AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

英会話の授業で「so far」を読んだところ、外国人講師から「あなたのfarはfurに聞こえる」と指摘を受けました。その後、講師と何度かこの二つの違いを練習したのですが、最後まで講師からは「furに聞こえる」と言われてしまいました。講師によると、舌の使い方が違うらしいのですが、どう違うのかまでは理解が出来ませんでした。

この二つ単語の発音のコツを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

日本語の「あー」が、ほぼ、Farの「a:」です。


口をおきくあけ、舌を下げる日本語の「あ」です。
多分、Fの音でした唇をかむので、そのまま口が開かず、舌が中間点になっていると思います。
口を開けることを意識してください。

Furは、歯をかみ合わせて、舌を上げるとこの音になります。
はっきりと発音せず、Fの口と舌の位置から、「あ」と「お」の中間のあいまいな音を出します。
むつかしければ、歯をかみ合わせて「あ」と言えば通じます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たしかに、Fを発音した後なので、口が半開きの状態になりがちですね!そのためfurに聞こえてしまったのかもしれません。口を大きく開けることを意識してみようと思います。

お礼日時:2017/03/13 11:13

er


ir
ur
以上は一緒の発音

"ar" は英語らしくと頑張ろうとしないでそのまま日本語の「あー」と発音したほうが近いです。

たとえば "party" これをアメリカ英語で発音しようとするならば日本語で「ぱーりー」と言うほうが下手に英語を意識して読むより伝わったりします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

日本語の「あー 」の発音であれば、出来そうな気がしてきました。アドバイス、ありがとうございます。

お礼日時:2017/03/13 11:19

日本で育った日本人が、どんなに頑張っても、50年アメリカに住もうが、ネーチャと同じ発音などできません。

自分の耳で聞き取れないこと、発音しようとおもっても、できっこないです。

相手が聞いて発音でたらめでも、理解してあげようとする気持ちを起こさせる雰囲気を作るのが、海外でも問題なく住める条件です。

海外で、日本語が問題なくでき、ネーチャと同じように話せる人なんか、あったことなしです。大阪弁英語もおれば、九州弁英語で伝えさせています。ネーチャと同じように話せる人は、今度は日本語発音が、かなりお粗末になっています。

そげな小さなつまらんことのコツなど気にしない、気にしない。要は相手の言ってることが理解できて、自分の言いたいことを発音もめちゃくちゃ、文法もめちゃくちゃでも、通じさせればいいんです。

海外生活50年を超し、50ヵ国以上の国で暮らしている爺さん意見です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、たしかに雰囲気作りも大事かもしれませんね。
ただ、私の発音はまだまだ真の英語からは遠すぎるので、できる限り海外の人に通じる発音を習得できればと考えています。
ありがとうございました!

お礼日時:2017/03/13 11:17

ふつうに「ドレミファ」の「ファ」を長めに言えばいいだけなんですけど(と、「ドレミの歌」でも教えています)。

soにつられて、口を縦に開けられないでいらっしゃるのかな。「so far」なら「ソファ」を長めに言うだけなんですけどね。「ソーファー」です。Rは発音しなくてもいいですよ。イギリスではこの場合、Rを発音しません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすいたとえをありがとうございます!
rは発音しなくてもいいんですね。参考にさせていただきます。

お礼日時:2017/03/13 11:14

Far = fάɚ(米国英語) fάː(英国英語)


Fur = fˈɚː(米国英語) fˈəː(英国英語)



恰好の動画がありますので、そちらで。前者は口を大きく開ける。後者は閉じ気味で。音的には前者は抜ける感じ。後者は籠った感じ。

慣れるしかないですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

映像を教えてくださってわかりやすかったです!
日本語にはない発音の違いなのでなかなか難しいですね。練習してみます!

お礼日時:2017/03/13 11:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q時や条件を表す副詞節でwillが出てくる理由

英会話の授業で、講師が以下の文章を書きました。


It is very dangerous if they will meet an accident.
このフレーズは、ヘルメットをかぶらずにバイクにに乗っている人たちの絵を説明する中で、出てきたものです。

ここで一つ疑問がわきました。時や条件を表す副詞節の中では、willを使わないと習ったような気がするのですが、なぜここではwillが出てきたのでしょうか?

