私の母が数年前、私の姉のお位牌を祖母の家から持って帰ってきました。
以前は祖母の家の仏壇に、ご先祖様と一緒にはいってました。
(姉は産まれてすぐ亡くなっています。)
持って帰ってからしばらくはお線香をあげ、ごはんとお水を
欠かさずお供えしてました。
でも、仏壇を買うこともなくガラス扉のついた、三角コーナーに
入れています。
でも今はすっかり、ガラス扉も閉じたままで、
線香をあげることもなく、もちろんごはんもお水もお供えして
いない様子です。
いくらなんでもこれはかわいそうだと思うのですが・・・
本当はどうしてあげたら一番いいのでしょう。
もちろんこれからは、毎日線香をあげ、ごはんとお水もお供えしようと
思ってますが、仏壇は買うべきなのでしょうか?
恥ずかしい話しですが、私は何も知りません
どなたか教えていただきたいのですが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

僕の場合は、小さい(40×30)BOXを2つ合わせてその上に遺影、線香立て、両サイドにローソク等仏具を置いてます。


本来ならば毎日ご飯を供えるんでしょうが、僕たち夫婦は夜ご飯を滅多に食べません。(酒とつまみくらいで終わりです)
でもご飯を炊いた時はご飯とお水とお酒(父の好物)をお供えします。
マンションに住んでるので仏壇を置くスペースがありません。(床の間のある所もありますが)
結局そういうのは気持ちの問題ですから(お寺関係の方が見ると怒られそうですが)毎日してもいいですし、二日に1回とかでもいいと思いますよ。
下記2つのURLを参考にしてみてください。
http://www.interq.or.jp/earth/gokuraku/situmon.htm

参考URL:http://www.sankodo.com/saidan.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とりあえず出来る事からですよね。
あれから母に言ってきちんとお供えするように
なりました。
母も気になってたらしいんですけど
忙しくて毎日出来なくなり
遠のいていってたそうです。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/06/29 22:23

 基本は気持ちがあれば良いと思いますが、やはり将来的なものを考えるとkotoko


さんのおっしゃる通り仏壇は買った方が良いと思います。

 上置仏壇でしたら安いのでしたら4万円前後のものからありますので、大きな仏壇
とは言わずとも、居場所を作ってあげた方がよろしいかと存じます。

 下のURLに仏壇関係の豆知識が載ってるのでご参照ください(合掌)

参考URL:http://www.ipr.ne.jp/~nms/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

姉のためにも仏壇の購入を考えてみます。
回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2001/06/29 22:31

goonyさんこんにちは



毎日お線香とお花やお供えをすることは大切な事です
goonyさんは他にご兄弟はいないのでしたら
今後はあなたがご先祖供養を引き継いでいらっしゃるんですね
経済的に事情があるのなら今のままでも仕方が有りませんが
出来るだけ早くにお仏壇は購入した方が良いでしょうね
いつまでも仮住まいでは故人がお可愛そうです
goonyさんのお優しい気持ちはとても立派な事だと思います
これは宗教とかは関係なくただ故人に対して思いやりと愛情でしょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仏壇の購入も両親に相談してみようと思います。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/06/29 22:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q友人の一周忌にご自宅に線香をあげに行くつもりです。お供えやご仏前のお金

友人の一周忌にご自宅に線香をあげに行くつもりです。お供えやご仏前のお金を持参する必要は、やはりあるのでしょうか?

友人が亡くなったのは、30代。事故でした。
友人とは、生前から仲がよく、学生時代からの友人でした。
お互いが家族を持ってからも、家族くるみで時々会っていましたので、
今でもたいへん悲しく思っています。

亡くなった当時は、私だけ通夜と告別式に参列し、香典をお包みしました。

それ以後、1年間ご無沙汰してしまいましたが、妻子が線香をあげていなかったので、
一周忌を機に線香をあげに行きたいと考えております。

一周忌の法事があるようなので、その時期は避け、お時間のある時に伺うこと
にしました。

この場合、何を着て、何を持参するのがよいでしょうか?

