アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

手根管症候群と診断されました。
手術以外で良い方法ありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

整形外科受診し、薬を2年程飲みました


しびれが酷いときは、手首から注射を2回程打ったかな、仕事してますので、手術となると1ヶ月休まないといけないのでずっと薬飲んでました、が、その内にしびれなくなりました、まれに、自然治癒があるそうです、親指付け根が肉がとれて薄くなったり、物がつかめなくなったら手術しないといけませんが、それまでは、薬を飲んでみたらいかがですか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございます

お礼日時:2017/03/10 19:33

注射をして治療する方法もありますが、再発率は高いようです。


手根管症候群の手術は日帰り手術で可能なので、やはり手術する方が今後のことを考えると良いのではと思います。
数日は包帯を巻いており、仕事などは控えた方がよいですが、1週間もすれば傷口も治癒しておりますし、デスクワーク程度なら問題なく行えると思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難う御座います

お礼日時:2017/03/10 19:33
  • 正中神経麻痺・手根管症候群のまとめページ

    正中神経麻痺(手根管症候群)とはどんな病気か  正中神経のはたらきは、前腕を内側にひねるように回す運動(回内(かいない))、手首、手指の屈曲、親指を手の平と垂直に立てる運動(外転)、親指と小指をつける運動(母指対立)などです。知覚神経は親指、人差し指、中指の全部と薬指の親指側半分の手のひら側と、親指側半分の手のひらです。  正中神経は手首部にある手根管という狭いトンネルを通り抜ける構造になっており...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手根管症候群について・・

手根管症候群について・・

身内で手根管症候群になり、5年になるものがおります。
5年前に診断を受け、放置し また最近痺れが酷くなったので受診した所、同診断結果でした。
今、注射で治療してますが 痺れの他に親指のつけ根(母指球?)脹らみのことに痛みが出るそうです。
その脹らみ部分の萎縮は無いですが、本人はその痛みが気になるそうです。
担当医は手根管症候群の影響との診断らしいのですが、何となく納得いってないようです。

このつけ根の痛みは手根管症候群の影響なのでしょうか?
お分かりになる方 回答をお願い致します。

Aベストアンサー

実際に見ていないので断定は出来ないのですが、その可能性は十分にあります。
他に可能性があるとしたら、首からの神経の影響、あと機能的な問題があるなら腱鞘炎の可能性もあります。どちらにしても、ここで分かる代物ではありません。

Q手根管症候群 の治療についてアドバイスをお願いします

来月 母が手根管症候群の手術を受けることになりました。
色々と調べてみましたが、完治する確率は低いようです。
母は親指付け根の筋肉が痩せてきていますから、「重症」の方に入る
ようで、なおの事術後が心配です。
できれば高齢なので、痛い思いはしてほしくありません。
手術以外に治療法はありますか?
また、愛知県内で 腕のいいお医者様がいらしたら教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

手根管症候群で手術をするというのは、ある程度の知覚障害、運動障害を伴っていることと存じます。おそらく、夜間の痛みもあり辛いのではないでしょうか?少なくとも、痛みに関しては手術によって軽快するものと思います。手術前にブロックテストされましたか?それで一時的にでも痛みがなくなれば、手術して痛みは良くなるはずですよ。
あと、麻酔も局所(伝達)麻酔ですからそれほど侵襲も大きくないのではないでしょうか?

このまま放置しておくほうがお母様のためには良くないのではと存じます。

なお、手の外科を標榜している整形外科があります。そちらに受診されると良いかと存じます。

お大事にしてください。

Q手根管症候群について                         

手根管症候群について                                       手の痛み、痺れ、持ったものを 落とす等かなり症状が悪化しています。手術以外に、鍼灸で症状改善するでしょうか。仕事は飲食店で、皿洗い、包丁を使うなど手を頻繁に使います。

Aベストアンサー

手根管症候群の治療は、手術しかありません。
もし、鍼灸で症状が軽くなったとしても一時しのぎです。

手首と親指の付け根までの部分は、プックリしているのが普通です。
ここが、プックリしていないということは、
手根管症候群がかなり進行しています。
早めに手術が出来る整形外科に行き、手術することをお勧めします。
そうしないと、手術しても 治癒率がおちます。
脅かすようですが、本当です。

