多発性骨髄腫
80才になる母親が多発性骨髄腫と診断され抗がん剤ベルケイドを皮下注射をしてますが血圧がさがり 食欲もあまりないです。 今行ってる病院を移した方がよいか? 抗がん剤の副作用でつらいならやめたほうがいいのか?迷ってます
どなたか詳しい人がいればお返事お待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ご存知でしょうが、多発性骨髄腫は完治不可です。

現代の医学では、進行を遅らせることしかできません。徐々に死に向かっていくことを見守ることしかできません。特にご高齢で、予後も良くないかと思います。
あなたは、まだお母様のご病気に対する気持ちの整理ができていないように思えます。
まずですが、疑問に思ったことは、全て担当医に相談すべきです。血液内科の医師はあなたよりもずっと詳しく知っていますし、副作用との付き合いかたも熟知されています。
現状、この病気に対する初発の治療法はベルケイドやレブラミドのみで、近年開発された、旧来の抗がん剤よりもQOLの高い分子標的薬が使用され、ご高齢とのことですので、抗がん剤以外の治療法はありません。加えてころころ抗がん剤を変更すると使用できる抗がん剤が無くなり打つ手がなくなります。副作用よりも命を伸ばすこと優先され、少々の副作用はお医者さまはコントロールできます。少ない情報ですがベルケイドが選ばれ、お医者さんが使用し続けるのは当然かと考えられます。
転院しても治療法は変わらないでしょう。この病気に対しての治療法の選択肢は他の癌比べると余りありません。
それよりも重要なのは、お医者さんに疑問に思っていること、今後の治療方針ついて相談すること。を通してよく病気について知ってください。その上で、お母様はどの様に残りの人生を過ごしたいのかを一緒に寄り添って考えることです。
再度ですが、この病気は、完治不可です。ゆっくりと死に向かうしかありません。残り少ない人生をどの様に過ごしたいのかをお母様とお医者さまとよく話し合い、お母様に寄り添って上げることが一番必要なことではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/03/16 10:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q多発性骨髄腫、C型肝炎、アルコール依存症について

身内に病気の者がいます。年齢50代、男性です。
1 アルコール依存症
平成10年頃からで、平成14年入院治療、平成19年断酒会に入り共同生活をしましたが、断酒できず元に戻りアルコール依存症の状態です。
2 C型肝炎
平成19年診断
3 多発性骨髄腫
平成19年診断
本人は、「どうせ俺は死ぬんだ」とC型肝炎、多発性骨髄腫、アルコール依存症の治療を拒否し、飲酒を続けております。あばら骨、大腿骨の痛み、頭痛、便秘などの自覚症状があります。各方面に相談しつつ、色々な方法で何度も断酒と治療について話し合い説得しましたが未だに改善されません。
多発性骨髄腫に関してはインターネット等で調べたところ4年程度の余命との記載がありました。
多発性骨髄腫、C型肝炎を患い、さらに多量の飲酒をしている現状で肝硬変、肝癌へと進行する可能性も高いと思われますが、このような病状で治療を拒否している状況を考えた場合、今後の進行、症状、余命など知識のある方ご教授お願いします。

Aベストアンサー

最も余命に関与するのは「多発性骨髄腫」と思われます。
多発性骨髄腫といっても、その病態は患者個々で様々であり、症状も余命も様々です。

ただ、あばら骨や大腿骨の痛みが、骨髄腫由来のものであれば、かなり進行しており、その場合平均余命2.5年。アル中+C型肝炎を加味すると、さらに余命は短くなる可能性が高いでしょう。

C型肝炎は、現在はきちんと治療を受ければ、かなりの確率で完治する時代ですが、治療する気がなければどうしようもありません。
放置した場合は将来肝がん、肝硬変となりますが、多発性骨髄腫による余命が先に来ると思われます。

本人は難病の多発性骨髄腫を患ったために投げやりになっているのでしょうか?
骨髄腫と向き合う気が本人になければどうしようもないですね。

Q持続皮下注射について

モルヒネなどを持続皮下注射する場合、入浴時は薬剤の吸収速度が高まったりするのでしょうか。持続皮下注をしている患者さんが在宅や病院で入浴をする際は、一度針を抜いて、再度挿入するのが望ましいのですか?
また、モルヒネにかぎらずですが、持続皮下注は感染管理面からみたとき、ある一定期間で、注射部位の変更をしたほうがいいのですか?どなたか詳しいかた教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

衛生面という点ではある一定の期間ごとに針は差し替えると思います。
また衛生面だけではなく、刺した場所によって痛みが気になったり、しこりになってきたり、そういう時も場所を変えるでしょう。
ただ、持続で行く場合、状況が長期間なものの場合が多いので、毎日針の場所を変えるかどうかはその病院やそこで働く医療者の考え方にもよると思います。
また、入浴によって吸収量が変わるという事は、血流が良くなる分そういうこともあるかなぁ?と思っても、実際に体に入っている量自体は同じなため、あまり考えなくても良い気がします。

