「dポイント」が最大20倍になるお得な情報

注文住宅について中立的な立場で相談できる専門家を探しています。

今後、土地探しからはじめて、注文住宅で家を建てようと考えているものです。

施工会社等に左右されず、中立的な立場で、
ライフプランや資金計画に関したり、土地取得についてだったり、
また、どういった段取りでことを進めていけばいいか、
さらには、どのような施工会社が自分の要望などに合っているかなどを
相談に乗ってくれるウェブサイトや相談窓口に、どのようなものがあるか探しています。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

検索 土地」に関するQ&A: 殺人事件 やくざ 土地 で検索すると、暴力団がらみの殺人事件がいっぱい出て来る日本という国は、おかし

A 回答 (9件)

「案内役」のようなことであれば、という視点で、もう一度書き込んでみます。


土地探しを具体的に手伝ってくれたり、資金計画の、特に融資の部分での具体的な手伝いにまで踏み込んで手伝ってくれる事務所が簡単に見つかるかどうかは良くわかりませんが、建築という部分についての「施主の代理人」的な意味であれば、設計事務所を使うという方法はあると思います。

設計事務所が「施主の代理人」的な立場で動いてくれるのは、設計作業の部分ではなく、監理業務の部分です。
設計のみの契約を行った場合は、現場監理は施工業者が行うわけですが、設計事務所と設計・監理契約を行うと、設計事務所が定期的に現場を訪れ、設計図書通りの施工がなされているかなどを、施主に成り代わってチェックしてくれます。

当然の話として、土地が決まっていない場合は図面作成に着手出来ませんし、資金計画が固まっていない限り、土地購入予算と建築工事予算を決めることが出来ませんから、この場合も設計作業に着手出来ません。
ですから、それらについての相談には、ある程度の範囲までは乗ってくれると思います。

実は私は、過去に4度戸建て住宅を手にしています。
1軒目と2軒目は、建築条件付きの土地購入による取得で、3軒目は土地を購入後に設計事務所に設計監理をお願いし、工務店での建築、4軒目は購入してあった土地に、3軒目でお願いした工務店で建築というようなものです。
いわゆる「ハウスメーカー」として営業している建築会社や、或いは工務店などに依頼した場合、設計手数料は表面に出て来ない場合があると思いますが、実際には設計作業は行われますから、工事価格にそれは含まれているわけです。
それを設計事務所に依頼した場合、「設計監理料○○円」のように別立てで発生しますから「お高い」と感じやすいという面はあると思います。
そして、それが本当に「お高い」のかどうかは、自分の経験を考えても良くわかりません。
「そうだ」と言えばそうである可能性もあるかも知れませんし、「そうでもないでしょ」と言えば「全くその通りだなあ」とも思います。
ただし「センスある住宅が手に入った」印象は持っています。
4軒目もほんとうならば3軒目と同じ設計事務所に依頼したかったのですが、2軒目の家と3軒目の家は距離的に相当離れており、その設計事務所は2軒目の家の近くなので、3軒目を建築するときは都合が良かったのに対して、3軒目の家に転居してしまうと設計打ち合わせが実質的に困難になり、工務店は3軒目の家と比較的近い場所にあり、4軒目は3軒目の家とそう遠くなかったので、工務店のみ同じ所にお願いしたと言うことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本質問に度重なるお付き合いいただき、誠にありがとうございます。

にほえど様は、4度も戸建て住宅を手にされているご経験があるのですね。
どうりで、お詳しいと思いました。
家は3件建てて、やっと思うような家が建つ、なんてお話もありますもんね。

ただ、一般的な方だと、家づくりは一生に一度あるかないかかと思われます。
そのような中、素人の一度の挑戦で、(また、さらには一度目に失敗した方が二度目に)失敗しない家づくりをするには、
どうしたらよいか、どのような方策を取れるかを考えて質問させていただいています。

土地探しや融資の部分で、具体的に手伝っていただく(例えば、土地なら現地まで立ち会って具体的に説明を受ける、など)ことまでは考えておりませんでした。
設計事務所が監理業務を施主の代理人として受けてくれるのも、住宅建築全体の中の一部の内容になるかと思います。また、この場合、土地、資金計画にある程度相談に乗っていただけるにしても、依頼する設計事務所は先に決めなければならない、というリスクは発生します。

私が考えていた『案内役』とは、手っ取り早く資格で言うと『住宅建築コーディネーター』というものの役割、職務内容に近いです。
(この資格を取得しても意味をなさない、取るだけムダなどの意見もあるようですが、そのあたりの意見はどうでもよく、役割、職務範囲が近いという観点です)
こちらの資格を利用して仕事をされている方でも、
私が望む、住宅建築全般について中立的な立場で相談ができる方というのは、
あまりいないようで、限られてくるとは思います。
いたらいいのになあとは思ってますが。。

ご意見、情報のご提供ありがとうございました。

お礼日時:2017/03/16 15:57

それは設計者だろうと思います。

それもいろいろな経験を積んだベテランが良いと思います。建築主側に立って、土地取得のアドヴァイスをしたり、資金計画についても相談できるでしょう。その場合は、かなり自分の財政状況等もさらすことになります。この欄でいろいろと現場が始まって、相談されていらっしゃる方が多く見受けますが、専門家であれば、容易に判断できるケースも多いと思います。このような悩みから解放されるだけでもずっと楽でしょう。私は、建築主の要望によって、知り合いの工務店の中から紹介しています。他の回答者の方が書かれているような紹介料目当ての事務所もいるかもしれませんが、私の事務所では、施工者からの、そのような申し出は断っています。そのようなお金があるのであれば、建築主に還元してくださいと伝えます。なぜ、私が工務店を紹介するかというと、工務店の社長の人柄、仕事に対する姿勢、アフターへの対応等の過去の経験から新たに、工務店を一から探す必要を感じないからです。ある時は、建築主が、たまたま知り合った工務店を自宅の工事を依頼させたいのだがという要望がありました。社長の人柄がいたく気に入ったのがその理由とのこと。私も会って、仕事を通して、建築主がなぜその社長を気に入ったか理解できました。その現場の後も、何件か仕事をお願いいたしました。なんでも、そうですが、お店でいえばリピーターと同じです。
どこで、設計者を探したらよいか?知り合いから紹介を受けるというのが一番良いかと思いますが、各地にある建築士会が一般的でしょう。強い社会的責任感のある方、建築主の要望より、自分の名前を世に出すことを優先させるような方は避けること、いろいろな経験を積んで、豊富な知識を持った方というのが条件でしょう。
頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

・強い社会的責任感のある方
・建築主の要望より、自分の名前を世に出すことを優先させるような方は避けること
・いろいろな経験を積んで、豊富な知識を持った方

を条件として設計者を探すのですね。
条件は理解できました。
実際、ご回答いただいた建築士会などで、今回の質問させていただいた主旨にあたる専門家を、
自身で見つけることができるのかには、多少自信がないように感じてしまいましたが、調べてみたいと思います。

情報のご提供、ご声援ありがとうございます。

お礼日時:2017/03/16 17:14

「このような専門家はいない」と断言する自信はありませんが、各業者を購入希望者に紹介するに当たって、各業者に対する中立性を保ち続けると言うことは、相当に困難なことのように思います。



「少なくとも私と同じようなニーズを抱えていらっしゃる方はそれなりにいらっしゃると思いますことと、だからと言って、顧客側の肩だけを持つのではなく、業者側と顧客側の差を埋め橋渡しをすることで、双方WIN-WINを目指すような住宅業界に精通した専門家」が、存在する可能性はあると思います。
そうした業務を行う立場の人達も、おそらくはその多くが、当初はその様な理念を持っていただろうと思いますし、それをずっと持ち続けている人は珍しくないだろうとも思います。
ただ、現実に起きることを考えると、「理想は理想に過ぎない」という場合は、この件に限らずあると思います。
「本当はこうするべきなのはわかっているけれど・・・・」と言うことです。

例えば、住宅を欲するA氏に対して、仲介するB氏(またはB社)が、優良な建設会社であるC社を紹介し、結果としてA氏は満足出来る住居を手に入れることが出来た場合、これはいわゆる「WIN-WIN」であると思います。
ですが、多分現実は「WIN-WIN」ではなく、「WIN-WIN-WIN」です。
おそらくは、B氏(またはB社)も利益を得るからです。
B氏(またはB社)が何らかの利益を手にする場合、それは一体誰からになるのか?と考えると、当然のこととして「A氏から手数料を受け取る」があるにしても、C社からはより大きな利益が提供されるだろうと思います。
もしもB氏(またはB社)が「私(または当社)は、住宅購入希望者側(A氏)から料金を頂戴していますので、謝礼などは結構です」とC社からの申し出を断ったとしても、「次の物件の紹介を受けたい」とC社が考えることは容易に想像出来ますから、ほぼ間違いなく「紹介頂きましたから。これはお礼です」など、熱心な営業を受けることになるだろうと思います。
そして、一度それを受け取らせてしまえば、次からは簡単です。

A氏とB氏(またはB社)及びC社間の「WIN-WIN-WIN」で始まった関係は、A氏の物件の引き渡しが完了したのちは、B氏(またはB社)とC社間の「WIN-WIN」に変わるだろうと思います。
住宅新築工事を紹介して貰ったC社が、B氏(またはB社)に対してそうした営業活動を行わないことは、ほぼ考えられないように思いますし、B氏(またはB社)がそうした仲介を趣味でやっているような場合を除けば、大きな収入源を自ら捨てることには、相当に固い信念が必要になるでしょう。

こうしたことには、二面性が付いて回ると思います。
B氏(またはB社)が、そうしたことを職業として行っている場合は、書面化された契約を伴うことになるでしょうから、そこには一定程度の信用が発生しそうな気はしますが、利益のために行っていることである以上、完全なる中立性をそこに求めることは、現実的ではないように思います。
それに対して、B氏(またはB社)が、それを趣味や好意などによって行っている場合、そもそも信用することが難しくなるような気がします。
途中で「いやあ、忙しくなっちゃったから、もうお手伝いは無理だよ」と放り出されるような可能性は、常にあるだろうと思います。

ここに書いた「B氏(またはB社)」は、一般的には「ブローカー」だと思いますが、「中立性」をこうした人達に求める場合、「中立性を保つことが出来ているブローカーを紹介してくれる専門家」が必要になってしまうような気もします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ご回答ありがとうございます。
詳細かつ具体的に中立的な専門家の問題点を
ご指摘いただけて大変勉強になります。

ご指摘いただいているように、
ブローカーとし業者側と関係を持つことになると、
成約した際、業者側からマージンが発生すること(しかも仰るように、顧客側からの手数料とは桁違いになる可能性が高いですよね)や、
業者側からの営業が発生するかもしれませんね。
こうなると、顧客側から見て、中立性を保った相談相手にはならないですよね。

いくら顧客側のニーズがあっても、私が想定しているような専門家が、
その中立性を保った上で、商売(仕事)として成り立つのかは、
素人の私には今のこの業界知識などからは到底わからないですね。

これから注文住宅を建てようとする、この業界に関して素人である顧客側からすれば、
不安なことがいっぱいの中、
住宅建築全般について、中立的に相談できる専門家という存在がいれば、
大きな安心が得られることになると思いましたが。。
ちなみに、私が考える中立的な専門家とは、
各分野に精通まではしていなくても構わなく、
まずは、注文住宅に素人である顧客に対する案内役のようなイメージをしています。

ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2017/03/16 09:50

「専門家」というのは、その物事についての専門的知見を有する人を指すことが一般的だと思いますが、それらの人達は、一定程度以上の期間、直接間接を問わず、その業界に関わった経験を必要とするでしょう。


つまり、「専門家」は、専門家になる課程で、その業界と長期に関わりを持つことになるでしょうから、そこには当然ながら利害が生じ、「専門家=その件についての利害関係者」とも言えそうです。
私は15年くらい住宅産業に関わりましたが、不動産業界で割合に有名な或る人物は「酒席を設けての接待をすると好意的な記事を書いてくれる人」としても有名でした。

