2015年4月に溶連菌菌血症を発症し入院治療を受けましたが、入院中黄疸、腹水を認めました。10日後には感染症も黄疸なども消失したため退院しました。
しかし、2ヶ月後には腹水の貯留を認めるようになり腹部膨満感、食欲不振、腹痛などが認められるようになりました。このころから主治医には毎回症状を訴え治療を希望して来たのですが無視され続けました。2016年6月には腹水貯留が多量になり呼吸困難と激しい腹痛を認めるようになりました。しかし、主治医の態度は変わらず8月末になってやっとアルブミン製剤の点滴や腹水穿刺を行なってもらえました。肝硬変だとの診断名はこの頃にやっと聞かされました。入院し同様の治療を毎月のように行なってもらいましたが思うようには改善せず約半年が経過していまいました。どうしてもっと早くに治療を行ってくれなかったのか悔やまれても悔やみきれません。予後も悪くCHild分類ではCで3年生存率は40%だそうです。主治医は多忙らしく症状を訴えても身体に触って診察をすることもほとんどなく手遅れになったことへの自覚もないようで本当に腹が立ちます。このような主治医の診断、治療の手遅れ、誤診に対して責任を取ってもらいたいのです。訴訟の対象になるのかわかりませんが、命の問題に間違い無いのです。訴訟方法などご存知の方がおられましたら是非お教え願えませんでしょうか?このような医師が今後私のような不幸な患者を生まないことだけを願っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

日本には、医療に関して、治療や手術のできる病院は、各県に10以上の大病院があります。

そこで、なぜ、他の病院へも行くことをしなかったのでしょうか??
特別の理由や専門医でない限りは、選択は、患者にあります。そして、医療の控訴は、専門的な問題で判断などには、言い切れない部分が多分にあり、灰色であっても、認めさせることは難しいですね。
それでも控訴したいのであれば、医道審議会(リンク先)と言うところが有ります。ご相談してみてはいかがですか。
しかし、控訴には、十分に慎重になられることを、念を押しておきますね。
http://advance-lpc.jp/idousingi/?utm_source=goog …
    • good
    • 0

私も掛かりつけ医の見逃しに遭い生死を彷徨った経緯があります。


私の時は掛かりつけ医が入院先へ見舞いに来て謝罪しました。
もしあの時命を落としていたとしても、残された家族に掛かりつけ医の過失を突き止めることがきたかどうか、微妙な感じです。

ところで質問者さんは別の病院で診て頂こうとはなさらなかったのですか?
おそらく感染症を発症させる前から肝臓に異常があったと思われます。
私の場合も甲状腺機能低下症が先にあって、見逃されたことにより免疫力が極端に低下した状態が長く続き、結果インフルエンザウィルスによって心膜・心筋炎を発症し心不全に至りました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。
何度となく他の病院にかかろうと思いましたが、すでに症状が辛くその気力もなかったですし、より高度な治療を行ってもらえる病院を受診するためには紹介状が必要で主治医に紹介状を書いて欲しいとは話しづらかったのです。でも、今では悔やまれます。また、腹水が悪化してきており激しい腹痛、腹部膨満感、呼吸困難、全身倦怠感、食欲不振が悪化して来ています。金曜日には身動きができないほどの痛みと呼吸苦があったのですが、お腹を診ることもなく癌ではないのだからと見て見ぬ振りをされました。今後の治療に納得できなければ思い切って他病院へとは思っています。ただ、主治医は自分が見落としたせいで私の予後が悪くなってしまったという自覚が全くありません。そのことに関して訴えたいのですが。どうなのでしょうか?

お礼日時:2017/03/20 20:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肝硬変から肝不全!腹水や黄疸や出血傾向の症状あり肝臓にガンらしきものがある(主治医はおそらくガンです

肝硬変から肝不全!腹水や黄疸や出血傾向の症状あり肝臓にガンらしきものがある(主治医はおそらくガンです)
本人はいたって元気に見える。ビールを朝から飲んでいます。食事は、食べると苦しいらしく少しづつ食べています。
余命宣告もありましたが、見た目は元気なんで本当にそんなに永くないの?って思ってしまいます。最期の日は近づいているのでしょうか?

Aベストアンサー

http://morichika.fmed.jp/liver-knowledge/liver-cirrhosis.html
これでいうところの、非代償期の中度から重症の間くらいと推測します。
ここまで来たら、現在の医学ではほぼ確実に一方通行の道です。
余命に関しましては食道静脈瘤破裂などが起きれば、短くなる可能性はありますが、
長くなる可能性はあまりないと思います。

Qピロリ菌治療について

ピロリ菌治療というは東京近郊などではどこの病院で行っているのでしょうか?