Q私の友人が先日医師から多発性骨髄腫の疑いがありますと説明されました、調

私の友人が先日医師から多発性骨髄腫の疑いがありますと説明されました、調べた所血液の癌の様ですが何方か治療方法などその他色々詳しい方教えて下さい、本人は48歳男性です。

Aベストアンサー

一般に、多発性骨髄腫は緩やかに進行する病気で、進行度合いによって3期に分類します。
主な治療法は、抗がん剤などの化学療法と放射線療法があります。
 多発性骨髄腫は、化学療法で効果が現れますが、確実に治癒を期待できる治療法は確立されていません。
また、この病気は早期の治療が必ずしも長期的な予後改善には結びつかないことがわかっているため、通常は先ほどのステージの2期や3期から治療が行われます。

48歳ということですが、比較的若い人には化学療法後に「造血幹細胞移植」を行うことがあります。

症状が安定していれば、日常生活に特別の制約はありませんが、打撲や骨折には注意が必要です。また、中腰の姿勢を伴う作業や急に姿勢を変えることなどは圧迫骨折などを引き起こすので避けた方がいいです。

あくまでも、専門医に確認・相談されることをお勧めします。

Q血圧150~80 病院に行った方が良い?

28歳のものです。

家で血圧を測ると、平均して、血圧150(上)~80(下)ぐらいになります。

これは危険なのでしょうか?

家でこれぐらいなので、仕事中とかはもっと高い気がします。
脈拍も80から110ぐらいです。

病院に行くとしたら内科でだいじょうぶでしょうか?
それとも、総合病院の循環器系の方がいいのでしょうか?

かなり心配です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

内科で平気です。大抵 総合病院は紹介状とかないとむやみに行っても受け付けてくれません
本当に緊急性がないと。
上限は140までですから。 行ってください

ちなみに循環器科は本当に器官とか内臓系ですから血圧が高いだけではただの内科です

Q急ぎです。多発性骨髄腫のたんぱく値下降症状について

多発性骨髄腫にかかると、igm/iggなど、大体の方が上昇傾向になると思います。が、うちの母は、値が下降する症状です。いろいろ調べてみましたが、上昇傾向の方がほとんどなので、下降傾向を調べるには、どうしたらよろしいでしょうか。
また、頭部や、わき腹部に、たんこぶのような膨らみが出はじめ(5年前に多発性骨髄腫と診断された時には、頭部など、骨の溶解がみられました)、3つのたんぱく値も、標準範囲を割ってしまい痛みも増し、3度目の治療にうつる予定です。
ペットctの結果は3日後なのですが、事前に調べておこうと思っております。
こぶも、骨の溶解と関係しているのでしょうか・・・また、こぶに対しての治療薬など分かりましたら、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

お書きの内容から
Bence Jones型の骨髄腫かと思われます

IgGなど免疫グロブリンと呼ばれるタンパク質のうち、light chainと呼ばれる部分のみをたくさん作る型です

通常の免疫グロブリンより小さいものですから血液中にとどまらず尿に出て行ってしまいますので血液のタンパクは増えません
尿中にBence Jones型のタンパクが増えています


こぶが骨髄腫細胞が腫瘤を形成したものの場合、放射線療法の検討がなされることもあります

参考URL:http://www.myeloma.gr.jp/mm/faq/13.html

Q肺炎で入院している父に利尿剤を注射した結果血圧低下

昨日肺炎で入院している父親(77歳)にナースが利尿剤を注射した結果、血圧低下を起こしました。このような事が本当に起こるのでしょうか?これは医療ミスなのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 利尿剤は高血圧の治療薬として使用されているので、副作用として血圧低下は起こりえます。

 その使用目的は心不全の治療だと思います。肺炎などで炎症が起こった肺には炎症細胞が集まり、酸素化能の低下を引き起こします。局所の炎症は場合によっては全身に及び全身のむくみや心不全を引き起こします。高齢者の重症肺炎の場合はかなりの確立でおこると思われます。そのような際には全身の浮腫や心臓の負担を軽減(循環血液量を減らす)するのに利尿剤はよく使用されます。

 治療の目的がしっかりしているのであれば、医療ミスではなく、投与した薬剤による副作用(循環血液量の減少に伴う血圧低下)と考えます。いかがでしょうか。

Q多発性骨髄腫の生存期間について

父が多発性骨髄腫と診断されました。
ステージから考えて、余命の中央値は3年前後と言われたのですが、
この中には高齢者や手の施しようがない人も含まれているとの事です。

父は59歳で現在3段階でステージ3、5段階でステージ4と5の中間(それぞれの診断方法の名前は忘れました)と診断されているのですが、
同じような年齢、ステージの方で存命期間はどのぐらいなのでしょうか?

また、現在VAD療法の1クール目なのですが、今後具体的にどのような感じで生活(外出や旅行、日常生活など)をしていくことになるのでしょうか?