Aベストアンサー

> the situation or action depicted in the if-clause is a result of the main clause
というのは、私が #3 や #6 で説明したことに他なりません。

ジーニアスで「あらかじめ」と説明されていることであり、
主節の未来のことから、さらに未来にむかって「~しそうなら」ということです。

Qネイティブの英語

you are more in touched with your emotions.

ネイティブの方が仰っていたのですが、これはどういう意味でしょうか。

Aベストアンサー

・you are more in touch with your emotions (than your reasons).
 →「あなたは(理性より)感情に寄り添っているんだね」
 ⇒「感情的だね」「感受性が豊かだね」

西洋で感情を比較する場合は理性が引き合いにされているのが一般的だと思います。この言葉のみでしたら良くも悪くもどちらでもなくただ指摘しているともとれるので文脈によりけりじゃないでしょうか相手の方が何を言いたかったかは。

QAll audiences should be slightly off balance.

Richard Thompsonという方の言葉です。

訳と意味を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「観客ってのは常に驚かされているべきなんだ。」みたいな…?

つまり観客が持ってくる先入観とは別の物、つまりギャップを与えないとよくない、つまらない、のような意味でしょうか。

英語の意味はわかって(ると思って)も日本語でってなるとわからないもんですね。"off-center", "keep them on their toes" など英語では思いつくのですが…

因みに文脈がないと英語でもさっぱり意味がわからないです(笑)

Qなぜ、日本の英語教育では「アブクド読み」を教えなかったの?

アルファベットの読み方についてです。
日本で育った日本人のほとんどは、学校で、ABCD・・をエイビシーデーと教わり覚えたと思います。

最近、たとえばNHKの英語番組などでも、
エイビシーデーはABCDの「名前」であって、「読み方(音)」ではない。読むときの音は「アブクド・・・」である。ただし、いくつかの例外はある。

といった解説をしています。
ネット上の英語教材でも、「日本人が英語が話せない理由、それはアルファベットのホントの読み方を知らないから」などというキャッチコピーを見かけます。

中学校での英語教育がいつ始まったのか知りませんが、どうして最初から「アブクド・・・」を教えなかったのか、不思議です。
教育内容は、英語専門家が集まって決めたと思います。専門家でさえもアブクド・・というアルファベットの「読み方」を知らなかったのでしょうか?

中一の時、
I am a boy. はなぜ、アイ エイム エイ ボーイ じゃないの? hatはなぜヘイティじゃないの?エイビーシーデーを一生懸命覚えたのはなんだったの? 
と疑問に思ったことを思い出しました。

最初から「読み方は、アブクド・・・」と教えてくれていたら、そんな疑問も抱かずに、スルっとマルっと英語を読めたかもしれないのに、と思います。

アルファベットの読み方についてです。
日本で育った日本人のほとんどは、学校で、ABCD・・をエイビシーデーと教わり覚えたと思います。

最近、たとえばNHKの英語番組などでも、
エイビシーデーはABCDの「名前」であって、「読み方(音)」ではない。読むときの音は「アブクド・・・」である。ただし、いくつかの例外はある。

といった解説をしています。
ネット上の英語教材でも、「日本人が英語が話せない理由、それはアルファベットのホントの読み方を知らないから」などというキャッチコピーを見...続きを読む

Aベストアンサー

私の想像でしかないのですが、フォニックスルールで単語を読めても意味は分かりません。既に耳で聞いて意味を知っているなら良いですが、そうでないとアルファベットの塊でしかないので、意味と読み方とセットで覚える仕組みなのかなと思います。

私は子供に英会話を教えていました。もちろん、このフォニックスルールも教えました。リスニング問題を解く前に、英語が苦手な子もいたので、あらかじめ情景など一緒に確認することがありましたが、ある時、登場人物の名前を読ませたら、4人のうち3人が外国人の名前、一人が日本人で「Hide」。これを、迷わずに「ハイド」と子どもたちが読んだときは、フォニックスルールの素晴らしさを実感しました。本当は「ヒデ」なのですが、ルールに則ると「ハイド」(英単語としても「隠す、隠れる」という意味がある)と読みます。

ただ、フォニックスを知っていても全ての英単語を読めるわけではありません。中学校でもフォニックスを教えるようになったと思うのですが、どうせ教えるならば発音記号の方が後々役に立つと思うのです。高校から使う辞書は発音記号しか載っていないので。今は電子辞書やネットで音声で調べられるので知らなくても良いかもしれませんが、それを言うとフォニックスもしなくても良いような...

