最新閲覧日:

月岡芳年の署名、落款等の読み方を調査しています。ほとんどの署名、落款は読めるのですが、先日
ニューヨークの某ギャラリーで見つけた、『弌魁随筆』シリーズの、『洞が峠に島左近斎藤大八を討』の署名が読めません。このシリーズでの芳年の署名は殆どが『一魁齋芳年筆』となっているのですが、この絵の署名のみ、芳年筆の前の2文字が読めません。気になって崩し文字用語辞典を何度もめくってみたり、Googleしてみたのですが、どこにもこのような署名は見当たらず、この度質問する事にしました。何方か、ご回答頂ければ幸いです。私の勝手な想像ででは、『一塊芳年』ではないかと思ったりもしていますが、『魁』の字が『塊』としか見えません。然しながら、崩し文字用語辞典には全く同じ崩し方は出ていません。何方か月岡芳年の浮世絵、署名に詳しい方がいらっしゃいましたら、宜しくご回答の程お願い申し上げます。

「月岡芳年の署名についての質問」の質問画像
  • 画像を添付する (ファイルサイズ:10MB以内、ファイル形式:JPG/GIF/PNG)
  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

A 回答 (1件)

いつか歌舞伎の質問をされた方ですね。

お久しぶりです。
読み方は、『一魁芳年筆』でよいようですよ。
画像検索に”一魁芳年筆”と入力して探したところ、同じ署名があったので、
画像が掲載されているホームページを開いてみたところ、
まさに『洞が峠に島左近斎藤大八を討』そのもので、
東京都立図書館のアーカイブでした。
「絵師・落款」の項目に、「一魁芳年筆(「年」印)」と明記されています。

http://archive.library.metro.tokyo.jp/da/detail? …

詳しい説明がないので、ちょっと半信半疑ではあるのですが、
書道で使う『朝陽字鑑精萃』という字典がどこかにあるので、
明日探してみます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報