病気なので個人差が大きいかとは思いますが、参考までに聞かせていただければと思います。

Aベストアンサー

はじめまして、私の祖母も多発性骨髄腫でステージ3、闘病生活1年で他界しました。
抗がん剤を始めれば、がん細胞の数値も段々下がり90%から17%にまで
がん細胞の数値が下がるのですが、
17%のがん細胞は生き残りと言うだけあって今度は抗がん剤の効かないがん細胞を作り始め、感染症、敗血症などにもかからなかったので壮絶な最後でした。
サリドマイドなどもありますが、元は睡眠薬なので飲み始めてから
眠くなり、ご飯も食べられなくなり、どんどん痩せてしまいました。
私達にとってサリドマイドは奇跡の治療薬ではなかったです。

体の骨を溶かしていくためレントゲンを撮ると頭蓋骨に穴が開いていたり体中、痛がっていました。
多発性骨髄腫の患者さんを見た事が無いとその痛みの凄さは分からないと言われるくらい痛いようです。

個人差もありますので参考としておよみ下さい。

Q数年ぶりの背中の激痛とリウマチ性多発筋痛症

70台後半女性(母)です。
 急に伸び上がった拍子に、背中(どちらかといえば左側)に激痛が走り、呼吸が苦しくなったとのことです。痛さの種類は「ビビッ」とすると表現しています。
 数年前にも全く同じ症状になったことがあり、痛み止め(座薬)を使用し数日で全快しました。この時は数日、夜中も寝返りをうつのも相当大変で、辛そうでした。

 さて、病院を受診したところ、心電図と2回の血液検査から「リウマチ性多発筋痛症」と診断されました。
 家でいろいろ検索してみますと、「Bird(バード)の診断基準(1979年)」の7項目のうち3項目(肩の痛み、朝のこわばり、上腕筋の圧痛)には全く該当しません。
 また、痛いのは腰から背中にかけてだけで、手足、首、肩、股関節は何でもないとのことです。
 ステロイドを処方されましたが服用はしますが、今後のことが心配です。

 他の病気、症状の可能性もあるのではないかと思うのですが、アドバイス、同様の体験談、その他参考情報などをお願いいたします。

ちなみに、最近の変わったことと言えば、数日前に軽い風邪をひいて抗生物質ですぐ治癒した(と思われる)こと、久々にとろろ芋を食べたこと位です。

 また、関連性はわかりませんが、日頃から、時々ではありますが、胸が痛むらしく、水をコップ2杯程度飲むとおさまるようです。

70台後半女性(母)です。
 急に伸び上がった拍子に、背中(どちらかといえば左側)に激痛が走り、呼吸が苦しくなったとのことです。痛さの種類は「ビビッ」とすると表現しています。
 数年前にも全く同じ症状になったことがあり、痛み止め(座薬)を使用し数日で全快しました。この時は数日、夜中も寝返りをうつのも相当大変で、辛そうでした。

 さて、病院を受診したところ、心電図と2回の血液検査から「リウマチ性多発筋痛症」と診断されました。
 家でいろいろ検索してみますと、「Bird(バード)の...続きを読む

Aベストアンサー

ペインクリニックを受診してみませんか。

Q破傷風の中和で多発性骨髄腫になりますか?

五年前、二歳の娘に熱性痙攣が起こり慌てた私は父のもとに走った。初めての事で気が動転して真っ白になり、気がつくと父が孫可愛さに口に指をツッコミ相当な強さで噛まれていた。救急車に運ばれて、父のことなど後回しになり、その夜遅く破傷風になってしまうなんて誰が想像したか。その後の治療で危ないところは回避出来たが、その二年後に多発性骨髄腫と診断された。破傷風の場合、抗生物質だけでは治らず、中和のために免疫グロブリンなどで処置したと仮定して、二年後にその病気に変異したと考えられないでしょうか?

Aベストアンサー

>その夜遅く破傷風になってしまう

どんなに短くても破傷風の潜伏期は2日です(通常は一週間)。孫に噛まれたのは関係ないでしょう。

免疫グロブリンの投与と多発性骨髄腫との関係もありません。

Q52才の男です。色々検査しましてけど中々これとゆう病名の病気が見つかりません。元々高血圧、高コレステ

52才の男です。色々検査しましてけど中々これとゆう病名の病気が見つかりません。元々高血圧、高コレステロール、冠攣宿性狭心症、腰痛、膝痛の薬物治療はしています。時々胸が痛んだり期外収縮不整脈の強い自覚症状があり循環器専門の掛かり付け医師に診てもらっています。最近も24時間ホルダー心電図しました。来週結果を聞きますが多分何もないと言われそうです。やはりセカンドオピニオンした方が良いのかなぁ?アドバイス頼みます。

Aベストアンサー

52才にもなって 回答を質問者が選択する必要がある こういったQ&Aサイトの欠点が判らないとは・・

どんなに正解でも あなたが選択ミスをすれば 誤回答を正解と見なす事になる・・

下らない質問なら 間違ったとしても それでも良いが 病気等 健康に影響する事には…?って 考えれないの?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング