Virtual boxを使用して、仮想環境を構築しようと考えているのですが、出来ませんでした。
下記の手順で、どこが間違っているか教えてください。
1.virtual boxをインストールする。ディレクトリ E\virtualbox
Eは、外付けのHDDです。
2.ubuntu-ja-12.04-desktop-i386をE:にインストール
3.virtual boxを開き、新規作成、名称ubuntu12.04 OS:linux メモリーサイズ900MB 可変サイズ:
4.ストレージ、コントローラーIDEの箇所に、ubuntu12.04のISOイメージを指定
5.起動、

5以降で、確か、vhdかdiskの選択画面で、vhdを指定
すると、真っ暗な画面に、キャプチャの説明が入り、それを閉じると
FATAL:No bootable medium found! System halted.
というエラー表示です。

こちらを解決しようとしているのですが、出来ません。
解決方法を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

『ISOを作るソフトで、ubuntu-ja-12.04-desktop-i386のISOイメージを作成』の部分で失敗していると思います。


Linuxのインストールイメージファイルは、普通にインターネットから取得する場合、取得した時点で(ブータブルな)ISOファイルですので、加工は必要ありません。
ヘタな加工を行うと、ISOファイル一つだけを含むブータブルでないISOファイルを作るのがオチです。

あとUbuntuのバージョンですが、12.04はこの4月でサポートが切れるので、今からやるならせめて14.04にしましょう。CPUが64bit対応なら、64bitでも負荷の差は大してないので16.04にしておくのも手です。
日本語版ISOの所在 https://www.ubuntulinux.jp/download/ja-remix
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ストレージのIDEをISOファイルから、Dドライブに変更したら出来ました。ありがとうございます。

お礼日時:2017/03/22 19:47

>2.ubuntu-ja-12.04-desktop-i386をE:にインストール


間違いです。

「Windows の VirtualBox に Ubuntu 13.04をインストールしてみた」
が参考になるのでは?
https://pc-karuma.net/windows-8-virtualbox-ubunt …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ストレージのIDEをISOファイルから、Dドライブに変更したら出来ました。ありがとうございます。

お礼日時:2017/03/22 19:47

ブータブルなディスクイメージを


仮想マシンのcdromにアタッチしてないように思います。

仮想マシンの手順はどれもだいたい同じようなものです。
1. 仮想マシンを仮想ディスクと一緒につくる
2. インストール用ディスクimage(isoファイル)を仮想マシンの仮想cdromにアタッチする。
3. 仮想マシンを起動。インストールを開始

No1さんのように2のところで勘違いしていそうです。
2のインストールというのは具体的に何をしたのですか?

ところで、なんで12.04なんて古いのを使っているのでしょうか?
あとx64でなくなんでi386?
PentiumMとかPAE非搭載マシンなのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やり方がわからないのですが、x64だと64bitなので、PCへの負荷が高いのでは、と思い32bit版にしています。
1. 仮想マシンを仮想ディスクと一緒につくる
につきましては、ISOを作るソフトで、ubuntu-ja-12.04-desktop-i386のISOイメージを作成しました。
この光学イメージをフォルダより選択し、ストレージに入れ、起動、
→FATAL:No bootable medium found! System halted.
となります。
アドバイスお願いいたします。

お礼日時:2017/03/21 07:07

2が良く分からないな。

ubuntu-ja-12.04-desktop-i386はISOファイルじゃないの? 作成済みVHDファイルがあるの? どちらにせよ、普通はWindows上でインストールするものじゃないと思うけど、これはISOファイルをEドライブ上に置くということではないの?

自分はもっぱらVMware playerでVirtual Boxは使ってないので良く分からないけど、仮想マシンを作るときには仮想HDD(vhdか何か)を適当なサイズ(Ubuntuを入れるなら最低8GB以上、通常は20GB以上)で作る。仮想HDDの実サイズは実際にデータがある分だけなので将来大きく使うつもりなら大き目にしておくと良い。
仮想CD-ROMデバイスも登録して、ISOファイルを仮想CDに挿入して、仮想CDからブートした上で、仮想HDDにUbuntuをインストールする。
UbuntuとかメジャーなゲストOSだと仮想マシンの方でインストールをショートカットできる機能があるかもしれないけど、基本的な動作を理解していないと嵌った時に困るよ。

