多発性骨髄腫
80才になる母親が多発性骨髄腫と診断され抗がん剤ベルケイドを皮下注射をしてますが血圧がさがり 食欲もあまりないです。 今行ってる病院を移した方がよいか? 抗がん剤の副作用でつらいならやめたほうがいいのか?迷ってます
どなたか詳しい人がいればお返事お待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ご存知でしょうが、多発性骨髄腫は完治不可です。

現代の医学では、進行を遅らせることしかできません。徐々に死に向かっていくことを見守ることしかできません。特にご高齢で、予後も良くないかと思います。
あなたは、まだお母様のご病気に対する気持ちの整理ができていないように思えます。
まずですが、疑問に思ったことは、全て担当医に相談すべきです。血液内科の医師はあなたよりもずっと詳しく知っていますし、副作用との付き合いかたも熟知されています。
現状、この病気に対する初発の治療法はベルケイドやレブラミドのみで、近年開発された、旧来の抗がん剤よりもQOLの高い分子標的薬が使用され、ご高齢とのことですので、抗がん剤以外の治療法はありません。加えてころころ抗がん剤を変更すると使用できる抗がん剤が無くなり打つ手がなくなります。副作用よりも命を伸ばすこと優先され、少々の副作用はお医者さまはコントロールできます。少ない情報ですがベルケイドが選ばれ、お医者さんが使用し続けるのは当然かと考えられます。
転院しても治療法は変わらないでしょう。この病気に対しての治療法の選択肢は他の癌比べると余りありません。
それよりも重要なのは、お医者さんに疑問に思っていること、今後の治療方針ついて相談すること。を通してよく病気について知ってください。その上で、お母様はどの様に残りの人生を過ごしたいのかを一緒に寄り添って考えることです。
再度ですが、この病気は、完治不可です。ゆっくりと死に向かうしかありません。残り少ない人生をどの様に過ごしたいのかをお母様とお医者さまとよく話し合い、お母様に寄り添って上げることが一番必要なことではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/03/16 10:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q急ぎです。多発性骨髄腫のたんぱく値下降症状について

多発性骨髄腫にかかると、igm/iggなど、大体の方が上昇傾向になると思います。が、うちの母は、値が下降する症状です。いろいろ調べてみましたが、上昇傾向の方がほとんどなので、下降傾向を調べるには、どうしたらよろしいでしょうか。
また、頭部や、わき腹部に、たんこぶのような膨らみが出はじめ(5年前に多発性骨髄腫と診断された時には、頭部など、骨の溶解がみられました)、3つのたんぱく値も、標準範囲を割ってしまい痛みも増し、3度目の治療にうつる予定です。
ペットctの結果は3日後なのですが、事前に調べておこうと思っております。
こぶも、骨の溶解と関係しているのでしょうか・・・また、こぶに対しての治療薬など分かりましたら、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

お書きの内容から
Bence Jones型の骨髄腫かと思われます

IgGなど免疫グロブリンと呼ばれるタンパク質のうち、light chainと呼ばれる部分のみをたくさん作る型です

通常の免疫グロブリンより小さいものですから血液中にとどまらず尿に出て行ってしまいますので血液のタンパクは増えません
尿中にBence Jones型のタンパクが増えています


こぶが骨髄腫細胞が腫瘤を形成したものの場合、放射線療法の検討がなされることもあります

参考URL:http://www.myeloma.gr.jp/mm/faq/13.html

Q抗うつ剤 抗不安剤による便秘

抗うつ剤 抗不安剤による便秘がちです。でないときは4~5日。すべて低容量の薬でデバス、エフェクター、セニラン、エビリファイ、ニトラゼパムです。医院からいただいた便秘薬はあまり効かず,市販の便秘薬を購入したいと思っています。私が飲んでいる薬には,どのタイプの便秘薬が良いでしょうか。同じ経験のある方や専門知識のある方、教えてください。今日購入したいです