全ての病院で行われているのではないということを聞いたことがあります。また、どのような方式で行われるのでしょうか。
知っている方がおられましたらご回答お願いします。

Aベストアンサー

先日「タモリ倶楽部」で「菌-1グランプリ」って企画やってました。
細菌同士を戦わせて、どっちが強いかって言う
相変わらずオバカな企画でした^^

で、その中で「ピロリ菌vsガッセリ菌(LG21)」ってのがありまして
圧倒的な強さでLG21の勝利となりました。

そんなモノ見た自分としては
「ヨーグルト食ってりゃ、胃潰瘍にならないのかぁ?」
と、思った次第でして・・・(^^;

ま、こんなカキコじゃ回答にはならないでしょうから
日本医師会とかに問い合わせてみればどーでしょう?(^^)

参考URL:http://www.med.or.jp/  http://www.masumitsu.or.jp/treatment/q5.html

Q腹水が溜まるという事は・・・

みなさんこんにちは。

掲題のままの質問なのですが、
腹水が溜まるという事は一般的にどういった症状なのでしょうか?又これの治療方法とはどういった事を施すのでしょうか?腹水が溜まると他の病気(ガン等)の要因にもなるのでしょうか?

御回答お待ちしております。

Aベストアンサー

お早うございます。
生まれつき肝臓が悪く増悪をくりかえしております。
水と脂肪の違うところはまずたまる速さと抜ける速さです。
水の場合は変化が激しく私などは入院して2週間で15キロ以上一気に減ります。
志望ではなかなかこうはいかないでしょう。
(もっとも何とかダイエットはそんな事歌ってますが)
寝てみて体の測位に手を当てて反対側をぽんとやってみて
波動がつたわるのが腹水です。
なんでそうなるかというより悪くなった結果そうなります。
理由はさまざまですが一般的に腎臓で処理をしきれなくなった時
やさまざまな疾患が悪化しているときなどの代表的な副次的な症状の一つです
とにかく原因疾患を確定してその治療をすべきです。
私は腹水がたまりすぎると横になると肺の方へ水が来て圧迫され
空咳が出て苦しいため枕を高くして休んでいます。
平行して利尿剤を飲んだりそれに伴いカリウムどがでて体液のバランスが崩れるので
カリウム保持性の物を使ったりそのものをおぎなったり。
私の場合はアルブミンという一種のたんぱく質が欠乏するのでそれを点滴でおぎなったりしてやります。
ヤクルトのビンくらいだけど1万円以上します(血液製剤)
そして何よりも体が重いです。そうでしょう体に15キロ以上のウェイトをつけて動くようなもんですから・・・。
階段なんか上がるとぜいぜいします。
水がいっきにぬけて軽くなるとそれはそれはホップステップジャンプといった感じですが(笑〕
別に天まではのぼりたくないですが。
水抜きもあまり苦しければやりますが根治治療されていなければすぐにたまります。
それにあのおみずって結構栄養の塊なんですって。
あれを再生する治療もあるんですよ。
麻酔をしているとはいえ痛い。なんか必殺仕置き人に針でぶすってやられた感じです。
まとまりませんが私は今からも点滴に病院に行きます。
死なない限り生きてるから・・・。

お早うございます。
生まれつき肝臓が悪く増悪をくりかえしております。
水と脂肪の違うところはまずたまる速さと抜ける速さです。
水の場合は変化が激しく私などは入院して2週間で15キロ以上一気に減ります。
志望ではなかなかこうはいかないでしょう。
(もっとも何とかダイエットはそんな事歌ってますが)
寝てみて体の測位に手を当てて反対側をぽんとやってみて
波動がつたわるのが腹水です。
なんでそうなるかというより悪くなった結果そうなります。
理由はさまざまですが一般的に腎臓で処理を...続きを読む

Qピロリ菌の除去治療後の再感染の可能性はある?

父が十二指腸を病んだ際にピロリ菌に感染している事があり、除去する治療を受けました。

一度治療すれば、免疫等の関係で二度と感染しないものなのでしょうか?それとも再感染の可能性はあるのでしょうか?あるとすれば、日本は感染率が高いと聞いているので、治療自体どうなのでしょうか?

