神戸の女児殺害事件、寝屋川の中学生殺害事件、などが起きると世間は悲しみ、怒りという反応を示します。しかし、何故なのでしょうか?

これらの事件で亡くなった子供の親は低所得者でした。ということは、この子供も成長すれば低所得者になります。低所得者は社会を不健全にする害虫です。

であれば、低所得者の卵は害虫の卵であり、卵が羽化する前に無くなったことを喜びはすれ、悲しむ必要はないですし、まして害虫がなくなったことで怒る必要はないと思います。

質問者からの補足コメント

  • >こういう質問を遺族の方がもし読むと、嫌な気持ちになるかもしれないってことは考えないんですかね。

    何を今更?。
    女児が殺害された時は遺体が見つかり、犯人が逮捕されるまで親の犯行を疑う書き込みや質問が多くありました。被害者の遺族を殺人犯として疑っても、問題にならない。(そして、そのような考えが書かれたブログは未だに存在する。)
    中学生の時は、遺族の家族構成や生活習慣を根掘り葉掘り調べ、それを本人たちの許可無く、ネットに掲載し、批判する始末。挙句は子供たちが亡くなったのは「親が殺したようなもの」と書き込みに賛同する人が多数いる。

    何が問題なのですか?。嫌な気持ちになるでしょう。それこそ、「殺してやりたい」と思われて危害を受けたとしても、御遺族を責めることはできません。だから、このような一定の匿名性があり、一般的でないサイトで質問を行なうという、卑怯な手法を使っています。

    No.17の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/03/18 23:58

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (79件中1~10件)

そもそもこのような感情論は理論で語ることはできません。


人間は同情して、相手の気持ちになって物事を考えることを日常的に行ってます。

小さい子供が殺された事実に関してあなたは悲しい気持ちになりませんか?
社会に役立つかどうかで生きる価値があるかどうかを判断するのですか?

ではあなたの論理で「あなたが社会に役立つかどうか」だけの話をしてみましょうか。
あなたも国から見ればちっぽけな存在であなたがもたらす経済効果も微々たるものです。
ましてや人の生き死にに対して悲しい感情を持たない、人と変わった思考の持ち主。
社会からすれば脅威ですよ。いない方がいいってことになりますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

>小さい子供が殺された事実に関してあなたは悲しい気持ちになりませんか?
なります。しかし、それは一般市民の子供です。後日、低階層と知れば安堵します。
>社会に役立つかどうかで生きる価値があるかどうかを判断するのですか?
そうでしょう。社会に「役立たない人間は死ね」というのが、日本の正しい価値観です。

どうして、最後に質問者への個人中傷となるのでしょうか?

お礼日時:2017/04/12 21:50

いったい


何がいいたいの
融通不断な態度がいらつきます
    • good
    • 0

何が悪い事してない


よう言う
二重人格❗
    • good
    • 0

うそは許されないこと


私はばか正直やし
それを利用するのがあんた
人をりようするな猿❗
    • good
    • 0

勝手に信じたとはどういう意味でいわれた


なにがいいたいの
私にうそをついた
    • good
    • 0

くだくだ言わず


目の前で言うことできないのか
被害者は私です
    • good
    • 0

あなたが私を騙した


うそついてなにもせずに
逃げる卑怯モノ
自分ばかり悲劇の主人公にならないで下さい
その優柔不断な態度が腹立たし
    • good
    • 0

嘘ばかりつく


人騙した
目の前でいえ❗
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

勝手に信じて、よく言う。

お礼日時:2017/04/06 01:38

おもいでなどない


ひどい仕打ちがおもいです
だまされた
うそつかれた
それだけ
感謝など人をだましてにげるにんげんなどにしない
訴えるだけ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

勝手に信じて、勝手に動いて、「騙された」と被害妄想。

お礼日時:2017/04/04 23:41

謝罪❗はおまえがするのです


わたしはしない
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

何も悪いことをしておらず、脅迫された、被害者は私です。
加害者が被害者に謝罪する。当然でしょう。

お礼日時:2017/04/04 23:39
1  2  3  4  5  6  7  8 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人は・異性との恋・愛の喜びを知ることは素敵なことですか?

今、婚約が破談になり傷心中です。

しかし、恋・愛の喜びを知り覚えているため、また、新しい恋がしたいです。

人は・異性との恋・愛の喜びを知ることは素敵なことですか?

Aベストアンサー

Q、人として異性との恋・愛の喜びを知ることは、このうえなく好ましいことですか?
A、No!

私にとっては、狭義の意味での恋愛や性愛の喜びは誰とでもそれなりに感じられます。
別に、その類の喜びは恋愛や性愛による大脳の一種の興奮でしかないですよね。
ですから、それが素晴らしいものだとはおもいません。
<素晴らしい>と大脳が感じているのは間違いないことでしょうが・・・。
要は、その種の興奮が冷めた後が問題でしょう。
私は、<人生を共にしていることへの喜び>とでも言うものを感じた時に、「あー」と思いますね。

Q挑発的に振舞う人間は、賢くて優れた人間、または環境によく適応した健全な人間ですか?

こんばんは。

私の知人が、挑発的に振舞う(相手の怒りや暴力を誘うかのように、ルールを破ったり、嘘をついたり、騙したり、陥れたり、馬鹿にしたりするような)人間を肯定します。
その大略は以下の通りです。


○その行動に違法性が無ければ問題ない。違法性があっても、捕まらなければ問題ない。捕まっても、それに見合った適正な処罰を受ければ良いだけの話。

○そのような人間は、法律に守られながら、そのように振舞うことによって、(精神的または物質的に)何らかの利益を得ている訳だから、それは賢くて優れた人間、または環境によく適応した健全な人間だ。
逆に、それによって被害を被るような人間は、愚かで劣った取るに足りない人間だ。


この知人の言っていることは正しいのでしょうか?(実際、この知人は、そのように行動しているようです)

真面目に生きるのは馬鹿なの? という嫌な思いが過ぎった為、質問させて頂きました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この知人氏の様な人は、結局は損をします。

人間、法律などと言う以前に、相手を尊重しなければ自分も尊重されないものです。尊重されない人間が、どうして賢くて優れた人間なのでしょうか、どうして環境によく適応した健全な人間なのでしょうか(この辺り価値観の違いかも知れませんが)。


歴史を繙くと、たとえば柴田勝家という人が居ます。彼は越中の国(現在の富山)の攻略を命じられた際、その守備隊(上杉家と越中の地侍)をだまし討ちにしています。
その結果、本能寺の変の際に京都へ兵を出すことが、背後を狙われているために出来ず、距離的に遙かに遠くにいた羽柴秀吉が明智光秀を討ち、天下を取り逃がしてしまいました。

結局、この世の中は人間同士で成り立っているのです。真面目すぎるのも考え物ですが、この知人氏の様な生き方も考え物です。

Qビンラディンが殺害されるとオバマは再選?

先ほどのTVニュースでオバマが直接指示した作戦でオサマ・ビン・ラディンを殺害したと言っておりました。

また、解説者が、オバマ大統領の再選に大きな効果がある模様と解説しておりました。

外国でテロリスを殺害することと、米国の大統領の再選の間にどのような関連が考えられるのでしょうか?

例えば、日本の特殊部隊が北朝鮮の金正日を殺害すると、管直人が再選するというのとは訳がちがいますよね。

日米の正義の違いに関して、哲学のご意見をいただければ思います。

Aベストアンサー

 事ある毎にこの問いは繰り返される、これが僕の第一印象でした。
オバマ氏がアルカイダ掃討作戦の一環、若しくは最終目標にオサマ・ビン・ラディンなるイスラム過激派の指導者を追求するとの意思を示していたことは彼の職責に起因しています。彼はアメリカ合衆国大統領であると同時に「国軍としてのアメリカ軍の最高司令官」でもある。この立場に基づいての結果だったという説明は簡単です。がしかし、ここに1つの疑問が生じることも確かです。
 就任当時、彼はアブグレイブの捕虜収容所の閉鎖を明言していました。それはブッシュ前政権当時に行われていた捕虜に対する虐待行為が「法に照らして問題がある」との視点からでした。にも関わらず昨年、かれは突然にこの収容所の閉鎖を撤回しています。なぜでしょうか?。
 米国国内においても「犯罪を裁く」ことは他の国々と同様に司法の仕事であり、それは法に則って行われることが「法治国家」としての最低限かつ大原則であることは言を俟つまでもありません。「テロ行為(=大量破壊ならびに殺戮行為)」が少なくとも犯罪行為であることに変わりはありません。こうした前提に立つならば、今回の結果で問われる可能性として「捕縛でなくなぜ殺害だったのか」との疑問が生じ、「殺害以外に選択肢がなかったとしたら、それはどのような法理に基づく判断であり、なぜ法廷審理の後に刑を執行しなかったのか」との問題が残ると思われます。
 開拓時代の名残が意識の中に残るアメリカ社会の底流にはイスラムの「目には目を、歯には歯を」の考え方に似た様な印象があることも否定はできないでしょうね。
 テレビの画面を見ていても“USA!USA!”と叫んでいる姿と“アッラー、アッラー!”と叫ぶイスラムの姿は違うなどと僕には見えなかった。
 対峙する2つの異なる「原理主義」が衝突した時、そこに何がもたらされるか。昨年の話題だったマイケル・サンデルの例の本にしても「正義」と表題に冠していても、そこで議論されていたのは過去の何人かの思索家をつまみ食いの形で比較してそこから抽出された(この抽出のプロセス自体にも問題点は多々ある)「取り敢えずこの場での議論をするための1つの定義付け」だったのではないのか、と疑問は残っています。
もし「価値観」なる言葉に絶対的な説明が可能であるならば、その足跡でもある思索の歩み(哲学史)に様々な見解が生じた理由を説得力を以て説明することが果たして可能でしょうか。甚だ疑問です。

 事ある毎にこの問いは繰り返される、これが僕の第一印象でした。
オバマ氏がアルカイダ掃討作戦の一環、若しくは最終目標にオサマ・ビン・ラディンなるイスラム過激派の指導者を追求するとの意思を示していたことは彼の職責に起因しています。彼はアメリカ合衆国大統領であると同時に「国軍としてのアメリカ軍の最高司令官」でもある。この立場に基づいての結果だったという説明は簡単です。がしかし、ここに1つの疑問が生じることも確かです。
 就任当時、彼はアブグレイブの捕虜収容所の閉鎖を明言していま...続きを読む

Q鶏と卵

鶏と卵、どちらが先に存在したのでしょうか?

鶏→卵→ヒヨコだと、1巡のみで循環しません。

卵→ヒヨコ→鶏だと、親なしの卵からということになります。

皆様は、どうお考えになりますか?
ご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>卵→ヒヨコ→鶏だと、親なしの卵からということになります。

人間をずっと遡ると、人間ではなくミジンコみたいな有機体が祖先。

ミジンコの祖先は恐らく無機質。

無機質の祖先は恐らく太陽。


で、範囲を広げ、太陽と人間の関係になると、人間の遠い祖先は太陽になるわけです。

さらに範囲を広げると、太陽も銀河系が爆発した破片なんじゃないかと。

つまり人間は銀河系が祖先になるわけで、さらに銀河系は、、、


こう考えていって、ふっと思うと、子供はクローンじゃない限り、親と同じ遺伝子を持っていない。
別物なわけです。

そりゃ、今の科学だと、異種交配しない限り、子供は誕生しませんが、遺伝子レベルでいくと、もともとmtDNAだけだったが、mtDNAは自己増殖をやめて、Y染色体を作り出し、Y染色体を使って増殖をしだしたそうです。

つまり、Y染色体はmtDNAが生み出したもので、生み出したからにはmtDNAが創造主。

mtDNAってのは生命体じゃなくプログラムでパソコンでいけばソフトの部分。

このプログラムが書き換えられることで、いろんな生命体ができちゃうわけです。

んなこと考えていると、鶏が先か、卵が先か と考えても、、、って思います。

プログラムが先ってのだけはわかります。
だってプログラムが存在しないと、何もできないから。


で、宗教をする人は、創造主である神が存在するって言う。
雲の上にいて全てが可能な神がいるって言う。

「要するにその神って万物の法則のことですよね。それは慈悲など感情は持っていない。そんなソフトにどんなに哀れんでくれと土下座したところで、万物の法則を人間が超えて、人間が万物の法則のプログラムを書き換えることなどできない。」って思うんですね。


とうことで、鶏が先か、卵が先かは不毛だと思うので、私はその議論をしている人を見て「違うんだなぁ そんなところ探しても何も見つからない」って思うんです。


宗教のなんでもできちゃう神という概念を作ったのは人間。
だから神の創造主は人間。
その神を作り出した人間を作り出したものは、、、万物の法則。
これが本当の創造主。

>卵→ヒヨコ→鶏だと、親なしの卵からということになります。

人間をずっと遡ると、人間ではなくミジンコみたいな有機体が祖先。

ミジンコの祖先は恐らく無機質。

無機質の祖先は恐らく太陽。


で、範囲を広げ、太陽と人間の関係になると、人間の遠い祖先は太陽になるわけです。

さらに範囲を広げると、太陽も銀河系が爆発した破片なんじゃないかと。

つまり人間は銀河系が祖先になるわけで、さらに銀河系は、、、


こう考えていって、ふっと思うと、子供はクローンじゃない限り、親と同じ...続きを読む

Qザビーヌ事件について

 広くみなさんのご見解を あらためて おしえて欲しいと思いました。

 ▲ (ヰキぺ:ザビーヌ・ダルデンヌ) ~~~~~~~~~~~
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%8C%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%8C
 ザビーヌは1996年5月28日、12歳のときに通学中に誘拐され、犯人の家の特製地下室(幅99cm・奥行き2m34cm)に80日間閉じ込められる。その間、小児性愛者である犯人から性的虐待を受け続けた。
 ▲ (2005年12月来日したときの会見) ~~~~~~~~~~~~
  http://www.sonymagazines.jp/new/sabine/report.html
 記者の質問 : 自分から一歩踏み出し、ハンデを打破していく強い意志はどこからくるのですか?

 Sabine :  もともと負けん気が強い子どもでした。“かわいそう”と同情されると反発したくなるんです。
 自分は一生懸命忘れようとしているのに、町を歩くと見知らぬ人から「かわいそうに」とか「辛かったでしょう」と腕をつかまれ、声をかけられることが、度々ありました(今でもあります)。

 でも、私はいつまでも『犠牲者』でいたくはありません。誰にでも不幸は訪れます。
 一度あった不幸に哀れみをかけられ、そこにどっぷりはまっていたくはありません。
 一生、犠牲者として生きていく必要はありませんし、そんな気もありません。
 いつまでも『犠牲者』として生きていたら、その先の人生を無駄にしてしまいます。
 事件のことを忘れることはできませんが、自分の中で区切りをつけることで、自分の過去にうち勝っていきます。

 この本を書くことによって、過去に起こった事実として、事件の形跡を残すことはできましたが、これから始まり続いていく未来に、この不幸な出来事は関係ありません。
 普通の女性として、幸せをつかむために前進していきたいです。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 わたし質問者は 《蚊が刺しただけ》という見解をもって 全面的に かのじょの考え方に賛成です。みなさんは いかがでしょうか?

 広くみなさんのご見解を あらためて おしえて欲しいと思いました。

 ▲ (ヰキぺ:ザビーヌ・ダルデンヌ) ~~~~~~~~~~~
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%8C%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%8C
 ザビーヌは1996年5月28日、12歳のときに通学中に誘拐され、犯人の家の特製地下室(幅99cm・奥行き2m34cm)に80日間閉じ込められる。その間、小児性愛者である犯人から性的虐待を受け続けた。
 ▲ (2005年12月来日したときの会見) ...続きを読む

Aベストアンサー

 こんばんは、Hidocchiでございます。

 何かご参考になるところがあればと思い、筆をとらせていただきました。

(1)被害者の気持ち(女史の著作から)
1. 解放後に敵となったのは、周りの人の善意だった。ダルデンヌさんの苦しみをまるで自分のことのように受け止めた家族、友人、医療関係者、警察、事件に震撼したベルギーの社会全体の空気だったという。 

2. また、犠牲者として振舞うことを期待されたことも苦しかったと言う。「だんだんよくなってはいるけれど、とってもつらかった。今でも仕事に出かけるために電車に乗るとじろじろ見られる。サインをくださいと頼まれたり、私の苦しみを他の人と共有するべきだと言う長文の手紙をもらったりする。レイプされたほかの女性からも手紙をもらって、私の気持ちが理解できる、と書いてある。頭に来る。何も『理解』することなんかない。あることが起きた、そこで終わりなのだから」 

愚見:犠牲者扱いされる”空気”、変な同情心、野次馬、これらが少なくとも事件以後の、ダルデンヌさんにとっては、最大の苦痛であったように見けられました。これは、以前、愚生が紹介させていただきました「レッサーパンダ帽事件」の被害者家族と共通点がみられるかと思われます。つまり、第三者の(被害者は未成年ということを考慮しますと、家族は例外かもしれませんが)善意・親切心(とその空気)は、かえって、こうしたダルデンヌさんの発言につながった可能性は高いと考えられます。
 従いまして、女史の発言の動機、そして内容につきましても、理解はできます。


(2)加害者について
asyura.com/0401/bd33/msg/989.html をご参照下さいませ。

 また、追加情報としまして、以下のものがございました。
「ベルギーのアルロン地裁(2004年6月)は終身刑、(共犯の)前妻に懲役30年を求刑。
初公判から約4ヶ月に及ぶ猟奇的事件の裁判は、事件に絡んでは検察官や証人が自殺したり、証拠が行方不明になったほか、ベルギー王室の関係者を含んだ上流階級の「児童セックスパーティー」の存在が証言されるなど、公判の中身を欧州のメディアが注目していた。」

愚見:組織的犯行ということもあり、かなり複雑な背景があるようにも見受けられました。一応、努力はしてみたのですが、詳細な情報が入手できませんでした(ウェブ上では結構調べたのですが)。「犯罪者処遇法」観点から見た、適切な処遇につきましては、ご意見を述べられるだけの情報が不足しているため、加害者についての言及はここまでとさせていただきたく存じます。

(3)第三者からの見方
愚見:日本におきましては、特にこういう性犯罪では被害者を「ケガレ」扱い、悪者扱いしかねない風潮があろうかと思われます。この風潮(空気)につきましては、残念ながら、被害者は事件解決後も被害者のまま、その後の人生を送っていかなくてはならないという現状につきましては、考え直す必要があろうかと考えています(もちろん、野次馬の類いは論外でございます)。だからこそ、かような日本の国におきましては、女史のような発言は非常に重要かと考えさせられた次第でございます。

 ご一読いただきまして、誠にありがというございました。

 こんばんは、Hidocchiでございます。

 何かご参考になるところがあればと思い、筆をとらせていただきました。

(1)被害者の気持ち(女史の著作から)
1. 解放後に敵となったのは、周りの人の善意だった。ダルデンヌさんの苦しみをまるで自分のことのように受け止めた家族、友人、医療関係者、警察、事件に震撼したベルギーの社会全体の空気だったという。 

2. また、犠牲者として振舞うことを期待されたことも苦しかったと言う。「だんだんよくなってはいるけれど、とってもつらかった。今でも仕...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報