どちらを教えるにしても、正確(それに近いもの)に発音して教えられる教師がどれほどいるのかが問題だと思います。

私の想像でしかないのですが、フォニックスルールで単語を読めても意味は分かりません。既に耳で聞いて意味を知っているなら良いですが、そうでないとアルファベットの塊でしかないので、意味と読み方とセットで覚える仕組みなのかなと思います。

私は子供に英会話を教えていました。もちろん、このフォニックスルールも教えました。リスニング問題を解く前に、英語が苦手な子もいたので、あらかじめ情景など一緒に確認することがありましたが、ある時、登場人物の名前を読ませたら、4人のうち3人が外国人の名前...続きを読む

Q事故にあったをmet an accidentとは言えないような気がするのですが?

例えば「私は事故にあった。」は、I had an accident.か、I met with an accident.ですよね? I met an accident.とは言いませんよね?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

言わないと思います。僕の持っている紙の辞書で調べたところ、"meet with an accident" で "meet an accident" は☓と明記されていました。

Qここぞと言う時だけネイテブ英語(発音&語法)を喋れる人って一体どういう頭をしているの?

普段は人一倍日本語訛りが酷くて、文法も「中学生からやり直せ!」って感じなのに、本当にここはビシッと決めないといけない「ここぞ!」って時だけは、「アメリカ生まれですか?」と言いたくなるほど発音、喋り方、語法と、完璧になる人がいます。

今までの人生で1人しかこんな人には会ったことありませんが、こういう人って意外といるものなのでしょうか?

なぜ英語力がネイテブになったり下手になったりするんでしょうか?

黒人が標準英語喋れるけど、「それは自分らしくないからしゃべらない」みたいな感じなのか、短時間だけ極限の集中力を発揮する人なのか? 一体どうなってるのでしょうか???

小心者なので、本人に面と向かって聞けません。

どなたか、こんな人が身近にいる方、、もしくはご自身がこんな感じの人の方、どうなってるのか教えてください。 よろしくお願い致します。

*実体験に基づき書いています。嘘じゃありません。

Aベストアンサー

#4にいただいたお礼を拝見しました。たぶん、訛っていて文法が怪しいほうのパターンが、そのかたには楽なのではないでしょうか。一方で、気をつけて緊張して頑張れば、きちんとした英語を話せるのでしょう。

いわば、前者が方言や俗語だとしたら、後者はアナウンサーが話す標準語。後者は、万人に正しく意思を伝達するためにデザインされた話し方です。それをそのかたはご承知のうえで、初対面の人や不特定多数の人に話す時や、より正式な場では後者を使うのでしょう。しかし、ある程度の信頼関係ができたり、「この相手には、この程度でも通じそうだな」ということがわかってきたら、楽な前者に移るのでしょう。程度の差こそあれ、そういう人はわりといますよ。うーんとわかりやすく言うと、正式な場では「わたしくしは何々でございます」と言い、友達とは「で、あたしって、何々じゃんか」と言うようなものです。

>おそらく回答者様の場合は、ゆっくり喋る人にはゆっくり話す、早口の人にはテキパキと話す、くらいの変化だと思うのですが、、、。

それもありますが、うんとわかりやすい例を言うと、英語の車内アナウンスで「The next stop is Shibuya.」と言っているのを耳にしますよね。あれを私は「The next stop is 渋谷」とはなかなか言えません。どうしても「The next stop is しぶ~やぁ」になってしまいます。同様に、バイリンガルな英米人もいる場で日本語で話していて「あの映画の原題ってMidnight Cowboyでしょ」とは言えません。どうしても「みっどないとかうぼーいでしょ」になってしまいます。でも頑張れば切り替えられます。ただ、今回のご質問の例は、そういうこととは少し違っていたようですね。