あの原発事故の直後、様々な原子力関連の専門家がテレビに出演していましたが、私の知る限り、彼らの口からは非常に楽観的な説明しか行われず、中には「放射性物質が降り注いだからと言って、それは洗えば大丈夫。畑のほうれん草も、それを渡されたら私は水で放射性物質を洗い流して食べますよ」などと言う人物さえ居たと記憶しています。
「原子力の専門家」にとっては、この国から原発が消えることは、彼らのほとんどがこの国で不必要になることを意味するでしょう。
日本における原子力の意味は、原発事業が圧倒的ボリュームで、それ以外には、医療や検査など非常に限られたものになるようですから、「原子力の専門家」が、原発事故について「中立の立場で論評」など、するはずもないと言うことだと思います。

専門家と言われるほどの知見を手に入れるためには、当然ながらその分野とも深い関わりが必要ですし、そこには人間関係も出来るのは容易に想像出来ます。
そして、そもそも、ある分野における「専門家」は、その分野が存続してくれるからこそ「専門家」としての自分も存続出来るわけでしょうから、言ってみれば、「持ちつ持たれつの関係」とも言えそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「専門家」という存在について、考えさせられます。
たしかに、自身の立場が危うくなる状況では、
中立的な意見ではなく、自身に防衛的な意見をし
自身の立場を存続させられる方向に動く(意見する)と考えられますね。

結論として、今回質問でした注文住宅に関し
「中立的な立場で相談できる専門家」
探しですが、こちらも同じようなことが言えるために、
このような専門家はいらっしゃらない、とお考えでしょうか。

少なくとも私と同じようなニーズを抱えていらっしゃる方は
それなりにいらっしゃると思いますことと、
だからと言って、顧客側の肩だけを持つのではなく、
業者側と顧客側の差を埋め橋渡しをすることで、
双方WIN-WINを目指すような
住宅業界に精通した専門家がいらっしゃっても良いような、、、
と思いましたが、いかがでしょうか。

お礼日時:2017/03/15 14:10

この内容をワンストップ(1か所で全て)で相談できるところはまずないと考えた方がいい。


コンサル等で引き受けるところもあるが、コンサルの中にはナンチャッテ系も多く、クオリティに差がある。
アタリを見つけるのが大変ということ。


>施工会社等に左右されず、中立的な立場で、ライフプランや資金計画に関したり、

これは金融機関や保険会社等のフィナンシャルプランナーに相談すること。
住宅ローンを取るために金融機関は買いやすい方向に誘導する傾向がある。
保険会社の方も保険をとったり提携銀行のローンをつける(保険がもらえる)などから買いに誘導する傾向。
独立系のFPの場合、買った後に資金ショートすると顧客からクレームになることから、住宅資金を割と安全圏に設定する傾向。

これらは施工会社には一切左右されない。
施工会社やハウスメーカーについては専門外なので、建物についてさほど貴重なアドバイスは得られない。

ここで住宅資金予算が分かったら後述のハウスメーカー選定になる。


>土地取得についてだったり、また、どういった段取りでことを進めていけばいいか、さらには、どのような施工会社が自分の要望などに合っているか~~

住宅公園など複数の会社が出店しているところへ足を運んで、各社から話を聞いて自分で判断。
土地の取得から建築までの段取りはおおむね2~3パターンで、会社によっては1パターンだけとか全パターンに対応しているという差がある。
また建物に対してのポリシーやデザインなどは実物を見た方が圧倒的に良い。
ということは中立の一ヶ所に相談するよりも、自分の目で確認する方が確実。

肝心なのは、質問者は注文住宅を建てるという考えなのだから、土地取得や段取りよりも前にまずハウスメーカーを決めることだよ。
前述のFP相談で住宅予算がわかれば、どれくらいの価格帯の家になるか分かる。
予算が低ければローコストのメーカーだし、場合によっては建売の方がいいかもしれないしね。
こんな家を建てたい!というメーカーを見つけることが第一歩。
そのメーカーが土地のあっせんなどをしていなければ、土地をあっせんする不動産業者を紹介してもらうか自分で探すことになる。


それに。
コンサルや相談窓口は悩んだ時に初めて効果が生まれる。
予備知識がゼロの状態で「教えて下さい」とコンサル等へ行っても、一般論を聞いておしまいなのでお金がもったいない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
質問の内容にご精通されている方とお見受けしました。
大変失礼とは思いますが、
suzuki0013様はどのようなご職業をされているか
伺ってもよろしいでしょうか。

これらの広範囲を一括して相談できる専門家はいませんよね。
各分野の専門的な相談に関しては、
各専門家に対応していただくことで構いません。

大まかな段取りとしては、
 ライフプラン・資金計画
  ↓ (ここで得た資金計画をもとに)
 ハウスメーカーの決定
  ↓
 土地探し
というのが、基本の流れというわけですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2017/03/15 13:07

ライフプランや資金計画についてはまずは取引のある金融機関です。

口座を開設されている銀行とかですね。

土地取得についての「中立的な立場での相談」というのは具体的にどういったことを想定されているのかわかりませんので何とも。。。
例えば「通勤時間がどれくらいで」といったことでしたら列車時刻の検索サイトやGoogleマップのルート検索機能や距離測定ツールを使えば大よその範囲がわかります。また、テレビCMをやっているような全国規模の大手住宅斡旋会社のサイトで沿線や駅名、土地の広さや、学校・病院・スーパーなど諸々の条件を指定して検索すると希望条件に見合った物件(土地)がヒットします。更にその場所をGoogleマップのストリートビューで見ると周辺の状況がわかることが多いです。(詳しい住所掲載が無い時もヒットした物件の写真から見つけられる場合が多いです)

施工会社については、大手ハウスメーカーに関しては会社のサイトで情報収集したり、先にも書きました大手住宅斡旋会社のサイトに会社の比較記事があったりします。あと、不動産関係の仕事をされている方が運営する個人サイト(?)などにまとめ情報があったりもします。
Googleなどで「ハウスメーカー 比較」とか「ハウスメーカー 特徴」といった適当(適切)なキーワードで検索するとそういったページが多くヒットします。

ということで、「相談する」、「教えてもらう」ことも大切ですが、まずはご自身で情報収集をされてみられるとよいように思います。相談するより時間は掛かるかと思いますが。
一昨年自宅の建て替えをしましたのですが、その際はそういった感じの情報収集からはじめ、住宅展示場を何カ所かまわり、候補としたハウスメーカーが行っている建築中の家の訪問や入居者のお宅を拝見する見学会に参加するなどして自分達でプランを具体化して行きました。

参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
沢山の情報を書いていただき感謝しています。

土地取得の中立的な相談に関してですが、
例えば不動産会社などに事前知識なく相談をすると、
取扱物件につき営業攻勢をかけられたり、不動産会社ペースとなったりで、
判断をあやまったり、契約後後悔する可能性が高いと恐れております。
その前に、土地取得に関する事前知識や注意点などについて、
疑問に思うことなどを利害関係なく相談できることが
中立的な相談と考えてます。

仰るとおり、相談や教えていただく前に、
自身で情報収集することは重要だと思います。
今回は、例えば自身の情報収集で解決できない(わからない)問題を、
施工会社等への利害関係なく中立的に相談に乗っていただける
専門家がいらっしゃるのか、という観点で質問させていただきました。

ご回答いただいた情報は、参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2017/03/15 12:05

私もそこまで詳しい人間ではないのではっきりとしたことは言えませんが、


「コンサルタント」とは相談役という意味です。
コンサルタント会社は建築業に限らず幅広く存在します。
建築コンサルタント会社と一口に言っても、各企業、様々な色をお持ちのはずです。
まずはお近くの建築コンサルタント会社に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

後はネットで調べてみて下さい。
何か間違ってたこと言ってたらすみません(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ご回答いただき、ありがとうございます。

「建築コンサルタント」ですね。
少々調べてみましたが、
「建設コンサルタント」と「建築コンサルタント」は
別物みたいですね。
建築コンサルタントは一戸建ても対象の感じですね。
ちょっと調べてみます。
アドバイスありがとうございました!

お礼日時:2017/03/15 00:45

施工会社を回るのがいいと思いますけど、具体的な要望があるなら私が伺います。


建設資材の商社にいたので、一応ビルダーに対しては中立な元業界人です。
予算と地域と家づくりで特にこだわりたいところなどを教えて頂ければ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

親切にご対応いただけるとのことで、感謝しております。
ただ、こちらで予算、地域等の情報を教えることについては、
ご勘弁ください。

当方、住宅展示場などで施工会社は5件程度回っております。
各社回って、話をして、比較検討して、また話を伺いに行き、
中には相手方の営業攻勢にあい、、、とやっていると、
5件でも、時間も体力も精神力も相当必要で、
さらに、この中で決めていいものか、まだ他をあたる必要があるか、
などと考え、こちらで質問させていただきました。

お礼日時:2017/03/15 00:25

建設コンサルタント会社に相談されてみては?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

仰られている「建設コンサルタント会社」とは、どういう会社でしょうか?
一戸建ての個人住宅は対象なのでしょうか?

お礼日時:2017/03/15 00:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q基礎工事でトラブルなのですが・・

すいません、ベタ基礎でトラブルがあり質問させていただきます。
聞きたいのは慣習の話しです。

ある基礎屋さんに15坪のベタ基礎をお願いしました。現地でどういった工事になるか話し合いがあったのですが、その際に土地が隣より低いので土を入れなければならない、また隣より土地を高くすると土が流れ出すのでブロックを二段程度は積まないと・・と言われました。隣の土地も含めて私の土地が道路よりだいぶ低かったため。境界線も無く下は土でした。
(話し合いは大工さんと私と基礎屋さんでしました、工務店などはありません)

大体ベタ基礎はどれくらいかかるのかと聞いた所大体65万くらいだと言われました。
それでOKしましたが、工事が終わってから
土の搬入費(土代)とブロック代が別途請求がきました。

言葉の行き違いだとは思うのですが
私はてっきり全部込みで65万だと思っていたのですが普通は別払いなのでしょうか?
工務店などは通しておらず個人への単発の仕事のため慣習的なことが分かりません。
普通はベタ基礎をお願いした場合はある程度の整地(土を入れたり平にしたりなど・・)を含めた金額だと思うのですがどうでしょうか・・・。もちろん著しく土を多く要したりした場合は別途請求もいいのですが金銭的な相談は一切ありませんでした・・。

ただ20センチ程度は高さを上げてもらったのでやはり通常とは別の特別な工事だったのでしょうか・・。

ブロックは私の土地の特別な事情により設置したのですから支払うのはいいのですが、土を入れるのはある程度はベタ基礎代金に入っていると思うのですが慣習的な部分ではどうでしょうか・・・?

それともベタ基礎とは本当にベタ基礎だけの値段を提示するのが慣習的でしょうか・・・?

すいません、ベタ基礎でトラブルがあり質問させていただきます。
聞きたいのは慣習の話しです。

ある基礎屋さんに15坪のベタ基礎をお願いしました。現地でどういった工事になるか話し合いがあったのですが、その際に土地が隣より低いので土を入れなければならない、また隣より土地を高くすると土が流れ出すのでブロックを二段程度は積まないと・・と言われました。隣の土地も含めて私の土地が道路よりだいぶ低かったため。境界線も無く下は土でした。
(話し合いは大工さんと私と基礎屋さんでしました、工務...続きを読む

Aベストアンサー

現状地盤をそのまま生かしての基礎工事が普通ですので
基礎工事に含む項目として盛り土はありません。
しかし、通常は根切りがあり残土処分が発生します。
恐らく根切は通常の半分程度で済んでいるはずですし
残土処分は無くなっていると思われます。
ただ先に述べたように盛り土材料代金+搬入運搬費+
整斉手間は別途発生します。
差額請求は当然行われて然るべきものです。

Q新築を建てる者です。 どんどん打ち合わせをしてるうちに ある日を境に敷地面積が15坪ほど狭くなってい

新築を建てる者です。
どんどん打ち合わせをしてるうちに
ある日を境に敷地面積が15坪ほど狭くなっていました。
登記簿面積と実測面積で少し誤差がでると言われたのですがプランの紙では家の大きさも外周の寸法も変わっていません。

