみのある基準になりますので、交渉はこれをベースに行うことになりそ...続きを読む

Q経営コンサルの見つけ方

経営コンサルを頼みたいのですが、情報源がよく分かりません。カテゴリー別に良いコンサルを見つけられる方法(HP、雑誌等々)は何かございませんか。

Aベストアンサー

経営コンサルと言っても、特に何か資格が必要な職業ではないですから、玉石混合の世界です。
得意分野も様々です。
まずは、あなたのお困りのキーワードで検索エンジンで調べて見るのがよろしいかと思いますが。
どういった関係でお探しですか?

Qコンサルと商工会の関係について

個人事業主に対するコンサルタントと、地域の商工会や組合との関係ってどんな感じなのでしょうか?
協力できるとか、全く関係ないとか、お互い踏み入れちゃならない領域があるとか、なんでも結構です。現状に詳しい方いらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

コンサルタントというのは、経営に関してアドバイスなどのサービスという商品を提供する事業者です。
ところで商品を提供する事業者としては、そのほかに電話の接続サービスと言う商品を提供するNTTや、散髪と言う商品を提供するとこやさん、従業員や経営者に食事と言う商品を提供するレストランなどもあります。

コンサルタントと言うのが商品を提供する事業者である以上、上記のNTT、とこやさん、レストランなどと同じです。

つまり、コンサルタントと地域の商工会との関係は、いつも通販で事務用品を買っている通販会社と地域の商工会との関係と同じです。商工会のメンバーで、その通販会社から買いたいと思う人は買うでしょうし、買わない人は買いません。また、「ねえみんな、バラバラで買うより、みんなで数をまとめて注文すると安くなるから、みんなで注文しようぜ。」と言って商工会のメンバーでまとめ買いをするかもしれません。それと同じです。

コンサルタントがある企業の経営にアドバイスをする際に、「御社は仕入れ価格が高いですね。商工会や同業者の組合でまとめ買いをすることで仕入れ価格を安くしてみてはいかがですか。」という提案をするかもしれません。
あるいは商工会が、メンバー全体の景気回復のためにコンサルタントと契約をする場合もあります。逆にコンサルタントが商工会に対して、「メンバー全体の経営提案をしましょう」という営業をするかもしれません。
そして、商工会がメンバーの経営改善を行なおうとしているときに、コンサルタントが「商工会よりうちの方が経営改善はうまいから、商工会なんかやめてしまいなさい」といって商工会に敵対する形でメンバー企業に営業を掛けることもあるかもしれません。

要するに、コンサルタントというのは、改善提案と言う商品を販売する事業者なのです。

コンサルタントというのは、経営に関してアドバイスなどのサービスという商品を提供する事業者です。
ところで商品を提供する事業者としては、そのほかに電話の接続サービスと言う商品を提供するNTTや、散髪と言う商品を提供するとこやさん、従業員や経営者に食事と言う商品を提供するレストランなどもあります。

コンサルタントと言うのが商品を提供する事業者である以上、上記のNTT、とこやさん、レストランなどと同じです。

つまり、コンサルタントと地域の商工会との関係は、いつも通販で事務用品を買...続きを読む

Q金融(または経営・戦略)コンサルについて教えてほしいです

↑のようなコンサルってがんばってマネージャーとかのクラスにいけばものすごい給料がもらえると聞いたのですが本当なんですか?

また、仕事はどんなことをするのでしょうか(ある程度は知恵袋などで知ってるのですが、もうちょっと具体的な仕事内容とかが知りたいです。)
企業とかに実際に行って、企業に足りないところを指摘するっていう感じだとは思うのですが・・・

今のところは理系志望なんですが、やっぱり経済学部とかのほうがいいのでしょうか?
まだ進路変更もある程度は可能なんです(理系の科目でいける経済学部とかもありますし)が、いままで理系の勉強をしてきたということもありまして・・・
理系の数学処理能力とかを評価する企業もあるとあったのですが、経済学の知識とかがなかったら駄目だと思うので、どっちの進路がいいのかわかりません。

Aベストアンサー

たとえばGMへ行って車1台につき1,000円のコスト削減ができるような方法を提案すると、車の生産台数が年間1,000万台なら100億円の経費削減、ということは100億円の利益が出ることになります。

「100億円も儲けを増やしてあげたんだから、その5%ちょうだい。」
と言えば5億円の報酬がもらえることになります。

でもGMという会社は世界中に1社しかありませんし、コンサルタントは大勢いますから、大部分のコンサルタントは年間売り上げが数億円以下の会社のコンサルしかできません。
年間数億円の売り上げのどこをどうひねくり回しても、数十万円の報酬しか出てきません。

数千万円の商店のコンサルだと、数万円かもしれません。
ものすごい給料とは限りませんよ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4496038366/mixi02-22/

Qまだ契約していないコンサル会社に決算書をみせてもいいのでしょうか?

中小企業経営者です。
昨日経営コンサルティング会社が来て、話を聞いていると
「簡単な会社の分析をして提案したい」ので3期分の決算報告書(貸借対照表・損益計算書・販管費内訳・株主資本変動計算書・3期比較財務諸表・3期分経営分析表)のコピーを渡しました。
まだ、契約するわけではないのですが、契約していない会社に上記情報を出して何か問題になる事などあれば教えてください。

Aベストアンサー

 わたしてしまったコンサル会社次第ですが、ふつうは問題をおこらないと考えます。経営コンサルタント会社も信用第一です。そこから情報が漏れたり、不正使用されたりしたら、彼らのビジネスが危うくなります。常識的に考えれば、真っ当なコンサル会社であれば、契約前に入手した情報だからといって守秘義務をおろそかにするはずありません。
 渡した書類が、決算報告書(貸借対照表・損益計算書・販管費内訳・株主資本変動計算書・3期比較財務諸表・3期分経営分析表)であり、具体的な取引先名や株主名が記載されていなければ、あまり心配することはありません。
 万全を期すなら、コンサル契約とは別に、決算報告書を渡すさいに、目的外には使用しない旨の一筆をとっておくべきだったと考えます。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報