贈与税について質問します。

現在、主人名義で車のローンとカード(ショッピング、キャッシングでどちらも生活のために使ったものです。)が合わせて220万円ほどあります。
月々無理のない返済プランで返済しながら貯金もしておりますが、夫のご両親から一括返済した方が良いとのことで貸していただけることになりました。
貸していただける分にはちゃんとした借用書など作成し、金利なども決めてご両親に返済すれば贈与税はかからないということは分かりました。

ですが、金利や贈与税などかからないようにするために、夫に110万円、私に110万円ずつ貸してもらうとして、ローンの返済にご両親から借りた110万と夫の1〜3ヶ月分の給料と貯金で220万円を一括返済し、私が借りた110万で1〜3ヶ月の生活費に充てる、というやり方では贈与税はかかるでしょうか?
生活費や養育費なら贈与税はかからないとのことなので、こういった理由だとどうなんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

扶養義務がある者が与える生活費は贈与税非課税です。


これとは別に年間110万円の贈与税基礎控除額があります。
ご質問者は話がこんぐらがってます。

110万円でしたら、貸してもらうなどという姑息な手段はとらずに、きちんと「AはBに110万円あげる。Bはこれを承諾した」と贈与契約書を作成しておけば、基礎控除額以下なので贈与税申告不要で贈与税もでません。
贈与契約書を作成しておけば良いのですから、これをしないで「いや、生活費としてもらいました」という理由付けなどを考えない方がすっきりして良いです。
現実には「両親に返済する」のですから金銭消費貸借契約ですが、110万円でしたら「もらった」事にしてしまい、そののちは親子の間で「あといくら残ってるんだよね」と会話をしながら返済して行けば良いのです。

金額が110万円を超えていて、贈与を受けると贈与税が発生するという時に使われる手が「金銭消費貸借契約」つまり貸した借りたの関係にする事です。

親子間とか親族間での金銭の貸し借りは書面に残さない事があるので、贈与だと認定されるケースがあることが「書面にしておけ」という理由です。
それ以外に、親子親族間の金銭消費貸借契約が「贈与だ」と言われてしまうケースは以下です。
1、利息の取り決めがない。
2、返済期間の取り決めがない。
3、実際に返済してる事実がない。あっても証明ができない状態。
4、金額に見合う担保提供がされてない。
5、返済期間の取り決めがあるが、当事者のどちらかが最終返済日までには死亡してしまってるような期日になっている。
 例 
  貸した人が85歳。返済計画が20年。
  この貸す人がプロの金貸しでしたら、20年という返済期間は絶対に認めないです。

つまり「金銭を貸すのが業」の人と金銭消費貸借契約を結んだとしたら、このような条件でお金を貸してはくれないという契約ですと「借りた貸したの関係ではなく、本当は贈与なんだろ」と言われるわけです。

ところで、110万円を超えたお金を貰って、贈与税を支払ってしまうという手も「あり」です。これが一番すっきりする方法です。
親から120万円もらいましたと申告して、贈与税1万円を納付します。
これで、後々税務署からウダウダいわれることはありません。その120万円は大手を振って使用できるおかねです。
「贈与税は高い」は「贈与税は相続税に比べて高い」のでして、大きな錯覚を生んでます。
120万円の所得に対して1万円の所得税がかかると考えたら、税率は0、83%です。
1%以下です。消費税は8%だと考えると「高い税率」ではないんです。

「贈与税が高い高いって言って、かからない様に工夫するけどね。税率10%までの贈与なら、実質7%以下の税率だから、いっそ贈与税を支払ってしまう方がすっきりしてしまう」
という意見を持ってる税理士さんが多いんですよ。

300万円の贈与をうけた場合の贈与税は19万円です。
税率にして6,3%。消費税より低いんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
おっしゃってる事は私も調べて承知しております。

私が気にしているのは夫名義のローンの返済なので、220万円も一括返済してしまうとどこで得たお金なのか怪しまれないか気になってます。
110万までは親から贈与(借りた)としても、残りの110万はどこから??となってしまわないかという点です。

仮に夫婦それぞれ120万贈与してもらい、夫婦で1万円ずつ税金を納付したとします。
ここまでは確かにすっきりします。ですが、ローン名義は夫なので、ここで私が贈与してもらった120万を夫のローン返済に充てると夫にさらに贈与税がかかりますよね?

ですので、私が贈与してもらったお金は、生活費に充てて、3ヶ月ほどかけて夫の給料と両親からのお金で返済すれば問題ないのか、という点が一番気になっております。

お礼日時:2017/03/13 01:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q贈与税がかかる年間110万円は何月から何月ですか?

お馬鹿な質問すみません。

贈与税がかからないのは年間110万円までというのは知っているのですが、
その年間というのはやはり、1月~12月までの期間でしょうか?

例えば、平成19年12月に110万円お金を相手にあげる
翌年の平成20年1月に110万円お金を相手にあげる

上記以外はお金の移動はなし。
この場合は二ヶ月続けて110万円づつ相手にあげているが、年が違うので大丈夫。という解釈でいいのでしょうか?

ご意見お願い致します。

Aベストアンサー

>その年間というのはやはり、1月~12月までの期間でしょうか…

個人にかかる税金は、すべて 1月~12月が対象と考えて、ほぼ差し支えありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

>例えば、平成19年12月に110万円お金を相手にあげる…
>翌年の平成20年1月に110万円お金を相手にあげる…

その 2年間だけなら問題ありません。

ただ、意図的に 110万円以下の贈与を何年も何年も繰り返していると、まとめて一度に贈与したものと解釈される場合があります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402_qa.htm#q1

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q贈与税の基礎控除額110万円の証明

贈与税の節税方法として、毎年110万円(贈与税の基礎控除額)を贈与する方法があると思います。この贈与が、毎年110万円実施された証明はどのような方法が一番適切ですか。
例えば、10年間続けば11,000,000円となりますが、10年後に一括で札束で贈与して、税務調査時に「10年間、110万づつ渡してた」言う事も物理的には可能のような気がします。贈与する子の銀行口座を作って、毎年振り込むようなことが、一番一般的ですか。稚拙な質問で恐縮ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私が税理士事務所の職員の時には、生活費などを除く贈与税対象となるような金銭の贈与は口座間での振り込みを薦めていましたね。
しっかりと足跡を残したい顧問先では、110万円をわざと超えるように、120万円の贈与&贈与税申告(税額1万円)の申告を毎年していましたね。

贈与税が発生するような金額をポケットマネーやたんす預金で保有している人は少ないはずです。金融機関から引き出すことや預け入れることを考えると、振込の方が良いでしょうね。

あとは、任意の様式などで贈与証書のようなものを交わすぐらいですかね。

Q110万円以下の贈与と確定申告時の所得税の関係

両親からの110万円以下の生前贈与と確定申告及び所得税住民税の関係について教えていただけないでしょうか。

息子が難病にかかり、保険外治療などで費用がかさみ、生活費からは捻出できず、貯金などをとり崩していた所、父から生前贈与として援助してもらえることになりました。額は月4万円(年48万円)です。

書籍などで調べました所、「年間120万円以下の贈与は、贈与税はかからず、税務署への報告義務もない」とのみ書かれておりますが、私の場合、医療費控除を受けるため確定申告を行います。

さて、そこで質問なのですが
・確定申告の際、48万円は収入として申告義務が生じるのでしょうか。
 その場合は申告項目は雑収入(所得)か何かになるのでしょうか。また、毎月もらう際に書類などは作成しておりませんが、確定申告時に何か必要な添付書類があるのでしょうか。
 そしてその場合は年間の所得金額があがることにより、所得税などにも影響があるのでしょうか。

税金に詳しい方、ご回答どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

結論から申し上げますと一度税務署で相談されることをお勧めします。Webで調べた情報で「正しい」と思って申告してもそれを適正かどうか判断するのはあくまで税務署だからです。ちなみに「申告書の受理」=「適正」ではありません。

税務署は敬遠されることが多く、申告期限ギリギリになってやむなく相談に出かける方も多いですが、3/15間際はじっくり相談するには最悪の時期なので今のうち疑問点を解消されておくのが良いと思います。相談された場合は担当者の名刺をもらっておくなど「言った言わない」の水掛け論にならないようにしておいて下さい。

なお、「還付申告」は年明けから5年間申告可能です。

『No.2030 還付申告』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2030.htm

以下は「私見」です。

>「年間120万円以下の贈与は、贈与税はかからず、税務署への報告義務もない」とのみ書かれております…

これは誤りです。「110万円以下」ならば「控除」があるので非課税でなおかつ申告の義務もありません。

『No.4402 贈与税がかかる場合』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402.htm
≫…1年間にもらった財産の合計額が110万円以下なら贈与税はかかりません(この場合、贈与税の申告は不要です。)

また「税務署が認めれば」以下のようなケースでも贈与税はかかりません。

『No.4405 贈与税がかからない場合』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4405.htm
≫2 夫婦や親子、兄弟姉妹などの扶養義務者から生活費や教育費に充てるために取得した財産で、通常必要と認められるもの
≫ここでいう生活費は、その人にとって通常の日常生活に必要な費用をいい、また、教育費とは、学費や教材費、文具費などをいいます。
≫なお、贈与税がかからない財産は、生活費や教育費として必要な都度直接これらに充てるためのものに限られます。
≫したがって、生活費や教育費の名目で贈与を受けた場合であっても、それを預金したり株式や不動産などの買入資金に充てている場合には贈与税がかかることになります。

>確定申告の際、48万円は収入として申告義務が生じるのでしょうか。

上記のとおりです。

>…毎月もらう際に書類などは作成しておりませんが、確定申告時に何か必要な添付書類があるのでしょうか。

税務署側としては「お金の流れ」がきちんと把握できた上で判断を下すことになりますので、身内とはいえ「なあなあ」にすることなくきちんと記録を残しておくことをお勧めします。お父様からの援助も銀行振込などにしておけばきちんとした「記録(裏付け)」になります。

>そしてその場合は年間の所得金額があがることにより、所得税などにも影響があるのでしょうか。

「贈与税」は「所得税」とは別物なのでたとえ贈与税がかかっても「所得税」には影響しません。

----------
「医療費控除」について

医療費控除は「医療費を支払った親族」が受けられるものですからkuriyoshiさんが受けられます。(ただし、お父様が支払ったことがあきらかならばその限りではありません。)

『No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm
≫自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合
『「生計を一にする」Q&A』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180_qa.htm

また、控除の対象となるのは「税務署が認めれば」医療費だけに限ったものではありません。

『No.1122 医療費控除の対象となる医療費』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm

『[PDF]医療費控除を受けられる方へ』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2007/pdf/04.pdf
『判断が難しい医療費控除の対象費用』
http://www.taxcom.co.jp/news/zeimu/2004/2004_02/zeimu2004_02_16_001.htm

(参考)

『贈与税とは?』
http://www.zeikin-taisaku.net/2007/07/post_70.html
『毎年、基礎控除額以下の贈与を受けた場合』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402_qa.htm#q1

『税についての相談窓口 』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/sodanshitsu/9200.htm
※住民税は【お住まいの】市区町村役場(役所)です

結論から申し上げますと一度税務署で相談されることをお勧めします。Webで調べた情報で「正しい」と思って申告してもそれを適正かどうか判断するのはあくまで税務署だからです。ちなみに「申告書の受理」=「適正」ではありません。

税務署は敬遠されることが多く、申告期限ギリギリになってやむなく相談に出かける方も多いですが、3/15間際はじっくり相談するには最悪の時期なので今のうち疑問点を解消されておくのが良いと思います。相談された場合は担当者の名刺をもらっておくなど「言った言わない」の水掛け...続きを読む

Q住宅ローン返済に充てるお金に贈与税はかかる?

親が定期預金が満期になる500万円を譲ってくれると言っています。
そのまま預金してしまっては贈与税がかかりますので、
私はそのお金を住宅ローンの繰上げ返済に充てたいと思っています。
この場合、贈与税がかからないといわれている「生活費」とみなされるのでしょうか?
親は61歳 私は37歳 ローン残額は2000万円です。

詳しい方のご意見をおきかせください。

Aベストアンサー

あと4年待って
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/pan1504-1/01.htm
こんなのでどうでしょう?

Q子供名義で毎年50万円貯金するにあたり、贈与税などの注意点を教えてくだ

子供名義で毎年50万円貯金するにあたり、贈与税などの注意点を教えてください。

お世話になります。
子供はまだ幼児で杞憂かもしれませんが子供名義の貯金について教えてください。

毎年夫の給与所得から50万円ほど子供用に取り分けています。
家庭全体の貯蓄が少ないので万一の時には子供以外の目的に取り崩せるよう学資保険には入らず夫名義の口座に貯めています。
子供用の貯蓄は進学等まとまったお金が入用な際に必要分を遣い、増減させつつ最終的には500万円程度にして子の成人後に本人に渡すつもりでいます。
子の就職時に50万円・結婚資金に150万円・住宅建築資金に300万円にするか、500万円まとめてにするかはわかりませんが、できれば子が20才代で夫が現役のうちに渡したいと思います。

家計が落ち着く時期を見て子名義の口座を開設し出入金に使おうと考えています。
その際はネット銀行ではなく、通帳を使う普通の銀行のほうが良いでしょうか。

はっきりと確認出来ていないのですが、現在私の祖父母(子から見て曾祖父母)が毎月5万円前後の貯蓄をしてくれる他に、先10年程度で300万円になる学資保険(夫か私名義)の掛金を支払ってくれるとの申出があります。
毎年贈与税を申告するほどの額ではありませんが、最終的に500万円(あるいはそれ以上)を子に渡すと課税の対象になると考えられますので、この様な貯蓄の仕方をする場合に税金面で注意することがあれば教えてください。

よろしくお願いいたします。

子供名義で毎年50万円貯金するにあたり、贈与税などの注意点を教えてください。

お世話になります。
子供はまだ幼児で杞憂かもしれませんが子供名義の貯金について教えてください。

毎年夫の給与所得から50万円ほど子供用に取り分けています。
家庭全体の貯蓄が少ないので万一の時には子供以外の目的に取り崩せるよう学資保険には入らず夫名義の口座に貯めています。
子供用の貯蓄は進学等まとまったお金が入用な際に必要分を遣い、増減させつつ最終的には500万円程度にして子の成人後に本人に渡すつもりでいま...続きを読む

Aベストアンサー

>夫の給与所得から50万円ほど子供用に取り分けています…

何のためにですか。

>進学等まとまったお金が入用な際に必要分を遣い…

親は子を扶養する義務があるのですから、必用なときに親の貯金から出せばよいのです。
安易に子ども名義の口座を作ると、贈与税の問題が出てきます。

>最終的には500万円程度にして子の成人後に本人に渡すつもりで…

単に現金をポンと渡せば、これは立派な贈与です。


>子の就職時に50万円・結婚資金に150万円…

就職時にスーツを買ってやるなどのことは親として当然のことですが、特に用途を限定せず現金を渡せば、贈与と見なされます。
結婚でも同じです。

>住宅建築資金に300万円にするか…

これは間違いなく贈与です。
現時点では、住宅資金限定で 1,500万まで無税の特例がありますが、何十年も先まで有効という保証はどこにもありません。

>できれば子が20才代で夫が現役のうちに渡したいと思います…

甘やかせすぎ。
親としては教育さえしっかりさせておけば良いのです。
学校を出たら自立することを考えさせなければなりません。

>家計が落ち着く時期を見て子名義の口座を開設し出入金に使おうと…

通帳と判子を親が握っている限り、親の財産のままです。
大きくなって通帳と判子を渡したとき、あるいは引き出した現金を渡したときに贈与が成立します。

>その際はネット銀行ではなく、通帳を使う普通の銀行のほうが良い…

それはどちらでも同じです。

>祖父母(子から見て曾祖父母)が毎月5万円前後の貯蓄をしてくれる他…

これも通帳と判子を曾祖父母が握っている限り、曾祖父母の財産のままです。

>先10年程度で300万円になる学資保険(夫か私名義)の掛金を支払ってくれるとの申出があります…

これは祖父母から孫娘 (or孫娘の婿) への贈与になります。

>この様な貯蓄の仕方をする場合に税金面で注意することがあれば教えてください…

親の名義で貯金をしていき、学費や就職時の最小限の費用などはその都度支払うこととし、まとまった現金をポンと渡そうなんてことは考えないことです。

>夫の給与所得から50万円ほど子供用に取り分けています…

何のためにですか。

>進学等まとまったお金が入用な際に必要分を遣い…

親は子を扶養する義務があるのですから、必用なときに親の貯金から出せばよいのです。
安易に子ども名義の口座を作ると、贈与税の問題が出てきます。

>最終的には500万円程度にして子の成人後に本人に渡すつもりで…

単に現金をポンと渡せば、これは立派な贈与です。


>子の就職時に50万円・結婚資金に150万円…

就職時にスーツを買ってやるなどのことは親として当然のことで...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報