40代半ばで、簿記2級は持っていますが、経理を初めて担当しています。会計ソフトも生まれて初めて触っています。
自分の処理能力の遅さが悲しくなりますが、何となく、自分が何をやっているかは分かります。この年から経理をやって学べるんでしょうかね、、恥ずかしいですが、頑張っています。
首かなあ。
他に総務と人事面接も生まれて初めて担当しています。中々しんどいですが、頑張っていると言えるのでしょうか。一応正社員です。あともう少しで、試用期間の3カ月が終わります。売りはTOEIC870と多少の苦労だけです。中国出張があるのですが、一度行って拒否反応があるので、出張は無理だと言うつもりです。首ですよね、きっと。仕方ないね、悲しいね。

質問者からの補足コメント

  • ありがとうございます。嬉しいです(^_^)

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/03/16 19:32
  • ありがとうございます。試用期間が4月初旬までですが、ズルいけど、それまでは黙っておいてもいいですかね?出張を回避して、内勤だけで済ませられたらベスト。試用期間終わったら課長待遇の話で、手当も出るはずでしたが、それは仕方ないですね。経験積んだら転職したい。

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/03/19 19:45

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

大丈夫!


頑張りは、キチンと見てもらえているでしょう。
何事も、初めての事は初めて。
何度も回を重ねて行く事で、プロとして通用して行くというもの。
中国出張は、とりあえずの理由は説明をしましょう。
中国以外ならOKでしょうか。
もしそうなら、その旨も伝えると良いでしょう。
すへてが、言われるがままでなくても良いと思います。
三ヶ月頑張った成果は、「首」ではないはずと信じましょう。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

貴女は、なかなかのスキルの持ち主ですよ。

資格があっても初めはそんなもんですよ。
3年やれば、かなりのものになると思います。頑張って下さい。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事業所の経理担当者へ、出張旅費について質問

ある団体(県内規模)で事務局の責任者をしております。
この地位に就いたのは最近で、現在、いろいろな改革を進めているところです。

どこの事業所にも、職員の出張旅費の規定があると思います。
もちろん当事務局にもありますが、これが40年以上前の規定で、きちんと改正されたことがないので、いろいろ不都合が生じています。

たとえば、県外出張の旅費は次のように規定されています(概要)

(1)基準駅から目的地最寄り駅までの『国鉄』の往復運賃を支給する。国鉄が利用できない場所の場合は、最も合理的な経路・手段による。
(2)鉄道の営業キロ程が片道100kmを超え150km以下の場合は『急行料金』を加算する。
(3)同じく150kmを超えた場合は特急料金(新幹線沿線の場合は新幹線の特急料金)を加算する。
(4)役員には、各列車種別のグリーン料金を加算する。
(5)目的地が本州以外の場合は、航空機または船舶の運賃を支給することができる。
(6)現地交通費として1日あたり1,000円を加算する。
(7)食事補助として1日あたり1,000円を加算する。
(8)異なる用務先を連続して訪問する場合は、そのつど判断する。
(9)本条各号は、実際の移動手段や要した金額にかかわらず、定額支給とする。

(1)の『国鉄』は、国鉄分割民営化時の理事会決定で『JR』と読み替えて利用しています。
(6)(7)は、消費税導入時の理事会決定で『消費税を加算』して支給することになっています。
つまり、現在はそれぞれ1,080円です。

当組織は栃木県なので、通常、基準駅は宇都宮です。
県外出張のうち、頻度でいえば東京(宇都宮から109.5km)が大半です。

東京へ日帰り出張した場合の支給旅費は、次のようになります。

運賃1,940円×2+急行料金980円×2+現地交通費1,080円+食事補助1,080円=8,000円

この旅費規定の大幅改定を予定していますが、改定のポイントは二点です。

【その1】定額支給を続けるか、実費支給にするか?
定額支給は、「前払いが可能になる」「領収書を提出させる必要がない」といったメリットもありますが、「経費の削減につながらない」という批判があります。
しかし、実費支給にすると領収書を提出させてチェックする必要があり、IC乗車券、ワンマンバスなど、領収書を求めにくい交通手段もあります。
また、いったん職員自身が立替払いをしなければならないので、慎重に議論が必要です。

【その2】急行料金支給が現実的ではないので、改定する。
ご存じと思いますが、現在、JRの急行列車はほとんどありません。
存在しない列車の料金を支給し続けるのは現実的ではなく、職員は出張時に「不便だが普通列車を使う」か「足が出るが新幹線を使う」かの選択を迫られています。
時間に追われる往路は新幹線、復路は普通列車を利用し、割引切符でほぼ支給額と同水準に収めている人もいます。
改定の方向性は次の三つのいずれかです。