#4にいただいたお礼を拝見しました。たぶん、訛っていて文法が怪しいほうのパターンが、そのかたには楽なのではないでしょうか。一方で、気をつけて緊張して頑張れば、きちんとした英語を話せるのでしょう。

いわば、前者が方言や俗語だとしたら、後者はアナウンサーが話す標準語。後者は、万人に正しく意思を伝達するためにデザインされた話し方です。それをそのかたはご承知のうえで、初対面の人や不特定多数の人に話す時や、より正式な場では後者を使うのでしょう。しかし、ある程度の信頼関係ができたり、...続きを読む

Q帰国子女の英語は薄っぺらいと言う先生に、もしも反撃として教科書にはない表現を使ったらは添削できるの?

何度か元英語教師の方が「帰国子女は、確かにペラペラだけど、まるでカンナクズのように薄っぺらいペラペラなのな。 流暢なのと、ネイテブをうならせるほどの立派な表現ができるかは別!」と自慢げに言うのを聞いた事があります。 

しかし、最近ふと思いました。 もしかしたら逆に帰国子女が先生のプライドをぶち壊して、成績にひびかないように、卒業まで嫌がらせを受けないために、あえて簡単な表現を使っていたのかもしれないと。

そこで質問です。 もしも下記のような英語を「テスト/宿題」で書いた場合に、先生はちゃんと添削できるのでしょうか?

テスト/宿題として、「旅先から友達に英語でメールを書いてみましょう。」

Hi, 〇〇(友人の名前)

I am here in New York. Made it in one piece. It's been a while since I've been back and it's a little weird, to be honest. The memories are hard to keep down. I wish you were here but I understand you wanting to sit this one out having just gotten back. If I get the time I will head down to Manhattan to see my friend △△.

Cheers

**(本人の名前)

中学生、高校生でも習う単語ばかりですが、英和辞書によってはここで使われているイデオム自体が載っていないのも混ぜておきました。もしかしたら、間違い英語とか言われちゃったりするのでしょうか?

よろしくお願い致します。

*そもそも生徒に面と向かってこんなことを言う先生はいないので、反撃する帰国子女もいないでしょう。 たまたま話を聞いた質問者の脳内に湧き出た妄想のもしもの話です。

何度か元英語教師の方が「帰国子女は、確かにペラペラだけど、まるでカンナクズのように薄っぺらいペラペラなのな。 流暢なのと、ネイテブをうならせるほどの立派な表現ができるかは別!」と自慢げに言うのを聞いた事があります。 

しかし、最近ふと思いました。 もしかしたら逆に帰国子女が先生のプライドをぶち壊して、成績にひびかないように、卒業まで嫌がらせを受けないために、あえて簡単な表現を使っていたのかもしれないと。

そこで質問です。 もしも下記のような英語を「テスト/宿題」で書いた...続きを読む

Aベストアンサー

なるほど~。後だしはよろしくないですよ(笑)
旅先から友人に書くただのメールではないので前提条件がそもそも全然違います!

>>>以前日本でカルトみたいのに関わっちゃった人

ここ大事ですよ!「わーい!またきたよ♪」じゃなくて「わー…またきちゃった…」なのでそこかしこのニュアンスはかわりますから!


>I'm here in Tokyo. Made it in one piece.
 過去にあまり嬉しくない出来事がおきた場所に戻ってきたので「ここ、東京に」と強調表現が使われているのだと思います。
 また、前回の日本への旅が無事に済まなかったので「とりあえず無事だよ」報告をするのは当然です。


>It's been a while since I've been back
 ここは "I've been back here" の "here" が省略された文章かなとは思いました。個人的に紛らわしいので "I've been back here" と "here" を入れますが人によっては入れないのでしょうね。

>and it's a little weird, to be honest.
 「ちょっとなんだかな…」とあまりテンションの高くないメール内容なのでぽつりぽつりと小出しに語ってる感を出すには "and" のほうが確かに有効です。嫌な思いもしたこともあり "weird" も合ってますし、また "to be honest" 「本当を言うとさ」と言うのも大げさな表現にはなりません。「(あんまり口にしたくないけど)本当のこと言うとなんかちょっと(よくない意味で)変な感じ」なので。

>The memories are hard to keep down. I wish you were here
 そりゃそうですよ!