エラーからするとubuntu-ja-12.04-desktop-i386が正しいISOファイルじゃないような気がするけど、何を使っているの?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ストレージのIDEをISOファイルから、Dドライブに変更したら出来ました。ありがとうございます。

お礼日時:2017/03/22 19:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVirtual Box上のUbuntu9.10におけるネットワーク接続について

現在、Win7のVirtual Box上にUbuntu9.10をインストールして動かしています。Firefoxから各種サイトをブラウジングすることは(何の設定もせず最初から)問題なくできているのですが、アップデートマネージャを起動しようとしても何もダウンロードが始まらないし(パッケージ情報をダウンロードします、と云う画面のまま、それ以上進みません)、何かをダウンロードしようとしてもダウンロードのフォルダには何も入りません。考えられる原因は何でしょうか
ちなみに、ifconfigでネットワーク情報を確認すると、
MACアドレスはPC本体のイーサーネットアダプタとは全く異なる値になっています。(でも、これでちゃんとつながっています)また、inetアドレスも10.0.2.15という、全然見たこともない値です。Virtual Box上のUbuntuから何かをダウンロードしたりすることはかなり難しいのでしょうか

Aベストアンサー

>inetアドレスも10.0.2.15という、全然見たこともない値です。
これはクラスAのプライベートIPアドレスです。
VirtualBoxではNATが標準仕様になっていますので、ホストOSがルーターの役目になり、NAT変換でホストOSのLANに接続されます。
ネットワークアダプタもエミュレートしていますのでMACアドレスは仮想の値になっていると思います。

>何かをダウンロードしようとしてもダウンロードのフォルダには何も入りません。考えられる原因は何でしょうか
ウラウジングが出来てダウンロードが出来ない例を知りません。
ゲストOSを再インストールしてみては如何でしょう?

Qubuntu12.04上でのssh-addについて

以前、ubuntu11.10上でgitを利用していたときは、一度、『ssh-add キーのパス』を入力しておけば、その後ログイン時に一度パスフレーズを入力すればよかったような気かするのですが、12.04上では、ログインの度に『ssh-add キーのパス』を入力しなければいけなくなってしまいました。
~/.ssh/configも作成してキーの位置も指定しているのですが、うまくいきません。
『ssh-add』後は問題なく接続できています。

何か設定を忘れているのでしょうか?
そもそも、configファイルを読み込んでいない気もします。

お手上げ状態です、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ubuntuもgitも使っていませんが……
ssh-askpassパッケージとかその辺りではありませんか?

QUbuntu12.04 アップグレード 無線子機が

Ubuntu 10.04 を使い始めて一年弱の、Linux初心者です。
Ubuntu 10.04から12.04にアップグレードしたところ、10.04ですんなり認識されていた無線アダプターが、使えなくなってしまいました。
無線アダプターは、Buffalo WLI-U2-KG54-AIです。
http://buffalo.jp/products/catalog/item/w/wli-u2-kg54-ai/

添付した画像の通り、ネットワーク名の項目の『▼』をクリックすると出てくる、いくつかのアクセスポイントの中から、わが家のアクセスポイントを選択してクリックしてもボックス内は真っ白のままになってしまい、わが家のアクセスポイントを選ぶことができず、接続の操作ができません。
『▼』をクリックすると出てくる、いくつかのアクセスポイントは、Ubuntu 10.04の時に取得したアクセスポイントの情報が12.04に引き継がれて表示されているだけのようにも思えます。なぜかというと、アクセス中は必ず点滅するはずのアダプターのアクセスランプが、起動中もログイン後も、まったく点滅していないので、アクセスポイントのスキャンが行われていないように感じられたからです。

『Ubuntu 12.04 WLI-U2-KG54-AI』でネットを検索したりもしてみましたが、情報は出てこず、よくわかりませんでした。

原因として思い当たるところは、10.04を使っていた頃にいくつかのサービスを停めたまま12.04にアップグレードしたことです。でも、そのサービスを停めたことが原因なら、10.04を使っている時にも接続に失敗していそうですが、接続に失敗したことはありませんでした。それ以外に、何らかの特別な設定をしていたことはないです。
それとも、Linuxのアップグレードによるインストールののちに以前使えていた無線のアダプターが使えなくなってしまうということはよくあることなのでしょうか。