自分も検査して、あるようなら治療を考えていますが、耐性菌ができる可能性もあるとの事で、LG21ヨーグルトなどを普段飲んで、菌の数を減らす事を考えた方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

質問者さんが30歳未満であれば、お父さんがピロリ菌感染していたという事を考えても感染している可能性は20%程度ですね。

ピロリ菌は井戸水などそこらへんにいる細菌なのですが、昔は井戸水を結構使っていたことや、衛生環境の問題で今の50代以上は結構高い確率でピロリ菌がいました。
ですが、近年は上水道の普及と衛生環境の向上でかなり少なくなりましたね。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍の原因は殆どがピロリ菌感染とされています。そして、胃潰瘍などは癌のリスクになります。
除菌療法の普及で、胃癌などはどんどん減少しています。

検査は簡単にできます。尿素呼気試験という検査でなんの痛みもなく出来ます。
除菌は、2種類の抗生剤とプロトンポンプ阻害薬という薬を使って行います。これはちょっと時間がかかりますし、耐性菌の問題もあって残念ながら100%除菌とは行かないのが現状です。でも、クラリスロマイシンの代わりにメトロニダゾールというのに変えて再チャレンジもできますので、根気強く除菌します。
除菌すれば、胃癌、十二指腸癌の心配はかなり減りますので、もしピロリ菌がいるなら除菌された方が良いと思います。

再感染ですが、しょっちゅう井戸水飲むとか、そうでなければ今の生活をしていて再感染は少ないと思います。ゼロとは言えませんが。

質問者さんが30歳未満であれば、お父さんがピロリ菌感染していたという事を考えても感染している可能性は20%程度ですね。

ピロリ菌は井戸水などそこらへんにいる細菌なのですが、昔は井戸水を結構使っていたことや、衛生環境の問題で今の50代以上は結構高い確率でピロリ菌がいました。
ですが、近年は上水道の普及と衛生環境の向上でかなり少なくなりましたね。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍の原因は殆どがピロリ菌感染とされています。そして、胃潰瘍などは癌のリスクになります。
除菌療法の普及で、胃癌などは...続きを読む

Q腹水について

腹水・足のむくみ・手のむくみ・白血球が多い、また小さい症状ではありますが、意識障害??があります。この症状は、何の病気でしょうか???
肝硬変???

Aベストアンサー

胃癌や大腸癌を疑っておられるのでしょうか。これだけの情報だとなんともいえないのですが。
計画されている検査から想定される病態のなかで、最悪なものとしては、胃癌か大腸癌かがあり、それが肝臓に転移している。肝臓機能が低下しており、全身のむくみ(浮腫)が生じ、腹水が生じたのかもしれませんし、腹水は腹膜播種の可能性もあるでしょう。

Qピロリ菌80%で抗生物質治療すべきか・・・食欲すごい人なのに。

親父が十二指腸潰瘍を患った形跡が見られると人間ドックで言われて以来、
ガン恐怖症の彼は、胃カメラ、キャベジン服薬(自分勝手に)を始め、
ピロリ菌の検査にまで行きました。

結果はピロリ菌80%。これから抗生物質を服用して治療するそうですが、
ピロリ菌の検査をした外科医が、老人のリハビリメインに治療してること、
父は潰瘍による吐血・入院などは一切無いことで、
やめた方がいいんじゃないかと思ってます。

十二指腸潰瘍の原因は株の投資が原因してたと思うし、
カレーライス以外は、毎日モリモリ食べ(キャベジンの効用か)、
コーヒーやワイン、ビール、甘いジュースをゴクゴク飲んでます^^;。
カレーは(バーモント甘口でも)辛いから胃がんになる!と言う割には、
外食に行きたがり、焼肉やホテルのバイキング料理を食べに行きます。
(外食は少ないので、僕は家族とは別行動で、一人料理します。)
ピーナッツや炒り豆が大好きで、3日で1キロパックをカラにしてしまいます。
下痢をするまで、食べつづけてました。

ここでピロリ菌についての質問を読んだところ、
必ずしも菌を抗生物質で退治したからもう大丈夫、
というわけじゃないことが分かり、彼の場合、
薬より食生活を改善していく方がいいのではないかと思いますが、
病院の経営が苦しいらしいのか、外科医は抗生物質の服用をすすめています。

こんなに食欲あるのに、胃潰瘍ってなるんですか?
現在BMI値が26と、ブタのように肥えつつあり、心配です。

親父が十二指腸潰瘍を患った形跡が見られると人間ドックで言われて以来、
ガン恐怖症の彼は、胃カメラ、キャベジン服薬(自分勝手に)を始め、
ピロリ菌の検査にまで行きました。

結果はピロリ菌80%。これから抗生物質を服用して治療するそうですが、
ピロリ菌の検査をした外科医が、老人のリハビリメインに治療してること、
父は潰瘍による吐血・入院などは一切無いことで、
やめた方がいいんじゃないかと思ってます。

