Q1。記者が総理大臣に質問しました。
  「これからはどんな時代にしたいですか?」
  すると総理が、
  「始まりは平成、終わりは昭和、真ん中は明治、のような時代にしたい」
  と答えました。
  さて、どんな時代でしょうか?


Q2.以下の文字を組み合わせて一文字にせよ!

   人 口 一 一 一 一


以上の二問です。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

平和


    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

Q2。の方が単純かと思いましたが、「春」は出てきませんでした。
「一」をどう配置するのか?っていうのがカギだとは思っていたのですが、、、

スッキリしました。ありがとうございました。

お礼日時:2017/03/11 06:46

平和ですね〜^ - ^

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

なるほど、”始まり”とか”終わり”っていうのは文字の位置を表していたのですね。

「へいせい」の”へ”、「めいじ」の”い”、「しようわ」の”わ”

納得です。ありがとうございました。

お礼日時:2017/03/11 06:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリロードせよ!!リロードせよ!!

【導入部】

私は電動式のエアガンを持っています。
改造等はしていませんが、たしか連射力(弾を撃ち出すスピード)は本物のアサルトライフルと同等だったと記憶しています。
エアガンはBB弾なので何百発とリロードせずに撃てますが、それでも1分も撃てません。

【質問1】

本物の戦場で戦っている兵士(以下兵士)のアサルトライフルのマガジン1本は、おそらく50発前後しか弾が入らないと推測しています(間違っていたらご指摘ください)
つまり10秒くらいしか連射できないということです。

兵士は、自分のマガジンが空かまだちょっと弾があるのか、どう判断し、どこで見分けているのか教えて下さい。
一々数える訳にもいきませんし……
緊急時にリロードしたらマガジンは廃棄され、中の弾も廃棄される訳ですよね?


【質問2】
映画等やゲームで二丁拳銃を使うシーンがあります。
撃ち尽くした後のリロードはどうしているのでしょうか?
両手が塞がった状態でリロードはどうしているのか疑問です。
映画やゲームは数秒でカッコ良く(?)リロードしてますが……

回答よろしくお願いします。

【導入部】

私は電動式のエアガンを持っています。
改造等はしていませんが、たしか連射力(弾を撃ち出すスピード)は本物のアサルトライフルと同等だったと記憶しています。
エアガンはBB弾なので何百発とリロードせずに撃てますが、それでも1分も撃てません。

【質問1】

本物の戦場で戦っている兵士(以下兵士)のアサルトライフルのマガジン1本は、おそらく50発前後しか弾が入らないと推測しています(間違っていたらご指摘ください)
つまり10秒くらいしか連射できないということです。

兵士は、自...続きを読む

Aベストアンサー

銃自体についてはあまり詳しくありませんが
【質問1】
映画などみてっも打ちつくすまで連射するか、打つ前にマガジンを抜いて残弾を確認していますね。
ハンドガン、マシンガンとも。

また、マガジンや残弾は廃棄しません。
特に残弾は敵に使用されたり、トラップに利用されるからです。
ベトナムで有名なのは木の板に釘を打ちつけ(当然貫通している)その上に弾丸が入る内径・薬莢位の長さの竹ををかぶせ、さらにその中に弾丸を入れます。

これを穴を掘って弾丸の先端が地面から出るようにしておきます。これで簡単な地雷の出来上がり。
弾丸を踏みつけると釘が雷管を押し発火。銃身なしで発射された弾丸はまっすぐに飛びませんから、回転しながら発射された弾丸は貫通とはいかず、足を砕くという寸法です。

【質問2】
実戦ではやらないでしょうね。
一丁目はマガジンチェンジ出来ても、2丁もを持ち帰る時に隙ができるから。

また、海外でM92Fを撃ったことがありますが、とてもシングルハンドで狙いを定めて打つことはできませんね。(撃ち慣れていたら出来るのかも知れませんが)
発砲の反動で一瞬握力が鈍る。かと言って思いっきり握っていたら手が震えてとても狙えない。

.22LR弾なら電動ハンドガンのように撃てますが。

銃自体についてはあまり詳しくありませんが
【質問1】
映画などみてっも打ちつくすまで連射するか、打つ前にマガジンを抜いて残弾を確認していますね。
ハンドガン、マシンガンとも。

また、マガジンや残弾は廃棄しません。
特に残弾は敵に使用されたり、トラップに利用されるからです。
ベトナムで有名なのは木の板に釘を打ちつけ(当然貫通している)その上に弾丸が入る内径・薬莢位の長さの竹ををかぶせ、さらにその中に弾丸を入れます。

これを穴を掘って弾丸の先端が地面から出るようにしておきます。これ...続きを読む

Q真ん中に一つ穴を開けたいのですが

ハガキサイズの用紙の上部に、8mm程度の一つ穴を開けたいと思っています。二つ穴用のパンチ(真ん中に開けることができるアジャスターつき)は持っているので、それを上下左右に動かしながら、8mm位の穴になる様に何とか一つの穴を開けているのですが、左右どちらかに寄ってしまったりして、なかなか上手くいきません。何か良い文房具、方法がありましたら、是非教えて下さい。