Aベストアンサー

医師に処方されている薬の副作用を、市販薬で解決するというのは、ちょっと順番が逆のような気がします。

イフェクサー(エフェクター)の量を調整する、ほかの抗うつ剤に変更する、便秘薬を変更するなど、主治医の先生と相談されて対応することをお勧めします。

お医者さまになんでも相談でき、信頼関係を築くことが、精神系疾患の治療の第一歩です。

信頼関係がないと、効く薬も効かないです。

また、便秘を抗うつ剤、抗不安剤(便秘の副作用はあまりないようですが)の副作用と患者さん側で断定するのも、どうかなと思います。ほかの病気が隠れているのかもしれません。

なお、イフェクサーは、抗うつ剤の中では副作用の少ない部類のようです。(「今日の治療薬」南江堂)

抗うつ剤はイフェクサーのみで、ほかは抗不安剤などで前掲書を参照する限りは、「便秘」の副作用は記載されていません。(個人差があるので、絶対ないとはいえませんが)

病院で処方される薬剤と市販薬では、普通、前者の方が効果はありますし、健康保険が適用される分、費用負担は少ないです。

主治医の先生に相談されることをお勧めします。

医師に処方されている薬の副作用を、市販薬で解決するというのは、ちょっと順番が逆のような気がします。

イフェクサー(エフェクター)の量を調整する、ほかの抗うつ剤に変更する、便秘薬を変更するなど、主治医の先生と相談されて対応することをお勧めします。

お医者さまになんでも相談でき、信頼関係を築くことが、精神系疾患の治療の第一歩です。

信頼関係がないと、効く薬も効かないです。

また、便秘を抗うつ剤、抗不安剤(便秘の副作用はあまりないようですが)の副作用と患者さん側で断定するのも、...続きを読む

Q抗うつ剤ドクマチールの副作用について

現在欝持ちで、カウンセリングに通って5年になります。月の1/4ぐらいは体調が悪くてねています。
飲んでいる薬に「ドクマチール」というのがあって、その副作用で10キロ近く太ってしまいました。
まず生理がなくなります。だからその分自分の体につくのだと思います。
それと食物が腸に滞在する時間が長くなって、どんどん吸収してしまうそうです。
また精神的に元気になるため食欲が増えます。
…ということで太ってしまいました。
いまダイエットをしていますが、太るのが止まるだけでやせないと思うんです。
医者はいつでも言えば薬はやめてあげます。といってくれるのですけど、初めから飲んでいる薬で、量も多いしやめると体調が悪くなってしまうと思います。

元気になるまでは太るの我慢しなくちゃいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

現在欝持ちですか。私もパニック症候群を患っています。

さて、ドグマチールの体重増加は有名な副作用です。また、現在服用されている医薬品がドグマチールだけでは無いでしょう?そのほかにもマイナートランキライザー(精神安定剤)を処方されているはずです。ドグマチールを服用を止めても問題はないでしょう。但しご自分で判断されるのは止めましょう。

先生も、「はいつでも言えば薬はやめてあげます」とおっしゃられるのなら止めては如何でしょうか?体の調子(精神的なもの)が悪化するようであれば、すぐにまた服用を再開すれば良いではないですか。

また、ドグマチールに変わる薬はたくさんありますので、次回病院にいかれた際は先生に相談されてくださいね。

Q抗がん剤治療してもらえる医者

 私の父は81歳で糖尿病も持っているのですが、今年始めに食道癌ステージ4と診断され、2月にがんセンターで約1ヶ月かけて放射線治療を受けました。一応食道癌は取れたようですが、リンパ節への転移などあり再発は必至です。担当の医師は、これですべての治療は終了で、再発した場合は緩和治療にしましょうと言っています。高年齢であることと、糖尿病もあることから抗がん剤治療は難しいという判断で、後は積極的な治療はしませんという見解です。
 抗がん剤治療の権威である平岩医師などの意見を見ると最後まで癌に対し抵抗しないのはおかしいということを言われており、私も全くそのとおりと思います。平岩医師に見ていただくのが一番良いのでしょうが、お忙しくお願いするのは難しそうです。そこで、平岩医師の考えに賛同し同様の姿勢で治療していただける医師の存在を探しております。出来れば関東圏の病院がよいです。東京八王子在住のため。
 また、そういった医師・病院が見つかったときには、がんセンターからは簡単に今までの治療経過カルテは取り寄せることが出来るのでしょうか?
ワラをもすがる気持ちです。良いアドバイスをお待ちします。