十二指腸潰瘍の原因は株の投資が原因してたと思うし、
カレーライス以外は、...続きを読む

Aベストアンサー

同じく外科医をしているものです。ご存じかもしれませんが、ピロリ菌と胃癌との関係が指摘されてからもうずいぶんと月日が流れています。ピロリ菌が胃癌の危険因子であることに変わりはありません。除菌治療をしたから絶対に癌にならないという保証はありませんが、それでも一つの危険因子は減らすことが出来ます。お父様の場合は確かに食生活にも問題があるようですので、それを改善していく必要は大いにあります。糖尿病など、他の生活習慣病の危険性も高いですし。
多少の誤解があるようですが、潰瘍になったからといって皆が吐血したり入院したりするわけではありません。お父様のように検診で見つかる場合も稀ではありません。確かに治療を受ける、受けないというのは本人の自由ですが、専門家としては除菌を行うのは妥当な治療と考えます。

Q腹水が溜まっています・・・。

父が肝臓の病気を患い、現在腹水が溜まっています。
症状としては
・食欲が無い
・貧血
・低血圧(上が70/下が50)
・便秘
・汗をかかない
・腹水が凄く溜まっている
・視界がぼやけて物が見えにくい

上記のような症状で毎日が凄く辛そうです。
特に腹水が酷く溜まっているので、
水分は勿論摂れず(1日約100ml以下)、
食欲もなく、酷く痩せています。
このままでは腹水が溜まるようなら入院をしなければいけないのですが、
入院して腹水を取り除くのは、体に良くないとどこかで見ました。
(最悪の場合も有り得るそうです)

病院から処方されている利尿剤は全く効かなくなっています。また、スイカやキュウリ等は正常な人が食べれば利尿の効果はあるのですが、父には全く効きません。
ですので、漢方薬を試してみたいと思うのですが、
漢方薬については無知ですので、ご存知の方がいらっしゃったらお教え頂きたいと思います。

また、漢方薬以外にも肝臓に良い食べ物等、何でも結構ですので、お教え下さい。

藁にも縋る思いです。宜しくお願い致します。

父が肝臓の病気を患い、現在腹水が溜まっています。
症状としては
・食欲が無い
・貧血
・低血圧(上が70/下が50)
・便秘
・汗をかかない
・腹水が凄く溜まっている
・視界がぼやけて物が見えにくい

上記のような症状で毎日が凄く辛そうです。
特に腹水が酷く溜まっているので、
水分は勿論摂れず(1日約100ml以下)、
食欲もなく、酷く痩せています。
このままでは腹水が溜まるようなら入院をしなければいけないのですが、
入院して腹水を取り除くのは、体に良くないとどこかで見ま...続きを読む

Aベストアンサー

家族に同じ病気の者がおります。
おつらい気持ちは、よーくわかります。
しかし、正直なところ貧血や血圧の低さを見て、なぜ入院しないの?と、思っています。おそらく、数度の入院と毎月の受診を受けてらっしゃると思いますが、先生はなんとおっしゃっているのでしょう?肝臓はもっとも丈夫な臓器と言われていますが、一度こわすと、他の臓器にも異常が現れてきますので、同じ肝臓病でも人それぞれに病状が変わってきます。

肝臓病の食事といっても、病気の進みかたによって、高カロリー・低タンパク、あるいは全くその逆など食事の仕方も変わってきます。入院及び受診でも病院の方で栄養指導して下さいます。まずは、そちらでお願いして、本屋に行くと分かりやすい料理本が、たくさん売っていますので、ご購入されてみては、いかがでしょうか・・・

もし、主治医のほうから入院するほどではないと、言われているのでしたら、経験者として試したものをお書きします。腹水対策としては、スギナ茶がよく効きました。肝臓には、アガリクス・ウコン等が数値を下げるのに良く効くと入院仲間の間でも絶賛でした。他には、マイナスイオン水・マイナスイオンが発生するシーツや枕、虎の尾(観葉植物です)を寝室とリビングに置いています。

食後は、出ても出なくてもトイレへ・・・と、習慣づけるようにしましたし。相談者様のお父様は、貧血がひどいので腹水を抜くのは、危険なんですね。うちもそうです。長い戦いですが、特効薬が出来ることを信じて頑張りましょう・・・

