有機化合物の構造式の中で用いられる略号(例えばMe, Et, Pr,…、Ms, Ts, Tf, TMSなど)、錯体の配位子に用いられる略号(例えばacac, edta, bpy, mnt, dmitなど)は、IUPACなどで公式に定められているものなのでしょうか? それとも、論文誌が勝手に独自で定めたようなものなのでしょうか?(その両方という感じもしますが…)

 素朴な疑問で失礼ですが、ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただきたく存じます。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

IUPAC のペ-ジを参考 URL にあげておきます。

ここから「Nomenclature and Symbols」→「Interdivisional Committee on Nomenclature and Symbols (IDCNS)」→「Use of abbreviations in the chemical literature」とたどって御覧いただけばわかると思いますが,分野外の研究者が見てもわかる用にとの理由で,IUPAC は略号を使わない事を推奨しています。

ただし,その雑誌を見る研究者の分野が限られており,誤解を招かない程一般的なものに限っては,使用を容認しています。しかしこれも,他の略号をスペルアウトする場合は,これらについてもスペルアウトする事としています。

ですので,実際の所は雑誌によって使用可能なものが決められており,後は全てスペルアウトが必要といえます。

お書きの例では,Me, Et, Pr, Bu は,構造式中に限ってですが,普通に使用できます。ただし,pentyl 以上は通常使用しません(一定の略し方がありません)。

Ms, Ts, Tf, TMS は,例えば TMS は trimethylsilyl と tetramethylsilane の両方に使うなど,決まった略し方がありませんので,スペルアウトが必要です。

ただし,その略し方は,「論文誌が勝手に独自で定めた」わけではなく,通常その分野の研究者が使っているものに限られます。

 

参考URL:http://iupac.chemsoc.org/dhtml_home.html
    • good
    • 0

Hacac=acetylacetone


H4edta=etylenediaminetetraaceticacid
bpy=2,2'-bipyridine
以上三点はIUPACで許容されているようです。

H2mntは化学辞典には記述がありますが、日本化学会の化合物命名法の小冊子には
記述がありませんでした。

dmitは化学辞典にも記述がありませんでした。

私は普段、Inorg.Chem., Inorg.Chim.Acta, Dalton などを
読んでいますが、投稿規定の欄などでも、配位子の略号については
書かれていません。基本的にはどんなに有名な配位子でも各自の
論文中で一度は体系名、もしくは慣用名の書き下し(?)が
なされているように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございました。ところで、IUPACで許容されている略号のリストって存在するのでしょうか? 非常に興味があります。たとえば、bpyはbipyと書く場合もある訳で…。

最近私は電子ジャーナルばかりで、生の雑誌を手にすることは少なくなってしまったのですが、雑誌によっては投稿規定に略号の表を掲示しているところもあります。例えば、ACSのJOCはネットにも投稿規定が公開されております。

http://pubs.acs.org/instruct/jo.html

これによりますと、JOCは有機系のジャーナルですが、acacやedtaは注釈なしで使ってよいことになっております。Cpやcotも注釈なしで使えますが、codは注釈が必要です。ここら辺で「なぜ?」と思ったわけですが…。

お礼日時:2001/06/29 18:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QET-KING

ET-KINGのビールのCMに使われている曲は何という曲でしょうか?ご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

甲斐バンドのカバー曲「HERO(ヒーローになる時、それは今)」だと思います。

QEDTAなどのキレート剤は重金属と錯体を形成しますが、

EDTAなどのキレート剤は重金属と錯体を形成しますが、
重金属が酸化物や炭酸塩でも錯体を形成するのでしょうか?

Aベストアンサー

塩化銀や臭化銀のような難溶性塩も,適当な錯形成剤,たとえばチオ硫酸イオンとかで溶解できます.
炭酸塩,酸化物であっても,溶解度積は0ではないので,錯形成剤があれば錯体を作り,それを含めた平衡状態になるでしょう.
ただし,溶解速度が遅ければ,平衡になるのに長時間を要することもあるわけで,実際には溶けないように見えるかもしれませんが.
あと,たとえば炭酸カルシウムは,EDTA入れれば,それ自体の酸性の影響もあって溶けます.EDTA-4Na とかだと,まあべらぼうにおそいですね.溶けるのかもしれませんが.

QET-KINGの「愛しい人へ2010」について

ET-KINGの「愛しい人へ2010」について

3月に発売されたシングルコレクション!の13番目に収録されている愛しい人へ2010(新録曲)は2007年に発表された原曲の「愛しい人へ」とはどう違うのでしょうか?
リミックスされているのでしょうか?
CDを借りたらいい話なのですが、すみませんが、ご存知のかたがいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

「愛しい人へ2010」は“オケを新たに作り直して、歌も新たに歌い直したリメイク・バージョン”

~スタッフブログ引用~

http://et-king.laff.jp/blog/2010/02/post-bb35.html

とのことです。

オケの詳しい意味は↓こちらが分りやすく説明していらっしゃいます。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1210702872

Q2,6-ジベンザルシクロヘキサノンのIUPAC名を教えてください。

IUPAC名と言うものがきちんと分かっていないので全然分かりません。
ヒントでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

そもそもベンザルbenzal自体、IUPAC承認の慣用名ですから、
2,6-DibenzalcyclohexanoneはIUPAC名です。
またベンジル基から来るベンジリデンBenzylideneも慣用名として承認されているので、
2,6-Dibenzylidenecyclohexanone
あえてbenzalやbenzylideneという呼び方を排除すると
Phenylmethyleneという置換基になりますので、
2,6-di(phenylmethylene)cyclohexanone

一方ベンゼンを主鎖とみなすと、
Cyclohexan-2-on-1,3-diylidenedimethyldibenzene
または
1'-(3-Phenylmethylenecyclohexan-2-onylidene)methylbenzene

邪道ですが、ペンタジエノンを主鎖として、
シクロヘキサンを架橋プロパノ基として命名すると、
1,5-Diphenyl-2,4-propanopenta-1,4-dien-3-one
[といっても、これは環式単価水素の命名に関する規則の
どれだかに違反していそうです]

上の例を混合させれば同一物質について数十種類の命名がありそうですが、
2,6-Dibenzalcyclohexanoneが一番適切な名前に思われます。
あとは2位と6位のE体・Z体の問題が残っていますね。

そもそもベンザルbenzal自体、IUPAC承認の慣用名ですから、
2,6-DibenzalcyclohexanoneはIUPAC名です。
またベンジル基から来るベンジリデンBenzylideneも慣用名として承認されているので、
2,6-Dibenzylidenecyclohexanone
あえてbenzalやbenzylideneという呼び方を排除すると
Phenylmethyleneという置換基になりますので、
2,6-di(phenylmethylene)cyclohexanone

一方ベンゼンを主鎖とみなすと、
Cyclohexan-2-on-1,3-diylidenedimethyldibenzene
または
1'-(3-Phenylmethylenecyclohexan-2-onylide...続きを読む

Q歌詞の意味 ALL YOU ET-A

All You Et-a (Tune: Alouette)という歌の歌詞(一部)
All you et-a think of all you et-a
Think of all the soup you et,
の et-a の意味ご存知でしたら教えて頂けますか

Aベストアンサー

おそらく“all you eat”の意味だと思います。

(Tune: Alouette)というのは、Alouetteの替え歌と言うことですよね。

多分、元の歌の歌詞で“Alouette”となっている箇所を、発音の似ている“all you eat”に置き換えたダジャレの替え歌なんだけれど、もともとの“Allouette”の発音の名残を残して、“all you et-a”のように発音しているということではないでしょうか。

ちなみに、Allouetteというのはフランス語の子供の歌で、カナダで人気がある歌だそうです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Alouette_(song)
http://www.kididdles.com/lyrics/a014.html

Q1,2,3,4,5,6ーヘキサクロロシクロヘキサン

1,2,3,4,5,6ーヘキサクロロシクロヘキサンの中で1番安定な立体配座はどれでしょうか…

Clの1,3ージアキシアル相互作用を避けたいのでClをできるだけエクアトリアルにしたいところですが、だからといってClをすべてエクアトリアルに持っていったりするとゴーシュ型で不利になりますよね…静電相互作用も働きますし…

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

全部エクアトリアルにすればいいんじゃないですか。

>だからといってClをすべてエクアトリアルに持っていったりするとゴーシュ型で不利になりますよね…
アキシアルにすれば隣のC-C結合とゴーシュになりますよね?そこまで気にする必要はありません。

>静電相互作用も働きますし…
???

