なぜ婚活が今ブームなのでしょうか?

今の時代は出会いがない?
昔と変わらない気がするのですが。。

婚活したいのですが、
知っておいたほうが良いかと思い質問させていただきました。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

職場以外で出会い結婚する人の割合は昔とあまり変わっていないそうです。


減ったのは職場での出会い。
自分に気の無い同僚を口説けばセクハラ。
結婚する気の無い独身の部下に誰か紹介すればパワハラ。
取引先の気になる人に声をかければクレーム。
今はそんな感じです。

出会いを職場の外で探すなら婚活が手っ取り早いということです。
言い方を変えるとプライベートの時間にパートナーを見つけられない人が集まるのが婚活。
男女共に受身の人が多いので、積極的にいかないと中々進展しません。
頑張ってくださいね。
    • good
    • 2

私は昨年婚活を開始して、


3ヶ月くらいで旦那と出会って結婚したのですが、

結婚相談所のアドバイザーの方といろいろと話していると、
今の時代は結婚しにくい時代だと言っていました。

おそらく不景気や何でも揃っている時代だとか
いろいろあるとは思うのですが、結婚しにくいという事は
知っておいたほうが良いかも知れません。

でも婚活で結婚できないわけではなく、
がんばっていけばかならず結婚できると思っています。

婚活は相手を見つけることも大事なのですが、
結婚相談所との相性もあったりして
そこでつまづく人も多いです。

各社いろいろな特徴がありますので、
自分の希望に合ったところを見つけるのに苦労します。

あとは、気になるところがあればそこに無料体験を申し込むと
お金もかからずにいいと思います。

私の場合ですが、結婚相談所に入り、自分の希望を伝えて、
あとはアドバイザー任せっきりでした。
そしたら今の旦那様が見つかって結婚して、今は幸せいっぱいです。

私が婚活でいい人を見つけられたのは、
良い結婚相談所にめぐり合えたからかなぁと。

うまくいきますよ。
    • good
    • 2

少し前まではお見合いですね。


no2さんが言うように世話焼きさんが沢山いましたから。
    • good
    • 0

自分で出会いを見付けられる人はそんなに変わらない。



自分で見つけられない人が結婚相手を見付ける手段として一昔前まで機能していたのが
上司の紹介とか、近所や親戚のお節介おばさん。

いまはお節介を焼く人がいなくなったので
自力で「婚活」をしないといつまでも相手が見つからない。
と言われてますね。
    • good
    • 3

出会いを後押しする人が減った印象があります



昔は 近所付き合い 親戚付き合い 上司と部下の付き合いなどが濃密で お年頃の男女が独身でいると 「良い娘がいるからどう?」 「良い息子さんがいるのよ~」とか 頼んでもいないのに出会いをセッティングするような雰囲気があった。

最近はそういうのが薄れてる。

だから妙齢の男女が自ら動かないと、どうにもならない。
婚活がブームなのは そういうのも関係するかなあと思う。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q婚活パーティー 私はこれまで四回ほど参加しましたが、いい出会いはありませんでした。家にいても出会いは

婚活パーティー


私はこれまで四回ほど参加しましたが、いい出会いはありませんでした。家にいても出会いはないので今後も出続けるつもりですが、婚活パーティーでゴールインした方いらっしゃいますか?今年は街コンなどにも挑戦してみようかと思っています。

Aベストアンサー

婚活から結婚しました。今は妊娠でベビ待ちです。婚活って精神的に疲れるだけで、初めはあまり期待もせず年齢的に早く子供は欲しいからという理由で半ば妥協で参加していましたが、結果とてもわたしの事を大事にしてくれる笑顔の素敵な男性と出会えました。お相手も私を気に入って下さって、結婚に積極的に考えてくれて一年も経たずに夫婦になりましたよ。婚活パーティーも片手程度の参加であればもう少し参加して色々な男性と出会うといいかもしれません。

ちなみに私の周りだと街コンは恋人探しにはとてもいいかも知れませんが、結婚相手探しは結構難しいみたいでした。街コンは気軽に大人数との出会いがあるので、気になったらとりあえず声かけるくらいの気持ちの方が多いらしいので。

Q婚活ブームにのって結婚したいです。

婚活ブームにのって結婚したいです。

27歳、医療事務職女です。

今婚活って流行っていますよね?
Facebookのアプリでも婚活できますし。
ああゆうのって実際にカップルできるのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

私も1年前くらいに一応やっていたのですが、
出会い系と何が違うのかはわかりませんでした。

出会い系と同じかなぁと。

男性は有料で女性は無料だった気がします。。

でも、結局はだましの人も多いので、
本気で結婚したい人はアプリで恋人探しなんて
しないのではないでしょうか?

