オリックス生命の終身保険ライズに加入したのすが、
教えてほしいです。現在30歳、55歳に払込期間終了ですが、もし、55歳以降に、解約して、払い戻しとなると、その後に、死亡すると、死亡保険の金額はさらにもらえないんですよね?
解約した地点で、その後の保障はないんですよね?
後、部分解約?部分払い戻し?ができるみたいですが、これは一体どうゆうことなのでしょうか…
ネットでの申し込みになるので、いろいろわからないことが多く…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>解約した地点で、その後の保障はないんですよね?


 ・契約が解除されますから(その時点で保障が無くなります)、そのようになります
>後、部分解約?部分払い戻し?ができるみたいですが
 ・保険金額の減額です、500万→300万とかにする
  そうすると、今後の保険料の見直し、減額分に対する解約払い戻し金が支払われる
  (上記だと、200万に相当する保険料の払込額に対して、解約払い戻し金が支払われると言うこと)
  (但し、解約払い戻し金の金額は相当する保険料の支払額の65%位~81%位:保険料の支払期間による)
 ・約款の第19条に記載あり(14p)
http://www.orixlife.co.jp/life/rise/pdf/yakkan_r …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保険会社の終身保険について教えてください

某大手の終身保険に加入してます。
最近メリットってなんだったかな?と思いました。

出来れば解約してしまおうと思ったので、詳しい方
終身保険保険のメリットとデメリットを教えて頂けませんか?


よろしくお願いします

Aベストアンサー

終身保険保険のメリットとデメリットを教えて頂けませんか?

終身保険保険 って何ですか? 書き込む前に推敲しましょう。

終身保険のデメリットは?
払込期間が終わる前に中途解約すると、支払った保険料よりも解約返戻金が少なくなってしまいます。終身保険を使った資産形成のデメリットはこの点につきます。払込期間が終わるまで払い続けられる額の保険料で加入するようにしましょう。

Q公的年金の繰り下げ受給について

65歳からもらえる国民年金・厚生年金を例えば68歳から繰り下げるとした場合、よく損得として、繰り下げしなかったらもらえた3年間の年金を考慮して、○歳以降生きていないと損となると言われていますね。じゃあ、繰り下げする3年間はどうやって暮らすのか。貯金を取り崩して暮らすとした場合、取り崩した貯金の額まで考慮して、さらに長生きしないとペイしない(★)となるわけですよね、当然に。とすると繰り下げるする3年間は、働けて、その給料で暮らせる場合のようなときに繰り下げを考えるものなのでしょうか。これだって繰り下げしないで年金もらえば、給料分手元に残ったはずだから残ったであろう給料分も考量してさらに長生きしないとペイしないと言えるわけだけど、まあ、そこまで考えないということでしょうか。
 私は、のちのち、ホームに入ったりしたとき月々の管理費等を考え、もう少し月額年金額を増やしたいとという気持ちが強く、65歳からは働かないので、貯金崩してでも繰り下げしたいという気が強いのです。こういう場合は、上記の★にあるとおり、自分は、そこまで生きるんだということを信じてそのときに安心したいなら、そういう選択をして、貯金取り崩して繰り下げするだけということでしょうか(貯金取り崩して、いくら残るか等ももちん踏まえるのでしょうが)。
 いかがでしょうか。ご意見お聞かせください。よろしくお願いいたします。

65歳からもらえる国民年金・厚生年金を例えば68歳から繰り下げるとした場合、よく損得として、繰り下げしなかったらもらえた3年間の年金を考慮して、○歳以降生きていないと損となると言われていますね。じゃあ、繰り下げする3年間はどうやって暮らすのか。貯金を取り崩して暮らすとした場合、取り崩した貯金の額まで考慮して、さらに長生きしないとペイしない(★)となるわけですよね、当然に。とすると繰り下げるする3年間は、働けて、その給料で暮らせる場合のようなときに繰り下げを考えるものなのでしょ...続きを読む