 私の父は81歳で糖尿病も持っているのですが、今年始めに食道癌ステージ4と診断され、2月にがんセンターで約1ヶ月かけて放射線治療を受けました。一応食道癌は取れたようですが、リンパ節への転移などあり再発は必至です。担当の医師は、これですべての治療は終了で、再発した場合は緩和治療にしましょうと言っています。高年齢であることと、糖尿病もあることから抗がん剤治療は難しいという判断で、後は積極的な治療はしませんという見解です。
 抗がん剤治療の権威である平岩医師などの意見を見ると最後まで...続きを読む

Aベストアンサー

平岩医師のような抗ガン剤治療専門の医師を「腫瘍内科医」といいますね。この分野の医師は日本ではとても不足しているようです。また、「腫瘍内科医」の中でも平岩医師のように「保険では投与出来ない薬を個人輸入をしてでも使用する医師(医療機関)」と「保険の中でしか使わない医師(医療機関)」とに分けられるのではないでしょうか。私は保険に関して無知ですが、日本の保険診療の制度上、混合診療は出来ないのだと思うからですが。この点はどなたか詳しい方に確認下さい。また、一方で外国では標準治療として認可されている多くの抗ガン剤が、日本では認可されてない為に使えないという不合理な実態があるようです。今回の御質問で「平岩医師のような」と言うことは、抗ガン剤治療専門医師「腫瘍内科医」で、且つ、「保険適用を受けないで治療(自由診療?)を行っている医師(医療機関)」という意味に捉えますと私は知りませんが、抗ガン剤治療専門医師「腫瘍内科医」ということだけであれば、探すのは比較的容易と思います。「腫瘍内科医」をキーワードとして検索すればかなりヒットするかと推測します。

例えば、下記の医療機関におります「高野利実」さん。

http://www.tkh.meguro.tokyo.jp/senmon/shuyounaika.html

下記の「佐々木康綱」さん。

http://www.saitama-med.ac.jp/hospital/division_info/85.html

下記化学療法科の「向井博文」さん。

http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/tanto.html

これらの方々は、NHKのTVで紹介されたことがあり、一見ではありますが「好印象を受けた腫瘍内科医」として私がメモしておいた方々です。

また、ご質問の観点からとは異なりますが、最近私が記載させて頂いた下記URLのANo.2 は参考頂けるかも知れません。お父様がお医者様であれば、ここでの記載ならびこの記載の中で紹介してますDVD(ビデオ)「ガンワクチン 治療型ワクチン時代の到来」を取り寄せてご覧になったら共感されるかも知れません。また、servantさんの今回の質問の回答ANo.2 の方の参考URL記載の「アラビノキシラン」というサプリメントに関しても多少記載してあります。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?qid=2285689

ここで注意しなくてはならないのは、ガンワクチンにしろ免疫を上げるサプリメントにしても、抗ガン剤もしくは放射線治療との組み合わせにおいて効果があるのだと思います。その理由は上記の中で述べていますので注意してお読み頂けるとよいと思います。

*「経験者」としておりますのは、私および家族がガンの体験者である、との意味においてです。腫瘍内科医に診察を受けた経験があるわけではありません。下記URLのANo.3に私どもの多少の経験談が記載がなされております。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1696288

平岩医師のような抗ガン剤治療専門の医師を「腫瘍内科医」といいますね。この分野の医師は日本ではとても不足しているようです。また、「腫瘍内科医」の中でも平岩医師のように「保険では投与出来ない薬を個人輸入をしてでも使用する医師(医療機関)」と「保険の中でしか使わない医師(医療機関)」とに分けられるのではないでしょうか。私は保険に関して無知ですが、日本の保険診療の制度上、混合診療は出来ないのだと思うからですが。この点はどなたか詳しい方に確認下さい。また、一方で外国では標準治療とし...続きを読む