打ち間違いなのか敷地面積を最初に大きく記載されていたのか…など疑問がでてきました。
15坪も減ることあるのでしょうか。

Aベストアンサー

先ず、今の素直な気持ち、感想を、担当者に話して、
説明をさせて、下さい。

敷地面積は、最も基本となるもので、根拠が必要です。

「登記簿面積と実測面積での誤差」と言うのは、存在しますが、
その為には、「実測値」が必要です。

実際に現地で、実測して、それを敷地図として、
図面化します。

その結果、誤差としての面責の差異は生じることもありますが、
「坪単位」と言う事は、あり得ません。
(但し、普通規模の敷地で・・・・)

そんな事が発生すれば、大騒ぎで、原因を徹底的に、
追跡しているはずです。

ここでは、周辺の事情も分かりませんので、
正解は出せません。

例えば、「前面道路」の幅員が不足で、敷地として、
道路幅員が確保されるように、「敷地後退」を
要求されている地域かもしれません。

そういった事も含めて、施主が不安を抱かないように、
丁寧に説明するのが、担当建築士の役割なので、
先ず、説明を求めてください。

一般常識の中であれば、「施主は王様」なので、
どんどん、気になることは質問して、説明を要求して
ください。

そうする事が、お互いの誤解を防止し、事業が上手く行く、
条件でもあります。

頑張ってください。

先ず、今の素直な気持ち、感想を、担当者に話して、
説明をさせて、下さい。

敷地面積は、最も基本となるもので、根拠が必要です。

「登記簿面積と実測面積での誤差」と言うのは、存在しますが、
その為には、「実測値」が必要です。

実際に現地で、実測して、それを敷地図として、
図面化します。

その結果、誤差としての面責の差異は生じることもありますが、
「坪単位」と言う事は、あり得ません。
(但し、普通規模の敷地で・・・・)

そんな事が発生すれば、大騒ぎで、原因を徹底的に、
追跡しているは...続きを読む

Q新築申請図面との相違について

初めて投稿します。

2週間後に引越しの予定ですが、ハウスメーカーから問題有りの連絡が来ました。内容は、隣の土地との境界に積んだコンクリートの幅が申請したものと違うというもので、完了検査が受けられないみたいです。(申請15cm、実際12cmで、土地を購入した不動産屋が無償で施工してくれました)

明日以降、ハウスメーカーと不動産屋で協議するとの事ですが、引越しは予定日に出来ないと言われています。

営業の方は「市役所を納得させる」という事を言ってましたが、そんな事が可能なのでしょうか?

それと、この時期なので引越し屋もしばらく予約出来ず、更にはアパートの解約も解除し、延長しなければなりません。その場合は家賃などハウスメーカーに請求出来るのでしょうか?

教えて頂けると助かります。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

完了検査に合格しないのは2通り。
完了時に確認申請と現地との内容が異なる。
もうひとつは違反状態。
法律に抵触しなければ、計画変更または軽微変更で対処できるはずです。
察するにそんなレベルじゃなさそうですね。

http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/010201/files/2009031300712/2009031300712_www_pref_kochi_lg_jp_uploaded_attachment_2483.pdf
高知県さん、拝借。
リンクの先は、塀に関する基準です。
ブロックの厚さで引っかかった理由は何ですか?
ただ通らない、じゃなく、法の第何条に合わない、と理由を確認するべき。

高さが1.2mを越えていませんか?
もしそうなら先をカットするのも方法。
厚さが高さの1/10以上になればいい。

あと、1.2mを越えていると所定の大きさの基礎と控え壁も必要ですが、現地はどうなんです?
なぜダメなのかをまず確認すること。

>営業の方は「市役所を納得させる」という事を言ってましたが、そんな事が可能なのでしょうか?

営業に建築基準法の知識がありますか?
納得って何を言うの?
素人が勝手に口出ししてブラックホール並みの巨大な墓穴を掘らないよう。

市役所って、確認申請を出した先は指定確認検査機関(民間機関)じゃないの?
営業じゃなくHMの設計者または工事監理者を呼ぶべき。
不動産屋も関係ない。
あなたの家を担当した建築士の資格所持者。
建築士は何をしている?
逃げたか???
ところで、工事監理報告書は書面でもらったよね?

その塀って道路沿いにあるの?
道路側じゃなく隣地側なら対処は簡単ですよ。

>この時期なので引越し屋もしばらく予約出来ず、更にはアパートの解約も解除し、延長しなければなりません。
>その場合は家賃などハウスメーカーに請求出来るのでしょうか?

請求はいくらでもできますよ。
ただしHMが応じるかは別。
状況次第です。
お手元に工事の請負契約書ってあるでしょ。
そこに何て書いてありますか?

状況によっては引っ越しができないこともない。
要は是正が確実にできる状態であること。
4号(普通の木造2階建て)なら仮使用の手続きはいらないはずだから検査の担当と交渉すれば引っ越しさせてもらえるかも。
担当の手違いで居住してから検査することもあるし(怒)。
ダメならあきらめてください。
いずれにせよ違反(もう違反と決めつけるね)の内容次第です。

完了検査に合格しないのは2通り。
完了時に確認申請と現地との内容が異なる。
もうひとつは違反状態。
法律に抵触しなければ、計画変更または軽微変更で対処できるはずです。
察するにそんなレベルじゃなさそうですね。

http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/010201/files/2009031300712/2009031300712_www_pref_kochi_lg_jp_uploaded_attachment_2483.pdf
高知県さん、拝借。
リンクの先は、塀に関する基準です。
ブロックの厚さで引っかかった理由は何ですか?
ただ通らない、じゃなく、法の第何条に合わない...続きを読む

Q引っ越してきた人の挨拶がないことについて 当方、30代、既婚、子供2人です。 昨年に新築一戸建てを購

引っ越してきた人の挨拶がないことについて


当方、30代、既婚、子供2人です。
昨年に新築一戸建てを購入しました。周りはもともと田んぼだったところが宅地開発され、新興住宅地のようになっています。
都市近郊の田舎の小さな町です。

徐々に家が建ち、うちの周りは10軒ほど建ち並んでいます。
うちは引っ越してからすぐに近所に粗品を配り挨拶回りをしたのですが、うちより後に引っ越してきたお家の人からはほとんど挨拶回りに来ていません。
目の前の向かいのお家の人も、です。

でもどのお家も自治体には入っているようです。

私たち夫婦は個人的に、引っ越したら近所に挨拶に行くのは当然、と思っているのですが、最近はそうでもないのですかね??

