青色申告で個人事業主です。
報酬の入金が翌年になる場合の処理なのですが、報酬が支払われた時に源泉徴収税額の仕訳をすることはわかるのですが、
その翌年に源泉徴収された金額は、確定申告書のどこに記入すれば良いのでしょうか?
売上時と入金が同じ年の場合は、所得の内訳のページに源泉徴収税額が入力ができて、申告書の還付金や納める税金が記載されるところに反映されますよね?
売上が前期の源泉徴収額が反映されておらず、少ない額になってしまっているのですが…

色々と、この辺勘違いしているところもあるかもしれず、変な質問になっていましたら申し訳ないです。
どなたか解るかた教えていただけませんでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    すみません、慌てていて変な質問になっておりました。
    そして自己解決したのですが、どうやら私はすごい勘違いをしていたみたいで、「翌年払いの報酬の源泉徴収税額も、支払われた時に仕訳をする」という言葉から、申告も支払われた年にするのかと思っておりました。

    どうやら違うようで、仕訳は翌年の支払われた時にしたとしても、申告は売上が発生した年に申請(還付するための控除)しなければならなかったみたいです。


    解りにくい質問なのに答えていただきありがとうございました。因みにですが、上記のように「源泉徴収税額を申告書に書くのは、売上のあがった年の申告書で申請する」この認識で合っていますよね?

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/03/13 10:22
  • どう思う?

    私の質問の意味を理解して答えてくださりありがとうございます。また、解説がめちゃくちゃ解りやすくて感動しています。
    >「受け取り報酬の明細」欄の「源泉徴収税額」欄の係数に内書します。

    とありますが、
    私は国税庁の作成コーナーで申告書を作っています。その時に、所得の内訳を入力するところに「源泉徴収税額」を記入するところがあるのですが、それのことでしょうか?そこには源泉徴収が既に支払われたものも含め全て入力しているのですが、これは合っていますよね?

    源泉徴収税額を入力する項目の横に、左のうち未納付のものという項目があるのですが、ここにまだ支払のない売掛金状態の分の源泉徴収税額を記入するってことなんでしょうか?

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/03/16 17:15

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

難しく考えてしまわれたと思います。


決算時には「売り上げ」に計上されている。ただし相手は売掛金。
その売掛金は、決算終了後、つまり翌年に入金がされ、預金と事業主貸勘定にわかれる。
ここで、源泉所得税の納期限はいつなのだ?と考えると混乱してしまいます。

報酬を支払った相手が所得税を預かって税務署に納付するのですから、「こちらは知ったことではない」で良いわけです。

ただ、非常に精密に言いますと「未払い報酬に対しての源泉徴収税額」として内書する規定があります。
平成27年に発生した売上であるが、平成28年3月の確定申告書を提出する段階では売掛金のまま残ってる場合です。
当然に、支払する相手も源泉徴収義務が発生してませんから、報酬を受け取った者は所得税申告書の2表の「受け取り報酬の明細」欄の「源泉徴収税額」欄の係数に内書します。
この額は税務署にて還付留保されます。
源泉所得税として納付がされてないものを、還付しないようにするためです。
内書した源泉所得税に対する報酬が支払いされたときに「源泉徴収税額の納付届出書」を提出して、留保された還付金の支払いを受けます。

現実に確定申告書を出すときにそこまで精密に行ってる者は、実はそれほどおられないように思います。
もらった報酬がいくら、そこから天引きされた源泉所得税がいくらと内訳書を作成してるはずです。

税務当局も「年末の段階で、受け取ってない報酬があったら、源泉所得税について内書して、その後、源泉徴収税額の納付届出書を提出しろ」という指導を積極的にはしてないようです。
還付留保した、納付届出書が出たから還付するという手続きを、繁忙期である3月4月にすることを嫌がってると感じます。
「12月の報酬を、1月に支払った源泉徴収義務者は2月10日には納付するだろうから、無理やりに内書にしなくてもいい」という話なのかもしれません。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

所得の内訳を入力するところに「源泉徴収税額」を記入するところがあるのですが、それのことです。


源泉徴収が既に支払われたものも含め全額記入します。

源泉徴収税額を入力する項目の横に、左のうち未納付のものという項目があるのですが、ここにまだ支払のない売掛金状態の分の源泉徴収税額を記入します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解説ありがとうございました!今まで間違っていたこと、勘違いしていたこと、合っていた部分など、色々認識を確認することができました。
自分が何を分からなかったのかも改めて解る事ができました!