Q抗がん剤治療の開始時期・・・・死にたくありません。

私は30代前半の女性です。
健康診断にいったところお医者様から「腹部にちょっと気になるものがあるので大きな病院で検査を受けてください」と言われ何が何だかよく分からないまま総合病院の消化器内科を受診しました。
そこで様々な検査を受け、消化器内科のお医者様から「悪性リンパ腫なので血液内科を受診して下さい」と言われたのです。
あまりにも突然のことだったので何かの間違いではないかと思ったのですが、血液内科のお医者様から「腹部の悪性リンパ腫です。ステージ2で、濾胞性という低悪性度のものです」と診断されました。

私は現在とても元気で何の症状もありません。
しかし症状がないだけで体には悪性リンパ腫があるようなのです。

治療に関してお医者様から「このタイプの悪性リンパ腫は進行がゆっくりなことが特徴です。しかし、現時点で抗がん剤治療を行うべきか、行わないかは僕が決めることではないから家族と話し合って下さい」と言われました。
その理由として、現段階で治療に入ったとしても効果があるかどうかわからないからだそうです。
また、経過観察という手段もあるともいわれました。

その一方、いつ何時いきなり進行しだすか分からないとも・・・・・。

お医者様がわからないこと、私にも私の家族にもわかりません。

いったいどうしたら良いのでしょうか・・・。

死にたくありません。
すぐに治療した場合、私は助かるのでしょうか?
それともすぐに治療しなくて観察してても大丈夫なのでしょうか?

抗がん剤の苦しみも怖いですが死んでしまうほうがもっと怖いです。

何か良いアドバイスを頂ければと思い投稿しました。
どうぞよろしくお願いします。

私は30代前半の女性です。
健康診断にいったところお医者様から「腹部にちょっと気になるものがあるので大きな病院で検査を受けてください」と言われ何が何だかよく分からないまま総合病院の消化器内科を受診しました。
そこで様々な検査を受け、消化器内科のお医者様から「悪性リンパ腫なので血液内科を受診して下さい」と言われたのです。
あまりにも突然のことだったので何かの間違いではないかと思ったのですが、血液内科のお医者様から「腹部の悪性リンパ腫です。ステージ2で、濾胞性という低悪性度の...続きを読む

Aベストアンサー

お若いのに深刻な病気、治療法がまだ決まっていない不安、いかほどかと存じます。

リンパ腫の初期段階では、確かに直ちに治療を開始するのではなく経過観察が適切な場合があります。そのほうが、副作用やその他を考えて長生きできる場合があるということです。

しかし、決めろと言われても決められないと言うのも、また確かでしょう。担当医の言い方もやや不親切なところがあるかもしれません。幸い、一亥を争う病状ではないようです(そうなら、経過観察という選択肢は出てきません)。

リンパ腫は長く付き合うことが多い病気です。しっかり勉強して、知識をつけましょう。参考サイトはアメリカの国立がん研究所の日本語訳です。
非ホジキンリンパ腫のところを読んでみてください。

また、セカンドオピニオンを強くお勧めいたします。がん専門病院(東京近郊なら国立がんセンターや癌研有明病院、地方なら各がんセンター)で、どのようにするのが良いか、メリットデメリットを聞いてみてください。

じっくり考えて、納得のいく方針が決まることが一番です。

参考URL:http://cancerinfo.tri-kobe.org/for_patient/pdq/summary/cancersbodylocation/lymphoma.html

お若いのに深刻な病気、治療法がまだ決まっていない不安、いかほどかと存じます。

リンパ腫の初期段階では、確かに直ちに治療を開始するのではなく経過観察が適切な場合があります。そのほうが、副作用やその他を考えて長生きできる場合があるということです。

しかし、決めろと言われても決められないと言うのも、また確かでしょう。担当医の言い方もやや不親切なところがあるかもしれません。幸い、一亥を争う病状ではないようです(そうなら、経過観察という選択肢は出てきません)。

リンパ腫は長く...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報