それとも、さらさら近所付き合いはしたくないという態度の表れなのでしょうか?
でも、だとしたら自治会に入るのもなぞです。

もし会ったら私から挨拶をして差し障りないですかね??

どう接したらいいのでしょうか??

知らないふりをするのも気分が悪いし。。

基本的には私も人見知りなので、とても気になります。

ちなみに周りのお家はうちとほぼ同世代、もしくは若干若い感じ(20代後半)のファミリーで、どこも小さなお子さんもいるようです。

引っ越してきた人の挨拶がないことについて


当方、30代、既婚、子供2人です。
昨年に新築一戸建てを購入しました。周りはもともと田んぼだったところが宅地開発され、新興住宅地のようになっています。
都市近郊の田舎の小さな町です。

徐々に家が建ち、うちの周りは10軒ほど建ち並んでいます。
うちは引っ越してからすぐに近所に粗品を配り挨拶回りをしたのですが、うちより後に引っ越してきたお家の人からはほとんど挨拶回りに来ていません。
目の前の向かいのお家の人も、です。

でもどのお家も自治体には...続きを読む

Aベストアンサー

初めてのことだったので、ハウスメーカーさんに聞いてどこに挨拶に行くか決めました。
最近はあまり挨拶回りしないこともあるようですね。
(しても両隣だけとか)
私のときは並びの3軒(角なので隣と後ろと斜め後ろ)とすぐ近所の古くから住んでいる大きなお宅に挨拶しました。向かい側はアパートなのでしてません。
建設にあたって直接迷惑掛けるのは隣接したお宅なので、そこには引越し前にも挨拶しました。

もしかしたらそれで十分という流れなのかもしれませんね。
マンション住まいからの戸建ならなおさら近所付き合いは薄いと思います。

顔を合わせたときに会釈、軽く挨拶程度で構いません。お互いどういう人が住んでいるのか知らないのですから
いきなりフランクに会話しだすことはまずないでしょ?
そのうち良く顔を合わせる方とは何か話すかもしれませんし、自治会の話し合いとか回覧とかで会話もあるかもしれません。
それまで全く無視していたら、そのときにも気まずい空気が流れますよ。

Q建て替えの見積もりを依頼したところ、延べ床面積があまりにも違い困っています。

知人が自宅を建て替える為、建築業者に見積もりを出しました。
築年数が不詳で、相当古い建物です。リノベーションは不可と大工さんから言われました。

建蔽率は60%、容積率は200%です。角地等はありません。
どちらの業者にも土地が狭いので1階部分は出来るだけ広くしてくださいとお伝えしております。

土地A 15㎡ 土地B 45㎡ 土地C 86㎡ という土地が横並びにあります。

土地ABの上に45㎡の古家が現状建っています。
土地Cの上に51.6㎡の木造住宅があります。今回土地C及び土地Cの建物はそのままにします。
土地A、土地Cは測量されています。土地Bは測量図がありません。
境界明示はされている様です。

土地AB、合計60㎡の上の古家を壊し、建替をするのですが

業者Aが出してきた間取図は敷地面積 77㎡、建築面積 44.6㎡、延床面積 90㎡と書かれていました。

業者Bが出してきた間取図は敷地面積 60㎡(登記と同じ)建築面積 36㎡、延床面積 70㎡と書かれていました。

業者Bは見積依頼時、2人で全面道路や境界部分を確認し、メジャーで測ってました。
全面道路は4m以上あり、セットバックなどは必要ありません。

どちらの業者も土地Bを測量しないと正確には分からないと言っていましたが、あまりに違いすぎます。
同じ土地なのに何故こんなに違うのでしょうか?

知人が自宅を建て替える為、建築業者に見積もりを出しました。
築年数が不詳で、相当古い建物です。リノベーションは不可と大工さんから言われました。

建蔽率は60%、容積率は200%です。角地等はありません。
どちらの業者にも土地が狭いので1階部分は出来るだけ広くしてくださいとお伝えしております。

土地A 15㎡ 土地B 45㎡ 土地C 86㎡ という土地が横並びにあります。

土地ABの上に45㎡の古家が現状建っています。
土地Cの上に51.6㎡の木造住宅があります。今回土地C及び土地Cの建...続きを読む

Aベストアンサー

NO1さんへの補足についてですが
基準法上のやり方としてこの面積取りは?です、三敷地全てを合算し一敷地として
C建物への増築扱いとする方法はありますがそうすると敷地面積は146㎡です。

貴方の『知人』さんに言ってください。
はっきり言って敷地の実面積を知るのは地主にとっても有効な事です。
登記簿面積が狂っていれば登記の修正もあり得ます。
ですので先に測量を済ませるのも一手です。
建設会社に設計施工と測量までさせようとしないほうが良いと思います。
敷地の正確な形状、面積、高低差、道路付け、インフラ更に周囲状況まで知るのは設計の第一歩です。
ウチではこの情報が無い場合は設計とは別に測量を要求します。

先に土地情報があればこのような問題も発生しないと思いますがどうでしょう。

Q地盤改良の必要性

大手ハウスメーカーで新築の契約をした者です!
自社の地盤調査所を構えているとの事で、来週地盤調査予定と連絡がきました。
契約の時点で、建設予定地の周りの地盤のデータを取り寄せたら良い地盤ではないとの事で、多分私の家の土地も同じであろうとの事で地盤改良にパイルを打つ可能性が高いとの事でした。
値段は80万ほどだと。

私の家の建設予定地は元々私が昔住んでた家で、父親の土地です。今もそこには昔住んでた家がまだ残っています。
父親に地盤改良の話をすると、あの辺は畑も出来ないほど砂利層のあの土地で地盤改良がいるわけないだろ。
あの家はな!じぐ石(とか言ってたような?)だけで50年支えてるんだぞ。間に検査して、全く未だズレてないのに何処にそんなふざけた地盤改良の必要があるんだ?!
と。
向かいに3階建ての鉄筋コンクリートの道営住宅があるのですが、そこですらパイルは打ってないみたく、
あそこがパイル打たないでなんでうちが必要なんだ??
それくらいこの辺りは地盤がしっかりしてる土地なんだぞ!
考えればわかるだろ!
怒りだしました。
建設予定地の隣の方も5年位前に家を建てた
のですが、地盤調査で問題ないとの事で布基礎だけで済んだそうです。

更に建てる家は平屋30坪程の予定で、父親はそれも気になるみたいで、
大体平屋だぞ?
パイルなんてさらに必要がないだろ!と。

父親の話と近所の方の話を聞いてると、
ハウスメーカーからは地盤改良ありきで話はされるし、見積もりには地盤調査すらしてないのに、地盤改良が必要だろうと予測だけで80万すでに予算が入れられてるし、
すでにぼったくられてる気がしてなりません。

今のハウスメーカーの話だと間違いなく地盤不良と結果が出る可能性が大なので、
セカンドオピニオンを利用した方がいいのかな、とか、色々考えてしまいます。

必要のないものに100万近いお金を払うほど余裕はないので、良い方法があれば教えて頂きたく思います。

ハウスメーカー側から地盤不良と出れば地盤改良はほぼ強制になるのでしょうか?
もし、拒否すれば地盤の保険に加入できないだけなく、ローンの審査が通らないとか、大手なので、家を建てること自体拒否されるとか調べると色々出てきて不安ばかりです。。。

無知であり不安でいるので、
そんなもの結果が出てからメーカーと話し合えば?
とか、それくらい自分で調べれば?
的な誹謗中傷コメントはいりません。。

かなり長文になってしまいましたが、よろしくお願い致します。

大手ハウスメーカーで新築の契約をした者です!
自社の地盤調査所を構えているとの事で、来週地盤調査予定と連絡がきました。
契約の時点で、建設予定地の周りの地盤のデータを取り寄せたら良い地盤ではないとの事で、多分私の家の土地も同じであろうとの事で地盤改良にパイルを打つ可能性が高いとの事でした。
値段は80万ほどだと。

私の家の建設予定地は元々私が昔住んでた家で、父親の土地です。今もそこには昔住んでた家がまだ残っています。
父親に地盤改良の話をすると、あの辺は畑も出来ないほど砂...続きを読む

Aベストアンサー

見込みの見積もりはあり得ますが
契約は地盤調査結果後でしょ?
結果必要なければ減額での契約すればいいだけだと思います。
現在確認申請上地盤調査はほぼ必須条件なので調査費は計上するでしょうけど。
又、経験や言い伝えと調査内容は一致しないこともあるのであくまで
調査結果に従いましょう、確認検査機関も言い伝え等よりデータ重視ですので。

セカンドオピニオンと言いますが調査そのものを別会社にさせるセカンドオピニオンと
調査結果の判断をHM以外の建築士に依頼する方法とありますがどっちを選択しますか?
どっちにせよまた専門会社探す点では変わりませんが。
不安があれば地元の建築士事務所協会などへ相談するのも一手です。

Q土地を購入しようか迷ってます。 45坪の土地です。 32坪の建物を提案してくれてます。 しかし、車の

土地を購入しようか迷ってます。
45坪の土地です。
32坪の建物を提案してくれてます。
しかし、車の駐車の形が並列が希望ですが、縦、横に置くことになるといわれました。
やはり、難しいのでしょうか?
32坪を30坪にしたらできるのでしょうか?
教えてください。
12.55側が南なので10.54側に建物を寄せると言ってました。

それと、12.55側にもう1件あります。もし、そこに建物が建てばお日様が全く入らないでしょうか?
旦那は、うちの建物から横の建物まで間があるからお日様は当たると言ってますが大丈夫でしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

> 45坪の土地です。
> 32坪の建物を提案してくれてます。
> しかし、車の駐車の形が並列が希望ですが、縦、横に置くことになるといわれました。
> やはり、難しいのでしょうか?

漠然と考えずわかるところから具体的にして悩みましょう。(^^;

建坪が32坪ですよね?
で、想定する車の大きさはいかほどでしょう? 幅2m弱。長さ5m前後の大きな車2台を入れ、運転席のドアを1段は楽に開けられるスペースを望みますか? そういったところの具体的想定もやってみましょう。

45-32で空きスペースは13坪(42.9平米)。
家の2面が土地境界に接し、残り2面が庭とエントランス・駐車場に面すると仮定しすると、土地境界に隣接する部分の広さはどれくらいだろうか?
家は土地境界から90cmは離す。
32坪は105.6平米(約106平米)。これを10m×10.6mのほぼ正方形の家と仮定して10m×0.9m+10.6m×0.9m=18.54平米(約5.6坪)
だとすると残り7.4坪(24.4平米)。これが駐車場、エントランス、庭のスペース。

前述の大きさの車を想定すると1台分の駐車スペースの奥行きは5.5m~6m。乗り降りを考えると幅3mは欲しい。奥行き5.5mとして16.5平米。2台の場合、2台の間隔をどう見るかにもよりますが単純に2倍だとちょっと不足。奥行き5m、幅2.5mとしてもちょっと不足。そんな感じでしょうか。
正確に考えようとすると隣地との間のブロック(?)がどちら側の土地に入るのかもあります。
例えば家の南側に西側道路を向いて2台並べ南側隣地との境界を示すブロックは隣地にあるとすると。。。
(1) 隣地との間に15cmくらい?
(2) 1台目の車幅
(3) ドアを開けるスペース50cmくらい?
(4) 2台目の車幅
(5) ドアを開けるスペース50cmくらい?
が必要です。

で。No.1さんが書かれておられる通り想定する車1台分の駐車スペースを実際に図面上でとってみましょう。幅は上の(2)+(3)でよいでしょう。図面に土地の各面の長さがありますから、図面の縮尺は正確と仮定して1台分の駐車スペースの大きさに切った紙を2枚作って配置してみましょう。
2台並べると家は恐らくL字型にせざるをえないでしょう。それで希望する間取りとなるかですね。


> 12.55側が南なので10.54側に建物を寄せると言ってました。

普通の発想です。特段の理由が無い限り当然です。


> 12.55側にもう1件あります。もし、そこに建物が建てばお日様が全く入らないでしょうか?

