アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

四脚場は下記HPのP1の式(1)で表されます。
g_μν=η_ab e^a_μ e^b_ν

例えば

g_μν=
-1,0,0,0.3
0,0.9,0,0
0,0,0.9,0
0.3,0,0,0.9

のとき、e^a_μ や e^b_ν は、どのような行列になるのでしょうか?

g_μνが別の例でも結構です。

http://ha2.seikyou.ne.jp/home/Kiyoshi.Shiraishi/ …

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    e^a_μ や e^b_ν は、対称行列なのでしょうか?

      補足日時:2017/03/22 09:05
  • うーん・・・

    ご回答有難う御座います。
    私事で恐縮で御座いますが、先ほど、嫌がらせと思われる無言電話が2回あり、頭に血が昇って、交感神経のバランスが乱れ、冷静に考えられない状況です。
    すこし落ち着いてから、考えます。

    No.6の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/03/25 15:17
  • うーん・・・

    ご回答有難う御座います。

    んんん、添え字の上げ下げの規則を考慮する必要があるかもしれませんね。

    No.7の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/03/25 15:52
  • うーん・・・

    すいません。計算間違いでした。

    e^a_μ=
    1.04881,0,0,0.316228
    0,0.948683,0,0
    0,0,0.948683,0
    0,0,0,0.948683


    η_ab=
    -1,0,0,0
    0,1,0,0
    0,0,1,0
    0,0,0,1


    e^b_ν=
    1.04881,0,0,0
    0,0.948683,0,0
    0,0,0.948683,0
    0.316228 ,0,0,0.948683




    の場合は、

    e^a_μ*η_ab*e^b_ν=
    -1,0,0,0.3
    0,0.9,0,0
    0,0,0.9,0
    0.3,0,0,0.9
    となります。

      補足日時:2017/03/25 16:22
  • うーん・・・

    ご回答有難う御座います。
    私事で恐縮で御座いますが、ちょっとイライラしていて、失礼なお返事をしてしまいました。
    再度、規則を見直します。

      補足日時:2017/03/26 10:29

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

あ、ふと気づきましたが、


#5のお礼欄の行列を上から順に、η, e, e^tと書くことにしたら、計算すべきなのは
e^t η e
である事は大丈夫でしょうか。
η e e^t
など積の順番が違うのではありませんか?
この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。
(無言電話の怒りから回復しました。すいません。)

>η e e^t
>など積の順番が違うのではありませんか?
その通りです。

>e^t η e
>である事は大丈夫でしょうか。
以下でよろしいのでしょうか?


e^a_μ=
1.04403,0,0,0.3
0,0.948683,0,0
0,0,0.948683,0
0,0,0,1


η_ab=
-1,0,0,0
0,1,0,0
0,0,1,0
0,0,0,1


e^b_ν=
1.04403,0,0,0
0,0.948683,0,0
0,0,0.948683,0
0.3,0,0,1

の場合は、

e^a_μ*η_ab*e^b_ν=
-1,0,0,0.3
0,0.9,0,0
0,0,0.9,0
0.3,0,0,0.9
となります。

でも、
g_μν=η_ab e^a_μ e^b_ν
の順番で計算する必要があるのではないでしょうか?

お礼日時:2017/03/25 15:49

>η_ab e^a_μ e^b_ν


これを行列表示した時に転置行列が登場するとわかっている人が
>g_μν=η_ab e^a_μ e^b_ν
>の順番で計算する必要があるのではないでしょうか?
のような疑問を抱くとは思えないのですが。。。

アインシュタインの記法に使い慣れていなくて混乱しているだけだといいのですが。
正直あなたの理解がどの程度なのかさっぱりわからなくなりました。

どの程度の回答をする必要があるのか分からなくなりましたので、少し確認させてください。

行列Aの(i,j)成分をA_ijなどと書くことにしたとき、
行列ABCの(i,j)成分は
Σ_kl A_ik B_kl C_lj
である事はわかりますか?(Σ_klはk,lについての和を表すことにします)


また、A_ik,B_kl,C_ljはただの実数ですので、
Σ_kl A_ik B_kl C_lj
=Σ_kl A_ik C_lj B_kl
=Σ_kl B_kl A_ik C_lj
=Σ_kl B_kl C_lj A_ik
=Σ_kl C_lj A_ik B_kl
=Σ_kl C_lj B_kl A_ik
のようにΣの中で積の順番を入れ替えたものたちが同じ値であり、
特にこうやって入れ替えたとしても 行列ABCの(i,j)成分である事は変わらない事はわかりますか?

最後にΣ_kl B_kl A_ki C_lj
がどのような行列のどの成分であるのかはわかりますか?(上の式とは違ってAの添え字がA_kiとなっている事に注意して下さい)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。
>アインシュタインの記法に使い慣れていなくて混乱しているだけだといいのですが。
慣れてないです。毎日、アインシュタインの記法を使って計算している人ならともかく、久しぶりに計算しようと思った次第です。

>正直あなたの理解がどの程度なのかさっぱりわからなくなりました。
細かい点は忘れているかもしれません。

>特にこうやって入れ替えたとしても 行列ABCの(i,j)成分である事は変わらない事はわかりますか?
(たぶんそんな難しい話ではないとは思うのですが)よく理解できないです。

お礼日時:2017/03/26 08:41

いや、ですから、


η_ab e^a_μ e^b_ν =η_ab e^a_ν e^b_μ
が成り立つ(μ,νを交換しても値が変わらない)のですから、正しく計算すれば【必ず】対称行列になります。

対称行列にならないのは、どこかの計算が間違っているという事であって、e^a_μの値のせいではありません。まずは何が間違っているのか探してください。
その間違いを見つけていないのなら、仮に正しい四脚場を提示したとしても、あなたが検算すると四脚場の条件を満たさない事になると思われますか、提示する意味がありません。

どうしてもご自身で見つけられないのなら、計算過程をできるだけ詳しく書いてください。(#5のお礼欄を見る限り、3つの行列の積を計算しているのでしょうから、まずどの2つの行列の積を計算して、いくらになったのかという事で十分だろうと思います)
この回答への補足あり
    • good
    • 0

η_ab e^a_μ e^b_νはeの値をどのように選んでも常に対称行列です。

対称行列にすらならなかったのならeの値のせいではなく、どこかで符号の計算などを間違えたという事でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。

η_ab=
-1,0,0,0
0,1,0,0
0,0,1,0
0,0,0,1

e^a_μ=
-1,0,0,0.5
0,0.948683,0,0
0,0,0.948683,0
0,0,0,1

e^b_ν=
-1,0,0,0
0,0.948683,0,0
0,0,0.948683,0
0.5,0,0,1

の場合は、

g_μν=
-1.25,0,0,-0.5
0,0.9,0,0
0,0,0.9,0
0.5,0,0,1

になったりして、上手く計算できません。g_μνが対称行列になりません。

例えば

g_μν=
-1,0,0,0.3
0,0.9,0,0
0,0,0.9,0
0.3,0,0,0.9

のとき、e^a_μ や e^b_ν は、具体的にどのような行列になるのでしょうか?

お礼日時:2017/03/25 12:39

>計算しようとしたのですが、上手く計算出来ません。

非対角成分の値が、0.3にならないです。
e^a_μを#3に書いたものにすると、
g_03=-αγ
になると思いますが、これが0.3にならない(他の条件からαまたはγが決まって0.3になるようにα,γを選べないなど)という意味ですか?それともこうはならなかったという意味ですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。
>g_03=-αγ
>になると思いますが、これが0.3にならない(他の条件からαまたはγが決まって0.3になるようにα,γを選べないなど)という意味ですか?
全くその通りです。
g_μν=
-1,0,0,-0.3
0,0.9,0,0
0,0,0.9,0
0.3,0,0,0.9
になってしまいます。

お礼日時:2017/03/25 09:23

四脚場を見つけるための具体的な計算方法を書いているのであって、条件を満たす四脚場の存在について言っているわけではありません。


また、#2に書いた計算方法が線形代数の内容だと言っているのであって、四脚場の話の全てが線形代数の内容だとか簡単だとか言っているわけではありません。

数学的には簡単な計算しかなくても、成分が多い分だけ手間はかかるのですよ。
計算結果を知りたいと思っていて計算するだけの知識を持っているであろう貴方自身が計算する気がないのに、代わりに計算してくれる人はなかなか現れないと思いますよ。

