スキーでコブ斜面を滑りにいろいろなスキー場に滑りに行きます。ノルン水上のAコースは上から下まで綺麗に一気に滑れますが、尾瀬岩鞍のぶなの木コースは両足も乱れ、後傾気味で3回程度止まらないと滑れません。 両コースの斜度や長さは同じ位です。要因や練習方法のアドバイスがありましたら、お願い致します。

A 回答 (1件)

斜度や長さが同じくらいでも、コブの深さとピッチ(距離)が違えば、おのずと滑るタイミングは違ってきます。


後は、雪質ですね。
柔らかいか、硬く擦れているかで、これまた全然違ってきます。

コブの滑り方は、大まかに3種類ありますね。
溝に先落とししていく、完全に縦のモーグル的滑りと、
先落としはするけれど、溝でずらしを入れて減速させる滑り、
バンクを舐めるように滑る方法。

上手い人は、どの滑りも練習して、どんなコブにでも対応できるようにします。
モーグル競技の人は、完全に縦の滑りのみを追求しますが、
フリーランでコブも行く人は、いろんな滑りをやってみています。

参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスいただき、ありがとうございます。
確かに、ノルンは雪が柔らかく、ピッチが規則的なのに対し、岩鞍は硬く、ピッチが長いように思います。ピッチが長い分、スピードが出て、制御が難しいようです。
先落しが不十分で、コブにテールをあて、調整していると感じます。
先落しの練習方法、コツがありましたら、お手数ですが、ご教示をお願い致します。

お礼日時:2017/03/14 22:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコブ斜面の滑り方

大体ハンターマウンテンのコブ斜面(FDRコース)で練習をしています。
このコースは斜度が余りなく、転ばないで何とか下まで滑れます。
ただ、自分滑りは結構えぐれた溝の壁にスキーをあて、吸収動作でコブを越える形で、スー・ドン・スー・ドンという感じとなり、結構、体に衝撃もきます。(スーはえぐれた溝と溝の間の滑りで、ドンはえぐれた溝にあてて吸収する部分)
上手い人の滑り方、ラインとは少し違うように思いますが、いかがしょうか。
後傾の為、滑らかなターンができていないようにも思います。
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

私も以前そのような滑りをしていて、コブを一時間ほど滑ると次の日ひどい腰痛に悩まされていました。
それで、現在はなるべくバンクを使った滑りにしています。
この滑り方だとほぼ吸収動作無しで滑っても、膝や腰に負担がありません。
イメージとしてはコブの底から横向きにスタートし、
次のコブのできるだけ高い位置を目指して板のトップを向けます。
そのままコブの外へ飛び出すつもりで(スピードは控えめにして本当に飛び出したらNG)
コブの目一杯端っこを滑ります。
ブッシュや土が出ているコブを滑るつもりで、必死でそれらを避けるとイメージするとよいと思います。
コブの中はすり鉢状になっているので、横方向にトップを向けていても、
ハーフパイプのように必ず谷側方向から反対の横方向に向いて板のトップが向いてきます。
板が回ってきたら、最初に戻って次のコブのできるだけ高い位置を目指すだけです。
ポイントとしてはストックをできるだけ長い時間突き、ストック支点で体を回すようにするとよいです。

基本的にこの滑り方はコブをコブとして考えない滑り方ですので、
コブの一番えぐれた部分は見ないようにイメージするとよいと思います。

言葉での説明は難しいのですが、
茶碗を二つ並べて少し斜めに置いてみてください。
この時、茶碗の縁に指を滑らせるのがバンク、
茶碗の縁から底そして縁という風に滑らせるのが質問者様の滑り方だとイメージするとよいと思います。

付け加えておきますが、バンクの滑りは溝コブに対して有効ですが、天然コブにはあまり向いていません。

私も以前そのような滑りをしていて、コブを一時間ほど滑ると次の日ひどい腰痛に悩まされていました。
それで、現在はなるべくバンクを使った滑りにしています。
この滑り方だとほぼ吸収動作無しで滑っても、膝や腰に負担がありません。
イメージとしてはコブの底から横向きにスタートし、
次のコブのできるだけ高い位置を目指して板のトップを向けます。
そのままコブの外へ飛び出すつもりで(スピードは控えめにして本当に飛び出したらNG)
コブの目一杯端っこを滑ります。
ブッシュや土が出ているコブを滑るつ...続きを読む

Qホワイトワールド尾瀬岩鞍のレンタルについて

らのスキー場、レンタルにウェアなどはあるのですが、ゴーグル、グローブ、帽子などの項目がどこにもないのですが・・・・もしかしてレンタルしてないとかなんでしょうか?購入する場所はあるのでしょうか?
だれか知ってる人おりませんでしょうか?

