国語で物語りを書かなくてはいけないんですが、弟の小さい頃を懐かしく思い出す姉という感じで、文を書くんですが、これで、大丈夫ですかね?

A 回答 (4件)

【ふと 思い出す 弟の幼かった頃の寝顔】

    • good
    • 1

物語は、基本的には散文ですので、まずは書きたいものを自由に書かれたら宜しいかと思います。


とりあえずとにかく、十行書いてみる。そのまま勢いのまま書き切ってしまって、あとで推敲すれば良いのです。
    • good
    • 0

素晴らしい題材です!

    • good
    • 1
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございます!
参考にしたいと思います!

お礼日時:2017/03/14 03:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『ハリー・ポッターと混血の王子(仮題)』の日本語訳書はいつ頃?

ハリー・ポッターシリーズの第六弾、
『ハリー・ポッターと混血の王子(仮題)』の日本語訳書は、
大体いつ頃の発売になるのでしょうか
(原書の方は、今年の夏に発売されるようです)。

ご存知の方がおられましたら、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

今までの訳のペースから考えると来年の秋頃でしょうね。
作者が本を書くより訳の方が時間が掛かるなんて本当に訳者の能力を疑ってしまいます。
戸田奈津子さんなら2ヶ月あれば出版できるだろうに・・・と思います。

Q詩または小説の入門書、解説書(作り方指南の書ではない)

詩と小説の形式と代表作についてしつもんです。
(1)詩入門、もしくは詩概論みたいな本を探しています。
人間の歴史が始まってからの古今東西の
詩の形式(ソネット、和歌、漢詩、自由詩、定型詩など)と
その形式を踏まえた代表的作品が載っているような書物をご存知ないですか。

古代から現代、また日本から世界へかけての詩の研究書をご存知でしたら、教えてください。

(2)同様に、小説概論、小説入門的な書籍を探しています。どうように長い歴史の中で小説は変貌し、小説の分野で、古今東西の代表的な表現形式、それをささえた詩想、そういったものを、
いっかつで把握できるような本があれば教えて下さい。

とにかく、ある作家や作品に固執することなく、歴史の要所要所に起こってくる古今東西の文学というものの原点の形式、テーマ、その代表的作家、作品に触れたい。

Aベストアンサー

ご質問を拝見して考えたのですが、あまりに言っておられる範囲が広すぎて、該当するものといったら、正直、百科事典しか思い浮かびません。
それこそブリタニカでもなんでもいいのですが、百科事典の「詩」なり、「文学」なりの項目には、おっしゃられているようなことが、ひととおり載っていますし、代表的な作品こそないけれど、時代時代を切り開いていく詩人なり、作家なりはあげられているでしょうし、そこから実作品をたどっていけばよいかと思います。

>古今東西
とおっしゃるのはほんとうに簡単ですが、詩の形式、それが成立した過程から、どう発展していったかをたどる多くの本は、中国、日本、英・米、フランス、ドイツ、ロシア、と、最低その六つ(アメリカ・イギリスをひとくくりにするのも相当ムリがあるので、実際は七つ)ぐらいには分かれているのではないかと思います。

そのうえで、わたしは漢詩については何も知りませんし、ヨーロッパ各国もあまり詳しくはありません。
日本文学史と英米に関しては、多少は読んできたので、その程度の回答であることをご理解ください。

まず日本のものに関して。
古典中の古典ですが、小西甚一『日本文学史』(講談社学芸文庫)。
日本文学史という森のなかに踏み込んでいく際の道標になるのではないか、と思います。
実はこれはわたしが最初に巡り会った文学史関係の本なのですが、歴史に対するアプローチの仕方、みたいなところで、いまなお影響を受けているなぁ、と思うこともしばしばです。
さらに、韻文について理解を深めたければ、同じ著者の『日本文藝史』(講談社)を。
これは全五巻ありますし、おそらく現在流通してないんじゃないかと思うんですが、少し大きめの図書館に行けば、確実に読める本であると思います。非常に参考になります。

西洋文学史に関しては何がいいだろう。
教科書的なものはたくさんあるんですが、そうだな、文学ということに限定していけば、岩波文庫のシリーズ『ロシア文学案内』『ドイツ文学案内』『フランス文学案内』なんかは、実作品をたどりながら、その国の独自性みたいなものが概括できていいでしょうね(ここらへん、もっと知りたい、という分野があれば、補足要求なさってください)。

西洋の詩に関しては、
まずC.D.ルイス『詩を読む若き人々のために』(筑摩書房)を。これはアイルランド生まれでイギリスの桂冠詩人ルイスが二人の息子(ひとりは俳優のダニエル・デイ・ルイス!)を念頭に書いた、ヤングアダルトぐらいを対象とした本ですが、詩とは何か、種類、効果、鑑賞と、実際の作品も含めて、非常にわかりやすく書かれています。深瀬基寛氏の訳もすばらしいものです。何よりも、この本をお薦めします。古書ではある程度流通しているんではないでしょうか。これも図書館に行くと、必ずあると思います(というか、この本がないような図書館、わたしは図書館とは認めません)。

もうひとり、詩人の本を。
エズラ・パウンド『詩学入門』(冨山房百科文庫)。
これまた手に入りにくい本ですが、良い本です。
二十世紀を代表する詩人のひとりでもあるエズラ・パウンドが、詩をいかに読むか、ということを念頭に置いて、教科書として書いたものです。
歴史的な部分もありますし、韻律論にまでふれられていて、おそらく詩論という分野でも、第一級の本であると思います。ルイスに較べると、決して読みやすいとはいえないのですが、がんばって探して、読んでみてください。