まぁ、とにかくお示しの計量テンソルに対する四脚場だけを手っ取り早く知りたいのなら、
e^0_0=α, e^1_1=e^2_2=√0.9, e^3_3=β
e^0_3=γ, 他の成分=0
の形の四脚場が存在していると思いますから、お示しの条件からα,β,γを求めることにした方が計算量は少なくて済むでしょう。(多分この式で大丈夫ですが、これで上手く求まらないならe^3_0=δを追加してみてください)

>e^a_μ や e^b_ν は、対称行列なのでしょうか?
いいえ。
例えば、g_μν=η_μνのなら、e^a_μは(広義の)ローレンツ変換の行列で、特に空間部分の回転でも良いです(回転行列は対称行列ではありません)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。

>まぁ、とにかくお示しの計量テンソルに対する四脚場だけを手っ取り早く知りたいのなら、
>e^0_0=α, e^1_1=e^2_2=√0.9, e^3_3=β
>e^0_3=γ, 他の成分=0
>の形の四脚場が存在していると思いますから、お示しの条件からα,β,γを求めることにした方が計算量は少なくて済むでしょう。
>(多分この式で大丈夫ですが、これで上手く求まらないならe^3_0=δを追加してみてください)

計算しようとしたのですが、上手く計算出来ません。非対角成分の値が、0.3にならないです。
α,β,γ等の変数ではなく、実数の例はないでしょうか?

お礼日時:2017/03/24 15:44

ベクトルa,bに対して内積を(a,b)=g_μνa^μa^νと定義する事にします。


(f_a,f_b)=η_abを満たす正規直交基底を<f_0,・・・,f_3>を一組見つけたとします。
e_μをμ番目の成分が1で、他の成分が0であるようなベクトルとしたとき、fは基底なので
e_μ=e^a_μ f_a
であるようなe^a_μが存在します。

このとき、(e_μ,e_ν)を計算すればこのe^a_μがご質問の四脚場である事が確認できるはずですし、e^a_μは線形代数でいう基底の変換行列である事もすぐにわかるでしょう。

したがって、やるべき計算は線形代数の言葉で言えば
・必ずしも正規でも直交でもない基底(e_μ)から、正規直交基底(f_a)を求める
・この時の基底の変換行列を求める
という事になります。
一般相対論に取り組もうとする人ならこの程度の学部の線形代数レベルの計算は自力でできるでしょうから具体的な値での計算が必要ならご自身でやって下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。
>具体的な値での計算が必要ならご自身でやって下さい。
そんな、、、解が存在するか否かは質問してません。
質問してないことばかりご回答されて、知りたいことが不明です。

>一般相対論に取り組もうとする人ならこの程度の学部の線形代数レベルの計算は自力でできるでしょうから
この問題は一般相対論を理解している人ならだれでも簡単に解る問題なのでしょうか?
四脚場は一般相対論より更にレベルが上の問題のような気もします。

お礼日時:2017/03/22 08:58

明らかにeの選び方に一意性はありませんから、どうなるとはいいようがありませんが、数学的には、斜交座標から直交座標への座標変換と同じ事をやるだけでしょう。


物理的には局所慣性系への座標変換を考えている事になっているはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。
すいません。よく解りません。

>明らかにeの選び方に一意性はありませんから、どうなるとはいいようがありませんが

幾つも存在するということでしょうか?
もしそうで御座いましたら、1つだけでも結構なので、
g_μν=η_ab e^a_μ e^b_ν
を満たすe^a_μ や e^b_ν の行列の例を教えて下さい。

それとも、e^a_μ や e^b_ν は、具体的な行列は、存在しないということでしょうか?

