お世話になります。

LEDライト(車用部品)から配線が2本出ております。
それぞれが、プラスかマイナスのどちらかになっていると思われますが、簡単な判別方法を教えていただけますか?

因みに、端末処理無し、配線色による判別不可となっております。

また、仮にプラスとマイナスを逆に接続し通電したとします。
機器にダメージが残る(壊れたりする)可能性はあるのでしょうか?

御教示よろしくお願い致します。

「LEDライトの配線(極性)判別について」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

LEDそのものはプラス・マイナスを正しく接続すると(電流制限抵抗を取り付けることは不可欠です)点灯し、逆なら点灯しません。

問題は(LEDそのものは)逆電圧をかけると電圧によって劣化(寿命劣化)したり損傷することがあるんです。でも、たぶん低い電圧(数ボルト以下)ならいけます。12Vだと劣化があるかも知れません。

LEDライトユニット(車用部品)にLED以外の電子回路を含んでいると、逆電圧をかけると瞬時に壊れることがあります。LEDライトユニット(車用部品)の中がどうなっているのか、ブラックボックスでは何とも言えません。

LEDライトユニット(車用部品)の内部が単純なものだと想定できれば、私なら(測定器が何もない場合は)配線①か配線②のどちらかに1kΩ程度の電流制限抵抗を取り付けて、数ボルトくらい(乾電池2個を直列接続したような電圧)をかけて試すと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の御回答ありがとうございました。
>>1kΩ程度の電流制限抵抗を取り付けて
勉強して出直したいと思います。

お礼日時:2017/03/21 10:30

LEDライトユニットは、逆接続防止回路があり、壊れません。

点灯しないだけです。
そもそも、LED自体がダイオードです。
逆接続で壊れるようであれば、それは設計ミス(欠陥製品)です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の御回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/03/21 10:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QACアダプター電線のプラスマイナスの判別

ACアダプターの電話器への接続部のジャックが接触不良のため、コードを途中で切断し、ホームセンターで購入したジャックに配線しようとしたところ、プラス・マイナスが解らず接続できません。
添付の写真のA・Bどちらがプラスでしょうか?
A線…被覆ビニールが一番外側のみ
B線…被覆ビニールがB線部分と一番外側の2重になっている。
個人的にはAがマイナスのような気がします。

Aベストアンサー

まともに配線されたケーブル・コネクタなら、Aがマイナスなのが普通なのですが、
外国製の怪しい製品だと、その原則が守られていないものもあったりするので、あまり当てにはできません。

テスターで電圧を測定するのが確実です。ハンダ付け工作を行うなら、安物でもいいのでテスターを買っておいた方がいいでしょう
ホームセンターでも2000円弱で売ってると思います。
http://www.kohnan-eshop.com/default.php/cPath/7_15


あと、質問の本題からは外れますが、ACアダプタの先のコネクタを「ジャック」と呼ぶのは間違いです。
ACアダプタ側のコネクタ(ケーブルの先にある部分)が「プラグ」
電話機側のコネクタ(本体側の穴)が「ジャック」
になります。
(これはACアダプタに限らず、電源コンセントとかヘッドホン端子とかでも同じで、基本的に、挿す方が「プラグ」で、挿される穴の方が「ジャック」。)

Qプラスイオンとマイナスイオン

一般家庭などの100Vコンセントのプラス側は、交流なのでプラスとマイナスが交互に入れ替わっているそうですが、電子の流れも変わるということですか?それと、電子はマイナスですがやはりマイナスイオンの発生要因になっているのですか?そうだとすれば電気とはすばらしものですね。プラスイオンは100Vコンセントからは出てないのですか?

Aベストアンサー

こんにちは。世間で言うマイナスイオンとは空気中の分子(酸素等)について電子が抜かれたり足されたりして電気を帯びた状態であり、直流の高電圧を必要とします。
コンセントは電圧も100Vと低く、ご存知の通り1秒あたり50ないし60回も電子の流れが変わっていますので電子の移動は電線(金属)内にとどまっており、マイナスイオンの発生源にはなっていないと思います。

参考URL:http://www.n-ion.com/business-emitter-05.html

Q通電のあるクリーム,ジェル,ペースト状物質

通電のあるクリーム,ジェル,ペースト状物質

こんにちは.こんな用途に使います.
絶縁体の塊に直径が1mmくらいの穴があり,穴の内壁の一部に金属パッドが付いており,これで外部と通電がとれるようになっております.

また,穴の直径よりも小さい,0.2mm径の金属線があります.

この金属線を穴に差し込みます.しかし,穴と金属線の直径が同程度でないため,金属線はぴったりと穴に収まらず,緩いくらいです.したがって,金属パッドと金属線は触れたり触れなかったで,安定した通電ができません.

そこで,この穴に何らかの通電物質を埋め込んで,穴と金属線のギャップを埋めて,しっかりとした通電を得ようと思います.

しかしながら,金属線は使用後に取り外したり,また挿入したりと,再利用したいため,金属線を穴にはんだ付けしてしまうことは避けたいです.半田に熱をかければ外すことができますが,もっと簡易的に,出し入れできればと思います.


お伺いしたいのは,そのような通電物質で何か候補となるものはないでしょうか,ということであります.

水銀が最もよいかと思ったのですが,1mmの小さな穴にうまく流し込むことに不安があります.

また,銀ペーストも候補に挙げれらますが,いかがでしょうか.銀ペーストでしっかりと導通がとれますでしょうか?

導電性エポキシというのがありますが,固まってしまっては,金属線が永久固定となってしまい,出し入れを気軽にしたいという用途に叶いません.

何か情報を頂けますととても幸いです.
どうか宜しくお願いします.

通電のあるクリーム,ジェル,ペースト状物質

こんにちは.こんな用途に使います.
絶縁体の塊に直径が1mmくらいの穴があり,穴の内壁の一部に金属パッドが付いており,これで外部と通電がとれるようになっております.

また,穴の直径よりも小さい,0.2mm径の金属線があります.

この金属線を穴に差し込みます.しかし,穴と金属線の直径が同程度でないため,金属線はぴったりと穴に収まらず,緩いくらいです.したがって,金属パッドと金属線は触れたり触れなかったで,安定した通電ができません.

そこで,...続きを読む

Aベストアンサー

金属棒のサイズに合う[ソケット]を探して、[ソケット]の端子を
半田付すれば良いと思います。
[ソケット]の例については下のURLをクリックして参考にして下さい。
写真のような[ソケット]を購入し、2極または1極分に切断して使用
すると良いでしょう。
[ソケット(例)/秋月電子通商)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-00168/

Qダメージキャップの作り方

手持ちの普通のキャップを、今流行のダメージキャップにしたいのですが、あれはどのようにしているのでしょうか?
どなたか方法をご存じでしたら教えて下さい!

Aベストアンサー

はじめまして、布地をダメージさせたいなら
足の角質を取る軽石、または砂消しゴム。
サンドペーパーなどでこすっていました♪

色は、漂白剤(キッチンハイター・キッチンブリーチ等)を薄めて落とすといいですよ。
色を落として、よく乾かしてからダメージすると
布のダメージングはしやすいですよ。

あくまでの素人のやり方なので
加減に気をつけてくださいね!!

Q仮に将来小説家になれた時、ラノベと一般文芸の両方を書きたいのですが……

仮に将来小説家になれた時、ラノベと一般文芸の両方を書きたいのですが……可能でしょうか?

 タイトルのとおりです。分かりにくくてすみません。
 僕は小説家を目指して、新人賞投稿用に小説を書いているのですが、書く小説がライトノベルだったり、一般文芸だったりします。
 詳しく言えば、書く小説のジャンルが、ファンタジーな異世界を題材にしたライトノベルだったり、とある中年刑事が主人公の推理小説だったりと、まちまちなんです。

 そこで、質問なのですが。
 果たして、仮に将来小説家になれた時、ライトノベルと一般文芸の両方を書くことができるのでしょうか?
 ライトノベルの新人賞でデビューしたら一生ライトノベル作家、何てことがあるのでしょうか? たとえそういうことがなくとも、デビューして暫くの間はライトノベルを書き続けなければならないのでしょうか?
 それともやはり、ライトノベルか一般文芸のどちらかに統一したほうがいいのでしょうか?
 どうかご回答よろしくおねがいいたします。
 できるだけ早く回答していただければ幸いです。

Aベストアンサー

現在、両方で書いている作家さんが存在します。
村山由佳さんです。
1991年にジャンプ小説ノンフィクション大賞を受賞しライトノベル作家としてデビューしました。
それでジャンプジェイブックス(コミックの少年ジャンプがライトノベルに進出して作ったレーベルです)から「おいしいコーヒーの入れ方」というライトノベルのシリーズを出し始め、これは現在も書き続けられています。現在14巻になりました。
その一方で普通の文学も書き、1993年には「小説すばる新人賞」を受賞。
2003年には直木賞を受賞しています。
昨年には柴田練三郎賞を含め、文学賞を三つもとり話題となりました。
ライトノベル、一般小説と幅広く活躍し賞を取っておられます。

また唯川恵さんという小説家は1984年にコバルト文庫のコバルトノベル大賞を受賞しライトノベル作家としてデビューしました。その後、ライトノベルから一般小説に執筆方向を変え、2001年に直木賞を受賞し、2008年には柴田練三郎賞を受賞しました。

山本文緒さんという小説家も同じような経歴を持っています。1987年にコバルト文庫のコバルトノベル大賞で佳作を受賞し、ライトノベル作家としてデビューしました。その後、ライトノベルから一般小説に執筆方向を変え1999年には「吉川英治文学新人賞」を受賞。2001年には直木賞を受賞しました。

つまり両立してる作家さんもいるし、ライトノベルから一般文学に移った作家も現実にいます。
とりあえず、ライトノベル、または一般文学のどちらかに応募してみてはいかがでしょう。
何なら両方応募してみるのもいいと思います。

現在、両方で書いている作家さんが存在します。
村山由佳さんです。
1991年にジャンプ小説ノンフィクション大賞を受賞しライトノベル作家としてデビューしました。
それでジャンプジェイブックス(コミックの少年ジャンプがライトノベルに進出して作ったレーベルです)から「おいしいコーヒーの入れ方」というライトノベルのシリーズを出し始め、これは現在も書き続けられています。現在14巻になりました。
その一方で普通の文学も書き、1993年には「小説すばる新人賞」を受賞。
2003年には直木賞を受賞しています。...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報