痔になりやすい生活習慣とは?

キルヒホッフの第2法則(物理学)で「電圧降下」という言葉が出てきます。

「電圧降下」とは、どのようなものかできるだけわかりやすく教えていただけないでしょうか?

よろしくお願い申し上げます。

「「電圧降下」とは?」の質問画像

A 回答 (5件)

電圧の高いところから電流が流れ、電流が抵抗を通ることにより「抵抗に発生する電圧」分だけ「電圧が下がる」ということです。



人間が、そういう風になるように、「電流」「電圧」「抵抗」というものと、その相互の関係を決めただけの話です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

yhr2様

ご回答いただき、ありがとうございます。

お礼日時:2017/03/21 18:09

「わかりやすく」にこだわっているようなので、イメージで説明します。



「電流」は「プラス」から「マイナス」に流れると定義していますが、その実態である「電子の移動」は「マイナス」から「プラス」に向かいます。
電池などで「電位差」を作ると、電子はその電位差による「電場」(または「電界」)による力を受けて移動します。それが「電流」です。

「抵抗」のない「真空中」などでは、電子は「電場」から受ける力でどんどん加速して速度を増しますが、導体内では導体の原子に移動の邪魔をされ、一定速度以上にはなりません。この「邪魔」は、導体原子中の軌道電子との「電気的反発」だったり「衝突」だったり、原子核からの「引力」だったりしますが、それをマクロ的に総称して「抵抗」と呼びます。この「抵抗」の大きさは、かけた「電位差」(電圧)とそのときに流れる「電流」との「比」で定義します。
これが「抵抗」の実体ですが、いちいちそれを「ミクロ」に扱っても、結局は「アボガドロ定数」で示されるような「膨大な数」の統計的な振る舞いになるので、マクロ的に「オームの法則」として扱うことで十分なのです。
(上に書いたことは、マクロ的な「電圧」「電流」と「抵抗」の定義と相互関係を、人間が決めたということです。「電流」も、実体は「マイナスからプラスに流れる電子」なのですが、「プラスからマイナスに流れる架空の流れ」を「電流」と呼ぶことにしたのです)

この「抵抗」の中を、電子は「ぶつかったり押されたり引っ張られたり」しながら進みます。
よく、電気の流れは「高いところにあるダム」から「低いとことにある池」までの「水路」を流れる水流にたとえられます。水路が「水門」で仕切られているのが「回路が開いている」状態で、水門を開けると水路がつながった「閉回路」の状態になります。(この場合には、水門は電気回路の「スイッチ」に相当します)
「高低差」が「電圧」(電位差)であり、水路の流れやすさ(「堰」や「岩」などの障害物や水路の幅・深さなど)が「抵抗」に相当し、そのときに流れる水量が「電流」に相当します。場所によって「流速」は違いますが、「質量保存」によりある瞬間の「流量」は流路全体のどこをとっても等しくなっています)
水が流れれば、必ず水の標高は低くなっていきます。この「標高の低下」が、電気回路の「電圧低下」です。

逆に言えば、「高低差」が水を流す「ポテンシャル」なので、水が流れればこの「ポテンシャル」は低下することになり、その「ポテンシャルの低下」が「電圧降下」ということです。
「水の流れ」という「運動エネルギー」を作ったので、その分「ポテンシャルエネルギーが低下した」と考えればよいのです。その「水流」で「水力発電」をすれば、さらに電気エネルギーに変わります。
電気回路でも、「抵抗の中で電子が衝突を繰り返す」ことで「導体や抵抗の原子の熱エネルギー」に変わり、その分「電圧によるポテンシャルエネルギー」が減ったということです。「電圧によるポテンシャルエネルギーの低下」が「電圧降下」なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yhr2様

