測量機器のマニュアルを見ると、ccという角度の単位が
書かれていました。100ccは約30″(秒)とのことでしたが、
そもそもこのccという単位の定義は何でしょうか?
単位関連のサイトをいろいろ見ましたが、言及されているものは
見つかりませんでした。ご存知の方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

参考URLで、こんなの見つけましたけど。



角度の基本、100進法(測量用、航空カメラの傾き角度など)
{1直角=100g(グラード)}
{1g=100cg(センチグラード)=0.9度=54'分=3240"秒}
{1cg=100cc(センチ・センチグラード)=0.009度=32.40"秒}
{1cc=(1/100)cg=0.32"秒}

参考URL:http://www.people.or.jp/~sensiken/sensi/java/ja0 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
紹介していただいたURL見ました。
こういうサイトだったら私の探し方では無理でしたね。

お礼日時:2001/06/28 13:10

定義は既出のとおりですね。

ちょっと蛇足を。
関数電卓で,三角関数などに用いる角度の単位を「度分秒」「ラジアン」「グラジアン」の3通りに切替えられるものがあります。
このグラジアンが,グラードと同じ大きさ(0.9°)です。
また,一昔前の理工系の人の間で愛用された「丸善対数表」にも,度分秒←→g, c, ccの換算表が載っていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そういえば関数電卓でGradというのがありましたね。
今まで知りませんでした。
西洋ではGradが主流で、度分秒は日本くらいだけらしいですね。

お礼日時:2001/07/02 09:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「測量」において、「多角測量」と「基本三角点等取付測量」の違いについて

「測量」において、「多角測量」と「基本三角点等取付測量」の違いについて教えていただけませんか?
例:○○の時に(のために)用いるのが「多角測量」で○○の時に(のために)用いるのが「基本三角点等取付測量」など。

用地関係の仕事に携わっていますが、測量の専門知識に乏しく、測量の業務委託等において「いきづまり感」があり、完結できるか心配で困っています。明日、今後の進め方についての打ち合わせがあります…。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私もあまり測量関係には明るくないのですが…

・三角点
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%A7%92%E7%82%B9

・多角測量
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E8%A7%92%E6%B8%AC%E9%87%8F

このあたりを読んでいると、
・基本三角点という分類はあるのか?○等三角点ってのはあるけど…
・三角点取付測量が新たな三角点を取り付けるために測量をすることなのであれば、
通常の測量と同じ手法で(他の三角点を基準として、相対測位をして)測るんじゃないかなあ…

と思います。

以上、参考になれば幸いです。

Q6秒掛かっていた作業が1秒になり、5秒の短縮になりました。 この場合、何パーセントの時間短縮になった

6秒掛かっていた作業が1秒になり、5秒の短縮になりました。
この場合、何パーセントの時間短縮になったのか教えてください。

Aベストアンサー

作業時間が6分の1になった。つまり全体の6分の5が短縮されて無くなった。
6分の5(=5÷6)は0.8333...。よって83.3%の時間短縮。

Q進級には48単位が必要で卒業には124単位が必要なんですが、48単位だと124単位以上取る事になりま

進級には48単位が必要で卒業には124単位が必要なんですが、48単位だと124単位以上取る事になりますよね?しかし48単位以下だと進級出来ません。どういうことなんですか?
あと留年になる場合は何の単位が取れてなかった場合ですか?
必修をとってなかったときでしょうか?

落としてしまったものは、3年、4年で再履修しようと思うんですが、出来ないんですか?
就活とかは考えずに

Aベストアンサー

48単位以下だと進級出来ないのは、そちらの大学が「絶対落としてはいけない科目を含む48単位以上」という設定になっているからでしょう。

「留年」に関する規定も、そちらの大学にあるはずです。

「3年、4年で再履修」が可能かどうかも、そちらの大学の規定によるでしょう。

一般論では分かりません。
そちらの大学に問い合わせることですね。

Q国際単位系(IS)についての質問です。 基本単位と誘導(組立)単位の違いを教えていただきたいです。よ

国際単位系(IS)についての質問です。
基本単位と誘導(組立)単位の違いを教えていただきたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

SI基本単位は次の7つになります。
秒 s、メートル m、キログラム kg、アンペア A、ケルビン K、モル mol、カンデラ cd

以前は、MKS単位系、MKSA単位系と言われていましたが、
現在はSI基本単位系として7つになります。

誘導(組立)単位は、これらを組み合わせたものです。
例)
運動する物体の運動エネルギーは次式で現されます。
E=(1/2)mv^2[J]
ここで、各々の単位は、
m⇒kg
v⇒m/s
よって、
[J]=kg・m・m・(1/s)・(1/s)
また、
[N](ニュートン)=kg・m・(1/s)・(1/s)
なので、[J]と[N]の関係から、
[J]=[N]・[m]
になります。
また、[N]の右辺「m・(1/s)・(1/s)」は加速度ですから、
1[N]とは、1kgの物体に1メートル毎秒毎秒の加速度を生じさせる力、
という説明が、右辺から理解できます。

ご参考まで。

Q平面測量と平板測量

フランス語の通訳・翻訳をしている者ですが、現在翻訳中の原稿(英語)で平面測量(英:level surveyまたはplan survey)と平板測量(英語:plane table survey)が出てきます。これはそれぞれ対応するフランス語があるので問題はないはずでしたが、その後この原稿を翻訳していくと、この原稿の執筆者はlevel surveyまたはplan surveyとplane table surveyを同等に扱っているようです。

