電子回路の基盤でよく使うカプトンの比重、原子組成(比が分かれば十分です)を知りたいです。

ポリイミドらしいのですが、基幹部(? 結合しているイミドの部分ではなく、ポリマーではいろいろなものに自由に置き換えられる部分)が何なのか分かりません。

知っていたら教えていただきたいです。

A 回答 (2件)

カプトンはポリイミドで東レデュポンの商標です。

比重は1.42です。
    • good
    • 0

以下の参考URLは参考になりますでしょうか?


「カプトン」
このサイトで
http://www.td-net.co.jp/Kapton/busei.htm
(物性値)
比重は記載がないようですが、場合によっては東レに直接問い合わせては如何でしょうか?

御参考まで。

参考URL:http://www.td-net.co.jp/Kapton/index.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q組成式についての質問です。組成式ってどこにどの数字をつけるとかがよく分

組成式についての質問です。組成式ってどこにどの数字をつけるとかがよく分かりません。

Aベストアンサー

組成式は,
化合物を構成している元素の,原子数の割合(元素組成)を示すものです。元素記号の右下に小さく原子数の割合を書きます。が,1は書きません。(ここでは小さく書くことができないが)
水は,水素原子2と酸素原子1の割合でできているので,組成式はH2Oです。この場合は分子式と同じです。
エタンは,炭素原子1と水素原子3の割合でできているので,組成式はCH3です。(分子式はC2H6ですが)
ブドウ糖は,炭素原子1,水素原子2,酸素原子1の割合でできているので,組成式はCH2Oです。(分子式はC6H12O6ですが)
ギ酸も酢酸も組成式はCH2Oです。(分子式(示性式)はそれぞれHCHO,CH3COOH)
これで,わからないでしょうか。

Qポリイミド膜

 ポリイミド(京セラのKEMITITE CT4112)を使用して様々な膜厚で実験を行っています。

かなり粘度があるので、スピンコートで行うとムラが出たりします。オーブンで硬化した後には穴が開いているような膜ができます。
冷凍庫で保存してあるので数十分待ってから使っています。

ポリイミドはそのまま使用ではなく溶解してからのほうがいいのでしょうか?また、低速回転(500rpm位から)から高速回転にする方式がいいのでしょうか?

得たい膜厚数百nmから1μm程度です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

京セラのKEMITITE CT4112と言うのは使った事が無いので、粘度も分かりませんし一般的と思われる事しか書けませんが...。
スピンコートで塗るなら低速で少し広げてから、高速にした方が良いのは間違いありません。あとは、メーカーに聞いたら言われるはずなので使っているとは思いますが、適切な径のフィルターで漉しながら使った方が薄くした際に滑らかです。
薄くした際にピンホールが開くなら、溶剤で薄めた方が良いと思います。よほど汚れた物に塗布してるわけで無ければ、数百nmから1μm程度ならそれで普通に得られると思いますが、どうでしょうか。キュア条件や塗布条件など、メーカーに問い合わせれば一発だと思いますが...?

Qポリイミドの重合は何重合?

ポリイミドを、
ジアミン+酸無水物→ポリアミック酸→ポリイミド
とする場合、この重合の種類は何というのでしょうか。
2種類のモノマーを使用しているので共重合ということはわかるのですが、
ラジカル重合、カチオン重合等の分別でいえば何にあたるのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ポリアミック酸生成では、ぶしつの出入りがないので、ふか重合。
酸無水物とアミンの反応は、ルイス酸の存在下で進む(酸無水物と空気中の水との反応でH+が放出される)からカチオン重合に見えるのですが、活性点が分子内を移動していない(たまたまぶつかった分子同士が反応している)ので、カチオン重合ではないです。

後半は単なる脱水です。注意点は、こそう反応の場合には、「たまたま反応可能なきが隣接している場合に反応が起こる」のであり、確率的にはアミノ酸とカルボン酸が反応して脱水する場合が多いでしょうが、条件によっては、離れている場所と反応も考えられます。これがおこらないと、黒鉛や雲母のような剥離が発生します。

私の使っている言葉がかなり古い(20-30年前の言葉)ので、間違っている場合があります。

Qポリイミド樹脂の活用について教えて下さい。

ポリイミド樹脂の活用について教えて下さい。

高い強度や耐熱性で知られるポリイミド樹脂がどのようなところで使われているのか教えて下さい。
またこれからどのような製品に使われていくのかも教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

ポリイミドフィルムやポリイミド膜として使用されています。

半導体チップ最表層の保護膜
プリント基板の絶縁材
リチウムイオン電池内部の耐熱コート
可動配線部分の絶縁材
接着剤
耐熱性を要する製造装置

耐熱性と耐摩耗性を要する製品に使われています。
たくさんあります。

今後としても、エレクトロニクス分野、過酷な環境にも
強い物性を活かして、宇宙分野へも進出すると思われます。

Q一つの原子からなるイオンと複数の原子からなるイオンを区別する呼び方はありますか?

一つの原子からなるイオンと複数の原子からなるイオンを区別する呼び方はありますか?
例えばNa+イオンは一つの原子からできていますが、SO42-は複数の原子からできています。これらのイオンを区別する専門用語はあるのでしょうか?日本語、英語できれば両方知りたいので教えてください。

Aベストアンサー

 単原子イオンと多原子イオンのことでしょうか。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3#.E6.A7.8B.E6.88.90.E3.81.AB.E3.82.88.E3.82.8B.E7.A8.AE.E9.A1.9E

 英語は次の通りです。
  単原子イオン: single-atom ion
  多原子イオン: multiatomic ion

http://www.bioportal.jp/BioTerms/cgi-bin/search.cgi?list=%A4%BF%A4%C1%A4%C4%A4%C6%A4%C8%A4%C0%A4%C2%A4%C5%A4%C7%A4%C9
http://ci.nii.ac.jp/naid/110002316572/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報