ご回答いただき、ありがとうございます。

お礼日時:2017/03/21 18:06

負極(-側)が側から出た電子がエネルギー(持っているポテンシャル)を抵抗等でお仕事をして、全てを使い果たして、正極へ戻ってくる。


ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Zincer様

ご回答いただき、ありがとうございます。

お礼日時:2017/03/21 18:06

電圧降下とは、抵抗器に電流が流れるとその両端に生じる電圧のことです。

図の抵抗器R1には電流I1が流れているのでR1の両端には電圧R1xI1が発生しています。ただしI1の向きの電流を正とします。電圧計で計る場合はマイナス端子をR1の上側にします。R2にもI2が流れていますがI1とは逆方向ですのでR2の電圧は -R1xI2となります。また、閉回路の中の電圧を合計するとゼロになりますので、R1I1 + E2 + (-R2I2) + (-E1) = 0 が成り立ちます。
この回路は星型になっているのでI1、I2 は定まりませんが、星の外に向かっているパスがなければ I1 = I2 となり閉回路に流れる電流を求めることができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

zuntac様へ

ありがとうございました。

お礼日時:2017/03/21 18:11

抵抗に電流が流れると電圧が発生します。


電流の流れれこむ側が+、流れ出る側がー、となるので、
電流の経路から見て「降下」と言います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

angkor_h様

ご回答いただき、ありがとうございます。

お礼日時:2017/03/18 00:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1GB(ギガバイト)って、何g(グラム)の重さですか?

こんにちは。
1GBは、何グラムでしょうか?
GBがデータの単位で、グラムが重さの単位であることはもちろん理解している上での質問でございます。

パソコンで作った1GBのデータは、Wifiに乗せて他の家のサーバーやパソコンやスマホに運べるということは、確かに物体として存在するわけで、どのくらいのデータ量(GB)が集まったら、やっと1gになるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

有名な「マクスウェルの悪魔」に関連して、「シラードのエンジン」という話があります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%82%AA%E9%AD%94#.E3.82.B7.E3.83.A9.E3.83.BC.E3.83.89.E3.81.AE.E3.82.A8.E3.83.B3.E3.82.B8.E3.83.B3

簡単に結果を述べれば、もし、熱力学の第二法則が正しい(第二種の永久機関が作れない)とするなら、
温度Tの環境で、1bitのデータを記憶するには、最低でも、k*T*log(2) のエネルギーが必要です。
例えば、T=300(K) (27℃)だとすると、1GB 記憶するには、
https://www.google.co.jp/search?q=%28Boltzmann+constant%29%2a%28300+kelvin%29%2aln%281e9%29
8.58346389 × 10^-20 ジュールのエネルギーが必要です。
さらに、有名な E=MC^2 を使えば、これは、
9.55039158 × 10^-37 キログラムに相当します。
https://www.google.co.jp/search?q=%28Boltzmann+constant%29%2a%28300+kelvin%29%2aln%281e9%29%2f%28c%5e2%29

有名な「マクスウェルの悪魔」に関連して、「シラードのエンジン」という話があります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%82%AA%E9%AD%94#.E3.82.B7.E3.83.A9.E3.83.BC.E3.83.89.E3.81.AE.E3.82.A8.E3.83.B3.E3.82.B8.E3.83.B3

簡単に結果を述べれば、もし、熱力学の第二法則が正しい(第二種の永久機関が作れない)とするなら、
温度Tの環境で、1bitのデータを記憶するには、最低でも、k*T*log(2) のエネルギーが必要です。
例えば、T=300...続きを読む

