父と私(娘)の2人暮らしです。
家は私名義(戸建て)で生活費はほとんど父に出して貰っています。
今後 家の屋根の修繕や壁の防水作業が必要(各50万?)になるかと思いますが
この費用まで父に負担してもらうのは まずいのでしょうか?

贈与税とかの問題になりますでしょうか?
贈与は毎年110万はもらっています。

固定資産税は、本人が支払わないとダメと聞いたことがあるので
私が支払っています。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

家の修繕費の負担を、家の所有者でない者がした場合に、その負担額が贈与税の対象になるかどうかという問題になるでしょう。


1 自分が居住してる家でない場合。
 A地に住んでいる父親が、B地に住んでいる娘の家の修繕費を負担したというケース。
 贈与です。修繕費額の贈与となります。

2 自分が居住してる家の場合。
 本来は所有権者が負担すべき修繕費です。しかしその家に同居してる者が修繕をしたとしても、固定資産税評価額が上がるような修繕つまり「増築」「改築」のレベルに至らない場合には、その修繕費は家の所有者に対しての贈与とはならないと考えます。
 誰が所有権を持ってる家であれ「実際に自分が居宅としてる家屋」の修繕をした費用が所有者への贈与だといわれたらたまりません。
 外壁の塗り替えだとか、水回りの補修などは「あんたが所有者なのだから、あんたの金で直してくれ」などと言ってる場合ではありません。
 修繕すべきものは修繕しなくてはならないのです。
ここでは建物の所有権者が誰かなどは無関係です。
「自分の住んでる家を修繕して、どこに問題があるのだ。」です。

所有権者である娘と、その父が同居してる家屋の修繕を「お前が負担しろ」「お父さんがお金だして直してよ」などは、仲睦まじいい親子喧嘩といえますが、そこで「俺が払う」と親父さんが金を出してくれても、既述のように「増築」「改築」のレベルではない修繕でしたら、贈与税など考える余地は発生しないということです。

修繕とは、その名のとおり「適正に使用するのに障害があるので、その障害を取り除く」「本来の目的として使用できるようにする」だけです。
家屋の利用者、つまり居住してる者の誰が修繕費を負担してもいいのです。
そこには「修繕費の贈与をした」「修繕費の贈与をした」と考える余地がありません。
なぜなら「家屋の利用者にとっては、修繕は必要なもの」だからです。

所有権者が誰であれ、自己が使用してるものを修理しするのは、あたりまえのことです。
これを他人に「あんた、我が家を修繕してよ」と言っても「バカも休み休み言ってくれ」と言われるだけですよね。

家屋は所有権者である娘と、その親が居住してるのです。親と娘が一緒に使用してるのです。
親が家を壊してしまったので、修繕したら、娘に贈与税がかかるなどと言う話はおかしいでしょ。
娘の車を、親が乗り回してて、調子が悪いからと修理したら、贈与税が発生してしまうことになります。
娘は「なんでぇ。お父さんが車壊したんでしょ。修理代はお父さんが出してよ。え?俺が金を出すと贈与税がかかってしまうって。馬鹿な言い訳してないで、お父さん、修理しておいてね」
と言うでしょう。それと同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

論理的にご説明頂きまして、ありがとうございました。

前に税理士と話した時も、自分の財産になるようなもの以外は、
贈与として指摘されない場合が多いと聞いたことがあったのですが、
色々な場面が出てきて その都度確認しながら
生活しております。

今回は100%白とは言えないかもしれませんが、納得できるご説明を頂きまして
感謝しております。

今後も機会をみて、いろいろ相談をさせて頂きながら
生活していきたいと思います。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2017/03/15 08:30

>生活費はほとんど父に出して貰って…



夫婦や親子は相互に扶養義務があり、日常生活に必要最小限のお金をやりとりしても、税法上の贈与にはなりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4405.htm

しかし、

>家の屋根の修繕や壁の防水作業が必要(各50万?)…

住居まで日常生活に必要最小限とは言えません。
家はなくても借家に住めば良いからです。
したがって、これは親から子への贈与と判断されてもおかしくはありません。

とはいえ、父もその家に住んでいるのなら、杓子定規に言えば父は家賃を払わなくてはいけないことになります。
親子が一つ屋根の下に暮らしていて家賃を払うなんてことは通常ありませんし、家賃代わりに修繕費を払ったと主張することもできるでしょう。

ということで、父もその家に住んでいる以上、贈与税の問題は出ないと思いますよ。

>贈与は毎年110万はもらっています…

生活費のほかにもらっているという意味ですか。
もしそうなら、これは要注意です。

毎年毎年、基礎控除以下の贈与を繰り返していると、一度にまとめて贈与があったと解釈されることがあります。
「連年贈与」と言います。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402_qa.htm#q1

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々アドバイス頂きましてありがとうございました。

住宅の補修は微妙な線ですね。
何十万の時は私が払うようにした方が無難かもしれません。
どうもありが゛とうございました。

お礼日時:2017/03/11 21:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング