先日ことぶきという言葉を知りました、祝うということを指す言葉で普段聞いたことがないので歴史が詰まってそうで感心しました、あまり詳しくはないのですが特別な時に使う言葉だと思うので興味があります!
寿のような特別な言葉を他にも教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

「まほろば」



"まほろば" は、「素晴らしい場所」「住みやすい場所」という意味の日本の古語。「まほらば」「まほらま」ともいう。

(引用元)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BE%E3%81%BB …

‥‥‥

("まほろば" が使われている歌)

大和は 国のまほろば たたなづく 青垣山ごもれる 大和し 美し
やまとは くにのまほろば たたなづく あおかき やまごもれる やまとし うるわし

(歌の解釈)

大和は国の中で一番良いところである。幾重にもかさなりあった青い垣根のような山やまにかこまれた大和はほんとうにうるわしいところであります。

(引用元)
http://www.city.sakurai.lg.jp/kanko/manyokahimeg …
    • good
    • 0

「みそぎ(禊)」はご存知でしたか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

禊も聞いたことがありませんでした、修行の時に行うですね
他にもありますか?

お礼日時:2017/03/25 20:23

寿(ことぶき)は、「ことほぎ(言祝ぎ,寿ぎ)」から派生した言葉で、意味は本来、「お祝いを申し述べること」であって、現代語で言えば、「おめでとう!」と言うところです。



似た漢字だと、「祝」以外では、「慶」や「賀」などが挙げられますが・・。

「慶弔」に象徴されますが、不祝儀を意味する「弔」の対義語として、「慶」が用いられています。
ただ「慶」は、「祝」や「賀」とは少し意味が違い、「よろこび」とか「めでたいこと」と言う感じで、「寿」の代わりに「慶」を用いたりはしませんし。
「慶」と「寿」を組み合わせた「慶寿」なんて言う熟語もありますが、これは長寿を喜ぶ様な意味になってしまいます。

「賀」は「寿」や「祝」と同じ様な意味ですが、「寿」に比べると、ちょっと軽いかな?と言う印象です。
こちらは「年賀」などに代表され、毎年の正月などに用いますが、「寿」は結婚とか出産など、人生のイベントで使いますので。

また、「賀寿」「祝寿」と言う熟語もありますが、これらも基本、ご長寿のお祝いに用いる言葉です。

「寿」は「喜寿」やら「米寿」など、ご長寿を祝う言葉が多いほか、「寿命」「天寿」など、年齢を表す言葉にも使われますが、時間の長さ、すなわち「末永いめでたさ」を表す言葉の様です。

一方で「祝賀」「慶賀」と言う熟語もあって、これは「喜び祝う」と言う意味で、ご長寿の祝い以外でも使えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昔はあなたことほぎ!や君ほとほぎ!と言っていたんですか?
祝い事以外でも日本の歴史を感じる言葉を教えて下さい!

お礼日時:2017/03/25 20:22

祝、かな。


いろんな場面でつかうよ。
祝、優勝などね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

普段あまり聞かないような日本の歴史を感じる言葉を他に教えて下さい

お礼日時:2017/03/25 20:19

確かに、歴史のあるのを感じさせる言葉です。

(下記「[日本国語大辞典]より)
 同じように、歴史を感じさせる語というと、すぐに沢山は思い出せませんが、「宣る(のる)」という言葉があります。「祝詞」(のりと)の「のり」であり、「名乗る」の「のる」であり、「呪う」(のろう)の「のろ」でもあります。(ノロウィルスとは関係ありません 笑い)
   
    
こと‐ぶき 【寿】 解説・用例
〔名〕

(1)慶事をことばで祝うこと。また、そのことば。ことほぎ。ほぎごと。祝言。
*枕草子〔10C終〕八〇・心地よげなるもの「卯杖(うづゑ)のことぶき」
*源氏物語〔1001〜14頃〕初音「みなおのおの思事のみちみちあらんかし。すこし聞かせよや。我ことふきせん」
*色葉字類抄〔1177〜81〕「寿 コトフキ」
*太平記〔14C後〕一三・龍馬進奏事「文帝是を受て菊花の盃を伝へて、万年の寿(コトブキ)を成さる」
*実隆公記‐明応七年〔1498〕八月紙背「老鶴のかことの事先年申候し、めてたきことふきを申て候とこそ存候へ」
*日葡辞書〔1603〜04〕「Cotobuqi (コトブキ)。歌語。シュウゲン〈訳〉祝いのことば。慶事、祝い事」
*読本・椿説弓張月〔1807〜11〕続・三八回「この夜真鶴と婚姻をとり行(おこなは)し、酒を酌、寿(コトブキ)を述(のぶ)るほどに」

(2)いのち。よわい。また、いのちの長いこと。長命。寿命。
*類従本賀茂女集〔993〜998頃〕「草の庵に久しきつまを飾りて、戒をば保たずして、ことふきを保てるさまども」
*観智院本類聚名義抄〔1241〕「寿 イノチ イノチナガシ コトフキ」
*集義和書〔1676頃〕一二「太虚に帰せば十二万九千六百歳を一歳として、天地の寿(コトブキ)をみじかしとせん」

(3)めでたいこと。いわい。また、そのいわいの儀式。現代では、そのときに、祝儀袋などに書く文字をもいう。
*太平記〔14C後〕一七・金崎船遊事「今の奇瑞古に同じ。早く是を天に祭(まつ)て寿(コトブキ)をなすべし」
*浮世草子・西鶴織留〔1694〕三・一「爰に嘉例(かれい)の年男とて、八十六歳になれる人、手をひかれてことぶきを勤めけるが」
*読本・雨月物語〔1776〕蛇性の婬「其志の篤きに愛(めで)て、豊雄をすすめてつひに婚儀(コトブキ)をとりむすぶ」
*和英語林集成(初版)〔1867〕「Kotobuki (コトブキ)ヲ ナス」