家族に同じ病気の者がおります。
おつらい気持ちは、よーくわかります。
しかし、正直なところ貧血や血圧の低さを見て、なぜ入院しないの?と、思っています。おそらく、数度の入院と毎月の受診を受けてらっしゃると思いますが、先生はなんとおっしゃっているのでしょう?肝臓はもっとも丈夫な臓器と言われていますが、一度こわすと、他の臓器にも異常が現れてきますので、同じ肝臓病でも人それぞれに病状が変わってきます。

肝臓病の食事といっても、病気の進みかたによって、高カロリー・低タンパク、ある...続きを読む

Q最近医者から体の中にピロリ菌がいるといわれまして今治療中なのですが、こ

最近医者から体の中にピロリ菌がいるといわれまして今治療中なのですが、この「ピロリ菌」とは一体何者なのですか?教えてください。

Aベストアンサー

ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)という細菌です。

人、猿、犬、猫、豚の胃の中に感染することが確認されていて。
感染した生物の口から口か、糞で汚染された水や食品を経口摂取することが主な感染経路と疑われています。
例えば、親が口を付けたものを子供に与える等です。

胃炎、下痢、胃潰瘍、十二指腸潰瘍を患う確率が上がることが報告されており。
癌に発展する恐れのある病気に罹りやすくなるので、感染が確認された場合は治療するのが望ましいとされているようです。

Q末期(ステージIV)膵臓がんの症状について

末期(ステージIV)膵臓がんの症状について
義父(68歳)が9月に膵臓がんを告知されました。
ステージIVの末期で、余命は6ヶ月と宣告されています。
現在は消化器内科に入院して治療中です。
黄疸を減少させる為に、胆汁を排出する手術を行い成功しました。
黄疸は幾分おさまり、痒みも少しだけ緩和されています。
その他の症状として、手足のむくみと腹水そして背腰の痛みが出始めました。
また義父は糖尿病を患っており、合併症も起こりうると懸念しています。
そして偏食・ヘビースモーカー・不規則な生活を送っていました。
末期において腹水や痛みが出始めるということは、
癌が進行しているという証拠なのでしょうか?

Aベストアンサー

まずは、担当の医師に説明を求めるのが最も良い方法です。
ここでは、どうしても、中途半端な一般論になってしまいます。
そして、それが患者様に当てはまるという保障はどこにもないのです。
中途半端な知識と医師の説明が違う場合、どうしても
混乱を招いてしまいます。
ということを頭の中に入れておいてください。

(Q)末期において腹水や痛みが出始めるということは、
癌が進行しているという証拠なのでしょうか?
(A)一般的には、そのように解釈して良いでしょう。
ただし、問題は、その内容です。

腹水にしても、どのような腹水なのか、ということが重要です。
がん患者に腹水の症状が現れたら、がんが原因と思うのが
普通ですが、100%そうだとは言い切れません。
なので、まずは、何が原因なのかを確かめる必要があります。
それによって、治療方法も違ってきます。

痛みも同じです。
本当に、がんによる痛みなのかどうか、診断する必要があります。

これからますます難しい対応を迫られることになりますが、
一つ一つ、対処していってください。
今後、ますます、医師との意思疎通が重要になってきます。
上手にコミュニケーションをとる必要があります。
例えば、病院に医療コーディネーター(医療相談者)がいる場合には、
積極的に活用してください。
また、外部の医療コーディネーターを利用するという方法も
あります。
医療コーディネーターで検索すれば、ヒットします。
サイコオンコロジー(精神腫瘍学)に詳しい医師がいれば、
相談することも考えてください。
サイコオンコロジーも検索すれば、何か分ります。
また、ご本人に余命も告知されているのならば、
ターミナルケア(末期ケア)を検討することもお勧めします。

ご参考になれば、幸いです。

まずは、担当の医師に説明を求めるのが最も良い方法です。
ここでは、どうしても、中途半端な一般論になってしまいます。
そして、それが患者様に当てはまるという保障はどこにもないのです。
中途半端な知識と医師の説明が違う場合、どうしても
混乱を招いてしまいます。
ということを頭の中に入れておいてください。

(Q)末期において腹水や痛みが出始めるということは、
癌が進行しているという証拠なのでしょうか?
(A)一般的には、そのように解釈して良いでしょう。
ただし、問題は、その内容です。

...続きを読む

Q「ピロリ菌」除菌済みでしょうか?先日ピロリ菌除菌の

重要性についての著書を読みました。

そういえば私、3ヶ月前に肺炎に罹り、その時にジスロマックSRとセフィローム静注の二種類の抗生物質の投与を受けたのを思い出しました。

ついでにピロリ菌も除菌されている可能性は高いですか?

Aベストアンサー

ないです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報