<印欧語>の中の親戚関係は勉強しましたが、「<ハングル語>と<日本語>は言語学上、親戚関係にありますか?」という問題については考えたことがありません。

定説はありますか?学説は分かれていますか?

どうぞお教え下さい。御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

韓国語は、日本と同じくアルタイ語圏に属し、文法構造が似ています。


中国語の我 愛 爾(うぉー あい にー)
直訳すると、
我、愛す、 爾となりますね。
英語の I love you
直訳すると 私愛す 貴方となり、中国語と同じです。

一方、日本語は、どうでしょう。
日本語では、私は、貴方を 愛します。
私、愛します。貴方、とはなりません。

韓国語はどうでしょう。
나는 당신을 사랑합니다
なぬん たんしぬる さらんはむにだ
私は、貴方を、愛します。
英、中国語は、文法が一緒
日、韓国語も、文法が一緒
日本語と韓国語は明らかに両者と違います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい御回答に感謝いたします。

お礼日時:2017/03/18 00:01
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何語かわかりません。

vetepollloconch hat madre

何語でどんな意味でしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

綴が少し違うのではないでしょうか。

怒りに任せて書かれた言葉であるならミススペルはよくあることですし
それが差別的な言葉であればNGワードで自動的に検閲される場所もありますので、
単語同士をずらしてみたりすることはよくあることです。

ということで私なりに正しい綴りを推測すると Vete Pollo Conchatumadre で、スペイン語による侮蔑語(スラング)になります。

Vete=英語でGoですが、文脈では離れろ、どっかへ行け
Pollo=英語でChickenですが、文脈では不法移民のメキシコ人め
Conchatumadre=英語ではmotherfuckerと同様、文脈では(母親のあそこのような)この腐れ野郎

トラ★プ氏がついつい言ってしまいそうな言葉ですね…
間違っていたら申し訳ありませんが、スペイン語の分かる方で訂正をお願いします。

Q白人文化圏の人 ローマ数字

白人文化圏の人はローマ数字を解説を見ることなくスラスラ読み書きできるのでしょうか?
知り合いがいる方質問でもしてもらえませんか?

Aベストアンサー

I, V, Xの組み合わせ程度は、書物の巻数、時計盤、王や教皇の代で使われるため、それなりの年令以上なら普通は読み書きできる。L, C, D, Mが混じってくると、怪しくなる。かさね表記、つなぎ表記となると教養がないと読み書きは無理。

Q日本人が習得しやすい言語はやはり英語ですか?

私は日本人で日本語を話しますが、
正直日本語より英語をマスターできていた方が、
どれだけ良かったかと思う時があります。

日本語は日本人1億人とコミュニケーションできますが、
英語ですと世界共通語なので、世界と情報交換が可能になります。

日本人が他国の言語を習得しようとした場合、
習得難易度は以下のような感じでしょうか?
(イメージでランク付けしてみました)
中国語は感じがあるので馴染みやすいかなと思いますが、
やはり比較的英語が一番マスターしやすいですよね?

レベル1・・・英語
レベル2・・・中国語、スペイン&ポルトガル語
レベル3・・・ドイツ語、ロシア語、フランス語
レベル4・・・アラビア語

Aベストアンサー

日本人が習得しやすい言語で言えば韓国語でしょう。
なにしろ主語や述語などの語順がまったく同じですので、韓国語の単語をそのまま日本語の単語におきかえれば翻訳できます。
またハングルは人工的な言葉ですので規則性があり初心者には覚えやすいです。

中国語は「漢字」という共通の面はありますが、語順が全く異なりますし、発音の仕方(平声・上声・去声・入声の四声)によって意味が全く異なりますので、このあたりはむずかしい面があります。ドイツ語やロシア語には格変化(ドイツ語は四格、ロシア語は六格)がありますので、これもむずかしいですね。併せてロシア語はキリル文字ですのでとっつきにくいです。

英語も問題があって、文字と発音が一致しません。その点でいえばフランス語やスペイン・ポルトガルはローマ字読みでだいたいいけます。たとえばCatherineという女性名ですが、英語読みではキャサリンですが、フランス語読みではカトリーヌです。アラビア語はしゃべるのはともかく文字はむずかしそうですね。