Aベストアンサー

「自信はちょいあり」です。

いまお持ちの穴あけ具を使用するとの前提でお答えします。
アジャスタによって縦か横いずれか一方は位置決めできるわけですから、穴あけ具本体に紙テープ等で印を付け、その印に紙の端を合わせてガチャンすれば、縦、横とも同じところに穴が開きます。

紙が穴あけ具より大きい場合は、穴あけ具本体をボール紙かなんかの上に固定すればよいと思います。(物理的に固定しなくとも同じ位置における工夫をすれば一緒)

QQNo.6065125 と QNo.6065297 でイトトンボの質問

QNo.6065125 と QNo.6065297 でイトトンボの質問をしておりましたが、yukitouseiさん、debukuroさんのご指摘の通りイトトンボ系ではなく、yukitouseiさんが明快に解説して下さった アオイトトンボ系であることが、私にもよく分かりました。
そこで調べてみると、札幌(写真の撮影場所)では (1)アオイトトンボ (2)オオオイトトンボ (3)エゾアオイトトンボ の3種類のアオイトトンボ系が見られるとのことです。
この内 (2)は yukitouseiさんのご説明通り×、残りは(1)と(3)です。
私の持っている解説書には アオイトトンボ : 尾部下付属部は棒状
             エゾアオイトトンボ : 尾部下付属部は先端が膨らむ となっています。
この「尾部下付属部は先端が膨らむ」というのが風船状に丸く膨らむのか、へら状に平らに膨らむのか、意味がよく分かりません。
本日しっぽの部分を狙って何枚か写真を撮り直してみました。
どの写真も尾部下付属部は「2本とも少しへら状に平らに膨らんでいる」ように見え、「直線的に棒状をなしている」ようには見えず判断に迷っております。
どなたかよいサジェスチョンをお願い致します。

QNo.6065125 と QNo.6065297 でイトトンボの質問をしておりましたが、yukitouseiさん、debukuroさんのご指摘の通りイトトンボ系ではなく、yukitouseiさんが明快に解説して下さった アオイトトンボ系であることが、私にもよく分かりました。
そこで調べてみると、札幌(写真の撮影場所)では (1)アオイトトンボ (2)オオオイトトンボ (3)エゾアオイトトンボ の3種類のアオイトトンボ系が見られるとのことです。
この内 (2)は yukitouseiさんのご説明通り×、残りは(1)と(3)です。
私の持っている解説書には アオ...続きを読む

Aベストアンサー

両者の尾部付属器の写真を見つけました。
エゾアオイトトンボ
http://blog.goo.ne.jp/ezotombo9/e/7fd5acce1f8a363773b15de5e6cbbc57

アオイトトンボ
http://gecko0912.web.fc2.com/HP3/zukan/photo/04/tonbo.htm

ということで、アオイトトンボの方ではないでしょうか。

Q明治時代頃の一円紙幣か、2円紙幣を、古い辞書から発見しました。それには

明治時代頃の一円紙幣か、2円紙幣を、古い辞書から発見しました。それには、額面と、同等の金と交換するとあります。当時は、同額の金貨も、あったことですから、この紙幣のその文面は、効力があるのでしょうか。インフレで、無効でしたら、この紙幣の価値は、どのくらいでしょうか。

Aベストアンサー

現在兌換券の交換流通はありませんので金との交換は出来ません
一般紙幣として使用は出来ますが 額面より古銭としての流通価格の方が
数千倍の価格になっており 収集の目的が無いのでしたら
古銭を専門に扱う業者さんにお見せになるほうが 良いかと

古銭の価値は その保存の状態 流通量 などに大きく左右されます 100万円の価格が付いている
古銭でも お手持ちの状態が悪ければ 5千円にもならない 場合があります

又この手の物は 写真の必要からか ネット等では確認しづらい状況です
図書館等で 紙媒体からの確認が 確実かと思われます

Q戦国時代って(戦国時代に限らず)大勢の人間同士で本当に戦ってたんでしょ

戦国時代って(戦国時代に限らず)大勢の人間同士で本当に戦ってたんでしょうか?今まで放送されてきたドラマや映画などで、そういうイメージを植えつけられてるだけのような気が・・・もし仮に本当にそれだけの大人数同士が戦っていたのなら、当時使用していた刀や槍、その他の物はどこへ行ったんでしょう?いくら時代が相当な昔とはいっても、相当な数ですよね?戦国時代だけではなく、他の時代も刀などを使っていたんでしょうし、それを考えたらハンパな数じゃありませんよね?小判などにしても・・・でも現代にはそこまで多くの物は残ってませんよね?海にでも沈んでるんでしょうか?それも考えにくいかも・・・

Aベストアンサー

何かの資料で読んだ記憶がありますが
死者の武器や武具は味方の装備品にされたそうです。

農民などを集めて挙兵する時に
一人一人に鎧や刀などを新調するだけの資金がないとか
調達が間に合わないなどの理由で
そうしたものの使いまわしは普通に行われていたそうです。

そうしたものを集める役目の人もいたそうですし
売りさばく商売もあったらしいです。

それ以外のものは燃料にされたり
金属は溶かして別の用途に使われたりしたらしいですから
結局、カタチとして残っているものが少ないのでしょう。

実際の戦国時代の兵隊たちの格好は
ドラマで見るようなピシッと揃ったものではなく
乞食のような格好だったらしいです。
長い棒を持っただけの兵士も多かったようです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報