A案;100km超をすべて特急料金加算とする。
B案;100km超150km以下は、片道分のみ特急料金を加算とする。
C案;150kmまで普通運賃のみとする。

Aはコストの増大を招き、財政を圧迫するおそれがあります。
Bは片道分とする合理的な根拠に欠けます。
Cは勤務条件の切り下げにあたるので、慎重にしなければなりません。
※現行支給額にも現実的な利用法にも近いのはBですが、現実の利用といっても妥協の産物でしかなく、客観的な根拠があるわけでもありません。

皆さんにお尋ねしたいのは、これら改定にかかわってのことです。

【Q1】
定額支給から実費支給(あるいはその逆)に替えた事業所があれば、その際にどんな議論があったか、また、改定後に起きた問題などをご教示ください。

【Q2】
特に似たような交通事情の地域の事業所があれば、宇都宮~東京間と同等の距離で新幹線特急料金を支給しているかどうかをご教示ください。

以上、よろしくお願いします。

ある団体(県内規模)で事務局の責任者をしております。
この地位に就いたのは最近で、現在、いろいろな改革を進めているところです。

どこの事業所にも、職員の出張旅費の規定があると思います。
もちろん当事務局にもありますが、これが40年以上前の規定で、きちんと改正されたことがないので、いろいろ不都合が生じています。

たとえば、県外出張の旅費は次のように規定されています(概要)

(1)基準駅から目的地最寄り駅までの『国鉄』の往復運賃を支給する。国鉄が利用できない場所の場合は、最も合理的な...続きを読む

Aベストアンサー

交通費を実費精算するのは当たり前の事だと思いますね。
実態の無い急行料金や、食事補助に消費税分を上乗せ支給など民間じゃありえない事ですね。
手当は日当として支給すれば良いだけです。
A~C案を思案している事自体、40年前の規約を踏襲しようとしてるとしか思えないです。時代に則したものに変更したいのでは無いのですか?
特急料金を加算ではなく、新幹線を利用出来る距離を決定する事が必要なのではありませんか。150km以上で利用可能とするとか。

民間の旅費構成
1.交通費(実費)
2.宿泊費(実費又は定額)
3.日当  (定額、日帰り、宿泊で支給額を変更)
4.その他の出張経費(レンタカー、顧客土産、接待費)

交通費の領収書が必要とするのは特急券、飛行機、に乗車した時、空出張防止の為、飛行機のボーディングパスを添付させる会社もある。各交通機関の乗車区間、運賃を記載した自己申告制で処理。NO2の方が記載してあるネットの交通費検索サイトを利用したり、交通費精算ソフトを利用する事も検討したら良いでしょう。

宿泊費を実費とする場合は、上限価格を設定する。上限価格で宿泊予約出来ない場合は事前申請許可制とする。

日当は日帰り1500~2000円程度。宿泊で4000円程度が上限だと思います。
(宿泊費が定額の場合、金額に手当分が含まれてる事になるので宿泊日当を増加させる必要は無いかもしれないですね)
日当の資料はネット検索すれば上場企業の金額が分かるはずです。

旅費精算書は下記サイトのように、交通費、旅費、日当が記載出来るようなフォームとなります。その他経費を記載する項目追加が必要だとは思いますが。
http://template.k-solution.info/2006/01/01_1_94.html

出張の大半が東京への日帰り出張であれば、実費精算にした場合のシュミレーションを職員に依頼し、実際の交通費をエクセルで提出して貰い、集計すれば実態把握出来ますね。その際は自宅最寄りのバス停又は駅からの交通費計算となりますが、通勤用定期券と重複する場合は当然定期券支給分は除外するように依頼する事になります。
実際の交通費+日当と、現状定額支給と比較すれば良いだけです。東京出張の近距離で

交通費を実費精算に移行する事を役員に了承させる事の方が苦労すると思います。簡単な事を変更したくないと人間は思うでしょうから。(高齢になればなるほど)

交通費を実費精算するのは当たり前の事だと思いますね。
実態の無い急行料金や、食事補助に消費税分を上乗せ支給など民間じゃありえない事ですね。
手当は日当として支給すれば良いだけです。
A~C案を思案している事自体、40年前の規約を踏襲しようとしてるとしか思えないです。時代に則したものに変更したいのでは無いのですか?
特急料金を加算ではなく、新幹線を利用出来る距離を決定する事が必要なのではありませんか。150km以上で利用可能とするとか。