(4)祝いの品。
*筑紫道記〔1480〕「宿坊の院主あるじこまやかにして、ことぶきさへとりそへて、なさけさまざまなり」

 【語源説】

(1)コトホギ(言祝・言賀・言寿)の義〔箋注和名抄・雅言考・菊池俗言考・和訓栞・日本古語大辞典=松岡静雄〕。
(2)コトムケ(言向)の転〔日本釈名〕。
(3)コトブキ(言吹)の義〔河海抄〕。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このような古くからある日本の言葉を他に教えて下さい
日本の歴史がある言葉を教えて下さい

お礼日時:2017/03/25 20:18

ことほぐ(言祝ぐ)が原語のようです。

類語は見つかりません。
https://kotobank.jp/word/%E8%A8%80%E7%A5%9D%E3%8 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
他にも日本語の古き良き言葉を教えて下さい

お礼日時:2017/03/25 20:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q下記の例で、【感心】っていう言葉の意味をご指導お願

辞書で調べたら、「りっぱだと思う;ほめる」という意味ですが、下記の二つ例に合わなさそうな気がするんです、下記の二つ例の文脈で、【感心】の意味を説明してくれていいでしょうか。

例(1)
A:「あっ、いや、COBってなんだっけなーって...」

B:「COBはClose of Businessの略で『就業時間終了時』ってこと。

A:「へえ、そうなのか、Close of BusinessってCOBねー」

B:「★【感心】してる場合じゃないわよ、A君、締め切りまでにちゃんとやれるの?」

A:「あ、そうでした、いや、ここはちゃんとやり遂げないと、やりますよ。

例(2)

A:「Ballpark estimate?」(ballparkって野球場?なんでここに野球場が出てくるんだ?)

B:「It means a rough estimate. It’s a so-called guesstimate.」

A:(あっ、rough estimate、「おおまかな見積もり」って意味なのか。それにしても、推測するのguessと見積もりのestimateをかけてguesstimate、なるほどねー…って★【感心】してる場合じゃないか、わかりやすい価格表か何かないのかな…)「Ahh, Do you have any basic price for list?」

B:「This is newly developed software, and we haven’t decided on the exact price yet.」

A:(あ、まだ売出価格は正式決定していないのか)

冗長な文申し訳ございませんですが、宜しくお願い致します。

辞書で調べたら、「りっぱだと思う;ほめる」という意味ですが、下記の二つ例に合わなさそうな気がするんです、下記の二つ例の文脈で、【感心】の意味を説明してくれていいでしょうか。

例(1)
A:「あっ、いや、COBってなんだっけなーって...」

B:「COBはClose of Businessの略で『就業時間終了時』ってこと。

A:「へえ、そうなのか、Close of BusinessってCOBねー」

B:「★【感心】してる場合じゃないわよ、A君、締め切りまでにちゃんとやれるの?」

A:「あ、そうでした、いや、ここはちゃんとやり遂げな...続きを読む

Aベストアンサー

"感心”:本来の意味は「感じ入ること、何かに感動すること」です

出された2例はそれぞれ、目の前にたまたま現れた(当面の作業に関係のない)事象に当人が気を取られ、それなりに納得した景色が見られます。その事象を外部の人が見て「関係のないことに気を取られて感じ入っている」場合ではない。本来の仕事に関心を戻しなさい、という意味だと思います。

Aベストアンサー

「手中に収める」
「奪取」
「取得」

Q「界隈」って普段に話し言葉で使いますか?

「東京駅界隈で飲み会しよう」と言ったら、かっこつけてるとか言われたのですが、
そう思われますか?

Aベストアンサー

あくまで個人の感覚ですが、界隈という言葉には物理的(幾何学的)な近傍、というだけでなく、世間というか地域社会というか人目、人様、習俗、風土、しきたり、噂、「特定の、狭い社会」というようなニュアンスを感じます。というか、そういう含みを持たせる場合に使われることが多いように思います。「永田町界隈では10月解散説が囁かれている」とか「それが原子力村界隈の常識だった」とか「この界隈で評判の美人」「この界隈いちばんの名家」「新橋界隈のサラリーマン」とか、そういう感じ。あと、まあこれはほんっとーに感覚的で曖昧な話で申し訳ないのですが、「谷中界隈」「佃島界隈」「荒木町界隈」「先斗町界隈」はアリだが「東京駅界隈」だと一瞬かすかな違和感がよぎる、というような感覚はあるような、ないような。まあ読み飛ばしてください。

Q祝繕と祝膳の違い

いきなりで申し訳ないのですが、
祝「膳」と祝「繕」
の意味の違いをご存知の方はいらっしゃいますか?
宜しければご教授ください。m(_ _)m
ネットの辞書で調べても、載っていなく、教えてgooの過去の質問にもありませんでしたので、ここで質問させていただきました。

Aベストアンサー

月へんのほーわ、お祝いの時に食べる食事の意味

糸へんは、つくろう(修理する)という意味ですから、ただの誤変換です(^_^;

祝膳と入力したら祝繕が出てきて、その違いが判らない人が、確かこんな字だったよなー、ということで決定しちゃっただけでしょー(^_^;

Q断りという言葉と理コトワリという言葉の関係について

言語的あるいは心理的な関係を知りたいと思いました。理論と拒絶が同じ語源の言葉だったら不思議な感じがします。

Aベストアンサー

同語源です。語源は言霊信仰から来ているようですね。 

ことわり=理に従って区分割りや割り振りを行う(事割・言割)

断り=何かを行う時に入れる理や道理。そこから派生しして断る際に理由付をする事、
   近年では断る行為のみに用いられる・・・そうです。  


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報