どんな情報でもかまいません。何かアドバイスいただけると助かります。
どうかよろしくお願いいたします。

Ubuntu 10.04 を使い始めて一年弱の、Linux初心者です。
Ubuntu 10.04から12.04にアップグレードしたところ、10.04ですんなり認識されていた無線アダプターが、使えなくなってしまいました。
無線アダプターは、Buffalo WLI-U2-KG54-AIです。
http://buffalo.jp/products/catalog/item/w/wli-u2-kg54-ai/

添付した画像の通り、ネットワーク名の項目の『▼』をクリックすると出てくる、いくつかのアクセスポイントの中から、わが家のアクセスポイントを選択してクリックしてもボックス内は真っ白のままになってしま...続きを読む

Aベストアンサー

AIはAuto Installを意味していて、スイッチ切り替えで
初期段階での挙動が、無線LANアダプターかUSB-MSDかになるようです。

emobileなどの通信アダプターで悪名高いデバイスドライバー内蔵機器は
modeswitchといった技術で対応せざるを得なくなりました。

modeswitchで挙動が変わる機器は、一度切り替えを行うと
ある程度の期間、切り替わったままになるものがあります。
Windows上で使ったあとだけ、Linuxでも認識するといった現象がありました。

ですから、KG54AIでも、同じような挙動がおきている可能性があります。
というわけで、手動モードに切り替えてあるかどうか確認しましょう。


また、PCIカードもUSB機器も、ベンダーIDとプロダクトIDを持っています。
lsusbでは0411:00daのような形式で、表示されます。
0411はBuffaloのベンダーIDで、00daはKG54LのプロダクトIDです。
KG54Lは12.04lTSでも使えるのですが…
カタログ情報を比較すると、外観は同等でも、中身はまったく違うかもしれません。
(当然プロダクトIDも違うはずです)

ともかく、このプロダクトIDでWeb検索することで
ヒントが見つかることもあります。

AIはAuto Installを意味していて、スイッチ切り替えで
初期段階での挙動が、無線LANアダプターかUSB-MSDかになるようです。

emobileなどの通信アダプターで悪名高いデバイスドライバー内蔵機器は
modeswitchといった技術で対応せざるを得なくなりました。

modeswitchで挙動が変わる機器は、一度切り替えを行うと
ある程度の期間、切り替わったままになるものがあります。
Windows上で使ったあとだけ、Linuxでも認識するといった現象がありました。

ですから、KG54AIでも、同じような挙動がおきている可能性があ...続きを読む

Qubuntu12.04をインストール後に起動しない

大学の授業で学校のPCにubuntuを入れる練習をしたので
自分のノートPCにubuntuをインストールをしてみました。
ubuntuに再起動を要求されてクリックした後に
本来ならば、Recovery Menu(filesystem:read-only)という画面で
grubを選択するのですが、その画面が出てこないで、
以降windows7が自動的に起動してしまいます。

OS選択画面が出てくればいいのですが、その画面も出てこないので
インストールしたubuntuをどのようにしたら起動できるかがわかりません。

パソコン初心者なので、できればわかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

インストール時にBoot LoaderであるGrub2のインストールに失敗したと考えられます。
標準のインストールではハード・ディスクのMBRにGrub2がインストールされますが、
MBRの修復方法などを熟知していないとWindowsそのものも起動できなくなることがあります。
 ここでは、WindowsのBoot Managerの起動メニューにUbuntuを追加・起動できるツールを紹介しておきます。
Easy BCDは非商用の利用に限り無料で使用できるのでNon-Commercialタグから入手してください。

参考URL:http://neosmart.net/EasyBCD/

Qubuntu12.04でのデフォルト環境の変更

ubuntu12.04を利用しています。
各ユーザの新規登録時について、毎回背景表示やメニュー表示など
初期状況をカスタマイズしております。
新規登録時はある設定した環境が
標準で利用可能になる方法をご教示頂けますでしょうか?。
予定では、ターミナルサービス環境を構築していますが、
新規ユーザ毎に環境設定が煩雑となっております。

Aベストアンサー

管理者権限を用いずにカスタマイズした部分については
基本的に、/homeの下に設定ファイルがあります。

ですから、新規ユーザーを作って
カスタマイズ済みの環境との違いを確認し
必要なファイルだけを抜粋して、アーカイブ化しておけばいいと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報