Q不確定性原理の解説に測定限界という概念が必ず出てくる理由を教えてください。

不確定性原理の解説を読むとほとんど測定対象に光子をぶつける例えがでてきます。 しかし本来の不確定性原理とは、ハイゼンベルクが1927年に導出したxΔP≧h/2の解釈であり、量子の「存在位置Δx」を精細に特定すると運動量ΔPの分布範囲が広くなり、逆に「運動量ΔP」を精細に特定すると量子の位置Δxの存在分布が広くなるという(上記数式に関する素直過ぎる)解釈のはずです。 ここには(測定のために光子をぶつけるといった)測定概念など存在しません。 ほとんどの解説書に上記「測定限界」の概念がでてくるのは、ハイゼンベルクが不確定性原理(解釈)についてパウリに送った書簡、その後彼がボーアをはじめとするコペンハーゲン重鎮に対する説明が元になっていると想像できます。
疑問1:光子をぶつければ測定対象の位置がずれるのは当たり前。 こんな概念は数式の解釈とは何の関係もないでしょう? ハイゼンベルクは何故、こんな「とんちんかん」な書簡をパウリに送ったのでしょうか?
疑問2:天才パウリは何故こんな「とんちんかん」な書簡の中身から、「単一」量子に関する確率解釈という突飛な概念を理解できたのでしょう?
疑問3:こんな「確率解釈」しなければならない奇妙な状況におかれたら、普通ならば理論の前提(ドブロイ)を疑うのが当然でしょう? 1927年当時、左記解釈を裏付けるような実験的検証があったという話を知りません(有名な「二重スリット実験」は1961年です)。 実験的な裏づけが皆無な状況で、こんな奇天烈な解釈がまかり通るようになったのはどうしてなのでしょうか?
疑問4:未だに、不確定性原理の解説に光子をぶつける概念を用いるのは何故でしょう。 論点のすり替えではないのですか?

量子論に関する歴史を中心に片っ端から調査したのですが、いまだ納得できません。 上記疑問には、当方理解不足、誤解があると思われます。 ご専門の方、是非ご指摘とご指導をお願いいたします。

不確定性原理の解説を読むとほとんど測定対象に光子をぶつける例えがでてきます。 しかし本来の不確定性原理とは、ハイゼンベルクが1927年に導出したxΔP≧h/2の解釈であり、量子の「存在位置Δx」を精細に特定すると運動量ΔPの分布範囲が広くなり、逆に「運動量ΔP」を精細に特定すると量子の位置Δxの存在分布が広くなるという(上記数式に関する素直過ぎる)解釈のはずです。 ここには(測定のために光子をぶつけるといった)測定概念など存在しません。 ほとんどの解説書に上記「測定限界」の概念がでてくるの...続きを読む

Aベストアンサー

まず、観測にかけるという事抜きには不確定性を述べることはできません。
もちろん、不確定性原理は観測とは関係ない理論的な所から出てくるわけですが、
実際に観測するからこそ、重要な内容を含んでいると言うことですね(^^)
だからこそ、ハイゼンベルクは実際の観測を想定して、理論の正当性を述べる必要があったと言うことです。
「光子をぶつければ測定対象の位置がずれるのは当たり前」とありますが、
これは、位置が決まっていると考えていますよ。
もちろん量子論に従って、光子もぶつける対象(粒子など)も波動性をもっており、実験前に位置を確定させることはできません。
「位置がずれる」事が問題なのでは無く、光子と粒子が衝突する位置が確定できない事が問題なのです。
あとは、有名な話でもありますし、ハイゼンベルクがここから運動量の不確定性をどう考えて、
どのように自分の理論の正当性を述べたかを振り返ってみてはいかがでしょうか(^^)

参考になれば幸いです(^^v)

Q量子論についての質問です。 人によって見解が別れると思うのですが、回答お願いします 1 高校の教科書

量子論についての質問です。                                    
人によって見解が別れると思うのですが、回答お願いします

1 高校の教科書と辞書を漁って考察してみましたが、コンプトン効果とド・ブロイ波をつじつまが合うように考えると、「粒子でも波でもない状態がミクロの世界では存在し、両者とも、エネルギーへと変わるにはこの状態に一度ならないといけない。」という考えに至りました。
これは正しいのでしょうか?違うのであれば実際どうなっているのでしょうか?

2 電子の二重スリット実験において、観測するのとしないので粒子性を持ったり波動性を持ったりするそうですが、どうしてそうなるのでしょうか?
現段階でわかってる範囲までで教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

まともに答えると、それが量子論や、場の量子論そのものになるので、不可能。イメージだけ。

粒子であり、波動でもある・・・・って表現が誤解を与えるのかもしれませんね。

素粒子は、力を伝えるもの(光子とかグルーオンとか)と、物質を作る要素になるもの(電子とかクオーク)がありますが、どちらも、空間の至る所になぜか場が存在し、その場がエネルギーで励起し振動しながら波のように伝わる。だから、力も、物質も、もとは全部波なのです。その波というかエネルギーの塊が、相互作用なしで空間を飛んでるのを観察すると、まるで粒子のように見えるってことですね。不思議なことですが、全ては波って考えるってことなのです。

位置と運動量を同時に決められない不確定性も、波って考えるとわかりますね。波は空間に広がっているんで、ある場所だけを見ていると、ある時間経過しないと全体の挙動がわからない。一瞬にして挙動を知りたい、ある空間の広がりを同時に観察しなければならない。不確実性も波の性質そのものです。

人間はもともと、物質を粒子だと思っていたので、波動性、粒子性の2面性とかいいますが、そうではなくて、すべて波動なものを、たまたま粒子と見ていると考えれば、不思議ではないってことなのです。

それじゃあ、そのへんの机とか、車とか、人間の体とか、物質ってなんなの?ってことになりますね。実は、そのマクロな物は、その波というか、エネルギーの塊が、ある力の相互作用によって、中性子や陽子内部に閉じ込められ、さらに、電磁気力で原子内に電子を閉じ込めた、原子というものが基本にあります。ミクロに見れば、原子内部では、波に近い現象がずっと起こっているんだけど、起こったとて、まわりから見たらそれなりに安定している。日常においては、化学反応と、一部、原子核反応を除けば、粒は安定して存在するので、いかにも物質としての粒があるかのように考えても差し支えないってことになります。

実際、そこらへんの板や鉄も、人間の体も、ミクロに見れば、原子核は点みたいに小さい。電磁力で電子を通じてかたまりになっているだけなのです。つまり、中はスカスカですね。水素原子で考えれば、東京駅に1mの原子核があれば、電子の軌道は100kmはなれた水戸や高崎や宇都宮や箱根です。関東地方の空間は何もない・・・・。でも、力によって結びついて、物質に感じる。ものの硬さは、電磁力の反発力ってことですね。

マクロな物質を分解した延長上には、素粒子はないってことだと思います。

まともに答えると、それが量子論や、場の量子論そのものになるので、不可能。イメージだけ。

粒子であり、波動でもある・・・・って表現が誤解を与えるのかもしれませんね。

素粒子は、力を伝えるもの(光子とかグルーオンとか)と、物質を作る要素になるもの(電子とかクオーク)がありますが、どちらも、空間の至る所になぜか場が存在し、その場がエネルギーで励起し振動しながら波のように伝わる。だから、力も、物質も、もとは全部波なのです。その波というかエネルギーの塊が、相互作用なしで空間を飛んで...続きを読む

Q質度・密度・比重の違いを解説して下さい。

質度・密度・比重の違いを解説して下さい。

Aベストアンサー

質度????
質量かな?
慣性を表す量。同じ力で押した時、より動きずらい場合は質量が大きい、簡単に動くなら質量が小さい。
質量=力÷加速度で表される。

無重力の宇宙空間に質感も大きさも同じ球があって、1方は木、他方は鉄である時、木か鉄かを見分けるには押してみれば解ります。
木なら簡単にスッと動く。鉄なら押しても重くてスっとは動かない。

密度:質量÷体積

比重:水の密度を基準として、密度÷水の密度、が一般的に言う比重。

Qヘリコプター

巡行速度(例えば100キロ)で飛んでいたとして、後ろのプロペラ(テイルローター)が何の兆候もなくいきなり外れたら機体はどうなりますか? また、その外れたローターはどっち方向に飛びますか?

Aベストアンサー

>後ろのプロペラ(テイルローター)が何の兆候もなくいきなり外れたら機体はどうなりますか?

テイルローターが回転を停止すると、機体はメインローターの回転に対して逆回転を始めます。

>また、その外れたローターはどっち方向に飛びますか?