それにしても、「源泉徴収税額の納付届出書」については一応決まりごとではあるけど、税務署的にはあまり乗り気じゃない?みたいな風潮があるんですね。この辺は管轄の税務署にどうすべきか確認をしてこようと思います。

色々教えていただきありがとうございました。

お礼日時:2017/03/16 20:12

売上を上げるのは「売掛金 ・ 売上」で計上されてて、入金があると


現預金 ・  売掛金
事業主貸
の仕訳を起こしておられるわけです。

売上が計上された時には、源泉徴収された所得税は計数に上がってこない。
そこまではご質問者のしてる処理は理解できました。

「売上が前期の源泉徴収額が反映されておらず、少ない額になってしまっている」という一文が難解に感じます。
売上が前期の源泉徴収額が反映されていない、とはどういう仕訳をされているのでしょうか。
「、、が、、の、、、が」は文章的に失礼ながら接続詞の使い方が違うような、はたまた主語が二つあるのか?
「売上が反映されてない」「前期の源泉徴収額が反映されてない」の二つを一文にされてしまっているのか?
冒頭に記した仕訳はしてないという事でしょうか。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告:昨年度売上・今年度入金の源泉徴収

個人事業主です。
22年度の確定申告について教えてください。

・22年12月に売上を計上しました。(売掛)
・23年1月に入金されました。(源泉徴収)
・22年度の支払調書が送られ、それには22年12月の売上に対する源泉徴収額も含まれていました。

この12月分売上は22年度の帳簿に計上していますが、源泉徴収は入金時に帳簿につけるので22年の帳簿には記帳されていません。売掛・未入金の状態で繰越です。

Q1:実際に源泉徴収されたのは23年1月ですが、22年度分に含んで申告してよいのでしょうか?

Q2:その場合、帳簿上の源泉徴収合計額と申告書類の源泉徴収合計額が合わなくなるのですが、よいのでしょうか?

過去ログで同様の質問を探しましたが、ぴったりのがみつからず、質問させていただきます。おそらく専門家には「何を今さら」という質問だと思われます。お恥ずかしいですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

Q1 本来、22年分に含めて申告しなければなりません。
あなたの22年12月の売上は、23年1月だろうが2月に入ろうが、22年の収入ですから。

Q2 その場合は、源泉と確かに合いませんよね。
なので、売掛金にもひとつ仕訳を追加するのです。

事業主貸(源泉税)/売掛金  ○○円

そしたら、1月に入金される額と、売掛金の額は合ってるはずです。
源泉税の22年の合計額も合っているかと思います。

Qフリーランスの年末売上げと翌年入金の源泉徴収の処理はどうするのですか

フリーランス(青色申告)1年目(来年3月初めて申告)です。
11月以降に出す請求書からは入金が1月以降になるものも出てきます。この場合,売上げは年内に計上しますが,源泉徴収は入金の際にされるので,会計処理(および税務申告)はどういうふうになるんでしょうか。

例えば,11月に50万円,12月に50万円の請求を起こし,それぞれ1月と2月に入金(45万円ずつ,源泉徴収がそれぞれ5万円)あったとします。
この100万円は2008年の売上げですけど,支払い先から送られてくる支払い調書にはこの2つは含まれてきませんよね。私がおもいつく処理の仕方は,(10月までの売上げを仮に400万円とし,年末までの合計を500万円としてます)。