QETとはなんですか?

友達がET。ET。と言っていたので、質問させていただきました。

Aベストアンサー

こう見えたとか?

Qイオン化傾向はK,Ca,NaなのかK,Na,Caですか?

イオン化傾向は高校の化学で習いますが、高校時代はK,Ca,Na,Mg・・・と教わります。ところが大学の無機の先生からは本当はK,Na,Ca,Mg・・なんだよと分厚いデーター集を見せられて、ほらココに書いてあると教わりました。

その時に街の書店で、各社の参考書を読みあさったところ、どの参考書も全てK,Ca,Na,Mg・・・でした。

最近、このサイトで参考にしていたホームページもK,Ca,Na,Mg・・・でしたし、娘が使用した高校の教科書でも同じでした。

昔、先生から、理化学辞典も参考にしなさいとアドバイスを受けていたので、もう一度理化学辞典を調べたところ、私が持っている第3版では、確かに先生がおっしゃったようにK,Na,Ca,Mg・・と記載されていました。

ちなみに化学大辞典を調べたのですが、こちらは高校の教科書通りの順番でした。

化学大辞典と理化学辞典との記述は明らかに異なります。

私自身は、恩師の教えを今も信じています。
よって、私から見れば、高校の教科書、化学大辞典、その他ホームページの記載も間違いだということになってしまいます。

私が正しければ、イオン化傾向などの基本的な記述が何10年も(今もって)間違って教えられ続けていることになりますし、化学大辞典が正しければ、私が先生にだまされて何10年も間違った思いこみをしてきたということになります。

みなさんはどちらが正解だと思われますか?

イオン化傾向は高校の化学で習いますが、高校時代はK,Ca,Na,Mg・・・と教わります。ところが大学の無機の先生からは本当はK,Na,Ca,Mg・・なんだよと分厚いデーター集を見せられて、ほらココに書いてあると教わりました。

その時に街の書店で、各社の参考書を読みあさったところ、どの参考書も全てK,Ca,Na,Mg・・・でした。

最近、このサイトで参考にしていたホームページもK,Ca,Na,Mg・・・でしたし、娘が使用した高校の教科書でも同じでした。

昔、先生から、...続きを読む

Aベストアンサー

 おもしろそうな質問ですので,チョット失礼いたします。

> 化学大辞典と理化学辞典との記述は明らかに異なります。

 「理化学辞典 第3版」を御覧になったようですが,手元の「理化学辞典 第5版 CD-ROM 版」(岩波)では,『Li, K, Ca, Na, Mg, Al, Zn, Cr(III), Fe(II), Cd, Co(II), Ni, Sn(II), Pb, Fe(III), (H), Cu(II), Hg(I), Ag, Pd, Pt, Au』とあり,他のものと同じく「K,Ca,Na,Mg,・・・」になっています。

 おそらく,#5 の 38endoh さんがお書きの様に『標準電極電位の測定値が時代を追って変化し』,何処かの時点で逆転したのだと思います。

 この辺りの事は「IUPAC (International Union of Pure and Applied Chemistry)」のサイト(↓)に情報があるかと思いますが,残念ながら私には見付けられませんでした。「Site Index」の「Reports」辺りにあるんじゃないかと思いますが・・・。見付けられたら教えて下さい。

 そう言えば,むか~し(?)「かそかな,まあ当てにすなひどすぎる借金」って習った時に,「なんで,そ=ソーダ=Na じゃないんだ?」って疑問に思いましたね。

参考URL:http://iupac.chemsoc.org/dhtml_home.html

 おもしろそうな質問ですので,チョット失礼いたします。

> 化学大辞典と理化学辞典との記述は明らかに異なります。

 「理化学辞典 第3版」を御覧になったようですが,手元の「理化学辞典 第5版 CD-ROM 版」(岩波)では,『Li, K, Ca, Na, Mg, Al, Zn, Cr(III), Fe(II), Cd, Co(II), Ni, Sn(II), Pb, Fe(III), (H), Cu(II), Hg(I), Ag, Pd, Pt, Au』とあり,他のものと同じく「K,Ca,Na,Mg,・・・」になっています。