テールローターは、ローターを機体に押し付ける方向で回転しているので、回転が停止するまでは機体から外れにくいですが、回転が停止した後は、今度は機体のテイル部分がローターを押し続ける格好になります。

Qアインシュタインは、なぜ、相対性理論によっては、ノーベル賞を受賞できなかったのでしょうか?

アインシュタインは、光電効果の理論的解明により、1921年のノーベル物理学賞を受賞しました。
しかし、相対性理論によっては、受賞しておりません。
相対性理論を提唱した当時は、この理論は評価がはっきりしていなかった、とは思います。しかし、しだいに評価が高まり、彼は世界的に知られるようになりました。
したがって、後年になれば、彼はノーベル賞の受賞に値する、と思います。
なぜ、アインシュタインは、相対性理論によっては、ノーベル賞を受賞できなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

「相対性理論」は一つの「仮説」であって、実験的事実によって「検証」されることでその正しさが認められます。

アインシュタインの相対性理論は、1905年に「特殊」、1916年に「一般」が発表され、その理論から得られた結論の一部が1919年の日食の「光の曲がり」として観測されたりして「検証」されつつあったものの、1921年の時点ではまだ「賛否両論」が残っていて、選考委員からは全体の「検証」がされているとはみなされなかったのでしょうね。(重力波が観測されたのはやっと2016年のことですから)

現代でも「相対性理論は間違っている」というトンデモ反相対論があちこちに見られるぐらいです。

Qなぜ紫色になるのか?

赤外線は波長が約800nm以上あるため人間の目には見えませんが、デジタルカメラを通して見てみると人間の目にも紫色に光って見えます。ではなぜデジタルカメラは赤外線を紫色として捉えているのでしょうか?
ご教示くださいますようお願いいたします。

【デジカメでリモコンやレーザーマウスの赤外線を見る】
http://align-centre.hatenablog.com/entry/20091118/1258560317
上に掲載した記事を書いた方も、なぜ紫色になるのか分からないようです。

【可視光線】
http://www.toho-u.ac.jp/sci/biomol/glossary/chem/visible_light.html

Aベストアンサー

#6回答者です。
私の言も理解したいとのことなので、お返事書きますね。
ただ、とても長くなります。

>R:G:B = 50:50:50で全てが同じ強さであれば、光の三原色から白色になると思うのですが・・・・・・。
ちゃうちゃう、↑にホワイトバランス施したらって話w(RGB等値ならグレーってのは合ってる)
もう一度書き直しますが、図では入力のR:G:B = 72:100:83 に対してR*1.39, G*1.00 B*1.20の係数ゲインかけて
出力R':G':B' = 100:100:100にしてるでしょ? 
白い物体(視覚的にR=G=B)を撮影した時のセンサRAW信号が白じゃない(R≠G≠B)から、
それを信号処理で白に調整しますってのがホワイトバランス。ここまではOKですかね?

じゃあ、そこにR:G:B = 50:50:50のRAW信号が入ってきました。
ホワイトバランスの係数は、可視光域の白物体が白く見える様に調整されてます。(↑の係数そのままを想定)
さて、この信号にホワイトバランスをかけると何色になるかってのが問い掛け。
答え書いちゃうけど、R':G':B' = 70, 50, 60になりますよね?

>人間の目では見えない赤外線の光が、デジカメを通して見ると紫色になるかがいまいちよく分からないのです。
赤外線は可視光域の問題で人間の目が知覚しないだけで、デジカメにとっては可視光も赤外光も同じ電磁波でしょ?
だからセンサは可視光と同じように赤外光を電気に変えて信号値にしてしまうので、写真には赤外線が写り込んでいる。
で、この時の信号値はRAW(信号処理の何も加わってない状態)だと白色のはずだから、ホワイトバランスのゲインで紫になるんじゃない?って話。