新しい本として、これはわたしは読んだことはないのですが、戦後から現代にかけての日本の詩の流れをたどるためには、野村 喜和夫『現代詩作マニュアル―詩の森に踏み込むために』(詩の森文庫) がいいみたいです。評判が高いです。

こんなところをもっと知りたい、というのがあれば、補足要求なさってください。ただし、中国はわかりません(笑)。

ご質問を拝見して考えたのですが、あまりに言っておられる範囲が広すぎて、該当するものといったら、正直、百科事典しか思い浮かびません。
それこそブリタニカでもなんでもいいのですが、百科事典の「詩」なり、「文学」なりの項目には、おっしゃられているようなことが、ひととおり載っていますし、代表的な作品こそないけれど、時代時代を切り開いていく詩人なり、作家なりはあげられているでしょうし、そこから実作品をたどっていけばよいかと思います。

>古今東西
とおっしゃるのはほんとうに簡単ですが...続きを読む

Q小説を書くための参考書

小説を書くまねごとを始めました。
程々書けるのですが、迷うことも多々あります。
そんなとき、参考になる本はありませんでしょうか。

Aベストアンサー

いろんな経験や、なんでもいいから手当たり次第沢山の本を読むことが
必要だと思いますがこのような回答は望んでおられないようなので。

どういう事で迷っているのか分かりませんが
文章修行という意味ならば
「文章読本」を読むのをおすすめします。
古くは谷崎潤一郎、川端康成、三島由紀夫氏らが
最近では丸谷才一氏が同名の本を書いています。
丸谷版読本なら二章 名文を読め、三章 ちょっと気取つて書け
を繰り返して読むと良いのではないかと考えますが
如何でしょうか。

Q国語の模試の問題文になった小説を探しています

中学生の時に塾で受けた、国語の模試の問題文の小説を探しています。
問題文は紛失し、作者もタイトルわからず途方に暮れています。

・主人公である少年とその幼なじみの少年と少女との成長を描いた話。
・少女の名前は「あき」。
・この三人は思春期を迎え、幼なじみの少年があきを好きになることから三角関係になる
・三人はお互いの誕生日に石をあげるという可愛らしい贈り物をしていたが、ある年、幼なじみの少年があきの誕生日に空き瓶にきれいな砂を入れたプレゼントをしたことから三人の関係が変わりはじめる
・縁日で浴衣を着てきたあきに動揺する幼なじみの少年とそれを暗い気持ちで見る主人公、というシーンがある

覚えているのは以上の断片的な情報なのですがどなた分かる方がいらしたら教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。お邪魔します。
自信がないのですが、ちょろっと登場いたしました。

登場人物のうち、女の子の名前は「あき」で合ってますでしょうか。

私が記憶にあるのは、やはり同じような設定で、
子どものころはお互いに意識することなくじゃれあっていた
幼馴染3人(男2人、女1人)が、思春期になって
男の子2人が女の子を意識しはじめるようになる、という
話でした。

当時「うわ、こんなのが入試問題に出ている」と吃驚した
記憶があります。

但し、私の考えているその女の子の名前は「なな」で
この女の子は可哀想そうな環境で暮らしていました。
それを「秋(しゅう)」という男の子と、「れい」という
名前の男の子が支えてあげるという話です。
「れい」の目線で書かれていました。

ちなみに私が書いた情報は雨森零作「首飾り」ですが
自信ありません。
この作品は後半でどろどろしてきます。
男性愛あり、秋とななも関係を持つんじゃなかったかな。
十代でこういう感じなので、吃驚した次第です。
(当然入試問題で採択された箇所からでは、そういう匂いは
微塵も感じさせないものですが…)

山田詠美「ぼくは勉強ができない」
長野まゆみ「ぼくはこうして大人になった」
いずれも、採択箇所以外はちょっと…まずいぞ、と
思うような内容ですしね。

なにかほかに、手がかりとなるようなエピソードがあれば
またお知らせくださいませ。

はじめまして。お邪魔します。
自信がないのですが、ちょろっと登場いたしました。

登場人物のうち、女の子の名前は「あき」で合ってますでしょうか。

私が記憶にあるのは、やはり同じような設定で、
子どものころはお互いに意識することなくじゃれあっていた
幼馴染3人(男2人、女1人)が、思春期になって
男の子2人が女の子を意識しはじめるようになる、という
話でした。

当時「うわ、こんなのが入試問題に出ている」と吃驚した
記憶があります。

但し、私の考えているその女の子の名前...続きを読む

Q「ねじまき鳥」でクミコの姉に綿谷ノボルがしたこと

「ねじまき鳥」でクミコの姉に綿谷ノボルがしたこと

「ねじまき鳥クロニクル」を読んでいます。
3部の半ばまで来たのですが、すっかり前のことを忘れてしまいました。

P299で「あなたが死んだクミコのお姉さんになにをしたかも、今では見当がついています」
とコンピューター通信を通じて主人公が綿谷ノボルに話しかけますが、
綿谷ノボルがクミコのお姉さんにしたことって、何だったのでしょうか?

もうまったくもって探し出せません(笑)
教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

作品中では明らかにされなかったと思います。主人公もハッタリでいったというような記述だったと思いますが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報