私は、濃紺のスラックスに白シャツ、菓子折をお持ちしようかと思っております。

ご助言をお願いいたします。

Aベストアンサー

十分だと思いますよ。
家族ぐるみのお付き合いをしていた。
そういう貴方からの丁寧な訪問は。
それだけで心が癒されるものですからね。
貴方が敢えて渦中にバタバタせずに、良い意味で時間を置いた後に。
こういう機会に改めて訪ねて来る。
その意図や気遣いは。十分に伝わりますから。
あまり形に拘らないで。
シンプルに貴方自身を、ご家族をご霊前に運んであげてください。
一周忌の後の落ち着いた時期を選べる貴方。
それこそ深い付き合いをしてきた、無くなられたご友人もご家族も。
丁寧に貴方を受け止められるタイミングでもありますからね☆

Q毎日、神棚仏壇にご飯をお供えするのですが、 母がお供えしたら、早く下げないといけないと言うのですが

毎日、神棚仏壇にご飯をお供えするのですが、
母がお供えしたら、早く下げないといけないと言うのですが
、早く下げないといけないのですか?

Aベストアンサー

自分たちが食事を終えるくらいまでは上げておいて良いかと思います。
食べ終わったら、神棚、仏壇から下ろしてきて・・・どうしていますか???
我が家は下ろしてきたごはんをジャーに入れて、残っているごはんとともに昼、夜に食べますが、中には線香臭いご飯は食べたくないとか言ってゴミに捨てる人も居ますよね、どちらでしょうか?
家族がごはんを食べ終えてから下げて、ジャーに入れても米一つ一つが硬くはならず、回りと一緒ですので、そのくらいにしています。
ジャーに入れたのが周りの米と違和感が有るくらい乾燥しているなら、もっと早くかな。

Q仏壇へのお供え

亡くなった母に喜んでもらうため、今後きちんとお供えをしたいと思っています。

子供の頃、田舎の祖母の家に行った時、仏壇に祖母はお供えしていました。
食べ物は時々変えていたにせよ、ずっとそのまま置いてあり、いずれ捨てていたのだと
思います。

一般に昔の日本人は、自分たちが食事をとる前に必ず先に仏壇にお供えをしたと聞きます。

質問ですが、下記のいずれが適切でしょうか?
(1) 自分が食べる前に必ずお供えして、そのまま置いておく。
(2) 自分が食べる前に必ずお供えして、しばらくしたら食べてしまう。
  (そのため自分が食べる量を、お供えの分あらかじめ少な目に設定する?)
(3) 時々でいいからお供えをして、そのまま置いておく。
(4) 時々でいいからお供えをして、しばらくしたら食べてしまう。

個人的には、お供えしても(身体をなくした)故人には届かず、自己満足のような
気がして、また食べ物を置いて劣化し捨ててしまうのがもったいなく、上記でいうと
(4)をやるかやらないか、というのが現状です。 
それでいて母が好きな物を私が食べると、「ああ、これお母さん好きだったけ。ごめんね~」
と罪悪感を抱きながら食べることになります。(やはりお供えは必要という感覚)

上記4つのナンバリングにあてはまらずとも、何か適切なお供えの方法について、
アドバイスを頂けましたら幸いです。 

亡くなった母に喜んでもらうため、今後きちんとお供えをしたいと思っています。

子供の頃、田舎の祖母の家に行った時、仏壇に祖母はお供えしていました。
食べ物は時々変えていたにせよ、ずっとそのまま置いてあり、いずれ捨てていたのだと
思います。

一般に昔の日本人は、自分たちが食事をとる前に必ず先に仏壇にお供えをしたと聞きます。

質問ですが、下記のいずれが適切でしょうか?
(1) 自分が食べる前に必ずお供えして、そのまま置いておく。
(2) 自分が食べる前に必ずお供えして、しばらくしたら食べ...続きを読む

Aベストアンサー

お気持ちよくわかります。
私もお供えについては色々悩みます。
忙しいとついついおろそかになって、「ああ、お供えしなかった」と罪悪感を持ち、しばらくは続けるのですが、また同じことの繰り返しです。