>これは、実際人間が見たときの白色がデジカメで撮っても白色に見えるように調節すると、白色以外のものもRとBが強くなるということでしょうか?
ちょっと違います。
前提として、センサの取得する色は我々が目で認識している色とは違うという点を最初に教えた方が良かったかな。
白色が白色の信号として取得されないのだから、当然他の色についても正しい色味としてセンサは取得できていないんですよ。
だからホワイトバランスをかけたことで色が変になる、という訳ではない。
ホワイトバランスを掛けないと、白色も白色以外の色も訳の分からん色になっている、が正しい。

>そうすると、人間の目には見えていなかった赤外線の光が、例えばはじめR:G:B = 0:0:0の状態?からR:G:B = 50:0:50のようになり、紫色に見えてくるということなのでしょうか?
違います。たぶん根本の理解を外している。入力値が0だったら、何を掛けても0でしょ? ホワイトバランスは信号を増幅しているだけ。
始めの状態がR:G:B = 50:0:50で、RGBに異なる係数が掛かるから、R:G:B = 70, 50, 60になる。

>また、もしこのホワイトバランスゲインをしなければ、赤外線はデジカメを通して見ても何も見えないままということなのでしょうか?
違います。
ほぼ、白く見えると思いますよ。最初の投稿で書いたけど、IRに対する感度はRGBでほぼ一緒のはずだから。
ただし、ホワイトバランス調整をしない時は、可視光域で白く見えるはずの物体は白く映らない。ということ

>デジカメはこのホワイトバランスゲインを自動的にしているということなのでしょうか?
するものもある。
環境光などの違いでホワイトバランスの係数は変動するのだから、時々に変化させるのが正しい。
普通、デフォルト値として何らかの環境下で適性な色再現を行う係数が与えられていますね。

OK?
詳しくは、デジタルカメラの信号処理に関する書籍を漁って下さいな。

#6回答者です。
私の言も理解したいとのことなので、お返事書きますね。
ただ、とても長くなります。

>R:G:B = 50:50:50で全てが同じ強さであれば、光の三原色から白色になると思うのですが・・・・・・。
ちゃうちゃう、↑にホワイトバランス施したらって話w(RGB等値ならグレーってのは合ってる)
もう一度書き直しますが、図では入力のR:G:B = 72:100:83 に対してR*1.39, G*1.00 B*1.20の係数ゲインかけて
出力R':G':B' = 100:100:100にしてるでしょ? 
白い物体(視覚的にR=G=B)を撮影した時のセンサRAW信号が...続きを読む

Q256^4/5はいくらになりますか、教えてください。

256^4/5はいくらになりますか、教えてください。

Aベストアンサー

括弧をつけましょう。

(256^4)/5 = 858993459.2

256^(4/5) = 84.448506

ついでに
256^(5/4) = 1024

Q【数学】積分の音符みたいなマークってどうやって出せますか? なんと打てばSの伸びたみたいなマークを出

【数学】積分の音符みたいなマークってどうやって出せますか?

なんと打てばSの伸びたみたいなマークを出せるのか教えてください。

あと音符が伸びたようなSの伸びた記号の意味を教えてください。

あと音符が伸びたようなSの伸びた記号の右側の上下に上にb、下にaがありますがこれもどういう意味なのか教えてください。

Aベストアンサー

「さむ」とか、「インテグラル」と打って変換すれば、MS-IMEでは出ますね。
∫は積分記号で、aとかbの区間が指定されていない場合は、不定積分なので、初期条件を加算しないと、正しい積分になりません。(単純に、原始関数を求めただけになる)
上下に、aやbの変数で表される区間が指定された場合は、定積分なので、原始関数に区間のaやbで指定される数値を代入して、その差を取れば、その区間の積分値が得られます。

Q【ガリレオ】の 湯川学て。 物理学者だけど 工学やってるのは 何故??

【ガリレオ】の 湯川学て。
物理学者だけど 工学やってるのは 何故??

Aベストアンサー

作者が文系なので、理工系なら何でもいいや、と並べたからです。


人気Q&Aランキング