民間の旅費構成
1.交通費(実費)
2.宿泊費(実...続きを読む

Q経理と経理担当・・

ここで書くことではないかもしれないのですが。。すいません。

経理の方って、職人気質の方?みたいな人が多いのでしょうか?偏見だったりしたらすいません。

数ヶ月前に経理を未経験で入社したのですが、経理課は3人でほとんど会話がありません。別に仲が悪いわけではないのですが、黙々と仕事をしています。
私の会社だけかもしれませんが、コミュニケーションが取りずらい人が多く、どうしたものか?と。。。一般的にはどうなのか是非教えて頂きたいです。

また入社前に簿記3級の勉強は一通り勉強して入ったのですが、全く仕事が理解できません。。。。
どういった方法でやれば理解できていくのでしょうか?
(例えば、簿記の本を見ながらした方がいいなど)早く理解できるよう、何か方法があればお聞きしたいのです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私の会社もそうです。
我が経理部は、営業の人などからは
「話し掛けにくい・こわい・よくわからないけど難しいことをやっているみたいだ」と思われているみたいです(笑)

職人気質というのは当たっていると思います。
仕事上で、華々しく日の目を見ることもないし
プライドと責任感で、自分の担当する仕事に全力を注ぐタイプが
集まりますから、会話に花が咲くことなどもあまり無いです。

簿記3級の勉強と実務は別物だと思いますので、
わからない時は、誠意を持って聞けば
経理タイプの人はちゃんと教えてくれます。
だけど、計算中に訊くのは絶対ダメです(笑)
説明されたことは一度ではわからないかも知れませんが、
自分のモノにできるよう、不明解な部分を一つ一つ潰して
時間をかけてじっくり考えて身に付けてください。
これをすることが人に訊くのと同じくらい、経理では大切なことだと思います。
またこのとき、簿記3級で基本的な会計概念はわかっていることが
きっと役に立つと思いますよ。

Q経理未経験ですが経理を担当することになりました

30名ほどの会社の経理をひとりで担当することになりました。
以前はパートの方がいたそうですが、週3程度だったので、間に合わない仕事はすべて社長がやっていたそうです。
今回私はフルタイムでの採用です。しっかりとサポートしていけるように勉強したいのですが、簿記検定くらいしか持っていません。
おそらく労務に関わる業務も任せていただけることになると思うのですが、なにから勉強したらいいのでしょうか?
ひとりでの経理を経験された方などからアドバイスいただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

簿記を持っているなら、次に給与計算の仕方みたいな本を買って
一連の手続きを理解しておくと良いでしょう。

会社には通常顧問税理士がついています。
解らないことを質問し易いように、顧問税理士を紹介してもらって
気軽に電話できる関係を作っておくことも大事です。

素人が一番やってはいけないのは、解らないことをここのサイトで
質問すること。
会社のお金の問題を得体の知れない人間にアドバイスしてもらうことが
最も危険です。

ロクに簿記も理解していない者が、そこそこの規模の会社で経理を回してたとか
管理職を自称できるのがこういうサイトです。
信頼できる回答者とそうでない者の見分けがつかないうちは、こういうサイトは
あてにしないのが賢明です。
決算書の作成責任は会社そのものにあるのに個人に賠償請求が来るとか
そんな馬鹿な話がある訳はありません。
解らない事は解らないとはっきり言うのが大事です。
大よそ企業人とは思えない人間の妄言に振り回されないようにお仕事を頑張って下さい。

Q経理担当者の為に用意する文具他

派遣社員です。
現在、就業中の職場へあらたに
経理担当者が来られることになりました。

この方(経理担当者)の為に、
用意しておくべき文具用品などなど、
どんなものがありますでしょうか?

くだらない質問っ!と思われず、
どうかどうか、お教え下さいっ!

Aベストアンサー

その職場で使われているものを使って作業する
という気持ちで仕事をされると思います。
「付箋はありますか?」と聞かれるようなことがあっても要求ではなく確認ということですね。
必要なら「○○を購入してください。」
と言うのではないでしょうか?
作業に使う必須の事務用品でもすぐに買えるでしょうから新しく入ってくる方とのコミュニケーションのネタぐらいに思っていればいいと思います。

Q経理処理 海外出張時の「免税」と「対象外」

海外出張時に海外で海外の航空チケットをとって、支払った場合、経理処理としては「免税」と「対象外」のどちらになりますか?
日本から出張地(海外)の航空チケットをとった場合は「免税」になることは分かったんですが、今、分からないのは具体的に言うと、アメリカでメキシコ行きの航空チケットを手配し、支払いました。このアメリカで手配したアメリカ・メキシコ間の航空チケットを「免税」か「対象外」のどちらにすれば良いのかわかりません。
私自身、経理未経験で、会社としても海外出張自体が初のことなので聞ける方もいません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本の法律は国外にまで、その効力を及ぼしません。
「課税対象外」です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報