最初は(1)でしたが、しばらく経つと(2)、最近では(4)になりました。
以前、「仏様には湯気をあげればよい」と聞いたので、温かいものをお供えして、冷めたらさっさと下げ自分で食べます。
(1)(3)は、そのまま置いておくと、それを食べる気にはなれず、そうかと言って捨てるのも勿体ないし、悩むので止めました。

私が以前、新聞で見かけた「季のうた」をご紹介しますね。
秋山さんという女性が詠んだうたですが、それを村上譲という方が紹介していたものです。
とてもいい歌だと思いますので、読んでみてください。
以下、記事の原文のままです。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

『供養とは 思い出すこと 春の雪』 (秋山真由美)

降るそばから消えて積もることのない春の雪を見ながらの感慨だろう。
真冬の南国には少ないが、春になってよく降るのが淡雪である。
何となく哀れを誘うその白さに触発されて、思い出すのは故人たちの面影であった。
供養とは、仏・法・僧または死者の霊に供物を捧げることと考えていたが、思い出すだけでも供養になると気づいたのだろう。
いやむしろ大乗仏教では堂塔の供養より精神的供養を力説する。

             村上 譲(作家・評論家)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

私はこれを読んでから気持ちが楽になりました。お供えをしなかった、怠けたことによる罪悪感が消えて随分適当になりました。
自分の生活が第一で、時間がないときは無理をしないことにしました。
私があれこれ悩んだら、故人は喜ばないのかなって思いました。
一番大切なことは、「供物を捧げること」ではなく、「故人を思う気持ち」だと気がついたんです。
他人から見たら、「仏さまに失礼な!」と思われるかもしれませんが、自分が良ければそれで良しと開き直ってます。
わずかでもご参考になれば幸いです。

お気持ちよくわかります。
私もお供えについては色々悩みます。
忙しいとついついおろそかになって、「ああ、お供えしなかった」と罪悪感を持ち、しばらくは続けるのですが、また同じことの繰り返しです。

最初は(1)でしたが、しばらく経つと(2)、最近では(4)になりました。
以前、「仏様には湯気をあげればよい」と聞いたので、温かいものをお供えして、冷めたらさっさと下げ自分で食べます。
(1)(3)は、そのまま置いておくと、それを食べる気にはなれず、そうかと言って捨てるのも勿体ないし、悩むので止めまし...続きを読む

Q仏壇へのお供え

初めて質問させていただきます。
長文になるかと思いますがよろしくお願いします。

義父が亡くなり3回目のお盆を迎えます。
浄土真宗ですので特別お迎えの準備をするという訳ではありません。
葬儀も義父の生前よりの希望もあり本当に家族だけ(義母、義弟家族)で行いました。

私の実家からのお供えで毎回悩んでおります。
お盆、春秋のお彼岸には私達夫婦がお供えを持っていっております。
(私の現在の住まい、義実家、私の実家はそれぞれ車で3時間くらいの地方都市にあり、
実母は身体障害があり長時間の車移動が無理なので)
葬儀と初盆には現金を包むようにと実母に言われたので用意しました。
その後のお供えで必ず一言、二言言われてしまします。
貰って帰りたい訳では決して無いのですが、弟家族にもお下がりを分けるという考えもないようです。(弟家族はなぜか手ぶらで来ます。。。孫の顔を見せるだけかも)


お線香(1本を4つに折って使う)=一生分ある
果物(桃、巨峰、リンゴなどの季節の物)=一人で食べきれない
アレンジ花=はじめはいいが枯れてきたらみすぼらしい
おかき、あられ=近所の人は自分で焼いた物しか食べないのではずかしい
焼き菓子(クッキー、マドレーヌなど)=砂糖のかたまりみたいな物
飲み物(ペットボトルのお茶、インスタント珈琲)=ペットボトルや空き瓶の処分が面倒

実母にはこの事はいっさい伝えていません。
私達夫婦は義父の好物だったおまんじゅう数個と義母の要望もあり家族が集まったとき(お盆、お彼岸、お正月など1回3~4万円)の食事代を出しています。

これから先、何を届ければ気持ちよくお供えとして受け取ってもらえるのでしょうか?

