12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

マーケティング・コンサルタントのダン・ケネディ氏の以下の著書のタイトルで気になっていることがあります。

Why Do I Always Have to Sit Next to the Farting Cat?

仮邦題が『なぜ私の隣にいつもトラブルがやってくるのか?』となっているですが、"farting cat"に「トラブルを起こす人」という意味はあるのでしょうか?

Googleで検索したところ、そのような意味での使用例は見つかりませんでした。

一般的な使用方法ではないと考えても宜しいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「臭いもの」=「近寄りたくないもの」


 日本語でも「臭いものに蓋」と言うように「臭いもの」には良くないものの意味が含まれている場合が多いと思います。

猫は気まぐれで我関せずだったり他人に迷惑をかけようと気にしない、と言うのが英語圏でのステレオタイプです。なので他の動物でもない猫が選ばれたかと。

「隣にいる人が嫌がろうと気にせずおならする猫」=「面倒事」=「トラブル」ではないでしょうか。

一般的な表現ではないのでこのタイトルを書くにあたって考えられたフレーズだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

一番納得できたのでベストアンサーとしました。ありがとうございました。

お礼日時:2017/03/29 23:49

連続投稿失礼いたします。


一つ忘れていたのですが "fat cat" と言うイディオムがあるのでそれにもかけているかもしれません。あまりよく思っていないお金持ちや権力者に対して使う表現です。
    • good
    • 1

題名というものは作品の中身と密接に関係しているのが常なので、中身を読んでみないことには厳密な意味はわかりませんが、「farting cat」は以下のようにも容易に解釈できますので、「隣にいつもトラブルがやってくる」と訳されても不思議ではないでしょう。

ちなみに、質問者さんがその仮放題から飛躍して「トラブルメーカー」という言葉を編み出した根拠はわかりかねます。

http://eow.alc.co.jp/search?q=fart
http://eow.alc.co.jp/search?q=cat
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/03/29 23:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!