1)2008年の売上げを500万円,源泉徴収額を40万円(12月までに入金のあった400万円に対する源泉徴収)として2008年は決算処理して,税務申告する。(1月,2月に入金される100万円に対する源泉徴収額10万円は,2009年度の売上げに対する源泉徴収額にしてしまう)。

ということですが,これだと本当は売上げと税金がずれていますよね。本当は1月,2月に入金された分(それに対する源泉徴収額)も確定申告に際に反映させたほうがいいのでしょうが,過去の経験(アルバイト的にやっていた頃)から,年内の仕事でも入金が翌年だと,その源泉徴収額が反映されるのは翌々年の支払い調書だった気がします。

このあたり,どうもいまから来年の確定申告でどうすればいいのか,どうも面倒な気がしています。実務上,最も簡単なやり方を教えて下さい。

フリーランス(青色申告)1年目(来年3月初めて申告)です。
11月以降に出す請求書からは入金が1月以降になるものも出てきます。この場合,売上げは年内に計上しますが,源泉徴収は入金の際にされるので,会計処理(および税務申告)はどういうふうになるんでしょうか。

例えば,11月に50万円,12月に50万円の請求を起こし,それぞれ1月と2月に入金(45万円ずつ,源泉徴収がそれぞれ5万円)あったとします。
この100万円は2008年の売上げですけど,支払い先から送られてくる支払い調書にはこの2つは含まれて...続きを読む

Aベストアンサー

>フリーランス(青色申告)1年目…

どのようなお仕事でしょうか。
個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されるわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm
個人に対すれ支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。
ご注意ください。

>入金が1月以降になるものも出てきます…

仮に、源泉徴収の対象で間違いないとしても、1月中に源泉徴収額が判明するなら、申告は 2/16 以降ですから、特に問題はないでしょう。

>源泉徴収額を40万円(12月までに入金のあった400万円に対する源泉徴収)として…

青色申告で現金主義の届けを出してあるなら、それでよいです。
一般の青色申告なら、12月に仕事を終えた分は全て当年の売上であり、源泉税の未払い分は未払いとして申告書に書く欄があります。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/02a.pdf
○46 「未納付の源泉徴収税額」

>過去の経験(アルバイト的にやっていた頃…

バイトは給与、給与は実際に受け取って日が基準になります。
事業所得と同列に論じてはいけません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>フリーランス(青色申告)1年目…

どのようなお仕事でしょうか。
個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されるわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm
個人に対すれ支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あ...続きを読む

Q源泉徴収票に載せる源泉徴収税額は、100円未満切捨てですか。

内の会社の源泉徴収票に載っている源泉徴収税額は、1円単位まで載っています。
知り合いの税理士に聞いたら、年末調整をした人に関しては源泉徴収票に載せる源泉徴収税額は100円未満切捨てだと言っていました。
それが決まりで、税法で決まっているのだと。

また、ある人は「昔いた会社では、1円単位まで載せていたよ。そうした方が還付される金額が多くなるから」「別に1円単位まで載せようが載せまいが、それは会社の裁量じゃないですか」「そのことでお咎めを受けたという話は聞いたことがないよ」と言ってました。

どちらの説が正しいのですか。
もし、税理士の言うのが正しいとすれば、内の会社のやり方は間違っていることになります。
間違ったまま放っておいてもいいのでしょうか。

よろしくご教示下さい。

Aベストアンサー

まず源泉税に関する端数処理について

国税通則法第118条2項及び第119条2項
http://www.houko.com/00/01/S37/066.HTM
所得税基本通達181~223共-5
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shotoku/28/01.htm

源泉税は、1円単位で徴収となります。
1円未満は切り捨てとなっています。

>そのことでお咎めを受けたという話は聞いたことがないよ

誤った意見を言われている方は、源泉徴収された税額と年末調整を勘違いされ
ています。
所得税の確定税額は100円未満切り捨てです。
(年末調整では確定していませんが、確定申告しない場合もありますので、
 確定税額と同様の扱いとなります)