隣地を含むこの界隈の容積率は幾つでしょう?
3階建がOKの土地で、建てられる予定の家が2階建の場合、南隣が3階建だと1階は確実に年間を通して南側の日当たりは悪いです。ですが、東と西が空いているなら、特に西は道路ですから、午後になって日が西寄りからさすようになれば当たります。
そういったところも具体的に悩みましょう。
2階建て同士なら真冬は1階は日が入りにくいですが全く入らないことはないです。2階の南側や西寄りに物干しを設ければ問題は無いでしょう。

また、夏と冬とでは太陽の高さがかなり異なりますし、日の出日の入りの位置も大きく変わります。「全く入らない」とか極端に考えず、ここも出来る範囲で具体的に考えましょう。
例えば今お住いの場所やその近隣の住宅街で南北方向に家が並んでいる場所、ようは南北方向に道路が走りその両側に道路を向いて家が立ち並んでいるところはありませんか? そういったところを観察してみましょう。家を建てよう、土地を買おうとお考えの場合は日ごろのそういった観察、情報収集が大切です。例えば冬至の頃(一番太陽が低い日当たりが悪い時期)から今くらい(冬至と夏至の中間くらい)までを観察しているとだいたいの通年の予想が付きます。

参考まで。

> 45坪の土地です。
> 32坪の建物を提案してくれてます。
> しかし、車の駐車の形が並列が希望ですが、縦、横に置くことになるといわれました。
> やはり、難しいのでしょうか?

漠然と考えずわかるところから具体的にして悩みましょう。(^^;

建坪が32坪ですよね?
で、想定する車の大きさはいかほどでしょう? 幅2m弱。長さ5m前後の大きな車2台を入れ、運転席のドアを1段は楽に開けられるスペースを望みますか? そういったところの具体的想定もやってみましょう。

45-32で空きスペースは13坪(42.9平米)...続きを読む

Qこの家を見て、どう思いますか?

この家を見て、どう思いますか?

Aベストアンサー

古い木造家屋の玄関出窓らしき写真

Q家を新築し太陽光を乗せました。 ところが、売電の為に自宅前の電柱にトランス(バケツの様な物)の設置が

家を新築し太陽光を乗せました。
ところが、売電の為に自宅前の電柱にトランス(バケツの様な物)の設置が必要だそうです。
電力会社が電柱が建てられている家主に了承を取り付けに行ったところ、家主が万一電柱が傾いたりした場合の補償を求めたところ、家主曰く、電力会社の回答は、「電柱は電話会社の所有物で、当社は関係ない」
「了承してもらえないのであれば、別の電柱に取り付けるので、もういいです」的な事を言ったそうです。
私が電力会社に私が負担すべき工事費を聞いたところ別の電柱に取り付けた場合で約80万円、最寄りの電柱に取り付ける場合は半額以下で済むと、何れも大変な出費となることがわかり衝撃うけています。
最寄りの電柱が設置されている家主さんは、補償の件について然るべき説明や一筆がないと了承できない、一方、電力会社は再交渉はしないと言っており困り果てています。
トランスを取り付ける電力会社と電柱を所有する電話会社が、家主さんに丁寧に説明すれば、問題は解決しそうな状況ですが、それぞれの責任が絡み誰も積極的に動いてくれそうにありません。
この状況でどの様な対応をすれば良いかのアドバイスをお願いいたします。

家を新築し太陽光を乗せました。
ところが、売電の為に自宅前の電柱にトランス(バケツの様な物)の設置が必要だそうです。
電力会社が電柱が建てられている家主に了承を取り付けに行ったところ、家主が万一電柱が傾いたりした場合の補償を求めたところ、家主曰く、電力会社の回答は、「電柱は電話会社の所有物で、当社は関係ない」
「了承してもらえないのであれば、別の電柱に取り付けるので、もういいです」的な事を言ったそうです。
私が電力会社に私が負担すべき工事費を聞いたところ別の電柱に取り付けた場合...続きを読む

Aベストアンサー

>最寄りの電柱に取り付ける場合は半額以下で済むと…

それは最初から分かっていたのですか。
屋根に太陽光を載せると決めたとき、予算に組んでいましたか。

もし、家ができあがっていざ送電となるまで知らなかったというのなら、それはあなたのミスです。
あなたのミスというか、太陽光設置業者が事前に電力会社と協議を済ませた上で、工事に取りかからないからです。

>電力会社と電柱を所有する電話会社が、家主さんに丁寧に説明すれば…

それはそのとおりですが、家主・地主さんが一筋縄ではいかない性格の人じゃないんですか。
電力会社や電話会社だって交渉するのは人間ですから、あまりにもうるさくごちゃごちゃ言う人には「もういいや」となりますよ。
あなたからも菓子折の一つでも持ってお願いに行ってみましょう。

万一電柱が傾いたりした場合の補償は、電力会社・電話会社によほどの工事ミスでもないかぎりありません。
想定を越える地震や台風などでの電柱折損は、補償の対象になりません。

Q住宅メーカーに工事注文書で入金しました。が家を建てられなくなったのですが返金はしてもらえないのですか

住宅メーカーに工事注文書で入金しました。が家を建てられなくなったのですが返金はしてもらえないのですか?

Aベストアンサー

早めに、地域の消費者センターにご相談ください。
下手をすると、そのまま会社がたたまれたら、入金分を失う可能性があります。
例の「てるみくらぶ」は破産申請の直前まで、つまりは破産準備中にも募っていたそうです。


人気Q&Aランキング