Aベストアンサー

こちらで繰下げ受給を考える方には、
初めて出会いました。A^^;)

私も興味があり、シミュレーションして
みましたが、ある意味非常に割りの良い
かつ安定運用できる投資となります。
年8.4%もの安定運用できる投資は
ありません。

理想論としては、70歳になるまで、
厚生年金に加入し、後述の在職老齢年金
を考慮して、月収47万以下で仕事を続け
られれば70歳改定でさらに高い年金を
受給できるでしょう。

47万以下というのは、厚生年金と給料で、
月額47万を超えると、年金が減額となって
しまうのが、在職老齢年金制度であり、
本末転倒となるからです。

これは繰下げ受給をしても、通常受給する
年金額での制約を受けることになります。

あなたの想いからすると、老後生きている
間の生活基盤の確保なので、総額でいくら
とか、何歳までならペイするとかでなく、
その時々での収支になるべく悩まないよう
にするという点では、繰下げ受給は効果的
だと思います。

年金を受給しながら働き、余裕資金で
運用をして老後の準備金を確保する考え方
もありますが、繰下げ受給による年8.4%の
運用率は、はっきり言って投資では無理です。

なかなか興味深い考え方だと思いました。

添付は年金受給額200万の場合、
68歳繰下げで79歳でトントン
70歳繰下げで81歳でトントン
といった例です。

いかがでしょう?

こちらで繰下げ受給を考える方には、
初めて出会いました。A^^;)

私も興味があり、シミュレーションして
みましたが、ある意味非常に割りの良い
かつ安定運用できる投資となります。
年8.4%もの安定運用できる投資は
ありません。

理想論としては、70歳になるまで、
厚生年金に加入し、後述の在職老齢年金
を考慮して、月収47万以下で仕事を続け
られれば70歳改定でさらに高い年金を
受給できるでしょう。

47万以下というのは、厚生年金と給料で、
月額47万を超えると、年金が減額となって
しまうのが、在職老...続きを読む

Q何で、国民年金保険料を導入したの。払うのが、ばかばかしい。高すぎる!将来、もらえるかが気になる。皆さ

何で、国民年金保険料を導入したの。払うのが、ばかばかしい。高すぎる!将来、もらえるかが気になる。皆さんは、どう思いますか?

Aベストアンサー

高すぎる。お金持ちだから払わなくていいわけではないからね。必ず清算して送ってくる。払わなかったら財産差し押さえだとかいってるし いつまで生存しているかわからないのに。でも払わない人ってなるのも嫌ではないですか?

Qオリックス生命の評判は?

43歳の主婦です。
終身の医療保障を検討していて、いろいろと比較検討した結果、オリックス生命の終身医療保険がいいかな・・と思っていますが、保険会社も倒産する時代、
会社として安心度が気になります。
格付けをみると、1社はBBBをつけており、そこが
少し気になっていますが、どんなものでしょう?
ご意見をいただけますと、幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

格付けについてですが、No1の方が仰るように、参考程度の判断材料として、ご覧になられる方が良いのではないでしょうか。
確かに安心度としては気になるところですが例えば現在、格付けがAAAでも10年後、20年後にAAAであるとは限りません。
また、S&Pの格付けですがオリックス生命は、数ヶ月前にBBBからBBB+の安定的に格上げされました。

最近、生命保険は自己責任で加入する時代といわれてますが、例えば、入院日額10,000円が希望の場合ですが、オリックス生命の終身医療に入院日額5,000円で加入されて、mamehahaさんが安心だと思う保険会社に入院日額5,000円で加入する方法もリスクを分散させる意味において得策だと思います。小口で数社に分けて加入する方法をお勧めします。

Q厚生年金や国民年金基金の掛け金と年金額について

今後年金保険料を払い続けて、将来、いくらぐらい年金をもらえるか分かりません。
おそらく、同じ掛け金でも、今の受給者よりは年金額は大幅に減ることは間違いないと思います。
厚生年金や国民年金基金の掛け金と年金額について、現時点で試算できるサイトを探しています。

