名探偵コナンの小説ってありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

少年サンデーコミックスの新書と小学館ジュニア文庫よりノベライズが出ているようですよ。



少年サンデーコミックスの新書
https://www.shogakukan.co.jp/books/volume/16644

小学館ジュニア文庫
https://www.shogakukan.co.jp/books/09230826
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q推理小説推理小説のビギナーです。今まで明智小五郎、金田一耕助を経た日本人の名探偵を教えてください。

推理小説
推理小説のビギナーです。今まで明智小五郎、金田一耕助を経た日本人の名探偵を教えてください。刑事、警察の職業で登場されているキャラクターはご遠慮ください

Aベストアンサー

有名なのは、御手洗潔と神津恭介あたりですかね?(神津恭介は明智や金田一とともに、「日本三大探偵」と呼ばれることもあるそうです。)以下、一応私の好き嫌いで分けておきました。

好きな探偵↓
御手洗潔(作者:島田荘司)
――変人が多い名探偵の中でも、生粋の変人。欠点は多くの作品で、出番が遅いこと(現場に顔を出したが最後、さくさくと事件を解決するので)。
刀城言耶(作者:三津田信三)
――殺される人がほとんど殺されてからでないと謎を解かないあたり、金田一に近い。でも彼の仕事は探偵ではなく、怪奇小説の取材に来ているだけ。事件を解決すべき立場にはないので、評価が下がらない。

普通の探偵↓
真備庄介(作者:道尾秀介)
――探偵としてもキャラ的にも、可もなし、不可もなし。トリックも同様。
海老原浩一(作者:小島正樹)
――あまり個性はないが、善良ではある。トリックはすごいが、文章が下手で読みづらい。

いまいちな探偵↓
神津恭介(作者:高木彬光)
――結構わかりやすい事件にもさんざん悩まされたりして、あまり頭が良さそうにみえない。その割に、語り手(ワトソン役の松下氏)がことあるごとに彼を絶賛するので、さらに評価が下がる。
二階堂蘭子(作者:二階堂黎人)
――デビュー作(『地獄の奇術師』)で最初から最後まで、ドジを踏み倒したバカ娘。その後は成長したのかもしれないが、読んでいないので。
中禅寺秋彦(作者:京極夏彦)
――作者自身が、「僕が考えたカッコいい主人公(=自分?)」にうっとりしすぎ。読んでいてしらける。
犀川創平(作者:森博嗣)
――人の話を聞かない(聞けない?)自己完結型。窓のない部屋で、同席した人々に一切断らず、のべつ煙草を吹かす。探偵以前に、人としてどうか。
江神二郎(作者:有栖川有栖)
――扱った事件や犯人像が、全体にしょぼい。そのため本人も、有能にみえない。

有名なのは、御手洗潔と神津恭介あたりですかね?(神津恭介は明智や金田一とともに、「日本三大探偵」と呼ばれることもあるそうです。)以下、一応私の好き嫌いで分けておきました。

好きな探偵↓
御手洗潔(作者:島田荘司)
――変人が多い名探偵の中でも、生粋の変人。欠点は多くの作品で、出番が遅いこと(現場に顔を出したが最後、さくさくと事件を解決するので)。
刀城言耶(作者:三津田信三)
――殺される人がほとんど殺されてからでないと謎を解かないあたり、金田一に近い。でも彼の仕事は探偵ではなく、...続きを読む

Qおすすめの探偵小説(サスペンス小説)ありませんか

石田衣良「池袋ウエストゲートパーク」,大沢在昌「アルバイト探偵」のような小説を探しています。(探偵小説とかサスペンス小説と言っていいんでしょうか?)

ジャンルや雰囲気が上手く表現できず申し訳ないのですが,軽い感じの行動派の探偵が活躍するような小説です。(巧妙なトリック解いたりする必要はないです)

日本人作家で,シリーズ化されていて,できればホロリとさせられるものがいいです。

ちなみに大沢在昌「新宿鮫」や原尞「探偵沢崎シリーズ」は若干重いかなと感じました。(嫌いというわけではないのですが)

Aベストアンサー

軽い感じなら、こちらがおすすめです。
2作しかないですが。。
ホストクラブのオーナーと、ホスト達が事件を解決します。

1作目:インディゴの夜 / 加藤実秋
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B4%E3%81%AE%E5%A4%9C-%E5%89%B5%E5%85%83%E6%8E%A8%E7%90%86%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%8A%A0%E8%97%A4-%E5%AE%9F%E7%A7%8B/dp/4488468012/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1247532521&sr=1-1

2作目:チョコレートビースト―インディゴの夜 / 加藤 実秋
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E2%80%95%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B4%E3%81%AE%E5%A4%9C-%E5%89%B5%E5%85%83%E6%8E%A8%E7%90%86%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%8A%A0%E8%97%A4-%E5%AE%9F%E7%A7%8B/dp/4488468020/ref=pd_sim_b_1

軽い感じなら、こちらがおすすめです。
2作しかないですが。。
ホストクラブのオーナーと、ホスト達が事件を解決します。

1作目:インディゴの夜 / 加藤実秋
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B4%E3%81%AE%E5%A4%9C-%E5%89%B5%E5%85%83%E6%8E%A8%E7%90%86%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%8A%A0%E8%97%A4-%E5%AE%9F%E7%A7%8B/dp/4488468012/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1247532521&sr=1-1

2作目:チョコレートビースト―インディゴの夜 / 加藤 実秋
http://www.amazon.c...続きを読む

Q【感動小説】小説で泣いたことありますか?