私は結局はアプリをやめて
ちゃんとした結婚相談所に登録して昨年結婚しました。

やはり専門のプロに任せた方がいいかも知れません。

Q婚活している男性に質問です。 婚活=結婚する相手を探していると言うことになりますが、 婚活で出会った

婚活している男性に質問です。

婚活=結婚する相手を探していると言うことになりますが、
婚活で出会った相手と恋愛をするつもりはあるのでしょうか?
女性は恋愛と結婚は別物と考えている人も少なくないと思うので、男性はどうなのかな?と思いました。

回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

今の時代、やたら言葉を作ってリクツで線引きして安心したがる傾向があります。
どうして、わざわざ結婚と恋愛を線引きするのでしょう?
結婚はふたりの長い時間の「スタート」なのです。相手を「好き」でないと続けていくことができません。

「好き」ってこと、勘違いしている人が多い気がします。
燃え上がったり、奪ったりすることじゃない。
「誰かを大切に思い、理解すること。そしてありのまま受け入れて許すこと」なのではないでしょうか?
恋愛は別に楽しいデートだけを意味するものではないですよね。
リクツでは片付けられない。ココロが触れ合うことが大事です。

参考「婚活のヒケツ」
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n319914

Q婚活の出会いについて

こんにちは、30後半アラフォー女です。先日、婚活パーティで
カップルになった男性と2回、食事に行きました。
その方も同じく、30台後半の方で私が申し込んだから
その人も書いて、そして、カップルになった流れです。
その方いわく、”これからも婚活パーティは参加するつもり。
(私の事は)真面目そうだし、気に入っているからこそ?伝えて
おきたかった”と言われました。そして私にも、
婚活の継続を勧められました。そして、また誘うかも?的な事も
いってました。クリスマス近かったので、プレゼントをくれて
おごってもくれました。結局、私は次点という事でしょうか?
それとも、複数交際で効率よくしよう!という事なのでしょうか?
私には、少々理解しがたいです。

Aベストアンサー

婚活の場合、いきなり他の出会いは一切断っての交際にはならないと思います。
最初は少なからず複数交際もしつつ、最終的に1人に絞るのではないですか?
次点とかそういう事ではなく多少はお付き合いしてみないと相手のことは分からないでしょう。
その時にいちいち「その人だけ」と決めて長ければ数ヶ月とか過ごす必要はないという事です。

そういう意味では婚活においては私は出会ってしばらくはカップルではないと思っています。
複数交際が許されているうちはまだまだ様子見で恋人同士ではありません。
お互いに「あなたに決めた」となってからがカップルです。
だからといってあえてキープである事を匂わせるのは興ざめなので私だったらこの男性は選びませんが…。

Q収入と婚活 お金と出会い

僕は35歳の独身で、
この年になると、今住んでいる家が自分の代で無くなるのではないかと、
将来の跡取りに恐怖を感じている毎日です。
その恐怖と責任からネットに登録して出会い探すことにしたのですが、
どの女性も相手の収入に対する希望価格に400万円以上つけていて、
婚活パーティーでも参加条件として500万円以上をつけています。
一身上の都合で田舎に戻り低収入となった僕にはお金には勝ち目がありません。
どうすれば出会いを作り出す事ができるのか、もう自分ではわかりません。
僕の将来と時間を理解していただいて、アドバイスをいただけないでしょうか?

どうかご協力お願いします。

Aベストアンサー

結婚パーティーだけが出会いの場ではないと思います。
結婚パーティーに行く人は、絶対に玉の輿?高収入の男性と結婚したいから行くのだと思います。
私は出会い系サイトで、今の主人と出会いました。
そんなに年収がある訳ではありませんが、幸せに仲良く暮らしています。

あなたにも、そんな女性がいつか現れると思いますよ。
下のサイトは婚活のコツなどを書いているサイトです。
見つけたんでのせてみました。
頑張ってください。

参考URL:http://cherry-y.com/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報