母は、手根管症候群と診断され手術を勧められたのにもかかわらず
貴方様のように 飲食店で、皿洗いなど手を頻繁に使っていました。
私も強く勧めましたが、
1年以上自己判断で様子を見ていて やっと手術をしました。
手術後医師からは、『50%まで戻ればいいほうです。』と言われ、
1年半たった今でも 握力は手術前よりまあまあ良くなった程度です。

母を見ていましたので、お気持ちはわかるつもりです。
手術をする前にしておきたいことは いろいろあるかと思いますが、
思い切って早く手術してください。

Q手根管症候群からくる腕のしびれはありますか?

 お世話になります。
 当方、半年ほど前から、手根管症候群で左手の小指以外指のしびれで悩んでおります。主治医によると、正中神経が圧迫されて指がしびれるそうです。ひどいときは物も持たれません。神経を圧迫しているものがガングリオンという脂肪の塊であれば、外科的手術が必要だそうですが、当分様子を見ましょうとのことでした。
 ところで、1ヶ月前から、同じく左腕の外側で、上腕部、関節、下腕部の筋肉が痛くてなりません。主治医に診て貰ったのですが、手根管症候群でなく、原因はわからないということでした。これも様子を見ましょうとのことでした。
 しかし、主治医を疑うようで悪いのですが、私は手根管症候群が関係しているような気がしてなりません。
 観ていただいてから悪化するばかりで1ヶ月がたちます。
 左手は極力安静にしています。
 どなたか詳しい方ご教示ください。

Aベストアンサー

 手根管症候群が原因であれば、頸肩腕症候群も考えられます。
 ただ手根管症候群の診断ですが、筋電図やMRIなどの検査は受けましたか?これらの検査で神経の圧迫部位や、ガングリオン・脂肪腫の有無などはかなりわかると思います。
 半年以上も症状があり、物もつかめない事まであるようでしたら手術を考えてもいいかもしれません。一度別の病院(整形外科専門医)で診察を受けてみてはいかがですか。

Q手根管症候群の診断・治療・手術

母が手根管症候群と診断され、ここ数ヶ月内服薬と注射による治療を受けています。(その薬は主にビタミンだと聞いています。)現在、夜中のしびれや痛みがなく、親指の付け根の筋肉が痩せてきてしまいました。確実にどんどん悪化しているのがわかります。担当の医師はもうしばらく様子をみるとのことです。
そこで今お聞きしたいことは大きく3つあります。
一つは、手の外科専門の先生なので、一応信頼しているのですが、診断にMRIなどの検査は行っていないことです。何か原因が隠れていることはないのか心配があります。
2つめには、治療の方法ですが、本などを見ると定期的なブロック注射や手首の固定をする方法があるとも書いてあります。しかし、固定する方法の話は担当の医師からは聞いていませんし、注射もビタミン剤のようなものと聞いており、注射する間隔も特に決められていません。本当にこのまま様子を見ていてよいのか不安です。
3つめに手術についてですが、ひどくなったら必要だといわれています。どの程度になったときに手術を行うのが有効なのかよくわかりません。担当の医師はもう少し、もう少しというばかりです。また手術には掌を開放する方法と内視鏡による方法があると思いますが、担当の医師は内視鏡による手術は危険なので行わないそうです。しかし手術後のリスクを考えると内視鏡による手術のほうがよいのかとも思ってしまいます。もし失敗するとどのようになってしまうのでしょうか。
長くなってしまいましたが、何か少しでも知っていることや事例などがありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

母が手根管症候群と診断され、ここ数ヶ月内服薬と注射による治療を受けています。(その薬は主にビタミンだと聞いています。)現在、夜中のしびれや痛みがなく、親指の付け根の筋肉が痩せてきてしまいました。確実にどんどん悪化しているのがわかります。担当の医師はもうしばらく様子をみるとのことです。
そこで今お聞きしたいことは大きく3つあります。
一つは、手の外科専門の先生なので、一応信頼しているのですが、診断にMRIなどの検査は行っていないことです。何か原因が隠れていることはないのか心...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
1.MRIは、取ることもありますが、取らないこともあります。MRIをとっても、正中神経の炎症ぐらいしか見られません。たまに、ガングリオンなどの出来物ができて正中神経を圧迫することがありますが、いずれにしろ治療法はほとんど変わりません。今回も、希望すれば取ってくれるかもしれませんが、必要なければ、無理して取らなくてもよいかもしれません。
2.正中神経への注射は、一般的には、他の注射とは違って定期的にはやりません。あまりつらいときに、注射が効果的な人には、数回やるのもいいですが、神経のところに注射を打つために、頻繁にはやらない先生が多いです。(注射の針による神経損傷が怖いです)。シーネ固定は、夜間だけやってみるのもいいかもしれませんが、どの程度効果的かは、あまりわかりません。一度そのことについて相談してみたらいかがでしょうか。
3.一般的には、母指球という親指の付け根の筋肉がやせてくると手術を考慮しなければなりません。あまり母指球筋が衰えると、親指の動きが悪くなるため、その悪くなりすぎる前に、手術をします。あまり、親指の動きが悪くなって手術する場合は、手根幹開放術のほかに、親指を動かすために、腱移行術も同時にやらなければなりません。現在の状況からすると、先生は、手術を考えていると思います。また、他の先生が見ると、現在の状況でも手術を勧められるかもしれません。実際にどれくらいの症状が出ているのか見てみないとわからないのですが、個人的には、痛みがひどく、親指の筋力が弱っているので、手術をしてみるのもよいかなと思いますし、患者さんの症状によっては、もう少し、粘ってみるのも良いと思います。
 内視鏡についてですが、手技が難しいことと、神経を損傷してしまう可能性が多いということと、圧迫されている正中神経を十分に開放できたか確認ができにくいなどがあります。僕の大学病院でも、内視鏡をやることがありますが、ほとんどの場合は、掌を開放する方法を取っております。もし若い人であれば、以上のようなリスクをとっても、内視鏡をやってみるのもいいかもしれませんが、安全で一般的に行われている掌を開放する方法でもかまわないと思います。内視鏡での一番のリスクは、神経損傷だと思います。特に正中神経の枝の神経(掌側枝など)で、術後感覚障害、痛み、痺れなどが生じる可能性があります。

こんにちは。
1.MRIは、取ることもありますが、取らないこともあります。MRIをとっても、正中神経の炎症ぐらいしか見られません。たまに、ガングリオンなどの出来物ができて正中神経を圧迫することがありますが、いずれにしろ治療法はほとんど変わりません。今回も、希望すれば取ってくれるかもしれませんが、必要なければ、無理して取らなくてもよいかもしれません。
2.正中神経への注射は、一般的には、他の注射とは違って定期的にはやりません。あまりつらいときに、注射が効果的な人には、数回やるのもい...続きを読む

Q手根管症候群

手のしびれがおさまらないので、整形外科に行ったところ「手根管症候群」なるものと言われました。とりあえず添え木みたいなものを手につけて様子を見ることになりましたが、しびれが止まりません。本当にこれで治るのか心配です。ハリが良いとのウワサも聞きましたが・・・、効果的な治療方法についてご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

手根管症候群とは、手のひら側の手首付近(手首よりもむしろ手の方に入ったところ)で、正中神経という神経が、手管黄靱帯という、神経よりも浅いところにある靱帯と、神経の周りにあるいろいろな組織に挟まれて障害を受けて発症する病気です。
原因としては、妊娠、腱滑膜炎、骨折等の外傷、関節炎、粘液水腫、末端肥大症、局所の炎症、アミロイドーシス、ネフローゼ症候群、家族性、あるいは原因不明などがあります。
症状としては、手のひら側の親指から薬指の中指側半分までのしびれや感覚障害から始まり、長期間に及ぶと親指の付け根の拇指球筋という筋肉の萎縮が起こったり、人差し指を曲げたり親指を外側に開いたり小指とくっつけたりが出来なくなります。
治療としては、それぞれの原因に見合った治療方法を採るということになりますが、手首の安静はいずれにせよ重要な初期治療になると思います。従って、手首を中心としたシーネ固定(添え木です)は必要かと存じます。あとは、ビタミンB製剤を服用したり、炎症であれば消炎鎮痛剤を投与したり、基礎疾患があればそちらの治療を並行して行い、それでも改善が見られないときには靱帯を開放して神経の圧迫を取る手術などが考慮されます。
いずれにせよ、段階を追った治療になると思われます。
お大事に。