【回答】
年末調整において税額は、100円未満は切り捨てます。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/nencho2008/nencho.pdf
国税庁”年末調整の手順と税額の速算表”P5参照
http://www.houko.com/00/01/S37/066.HTM#s9
国税通則法第119条


>「昔いた会社では、1円単位まで載せていたよ。そうした方が還付される金額が多くなるから」「

年末調整をされていない場合、源泉徴収された税額は1円単位ですから、この
場合は1円単位で記載しなければなりません。
この発言をされた方は、年末調整をされていない(乙欄かもしれません)方
なのかも知れません。

>税理士の言うのが正しいとすれば、内の会社のやり方は間違っていることになります。

基本的に、税理士の言うことを信じて下さい。
 ※税理士は、責任をもって発言しています。その発言には責任があります。

まず源泉税に関する端数処理について

国税通則法第118条2項及び第119条2項
http://www.houko.com/00/01/S37/066.HTM
所得税基本通達181~223共-5
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shotoku/28/01.htm

源泉税は、1円単位で徴収となります。
1円未満は切り捨てとなっています。

>そのことでお咎めを受けたという話は聞いたことがないよ

誤った意見を言われている方は、源泉徴収された税額と年末調整を勘違いされ
ています。
所得税の確定税額は100円未満切り捨てで...続きを読む

Q所得税額と源泉徴収税額は同じですか?

所得税額と源泉徴収税額は同じですか?

Aベストアンサー

ほぼ同じですが、状況によって違ってきます。

源泉徴収税額はいわば所得税の分割払いのようなものですので
給与額帯ごとの概算金額です。

年末調整時に、個々人の状況により各種の控除を引いて所得税を正確に再計算します。

通常は、概算の金額のほうが多いため、年末調整後に戻ってくることが多いです。

Q所得税・源泉徴収税額表と実際の天引額が相違

源泉徴収税額表(国税庁発行)をもとに、自分の給与の所得税を
調べたところ、税額表より安く(10円)天引きされていました。

私は、会社で全社員の給与をチェックする立場にありますが、
給与計算自体は他社に委託しており、任せっきりです。
ふと、1月からの改正の反映を確認しようかと自分のを見た時に
相違に気づき、他の社員のも確認したところ、10円から300円くらいの幅で、安く(少なく)天引きされています。
稀に高く(多く)天引きされている場合もありました。
全社員が、いっさい、税額表とは一致しませんでした。

段違い、扶養親族数違いなどではなく、金額が微妙に違うのです。

その所得税額は、毎月、所得に応じて変動してますし、新しい税額表で間違いないです。
表はちゃんと課税対象金額で見ていますし、本当に僅差です。
(健康保険、介護保険、雇用保険、厚生年金、年金基金、課税対象分通勤費 を総額から引いています)

委託先はシステムを組んで間違いない計算を行っているはずなので、
(1月に新しい税額に対応しました、と連絡もありました)
このようなことには理由があるのだと思います。
原因がわかる方、教えて頂きたく思います。

源泉徴収税額表(国税庁発行)をもとに、自分の給与の所得税を
調べたところ、税額表より安く(10円)天引きされていました。

私は、会社で全社員の給与をチェックする立場にありますが、
給与計算自体は他社に委託しており、任せっきりです。
ふと、1月からの改正の反映を確認しようかと自分のを見た時に
相違に気づき、他の社員のも確認したところ、10円から300円くらいの幅で、安く(少なく)天引きされています。
稀に高く(多く)天引きされている場合もありました。
全社員が、いっさい、...続きを読む

Aベストアンサー

通常実務では、税額表ではなく計算式を使います。
アウトソーシング受託をしているような会社ではなおさら計算式であろうと思います。

下記国税庁のページの、
「電子計算機等を使用して源泉徴収税額を計算する方法を定める財務省告示」です。
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/5276/01.htm
上記pdfの中に計算式がありますので、その式で試算されてみてください。
たぶん合っているのではないかと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報