もっとも、一番習得しやすい韓国語ですが、世界的にみると日本語以上に普遍性がありません。

日本人が習得しやすい言語で言えば韓国語でしょう。
なにしろ主語や述語などの語順がまったく同じですので、韓国語の単語をそのまま日本語の単語におきかえれば翻訳できます。
またハングルは人工的な言葉ですので規則性があり初心者には覚えやすいです。

中国語は「漢字」という共通の面はありますが、語順が全く異なりますし、発音の仕方(平声・上声・去声・入声の四声)によって意味が全く異なりますので、このあたりはむずかしい面があります。ドイツ語やロシア語には格変化(ドイツ語は四格、ロシア語は六...続きを読む

Qラトビア語は何語に似ていますか? ロシア語とかですか??

ラトビア語は何語に似ていますか?
ロシア語とかですか??

Aベストアンサー

米国在住です。

偶然にも、週末にラトビア出身の女の子と話す機会があり、言語について話したので、彼女の意見をお知らせします。

私もやはり、ロシア語か、北欧の言葉に似ているのではないか、と考えていましたが、彼女の言うには、スラブ系の言葉、チェコ・スロバキア・ポーランドの言語に近くて、それに、ドイツ語が少し混ざった感じ、というふうに表現していました。

ロシア語は学校で必修だったし、ドイツ語・フランス語も学習する機会があり、彼女は、高校から米国に留学してきたので、計五か国語話せることになります。英語もお上手です。

Q英語一辺倒の外国語教育は日本を滅ぼす?

日本で一番重要な外国語は言うまでもなく英語です。
そして、今や非英語圏の殆どの国や地方でも 英語を第1外国語として学んでおります。

さて、センター試験に外国語という教科がありますが、99%以上の受験生は英語を選択します。
というか、ほとんどの生徒にとって英語を選択しているという感覚はなく、英語を一つの教科として捉えている人が大部分でしょう。事実、センター試験でも 英語以外の外国語を選択する場合は、
予め、志願時に申請する必要があります。
それで、高校で英語以外の外国語を教えているところも ごく僅かです。ですから、多くの中高生にとっては 英語以外の外国語に触れる機会が非常に限られます。
それに関して、他のサイトでですが、

「英語一辺倒の外国語教育は日本を滅ぼすと思います。」
という意見もありました。
しかし、英語以外の外国語を苦労して勉強しても、どれくらい役に立つのか疑問です。
例えば 中国語にしても、確かに 日本に爆買いに来る中国人も多いし、東京や大阪の電気屋や量販店などでは外国人相手に 英語よりも中国語を使う機会が多いところもあるかもしれませんが、それだけです。昔は日本も中国から色んなことを学びましたが、今の中国から日本が学ぶことは ほとんどありません。
韓国語だって 在日韓国人が多いだけで、これが 韓国語のニーズに繋がるとは思いません。もっとも、韓国は隣国なので 日本人が気軽に旅行に行ける国でもありますが。
ドイツ語は昔は 医学の分野で強かったですが、今では 英語にシフトしています。それに、日本に来るドイツ人は非常に少ないです。
フランス語も昔は国際語として重要でしたし、今でも UNESCOの事務言語になってはいますが、
フランス語を使う機会なんて 英語の何分の一もありません。

そこで質問ですが、みなさんは 現在の 英語一辺倒の外国語教育について どう思いますか?

日本で一番重要な外国語は言うまでもなく英語です。
そして、今や非英語圏の殆どの国や地方でも 英語を第1外国語として学んでおります。

さて、センター試験に外国語という教科がありますが、99%以上の受験生は英語を選択します。
というか、ほとんどの生徒にとって英語を選択しているという感覚はなく、英語を一つの教科として捉えている人が大部分でしょう。事実、センター試験でも 英語以外の外国語を選択する場合は、
予め、志願時に申請する必要があります。
それで、高校で英語以外の外国語を教え...続きを読む

Aベストアンサー

>Mokuzo100nenさんは 日本の中等教育に 英語以外の外国語を積極的に導入することについてどう思いまか?

大賛成です。

まず、長崎県の対馬市では、中等教育に朝鮮語の選択肢を与えるのが良いと思います。
また、北海道の根室市では、中等教育にロシア語の選択肢を与えるのが良いと思います。
そして、沖縄県の石垣市では、台湾語(あるいは客家語か北京語でも良いけど)の選択肢を与えるのが良いでしょう。

戦後のマッカーサー元帥一派による洗脳教育の効果がでており、英語だけを強制的に教え込めばよいと考える日本人が増えました。しかし、多様性を否定する教育では未来を担う人は育ちませんよね。

Q日本語はやはり難しい?

世界で一番難しい言語は何語か?
このカテでも何度か質問に上ったことがあるかと思います。
それで、過去の質問 「一番難しい言語ってなんですか?(https://oshiete.goo.ne.jp/qa/81349.html)」のBAによると、これは相対的なもので母国語との類似性が最大の要因になっているようです。
つまり、韓国語は日本人にとって 比較的容易でも欧米の人には難しく、英語も日本人には難しくても
欧米人には易しい という具合です。しかし、単にそういった相対性だけでは片付けられないような気がします。

例えば 日本語は欧米人にとっては非常に難しい言語です。しかし、その中でも中国人は有利です。
それでも、中国人の知り合いから
「日本語は英語よりも難しく、難易度はロシア語と同じくらい。」と聞いたことがあります。
(中国では ロシア語も日本語と並んで 英語の次に学習する人が多いそうです。)
また、オランダ人にとって英語は非常に簡単だけど、英語圏の人にとってオランダ語は 数ある外国語の中では最も易しい部類に入るが、それでも非常に簡単というわけでもないそうです。

そこで質問です。外国語の難易度は 母国語との距離の他に どんな要因が考えられますか?
それと、日本語は やはり、客観的に見ても 難しい言語なのでしょうか?

世界で一番難しい言語は何語か?
このカテでも何度か質問に上ったことがあるかと思います。
それで、過去の質問 「一番難しい言語ってなんですか?(https://oshiete.goo.ne.jp/qa/81349.html)」のBAによると、これは相対的なもので母国語との類似性が最大の要因になっているようです。
つまり、韓国語は日本人にとって 比較的容易でも欧米の人には難しく、英語も日本人には難しくても
欧米人には易しい という具合です。しかし、単にそういった相対性だけでは片付けられないような気がします。

例えば...続きを読む

Aベストアンサー

>外国語の難易度は 母国語との距離の他に どんな要因が考えられますか?

学習が容易な言語の特徴を以下に挙げます。
1.文法(=すなわち規則性)が整っており、例外が少ない。
2.文字ごとに発音が決まっており、前後の文字との関係性で発音が変わることがない。
3.時制は過去、現在、未来の三種類と単純で、かつ現在形で未来の事象を記述する(日本語、中国語など)ことが無い。
4.名詞に女性形、中性形、男性形など、無意味な型とその変化がない。
5.歴史的・文化的・伝統的なコンテクストが少ない(例えば「方角が悪い」「いざ鎌倉」などの表現を多用しない)


>それと、日本語は やはり、客観的に見ても 難しい言語なのでしょうか?
はい。そう思います。
橋、箸、端など、漢字で書けば異なる意味を、「はし」と発音するように見え、実は音便で区別するなど、超難関。
ちなみに、中国語話者は橋、箸、端を容易に区別しますが、これは中国語の四声、あるいは六声による抑揚思惟別能力のたまものです。中国語も発音の観点から言えば超難関と思います。

Q重箱の隅をつつくようで恐縮ですが、敬語のことです。

テレビで、森友学園、籠池理事長の長男にインタビューしていました。
父親(理事長)のこと聞かれた長男が、
「理事長は(中略)していらっしゃいます。」「ご自身で~~」と父親に対して敬語を使って、記者の質問に答えていました。
長男についての説明(肩書)は「籠池理事長の長男」とだけテロップが出ていました。

1.自分の親のことを他人に話すのに、親に対して敬語を使うのは間違っている。
2.長男が森友学園の職員、役員などで、父親が理事長という上司の立場だったとしても、外部に話すとき、内部の人に敬語を使うのは間違っている。

と思いました。
とくに、2、は就職した時などに、たとえ自分の上司でも、会社外の人には「呼び捨て」が礼儀だと、厳しく教えられたりします。

別に、特別に森友学園について、あれこれ言うつもりはありませんが、幼稚園や学校を運営する家の関係者(長男)なのに、敬語の使い方が間違っているのはなんなの?と思いました。

もしかして、最近はこれらは許容されているのでしょうか?