タイトルの通りですが、小説で泣いたことありますか?
ある方はその小説のタイトルを教えてください!

映画やアニメ、漫画などで泣ける、というのはよく聞くのですが、
実際に涙を流して「泣く」ことができる小説が知りたいです。

Aベストアンサー

はじめまして。
質問者様の価値観に沿うかどうかわかりませんが、
実体験を元に以下綴ります。

不覚にも号泣してしまったのは、
リリー・フランキーさん著「東京タワー オカンとボク、時々オトン」
母との死別数年後に読んだ本なのですが、
極端に言えば、涙で活字が見えなくなるくらい泣きました。

自分は男なので、
この作品を挙げれば「なんで?」という
リアクションがありそうな気がしますが、
東野圭吾さん著「秘密」
世間的には、旦那が嫁に騙されたという
解釈が優勢ですが、
相手のためを思っていた行動だったのに、
実際はそのまったく真逆で、
相手こそが自分の思いを慮ってくれていた、という
解釈を取ったために、不覚の涙を流しました。
ネタバレになるのですが、
直子は世間が言うほど
嬉々として嫁いでいったのか、
と疑問に思っています。
(むしろ、無理やり「嬉々とした」という印象を受けました。

誉田哲也さん著「月光」も
目尻を濡らしてしまいました。
主人公の姉がそんなことで死を選ぶのかと、
薄汚れた中年男にとっては、
彼女の純粋さに打たれました。

そして番外、シナリオ本となりますが、
三谷幸喜「合い言葉は勇気」
自分は映像を観ていない作品のシナリオ本を
読むことを好みます。
オンエアされたドラマを観たことはなく、
このシナリオ本を読んだのですが、
しっかりと泣いてしまいました。
ドラマ「カバチタレ」の終盤でも
グッときてしまったのですが、
どうやら自分には、
力のないものが、
強大な敵に立ち向かっていく姿に
感動してしまう傾向があるようです。

それにしても
テクスト、映像を問わず、
何らかの作品に触れて、
自分が何かを感じることって、
まさに自分探し、
自らを振り返る
絶好の機会となりえますね。

はじめまして。
質問者様の価値観に沿うかどうかわかりませんが、
実体験を元に以下綴ります。

不覚にも号泣してしまったのは、
リリー・フランキーさん著「東京タワー オカンとボク、時々オトン」
母との死別数年後に読んだ本なのですが、
極端に言えば、涙で活字が見えなくなるくらい泣きました。

自分は男なので、
この作品を挙げれば「なんで?」という
リアクションがありそうな気がしますが、
東野圭吾さん著「秘密」
世間的には、旦那が嫁に騙されたという
解釈が優勢ですが、
相手のためを思っていた行...続きを読む

Q名作と言われている小説で文章の誤りが指摘されている小説がありますか。

名作と言われている小説で文章の誤りが指摘されている小説がありますか。

あればその一例を教えてください。

Aベストアンサー

堀辰雄の「風立ちぬ」に出てくる「風立ちぬ、いざ生きめやも」と言う文は、堀辰雄自身は、「風が吹いてきた さあ生きようではないか」と言う意味で使用していますが、「~めやも」は本来の古文では反語的表現で、これでは「生きようか、いやそうではない」と言う正反対の意味になってしまうと、国語学者の大野晋らが指摘しています。

詳細は下記参照
http://murasaki-cube.blogspot.jp/2013/03/blog-post_25.html

Qお勧めの小説☆このような小説ありますか?

私は本を読むのが好きです^^
でも、今度何の本を読もうか考えています。
そこで皆様の意見を聞きたいのですが・・・
ちょっと条件があって
[1]携帯小説ではなくて恋愛ものではないほうがいい。
[2]どちらかと言うと友情もの。
私がこれまで読んだ本が
バッテリー、ラスト・イニング、THE MANZAI、ブレイブストーリー、
野ブタ。をプロデュース、チェケラッチョ、時効警察です。
で、条件を満たすものや 自分が読んで面白かったな。と
思った小説を教えてください。
長々すみませんm(_ _)m

Aベストアンサー

浮かんだのは「博士の愛した数式」かな。

主人公の家政婦とその息子(博士によりルートと呼び名をつけられる)と事故で記憶が常に80分しか持てなくなった博士の話。

数学と野球で結ばれていく友情(?)が読みやすいです。
私は数学が嫌い!って人ですが難なく読めました。

またDVDだと息子・ルート視点での話が楽しめますね。

とりあえず恋愛ではないよなーと思ったので挙げてみました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報