手根管症候群とは、手のひら側の手首付近(手首よりもむしろ手の方に入ったところ)で、正中神経という神経が、手管黄靱帯という、神経よりも浅いところにある靱帯と、神経の周りにあるいろいろな組織に挟まれて障害を受けて発症する病気です。
原因としては、妊娠、腱滑膜炎、骨折等の外傷、関節炎、粘液水腫、末端肥大症、局所の炎症、アミロイドーシス、ネフローゼ症候群、家族性、あるいは原因不明などがあります。
症状としては、手のひら側の親指から薬指の中指側半分までのしびれや感覚障害から始まり、...続きを読む

Q筋電図検査は痛いのですか?

筋電図検査について経験者の方に質問します。
痛いのでしょうか。
痛みの程度や種類を知り、気持ちの準備をしたいので
何かに例えるなど具体的にイメージしやすい形で教えてください。

検査内容は聞きました。
筋肉に針を刺し、電気を流す。刺したまま、中で針を動かす。15分くらい。
それが、どれほど痛いのか。刺す場所は太もも裏です。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

もう何十年も前の経験なので、今はもっと進んでいる
と思いますが、思ったほど苦しくありませんでした。
針を刺して、電流流しながら、足を上げたり動かした
りしました。
あまり気持ちの良いものではありませんでしたが、辛
くはありませんでした。痛くもありませんでした。
マア遺物を入れてあっちこっち動かされるという感じ。

今はもっと改善しているのではないでしょうか。

Q手根管症候群なのですが、仕事のことで悩んでいます。

右手(指)にしびれがあり、病院へ診察に行ったら手首の神経が圧迫されている=手根管症候群ということが分かりました。お箸や歯磨き、右手に力が加わるとしびれで感覚がなくなり物が持てなくなる症状が前より酷くなってきているので明後日診察に行きます。
お医者さんに相談しますが年末年始だけ食品を詰める作業のバイトに行くことになっているのですが断った方がよいでしょうか?
似たような経験された方のアドバイスありましたらお願いします。

Aベストアンサー

短期でかつ会社に迷惑がかからないというのであれば、働いてもかまわないと思いますが、手の使いすぎで手根管症候群になるんですから、酷くならないように加減しなければなりませんね。

自信がないならやらないほうがいいと思います。

Q手根管症候群の手術について教えてください

手根管症候群の手術について教えてください

僕は22歳男性です。
情けないですがpcのやりすぎて手根管症候群になりました。
そして診察やリハビリで整形外科に通っているものの、
塗り薬だのビタミン剤だのを処方され、簡単な電気治療ばっかで治りません。
安静にしても治りません。
痺れ3 痛み7 ぐらいの割合です。
1年以上たっており、仕事にも支障でまくりで手術したいのですが質問です。

(1)内視鏡手術を希望するが神経は大丈夫か?後遺症など。
(2)再び発症することはあるのか?
(3)1年以上経過しているのにもったいないなどと
意味不明なことを医者に言われ、紹介状を書いてもらえないのだが、病院をかえるべきか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%8B%E6%A0%B9% …

Aベストアンサー

●手術に関するURLを貼り付けておきます

http://www.mcube.jp/outpatient/explanation/cts.html

http://homepage2.nifty.com/koto-orthopaedics/shukonkan.htm


病院は変えた方がいいと思います。何だか変な医者だから。

後遺症等、詳しい事は病院の主治医の先生か、理学療法士さんに聞くのが良いでしょう。

お身体ご自愛ください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報