Aベストアンサー

う~ん…
私は…50代で 障害年金を受給してますが…
年金は、家族や、未成年の子供がいるいないにもよります。
障害年金については、障害者本人が、生存してる間は受給する事が出来ますが、死亡すると、家族でも貰えなくなります。

Q確定拠出年金と住民税非課税

アルバイトの年間収入140万
確定拠出年金 年間 80万の払い込み
の場合、住民税は非課税になりますでしょうか?

Aベストアンサー

>アルバイトの年間収入140万…

「所得」は 75万。

>確定拠出年金 年間 80万の…

・基礎控除 33万
・小規模企業共済等掛金控除 80万

・課税所得 0 円

>住民税は非課税になりますでしょうか…

「所得割」は確かに 0 になりますが、「均等割」は発生します。
均等割は自治体によって多少違うことがありますが、おおむね 5,000円です。

(某市の例)
http://www.city.fukui.lg.jp/kurasi/tax/kojin/kojin.html#hikazei
http://www.city.kakamigahara.lg.jp/life/zeikin/39/000256.html

しかし、年間の収入が 140万しかないのに、そのうち 80万も払ったらどうやって生活していくのですか?

Q生命保険に入りたいのですが

子供が産まれるため生命保険に入りたいのですが、保険の相談について困ってます。

保険に入る際、地域担当の人が自宅に訪問して、そこで相談出来ると思っていたのですが。大手生命保険、通販保険共に相談に関してはインターネットか電話が主なようで、損保ジャパン以外はHPに訪問しての相談を希望する申し込み方法がありません。

このような場合、一度電話相談して担当者に来てほしいと言えば訪問してもらえるものでしょうか?
初めて入る生命保険ですから、パンフレットや見積もりを基にその場で説明して欲しいです。(聞きたいことも沢山ありますので)

実家でも担当者が訪問して色々手続きや見直ししてるのを見てますし、今まで友人などが保険に入らないか?という時は家に来て説明してましたので、インターネットでの相談や電話相談ではイマイチ不安です。

ほけんの窓口のような代理店はバックマージンなどの関係もありますから、本当に必要な保険に入れるとは思えません。

昨今は対面相談は出来ないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電話帳で近くに営業所がある保険会社に連絡しましょう。
近くの保険会社で検索しましょう。

Q旦那の扶養家族に入ろうと思います。 第3者になるためには国民年金手帳必要ですか?(紛失した)

旦那の扶養家族に入ろうと思います。
第3者になるためには国民年金手帳必要ですか?(紛失した)

Aベストアンサー

>第3者になるためには

3号被保険者ね。
年金手帳というか、基礎年金番号が必要です。(必須)
わからないなら年金手帳を再交付するのが一番早いです。
お住まいの自治体役所で手続きしてください。

Q全労済の傷害保険

昨年末に旦那が、雨の中自転車を漕いでいて転倒してしまいました。前歯にヒビが入り固定しています。歯科では打撲と診断され通院中です。肩も撃ち痛むので、接骨院で診てもらったら50肩と言われリハビリ中です。
この場合、全労済の傷害保険は出ますか?
診断書は必要になるのでしょうか?

Aベストアンサー

>前歯にヒビが入り固定しています。歯科では打撲と診断され通院中
 ・補償対象でしょう
>肩も撃ち痛むので、接骨院で診てもらったら50肩と言われリハビリ中です
 ・補償対象にはならないでしょう
 ・医療機関で診療を受け、症状が転倒による物で有り、医師の指示で接骨院等に通った場合は、補償対象になるでしょう
・症状と転倒に関連性があると医師が判断すれば問題無いので・・あとはその症状が、全労済の補償対象になっているかどうかですから
・全労済に保険の請求をすると請求用の書類が送られてくるので、医師に記入をして貰う物が有る場合は記入して貰うようになります
 別途診断書が必要かどうかは提出書類によります