初めて質問させていただきます。
長文になるかと思いますがよろしくお願いします。

義父が亡くなり3回目のお盆を迎えます。
浄土真宗ですので特別お迎えの準備をするという訳ではありません。
葬儀も義父の生前よりの希望もあり本当に家族だけ(義母、義弟家族)で行いました。

私の実家からのお供えで毎回悩んでおります。
お盆、春秋のお彼岸には私達夫婦がお供えを持っていっております。
(私の現在の住まい、義実家、私の実家はそれぞれ車で3時間くらいの地方都市にあり、
実母は身体障害があり長時間の...続きを読む

Aベストアンサー

>浄土真宗ですので特別お迎えの準備をするという訳ではありません…
>お盆、春秋のお彼岸には私達夫婦がお供えを持っていっております…

お分かりのとおり、浄土真宗ならお盆もお彼岸も特別なことはしません。
仏様は一年中そばにいてくれるものであって、カレンダーに合わせていたりいなかったりするものではないと考えるのです。

>私の実家からのお供えで毎回悩んでおります…

子 (あなたのこと) が結婚すれば、親としても親戚の環が一段も二段も広まります。
この親戚の環はどこかで断ち切る英断を下さないと際限ありません。

葬儀や法事を初め、結婚式、家やお墓の新築、病気や災害の見舞い、出産や入学などなど、その都度 1万円が羽でも生えたように飛んでいくのです。

ご実家が町の名士とかならそれも苦にはならないでしょうが、たいへん失礼ながら並のサラリーマン家庭ならたちまち冠婚葬祭ビンボーに陥ってしまいます。
年金生活者ならなおのことです。

>葬儀と初盆には現金を包むようにと実母に言われたので用意しました…

葬儀はともかく、真宗に初盆に特別なことはしないといって、断れば良かったのです。
2年目以降の盆や彼岸にはなおのことです。

>(弟家族はなぜか手ぶらで来ます。。。孫の顔を見せるだけかも)…

一周忌とか三回忌とかの法事でなければ、それで良いのです。
あなたおよびあなたのご実家が、冠婚葬祭を大げさに考えすぎているのです。

>これから先、何を届ければ気持ちよくお供えとして受け取ってもらえる…

親戚間での冠婚葬祭は、ギブアンドテークが建前です。
慶事にしろ弔事にしろ、一度金品をもらったら、近い将来に相手方で同じようなことがあったとき、同じようにお返しをするのです。

このことはもちろん社会生活を営む上での潤滑剤でもあるのですが、人・家によってはかえって重荷となることがあります。
ギフトの無理強いはいけません。

少なくともご実家は、一周忌とか三回忌とかの法事で、しかも案内をもらったときのみ、少々の現金とお供え物を持参するだけで良いのです。
ご実家が毎年盆や彼岸を盛大にやっているからといって、どこの家でも、どこの宗派でも同じようだと考え、一方的に物を送りつけるのはあらためるようお話しください。

辛口を失礼しました。

>浄土真宗ですので特別お迎えの準備をするという訳ではありません…
>お盆、春秋のお彼岸には私達夫婦がお供えを持っていっております…

お分かりのとおり、浄土真宗ならお盆もお彼岸も特別なことはしません。
仏様は一年中そばにいてくれるものであって、カレンダーに合わせていたりいなかったりするものではないと考えるのです。

>私の実家からのお供えで毎回悩んでおります…

子 (あなたのこと) が結婚すれば、親としても親戚の環が一段も二段も広まります。
この親戚の環はどこかで断ち切る英断を下さない...続きを読む

Qお供え用お線香

亡くなった友人宅へ行くのに、お線香を持参で行くのですが、お供え用もあると聞きました。
それは使って、そのままお供えするのですか?
それとも、お供え用、そのとき使う用と2つ必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

おはようございます。

 お供え用にお線香を別に用意する必要はありません。

 持参したお線香に火を着けたら手で火を消してそれで仏壇やお墓に供えれば構いません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報