私の理解では、平面測量は「平面的な位置を測定する測量で、水準測量と対比される」ものであり、対して平板測量は「平らな板の上でアリダードを動かし地形測量を行うもの」と理解してます。

ここで質問ですが、平面測量と平板測量は両立するものでしょうか。
これまで一緒に仕事をしてきた専門家は平面測量の際に、トータルステーションを用いてきたので、平面測量のために平板測量を行うことは可能でしょうか。
また、平面測量のところをトラバース測量としても、トラバース測量と平板測量は両立するのでしょうか。

よろしくお願いします。

フランス語の通訳・翻訳をしている者ですが、現在翻訳中の原稿(英語)で平面測量(英:level surveyまたはplan survey)と平板測量(英語:plane table survey)が出てきます。これはそれぞれ対応するフランス語があるので問題はないはずでしたが、その後この原稿を翻訳していくと、この原稿の執筆者はlevel surveyまたはplan surveyとplane table surveyを同等に扱っているようです。

私の理解では、平面測量は「平面的な位置を測定する測量で、水準測量と対比される」ものであり、対して平板測量は「平らな板の...続きを読む

Aベストアンサー

>平面測量は「平面的な位置を測定する測量」
平面測量はそういう意味ではなくて、
・「地球は平ら」と考え、測定結果に対し「地球は丸い」ことに対する補正を行わない測量
を意味します。「地球は丸い」ことを考えるのが大地測量(geodetic suevey)。
したがって、測量面積が狭い(目安として10km四方)場合は、地球は平らと考えて何も問題ないので、平面測量です。
平板測量でそんなに広範囲の測量はしないから、自動的に平面測量に分類されます。
で、「平面的な位置を測定する測量」ですが、測量の内容や目的により名称が変わります。
まず、特定の地点(地面に杭や鋲を打つ)の平面座標を求めるのが基準点測量(skeleton servey または control point servey)。
その基準点を元に、家や塀などの平面位置を出すのが細部測量(detail servey)。
平板測量は、測量手段による分類で、「平らな板の上でアリダードを動かし測量を行うもの」であり、
専ら細部測量に使われますが基準点測量に使えないわけではないです。(精度が悪いため、トータルステーションが普及した時点で事実上絶滅。)
一方、
トラバース測量:「既知の1点からの距離を測って平面位置を決める」
三辺測量:「既知の2点からの距離を測って平面位置を決める。角度は計測しない。」
三角測量:「既知の2点からの距離を測って平面位置を決める。距離は計測しない。(最初の2点間距離のみは計測する。)」
という、測量のやり方の分類なので、平板測量でアリダードを使い、
トラバース測量的な使い方も三角測量的な使い方も可能です。
以上が伝統的(距離を精密に測るのが難しく、距離計測と角度計測は別の器械を使っていた時代)の用語ですが、
現状の用語の使い方は、やや変質していて、
平板測量:実質的に細部測量のことを指す。
トラバース測量:実質的に基準点測量のことを指す。
というのは、トータルステーションは距離と角度(平面角)の両方を精度よく計測できるので、
三辺測量や三角測量より楽(超精密測量の場合は別として。)であるためと
トータルステーションとノートパソコンを回線で繋げば、トータルステーションを使って細部測量が可能であり、
これを「電子平板」と言い、平板+アリダードという方法は過去の方法となりました。

>平面測量のところをトラバース測量としても、トラバース測量と平板測量は両立するのでしょうか。
上記のとおり、測量用語本来の意味においては両立しますが、現在における用語の意味は、
トラバース=基準点測量 平板=細部測量 なので、 この2つをごちゃまぜにしないほうがいいです。

>平面測量のために平板測量を行うことは可能でしょうか。
字句どおりの意味に取ると不可能です。
理由:平面測量というのは計算方法による分類であるため、「平面測量のために」ということ自体で意味が矛盾する。
言わんとしていることは、
・平板測量で基準点測量が可能か
・トラバース測量で平板測量(=細部測量)が可能か
のどちらかと思いますが、
前者:精度が落ちてのいいなら可能。
後者:電子平板を前提とするなら可能。

あと、plan survey は、 plane survey を誤記したのですよね?
plan surveyだと、直訳すれば「計画調査」。(surveyには、「調査(測量以外の調査も含む)の意味もあります。)
また、level surveyが平面測量? 水準測量(高低差を計測する。平面座標関連は計測しない。)をlevelingというので、
level surveyで全く意味が変わるということがあるのかな? 確かめてないけど....

>平面測量は「平面的な位置を測定する測量」
平面測量はそういう意味ではなくて、
・「地球は平ら」と考え、測定結果に対し「地球は丸い」ことに対する補正を行わない測量
を意味します。「地球は丸い」ことを考えるのが大地測量(geodetic suevey)。
したがって、測量面積が狭い(目安として10km四方)場合は、地球は平らと考えて何も問題ないので、平面測量です。
平板測量でそんなに広範囲の測量はしないから、自動的に平面測量に分類されます。
で、「平面的な位置を測定する測量」ですが、測量の内容...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報