Aベストアンサー

ご存知のように尊敬語と謙譲語がありますが、「理事長は(中略)していらっしゃいます。」「ご自身で~~」などは尊敬表現に当たる。
ところで尊敬語の本質とは、「敬意を示したい、と自らが思う相手の行為やものごと」に対して使うものということが言えます。
なので、嫌な上役について話すときには(社内でも)尊敬語を使わないでしょう。
この場合、敬語を使わないのは間違っているといった問題ではなく、話者にとって、その上役が「敬意を示したい、と自らが思う相手」ではない、という事実を示しているにすぎません。
親や上役、以下まとめて「身内」と表現しますが、身内の行為に対して尊敬語を使うべきでないのは、身内を立てることにより、結果的に聞き手や第三者を低く評価することになってしまうから。尊敬語は、こうした性質を持った敬語なわけです。
以上のことを踏まえて言えば、それにも拘わらず、身内に対して尊敬語を使うのには、以下のような(論理的な)理由があることになる。
1.正しい尊敬語の使い方を知らない。
2.身内だとは捉えていない。(捉えてほしくない)
3.結果的に聞き手(記者)を低く評価することになっても差し支えないような相手(記者)であると判断している。
どれも、すでにみなさんがご指摘になっていることですが、敬語の本質から考えても妥当な指摘である、ということを蛇足的に述べさせていただきました。

ご存知のように尊敬語と謙譲語がありますが、「理事長は(中略)していらっしゃいます。」「ご自身で~~」などは尊敬表現に当たる。
ところで尊敬語の本質とは、「敬意を示したい、と自らが思う相手の行為やものごと」に対して使うものということが言えます。
なので、嫌な上役について話すときには(社内でも)尊敬語を使わないでしょう。
この場合、敬語を使わないのは間違っているといった問題ではなく、話者にとって、その上役が「敬意を示したい、と自らが思う相手」ではない、という事実を示しているにすぎ...続きを読む

Q大学の2ヶ国語についてです。 大学のレベルは低いのでそこまで大変ではないと思うのですが、さんこうにさ

大学の2ヶ国語についてです。

大学のレベルは低いのでそこまで大変ではないと思うのですが、さんこうにさせていただきたいです。

いろいろな言語がある中で興味を持ったものは

ドイツ語・スペイン語・フランス語
です。

ドイツ語はとにかくかっこいい、難易度はそこまで高くない。でも実用的ではない。

スペイン語は比較的簡単?だから楽。でも実用的ではない。

フランス語は将来的にも役立つ。でも少し難しい?

といった感じです。大学の勉強だとそこまで将来に役ただなくても少しは足しになると思います。なのでフランス語がいいかなと思っていたのですが、単位を落としたら意味がないのでドイツ語かスペイン語(中国・朝鮮などもあるが興味がない…)がいいかなぁと悩んでいます。

何かいいアドバイス、またこの言語やっているけど○○だよなど教えていただけるとありがたいです!

Aベストアンサー

どの言語であろうが、一番肝心なのは「何のためにその言語を学ぶのか?」です。
将来、その言語を仕事に活かすのか、それとも単なる趣味の延長なのか。
大学受験を考えている年齢なら、当然「それくらい」の事は考えているよね?

書いている言語は、いずれもメジャーな言語と言える。希望3ヶ国語+英語、イタリア語が出来れば、欧州では生活には困らないだろう。
しかし、その3ヶ国語が使われているのは、欧州だけではない。 地域に違いはあれども、アフリカや南米でも使われている言語です。
また、仕事に活かそうとするならば、メジャーであれば、競争率も高いという事を念頭に置いておくように。
優秀な成績であれば就職には困らないが、そこそこレベルだと同様な人材は掃いて捨てるほどいるで就職は難しい。特に、大手企業は。
ただ単に、単位を取得するための手段ならば、何でも良いでしょ。相談する必要性無し。

私は、社会人になってからあるマイナーな言語を趣味として長年学んでいますが、楽しいですね。

Q動詞の未来形がある自然言語はありますか?