Aベストアンサー

小物類は紛失なども多いですから、レンタルしてる所は少ないと思いますよ。

売って居ますが、値段は高いです。
たまに安いゴーグルと手袋などをセットにして売って居る所もありますが、それもほとんど見かけません。
手袋で5000円程度から、ゴーグルも同じくらいからと言うのが一般的ではないでしょうか。
事前にスポーツ用品店などで購入されたほうが良いかと思いますよ。

Qスキー、えぐれたコブの滑り方

スキーでコブを滑りますが、コブの中でもコブの溝が船底のようにえぐれている、言い換えますとコブの裏(横滑りでずらす面)が切り立ったコブが上手く滑ることができません。
ビビッて後傾になっていることが原因と思われますが、上手く滑るコツがありましたら、是非教えて下さい。お願い致します。バンクターンも外側の面が切り立っていて難しいところです。

Aベストアンサー

言葉でスキー操作が説明できればスキースクールはいらないし、本を読めば誰でも上級者。
難しいところですね。

スキーで後傾は全てNGなのでなんとか克服してください、後傾の原因は沢山あるので原因が特定出来にくいんです。
モーグル的な滑りは別として、イメージ的にはコブの腹を滑ることです。
ストック付くポイントは、コブのトップを目指すのも良いと思います。
視線は滑ろうとする次のコブです。
コブの腹を横切りコブの向こう側でスキーをずらしてスピードを制御し、スキーが真横になる前に次のコブへ移ります。
最初はゆっくりでいいのでスピードコントロール出来るようになったら徐々にスピードを上げてゆきます。
理想は谷まで落ちないこと、谷まで落ちると上下運動が大きくなるのでショックが吸収しづらくなるしスキーが跳ねると制御できなくなります。
上手な人ほどスキーを落とさないので体が上下しません。
デモレベルになるとトップの僅かなスペースでターンとスピードコントロールするので、落ちているほどのスピードでも体はわずかに上下するだけです。

やっぱり文章ではキツイです。

Qコブの滑り方を教えてくれるスクール教えて。

スキー暦は長いのですが、コブがさっぱりうまく滑れません。
本を読んだり、ビデオを見たりして色々研究したのですが、実際にコブ斜面に立つと、びびって後形するは、ルートは飛び出すはで、散々な状態で降りています。
何とか今シーズンこそ、コブを攻略したいので、コブの滑り方を教えてくれる良いスクールを教えてください。
私自身は中年のスキーヤーで中学生の息子と一緒に学べるようなおすすめのスクールがありがたいと思います。スキーの腕前は息子も私も3級と2級の間くらいだと思います。

Aベストアンサー

新潟県の者ですが、浦佐スキー場がお勧めです。
新潟県南魚沼市にある大変小さなスキー場ですが、
スキースクールの質は高く、カリキュラムも豊富で、各レベルに合わせた授業を実施しています。
スキー場自体の規模は短いリフトが一本と庭のようなスキー場ですが、
それゆえにスキースクールの充実に力を入れ国内有数と言ってもいいくらいのスキースクールに育てました。
例年小雪に悩まされてきましたが、今年は雪も十二分にあります。
スキー場自体は小規模ですが、スキースクールのためにレッスン用にコブ斜面もきっちり作ります。

交通手段は上越新幹線の浦佐駅前です。
お車でしたら関越自動車道六日町インターから20分弱、ETCをお持ちでしたら
六日町の先の大和PAからも降りれます。

スキー場とは関係ありませんが、3月3日には日本三大奇祭の一つと言われている
「毘沙門堂 裸押し合い祭り」もあります。
よろしければこちらも参加なさっては?

Qこぶ斜面の滑り方

 急斜面のコブをすべる時、どうしても後傾になり、スキーがいうことを聞きません。誰かコツを教えてください。特にあの゛怖さ゛から克服できるコツとは?
因みに、スキーは10年前のケスレーをいまだ使用しております。

Aベストアンサー

こんばんはまたメールします。
今度は感情面についてです。
人間は意志では、感情をコントロールすることはできません。怖いものは怖いのです。やはり技術(コントロールする力)を身に付ける以外はありません。怖いながらするしかないわけですが、スピードに慣れるには、こぶ斜面をパラレルターンで飛ばしてみるのもいいかもしれませんよ。こぶの頂点を2・3個跳んでみる、ちょっとオーバースピードになっても切れあがって山に登っていけば必ずスピードは落ちるのですから・・・。
小回りでも、腰が引けてしまったときのリカバリーをどうするか確実に出来る方法を身に付けることが大切で自信になります。前にも書きましたが体の後方にストックを突いて一気にまわしてしまうなどさまざまです。内足ですべる練習も取り入れられてはいかがでしょう。リカバリー能力は高まるし、チャールストンは滑っていて楽しい!

人からのアドバイスや本で読んだ事も、人によって受け取り方・感じ方が違うので、信用しすぎないようにしましょう。
 上半身のひねり・戻しは、こぶをすべるとき必要です。私は、上体を振る意識をもって先行動作をしています。
 ストックなしで早い小回りターンをしてみてください。うまく行ったなと思うとき、どんな感覚・身体操作をしているのでしょう。きっと私とは、違う意識でされていると思います。

こんばんはまたメールします。
今度は感情面についてです。
人間は意志では、感情をコントロールすることはできません。怖いものは怖いのです。やはり技術(コントロールする力)を身に付ける以外はありません。怖いながらするしかないわけですが、スピードに慣れるには、こぶ斜面をパラレルターンで飛ばしてみるのもいいかもしれませんよ。こぶの頂点を2・3個跳んでみる、ちょっとオーバースピードになっても切れあがって山に登っていけば必ずスピードは落ちるのですから・・・。
小回りでも、腰が引けてし...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

おすすめ情報