 おそらく,#5 の 38endoh さんがお書きの様に『標準電極電位の測...続きを読む

QEt3Nの効果について

アミド結合の保護基としてBocを入れる反応をしたのですが、その時Et3NもBocと等量入れました。このEt3Nの寄与がいまいちよく分かりません。反応を促進させている(何かを活性化させている)ために入れているのでしょうけれども、どこにどういった形でアタックしているために、反応が行きやすくなっているのでしょうか?ほかにもEt3Nを入れる反応はいっぱい見るのですが、Et3Nの効果が理解できていません。ご存じの方、是非、教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 御質問者からの反応がありませんが,#2 の方の回答を拝見して補足回答いたします。

 この様な反応でのアミンの効果には2種類あると考えられます。1つは,私が回答した求核剤として活性中間体を形成する事による反応の加速です。もう1つは,#3 で触れられている塩基として働いて反応性の高いアニオン種を形成する事による反応の加速です。なお,反応の加速から離れれば,塩基として生成する酸をトラップするという効果を期待している場合もあります。

 ここで3級アミンが求核反応を容易に起こす事は,トリアルキルアミンと塩化アルキルからのテトラアルキルアンモニウム塩の生成が容易に起こる事からも明らかですので,3級アミンがアミド窒素上の水素を引き抜ける程の塩基性を有しているかどうかについて検討します。

 3級アミンとして御質問にあるトリエチルアミンを考えますが,手元の「アトキンス 物理化学(上) 第6版」には,共役酸であるトリエチルアンモニウムイオンの pKa が 10.76 と出ています。一方,アミド窒素上の水素の酸性度については,手元の「Vollhardt-Schore Organic Chemistry 3rd Ed.」に R-CH2-CO-NH2 の CH2 の pKa が約 30,NH2 の pKa が約 22 と出ています。

 したがって,下記の酸塩基平衡を考えた場合,アミド窒素上の水素の酸性度よりもトリエチルアンモニウムイオンの酸性度の方がかなり大きく,平衡は殆ど左に偏っています。これでは,トリエチルアミンが塩基として作用して反応を促進するのは困難と思われます。

 RCH2-CO-NH2 + Et3N ⇔ RCH2-CO-NH(-) + Et3NH(+)

 実際,pKa 約 30 というと,メタノール(pKa = 15.5)よりも弱い酸であり,メタノール等のアルコールからプロトンを引き抜いてアルコキシドアニオンを作るのに強塩基が必要な事を考ええてみても,アミド窒素上の水素を引き抜くにも強塩基が必要と考えられます。

 御質問者からの反応がありませんが,#2 の方の回答を拝見して補足回答いたします。

 この様な反応でのアミンの効果には2種類あると考えられます。1つは,私が回答した求核剤として活性中間体を形成する事による反応の加速です。もう1つは,#3 で触れられている塩基として働いて反応性の高いアニオン種を形成する事による反応の加速です。なお,反応の加速から離れれば,塩基として生成する酸をトラップするという効果を期待している場合もあります。

 ここで3級アミンが求核反応を容易に起こす事は...続きを読む

Qニ、シ、ロ、ハ、ト。2,4,6,8,10。

日本では、身の周りにあるものを数へるときに、「ニ、シ、ロ、ハ、ト、」と、2個づつ、数へてゆく習慣があります。

生化学に目を向けてみますと、同様の現象が見られます。たとへば脂肪酸は、炭素数2個単位で合成されることが多く、結果的に、炭素数が偶数のものになります。(註)

この2個単位といふ、日本人の習慣と、生化学には、両者に共通する深遠な法則性があるのですか。


註:例示すれば、パルミチン酸は炭素数16、ステアリン酸は18。

Aベストアンサー

ソロバン文化でないヨーロッパでは、分数や12進法が発達しました。60分とか・・
 ベンゼン環は6個の炭素で出来ていて、meta,ortho,paraと1/3や1/2が良く登場します。炭水化物はC6H12O6で表されます。有機化学と西洋文化に共通する深遠な法則性があるのでしょうか??

 単なる偶然です。

 多分、植物が光合成でブドウ糖を生産できるようになった、これを代謝していく過程で有毒な副産物を精製しない2個単位での代謝--エタノール--アセトアルデヒド-->酢酸-->CO₂ H₂Oに都合が良い。奇数だとホルムアルデヒドが出来ちゃう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報