>but understand you wanting to sit this one out having just gotten back.
 ここで "sit this one out" の表現は納得できます。ただの一人旅と言うよりは確かに『参加しない』と言う選択肢を選ばせるイベントのようなものなので。
 ただの個人のレジャー旅に参加するしないの話は変ですがレジャーではなく「誰かに付き添ってもらえたら嬉しい」旅なのでそれに対して「参加をしない、できない」と表現するのは自然です。
 また、この言い回し自体が「説明文すぎた」と書きましたけど、普通のメール文にしてはくどいと感じます。ただ書き手が意気消沈した状態と考えるとこう言ったくどい言い方のほうが若干鬱屈した感じが出るので雰囲気は出していると思います。

 "just gotten back" は日本から戻ったのでなければ "gotten back" であっています。

> If I get the time I'll try and head down to Kyoto to see △△

 補足にある写真の文章ですが "I'll try and" も文法が間違っています。(よっぽどここ最近であまりにも使われすぎてこの表現が正しいとかなってなければですけど)"I'll try to" が正しいです。

 "If I get the time" は何なんでしょうね…
以下グーグル検索結果数です。

 if I have the time 約 215,000,000 件
 if I get the time 1 件

 when I have the time 約 228,000,000 件
 when I get the time 約 107,000,000 件

 if I get the chance 約 25,600,000 件
 if I have the chance 約 56,900,000 件

 when I get the chance 約 28,400,000 件
 when I have the chance 約 62,800,000 件

"If I have the time" があるのですから "If I get the time" も普通にありそうなんですけどね…

個人的な感想ですけれど "I get the time" だと「自ら時間を作る」と言うニュアンスがもしかしたらあるのかもしれないです。そうすると "if I get the time" が「もし時間を作ろうと思ったら」みたいなニュアンスになるからあまり言わないのかなぁと。あと "if" をきちんと使う人は "have" を使う傾向があってあまりスラングを使わないので "if" と "I get the time" をあわせた表現があまり使われないのかもしれないですね。

あと本当に個人的な感覚ですけど "when I get the time" と聞くとなんかやる気なさそうだなぁと思います。 "when" なので「やる」と宣言している筈なのに "if" に、しかもやらないだろうな、と思わせる "if" に感じるんですよね。"get the time" が丁寧な表現ではないので勝手にそう感じるのかもしれませんが。でももしそのようなニュアンスで "when I get the time" が使われているとしたら "if I get the time" は確かに必要のない表現なんですよね。

とは言え結果を見てからのこじつけの理由ですけど!

まぁでも個人的に "get" を使った場合の一番納得のいく組み合わせは "if I get the chance" と "when I get the time" なのでそれ以外はあまり使おうと思いませんね~。地域差だったり今まで読んできたものの影響で偏った感覚だとは思いますが(笑)


あと、"I'll try and" など現地人のあるある文法ミスなどが見られるのでその本自体あまりきちんとした文章で書かれていないのかもしれないですね。日本でもたとえばラノベなどを正しい日本語の文章のお手本としないように、英語の本でもきちんとした文章で書かれたものとそうでないものがあるのでその差ではないでしょうか。

なるほど~。後だしはよろしくないですよ(笑)
旅先から友人に書くただのメールではないので前提条件がそもそも全然違います!

>>>以前日本でカルトみたいのに関わっちゃった人

ここ大事ですよ!「わーい!またきたよ♪」じゃなくて「わー…またきちゃった…」なのでそこかしこのニュアンスはかわりますから!


>I'm here in Tokyo. Made it in one piece.
 過去にあまり嬉しくない出来事がおきた場所に戻ってきたので「ここ、東京に」と強調表現が使われているのだと思います。
 また、前回の日本への旅が...続きを読む

Q英語の学習も半分は国語の勉強?

小学校からの英語教育も始まりましたが、キチンと生徒に英語を教えられる教師が十分に養成されないうちに実施されたので、先走った感じは否めませんよね。
さて、このカテでも英語の早期教育が話題に上ることがありますが、
「外国語を覚えるのは 早いほど頭も柔軟だし、呑み込みもいい。」
とか、
「英語耳を作るには早いほどいい。大きくなってからだと 英語の微妙な音の違いを区別するのも難しくなる。」
というのは よく聞かれます。
しかし、否定的な意見の方が若干多いように感じられました。
中でも特に目を引いたのは次の二つの意見です。

「日本の英語の学習は半分は国語の勉強でもあるんです。なぜなら、辞書で適切な訳語を選び、日本語の論理に合うように訳文を組み立てるのは日本語力に他なりませんが、これは学校の教科としての国語ともベクトルが違うものです。それよりも、国語の方が 作者の考えに同調するとか、教師たちが用意した模範に沿った感想を出せるかとか、日本語力以外の要素が加わり、むしろ、 英語の方が日本語力を計るバロメータになる部分もあります。また、小説全体の趣旨を汲み取るというのは国語と英語に共通している部分ですが、やはり国語力が土台になっています。」

「小さな子供に英語を教えてるのは、スピードスケートにたとえれば、まだよちよち歩きの段階でスケート靴を履かせて氷の上で遊ばせるようなもので、仮に小学校からスケートの授業があるとして、最初のうちは、みんなよりスイスイ滑れるでしょうけど、徐々に
駆け足で足腰を鍛えた子供たちからは追い越されてしまいます。」

両意見とも妙に説得力があり納得させられる部分もありますが、何か少し違和感も感じます。

そこで質問です。英語は子供にどのように教えるのがベストなんでしょうか?

小学校からの英語教育も始まりましたが、キチンと生徒に英語を教えられる教師が十分に養成されないうちに実施されたので、先走った感じは否めませんよね。
さて、このカテでも英語の早期教育が話題に上ることがありますが、
「外国語を覚えるのは 早いほど頭も柔軟だし、呑み込みもいい。」
とか、
「英語耳を作るには早いほどいい。大きくなってからだと 英語の微妙な音の違いを区別するのも難しくなる。」
というのは よく聞かれます。
しかし、否定的な意見の方が若干多いように感じられました。
中でも...続きを読む

Aベストアンサー

私は、しっかりと日本語が使えるようになってから、英語を学ぶべきだと思います。だからといって、英語を教えるなというわけではありません。実際、英語が身近にいっぱいあふれていますから、子供たちをそれから隔離しろといっても不可能です。その環境(たとえば、身近に英語を話す人がいるとか、英語の楽曲が好きで聞いているとか)に応じて、自然に英語も日本語も身に付けていくようにするのがいいのだろうと思います。教えるという言葉には、強制するというニュアンスが付いて回ります。それは避けるべきだと思い、自然に入ってくる環境ならば、それは好ましいけれど、無理はするべきではないということです。

現実問題として、日本語のあふれている環境において、英語がネイティブのようにできるはずはありません。言葉は、紙の上で、あるいは教材によって習得できるものではないと思います。それが用いられたときの状況などからその言葉の意味(表面的な意味だけでなく、本当に言いたいこと)を理解して、身に着けていくものだと思います。文化を含め、一体として理解できるようになるには、それなりの成熟が必要だと思います。

われわれは、日本語同様に英語が自然に話されている環境にないわけですから、早くから英語を教えても、せいぜいのところ表面的な意味だけしか教えられません。覚えられる量に限界があるとすれば、英語も日本語もと、欲張ってやっていると、虻蜂取らずになって、下手をすると日本語についても、表面的な意味だけだと思ってしまう可能性があるように思います。なんとなく、言外の意味(本当に言いたいこと)を理解しない人が多くなってきているように感じるのは、英語の早期教育の所為ではないかと思いたくなります(今の問題からずれました)。

ということで、早くから英語を教える必要はないと思います。それよりしっかりと日本語を身につけ、後に英語を学んだときに異なる文化、考え方があるのだということを理解して身につける努力をする方がいいと思います。

英語の発音、聞き取り能力については、喉や耳が日本語の音声に特化する前に話したり、聞いたりするメリットが十分あることも理解します。ですから、その人一人ひとりの環境に応じて対処することが良いと思います。

私は、しっかりと日本語が使えるようになってから、英語を学ぶべきだと思います。だからといって、英語を教えるなというわけではありません。実際、英語が身近にいっぱいあふれていますから、子供たちをそれから隔離しろといっても不可能です。その環境(たとえば、身近に英語を話す人がいるとか、英語の楽曲が好きで聞いているとか)に応じて、自然に英語も日本語も身に付けていくようにするのがいいのだろうと思います。教えるという言葉には、強制するというニュアンスが付いて回ります。それは避けるべきだと...続きを読む

Q外国人について

外国人にCan you help meと言うとなぜだか分りませんが嫌な顔をされます。
どなたか教えて戴きたいと思います。

Aベストアンサー

その言い回しは家族や友人など「ごく親しい間柄」で使うものなので、初対面の人やそれほど
親密ではない人に使うと「なれなれしい・横柄な態度」と受け取られるようです。
普段は「Would<Could> you help me?」を使うといいみたいですよ。

http://www.alc.co.jp/speaking/article/question/051001.html

Q英文解釈において相手に勘違いを自覚させる方法ってありますでしょうか?

昨日英文の解釈に関する質問をしました。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9674407.html

All audiences should be slightly off balance.という英文なんですけど、そうしましたら、「この時代の英国 protest folk-rock musicians 達の政治的バックグラウンドや、民族性をも包含している。」だの色々と感動されて、文字通り「須らく観客というものは些かバランスを崩すべきだ」という訳だといわれてしまいました。

そんな解釈なわけはないのですが、そもそも「観客というものは些かバランスを崩すべきだ」の意味が分からなかったので質問しましたら、「既に偶さか思いついた自身の解釈に合致した賛同意見を募りたいだけで、自義に違う、あるいは嗜好を逸脱した判断に対して異議を唱えたいという意図の下に投稿しただけのことでしょう。」とカンカンに怒られてしまいました。

こんな頓珍漢な解釈はおかしいと本人に自覚される方法はないのでしょうか?

まあ、普通は、このoff balanceを、confusedの意味だと解釈するものだと思うのですが。
http://dictionary.cambridge.org/dictionary/english/off-balance

なかなか、意味は分かってもうまい日本語で言い表すのが難しいのでちょっと質問したんですけどね。

なにか、妙案ありましたら宜しくお願い致します。

昨日英文の解釈に関する質問をしました。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9674407.html

All audiences should be slightly off balance.という英文なんですけど、そうしましたら、「この時代の英国 protest folk-rock musicians 達の政治的バックグラウンドや、民族性をも包含している。」だの色々と感動されて、文字通り「須らく観客というものは些かバランスを崩すべきだ」という訳だといわれてしまいました。

そんな解釈なわけはないのですが、そもそも「観客というものは些かバランスを崩すべきだ」の...続きを読む

Aベストアンサー

これか。
http://www.innerviews.org/inner/thompson2.html

A song like that is an opportunity to give the audience some variation. It also confuses the audience. If the audience thinks you’re a serious, slightly doomy kind of a writer, a song like that throws them slightly off balance, which I think is a good thing. All audiences should be slightly off balance.

ここまで読めば、わかるけど、、、
まあ、例の質問は(切り出す範囲が)ちょっといじわるでっせ。

・・・
観客が俺がまじめな、暗いソングライターって思っているところに、こういう曲をぶち込むと、観客は戸惑いを感じるんだ、、、いいことだと思うよ。観客は、ちょっとくらい混乱するのが丁度いいんだ。

まあ、オイラもバカな回答よくするからね、、、なんとなくわかるけど、煽られて、カットきて、さらに恥の上塗りしちゃうこともあるから、まあお手柔らかにしていただけると、助かりますよ。

これか。
http://www.innerviews.org/inner/thompson2.html

A song like that is an opportunity to give the audience some variation. It also confuses the audience. If the audience thinks you’re a serious, slightly doomy kind of a writer, a song like that throws them slightly off balance, which I think is a good thing. All audiences should be slightly off balance.

ここまで読めば、わかるけど、、、
まあ、例の質問は(切り出す範囲が)ちょっといじわるでっせ。

・・・
観客が俺がまじ...続きを読む


人気Q&Aランキング