英語やドイツ語など、動詞の時制は現在形と過去形と完了形の三種類で、未来形はありません。
未来形が無いので助動詞+現在系で未来を表すようにしています。

はたして、動詞の活用本体で未来形をもっている自然言語があるのかに興味をお持ちました。
動詞の活用で未来形をもつ言語があれば、その言語名をご教授ください

自然言語の時制にお詳しい方よりアドバイスを頂ければありがたいです。

Aベストアンサー

動詞の未来形の成立は複雑で、単に動詞の活用があるかないか、
という説明では済まないようです。
セム語族や多くの古期印欧語は、動詞の活用は複雑でも、
未来を表す特別な活用がないそうです。
古ゲルマン諸語も同様で、ドイツ語に未来形がないのもその流れでしょう。
その原因としては、未来の表現はしばしば「意志」、「願望」、「推量」、「義務」
などの法の表示が転じて発生していく傾向が多くの言語で見られるということが挙げられています。
そのため、純粋に活用のみで未来を表す形があまりないというのは、
多くの言語に共通する傾向のようです。

すべての印欧語の元となった印欧祖語でも、未来を表すには接続法を使っていたようですが、
s-未来形といって、s字を含む活用による未来、接続法、願望の表現があったという研究があります。
ゲルマン語族では、この-s-で形成される未来自称の語幹は失われています。
古典ラテン語には未来形の活用がありますが、これも比較言語学の研究によって、
もとは接続法であったものに未来の意味が生じたのち、ほかの意味が失われたことが明らかにされています。
そして、ラテン語の未来形は、ローマ帝政時代末期には使われなくなり、
俗ラテン語では英語のhave、ドイツ語のhabenに相当するhabeoで未来を表現します。
よく引用されるアウグスティヌスの例があります。

petant aut non petant venire habet
(英)whether they ask or do not ask, it will come
(独)ob sie bitten oder nicht bitten, es wird kommen

「venire(来る)」ことを「habet(持つ)」という形で、
これは、「義務」を表現する英語のhave toやドイツ語のhaben zuとつながります。
フランス語やイタリア語に未来形の活用があると言っても、
実はこれらも、上の形に見られる二つの動詞が融合したもので、
活用というよりも接尾辞のようなものです。
「私はこれから~する」を意味するフランス語の単純過去、je feraiは、
俗ラテン語のfacere habeoからきたものです。
「する(do)」に当たるフランス語の動詞はfaireで、「持つ(have)」に当たるのはavoirですが、
avoirの一人称単数の活用はaiで、faire + ai → feraiということになります。
二つの動詞の複合されたもので、活用とは違いますね。
イタリア語の未来形も同じで、フランス語のavoirと同じavereが結合された形です。

fare(する)の未来形 一人称
(io) farò = fare + (io) ho (avere)

ロシア語で未来形があるのは、be動詞に当たるбытьだけで、
その他の動詞の未来形は、бытьの未来形+不定詞で表します。
ペルシャ語でも、「欲する」を意味するhohanという動詞を未来形助動詞として使います。

時制というのはもともと抽象的なものなので、未来形も過去形も、
いろいろな表現と変遷があるようです。
ドイツ語やフランス語には過去形がありますが、
過去形はどちらかというと文章語で、口語では現在完了形を使う方が多くなっています。

動詞の未来形の成立は複雑で、単に動詞の活用があるかないか、
という説明では済まないようです。
セム語族や多くの古期印欧語は、動詞の活用は複雑でも、
未来を表す特別な活用がないそうです。
古ゲルマン諸語も同様で、ドイツ語に未来形がないのもその流れでしょう。
その原因としては、未来の表現はしばしば「意志」、「願望」、「推量」、「義務」
などの法の表示が転じて発生していく傾向が多くの言語で見られるということが挙げられています。
そのため、純粋に活用のみで未来を表す形があまりないというの...続きを読む

Qこれなんてゆー意味ですか?

きになるんですがわかる方いますか?

Aベストアンサー

親愛なるリンちゃんのために。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報