Q家族5人、夫婦の生命保険の見直しについて。

ご覧いただきありがとうございます。
保険の見直しを検討しています。

■我が家の状況
夫(39歳)/年収約650万円
妻(32歳)/年収約350万円
子ども(4歳、2歳、0歳)
都内在住、賃貸、住宅購入予定は現在ありません。

■現在の保険状況(2013年から支払いを開始)
【夫】ソニー生命
・終身保険(30年払い):500万円/年12万4,000円
・逓減定期保険特約I型(20年払い):2,500万円/年3万5000円
【妻】ソニー生命
・ドル建て終身(30年払い):50,000米ドル/月57.05$

子どもには私名義の学資保険+米ドル終身をかけています。
また、主人名義でニッセイ学資保険にも加入しています。
医療保険は都民共済の月1,000円のに夫婦ともに入っています。

最近になり葬式代と言われて入った夫婦の終身保険は必要ないんじゃないかと考えております。

いまのままで良いのか?それとも見直ししたら良いのか?
お知恵をお貸し下さいm(__)m

Aベストアンサー

う~む。なんとも言えませんね。A^^;)

生命保険だけの話で、私見で言えば、
ドル建て終身がロスが多いと思えます。
月の57ドル等はどうやって払ってますか?
毎月ドル円為替レートの換算で手数料を
がっつりとられて、円を両替して保険料を
払っているのではないでしょうか?

また、満期や保険金が支払われる時点で、
ドル円の為替相場がどうなっているか、
全く分かりません。

5万ドルをもらう時点で、
ドル円の為替レートが円高で80円なら
5万ドル×80円=400万円
ドル円の為替レートが円安で160円なら
5万ドル×160円=800万円
になるわけです。

30年のスパンで考えるならば、
どちらにふれてもおかしくないです。

1990年ドル円160円
2012年ドル円80円
添付参照

しかし、世帯の年収ベースから言うと、
お子さん以外の保険料は月2万、年24万
といったところなので、それほど大きな
負担とは思えません。

一方で終身保険は銀行に預金しておく
よりかは、まだましな運用先ではあると
思います。
終身保険より運用のよいものとしては、
確定拠出年金など、老後に残せるものを
選択される方がよいとは思います。

あと、社会保障という面から考えますと、
ご主人に万が一のことがあった場合、
奥さんは遺族年金が受給できます。

仮にご主人のこれまでの平均年収(20歳
以降)が500万としますと。
遺族厚生年金が
500万×0.55%×18年×3/4≒約37万
となります。
※少なめにみていますし、今後どんどん
増額となります。

遺族基礎年金が
78万
+22.4万×2人(子2人分の加算)
+7.5万(子の3人目の1人分加算)
≒130万
となります。
※こちらはほぼ固定額です。

合計167万の遺族年金がお子さんが
18歳になるまで受給できます。
(税金は非課税となります。)

合計の年収は半減とはなりますが、
この年金と奥さんの収入、
また児童扶養手当や寡婦控除等を
考慮すると、やっていけない年収
ではないと思います。

こうした背景を踏まえて、
どうするか判断されたらと
思います。

いかがでしょうか?

参考
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/izokunenkin/jukyu-yoken/index.html

う~む。なんとも言えませんね。A^^;)

生命保険だけの話で、私見で言えば、
ドル建て終身がロスが多いと思えます。
月の57ドル等はどうやって払ってますか?
毎月ドル円為替レートの換算で手数料を
がっつりとられて、円を両替して保険料を
払っているのではないでしょうか?

また、満期や保険金が支払われる時点で、
ドル円の為替相場がどうなっているか、
全く分かりません。

5万ドルをもらう時点で、
ドル円の為替レートが円高で80円なら
5万ドル×80円=400万円
ドル円の為替レートが円安で160円なら
5万ドル...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報