>数学的には、斜交座標から直交座標への座標変換と同じ事をやるだけでしょう。
その点を質問しているのでは御座いません。

お礼日時:2017/03/21 11:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自発的対称性の破れ

ミクロでは自発的対称性が破れて、同じ現象がマクロでは破れてない(=対称性が保存)していることはあるのでしょうか?


https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/story/newsletter/40/4/features/03.html

Aベストアンサー

「自発的対称性の破れ」って大層な言葉に思われるけれども、別に珍しいことじゃない。たとえば、絞ってない雑巾で机を拭くと、濡れたところと乾いたところがムラになる。どこが濡れどこが乾かなきゃなきゃならんということはない(対称性)のだが、しかし全体を濡らすだけの水はなく、そしてともかくどこかが濡れなくちゃ済まない、ってことであり、これも自発的対称性の破れに他なりません。
 で、ご質問の件については、たとえばその水。水の分子は水素2つと酸素が「く」の字の形に繋がってるわけで、分極しています。この分極がどっちを向いていても良い(対称性)んだけれども、ともかくどっちかを向かなくちゃ済まない。ですから、分子ひとつを見れば自発的に空間的対称性が破れています。でも、個々の分子の分極の向きがバラバラであることによって、マクロに水を眺めれば分極は現れず、すなわち特定の向きというものはなくなる。

Q1GB(ギガバイト)って、何g(グラム)の重さですか?

こんにちは。
1GBは、何グラムでしょうか?
GBがデータの単位で、グラムが重さの単位であることはもちろん理解している上での質問でございます。

パソコンで作った1GBのデータは、Wifiに乗せて他の家のサーバーやパソコンやスマホに運べるということは、確かに物体として存在するわけで、どのくらいのデータ量(GB)が集まったら、やっと1gになるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

有名な「マクスウェルの悪魔」に関連して、「シラードのエンジン」という話があります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%82%AA%E9%AD%94#.E3.82.B7.E3.83.A9.E3.83.BC.E3.83.89.E3.81.AE.E3.82.A8.E3.83.B3.E3.82.B8.E3.83.B3

簡単に結果を述べれば、もし、熱力学の第二法則が正しい(第二種の永久機関が作れない)とするなら、
温度Tの環境で、1bitのデータを記憶するには、最低でも、k*T*log(2) のエネルギーが必要です。
例えば、T=300(K) (27℃)だとすると、1GB 記憶するには、
https://www.google.co.jp/search?q=%28Boltzmann+constant%29%2a%28300+kelvin%29%2aln%281e9%29
8.58346389 × 10^-20 ジュールのエネルギーが必要です。
さらに、有名な E=MC^2 を使えば、これは、
9.55039158 × 10^-37 キログラムに相当します。
https://www.google.co.jp/search?q=%28Boltzmann+constant%29%2a%28300+kelvin%29%2aln%281e9%29%2f%28c%5e2%29

有名な「マクスウェルの悪魔」に関連して、「シラードのエンジン」という話があります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%82%AA%E9%AD%94#.E3.82.B7.E3.83.A9.E3.83.BC.E3.83.89.E3.81.AE.E3.82.A8.E3.83.B3.E3.82.B8.E3.83.B3

簡単に結果を述べれば、もし、熱力学の第二法則が正しい(第二種の永久機関が作れない)とするなら、
温度Tの環境で、1bitのデータを記憶するには、最低でも、k*T*log(2) のエネルギーが必要です。
例えば、T=300...続きを読む

Qアースの電子の流れ

漏電した時、電子は地面から機械に流れているのでしょうか?
それとも機械から地面に流れているのでしょうか?

どっちが+でどっちが-か教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

「+かーか」は意識する必要はありません。特に「交流」なら、両方を1秒間に50回(または60回)交替していますから。

電流は「プラスからマイナスに」流れ、実際に電流の主体である電子は「マイナスからプラスに」流れます。勝手に人間がそのように定義しただけで、電圧や電流の計算には使いますが、「概念」として考えるときには「プラス、マイナスは関係ない」と考えてよいです。

アースの場合には、「アースはプラス・マイナス・ゼロ」と考え、回路側が「プラス」のことも「マイナス」のこともあります。

Q量子論についての質問です。 人によって見解が別れると思うのですが、回答お願いします 1 高校の教科書

量子論についての質問です。                                    
人によって見解が別れると思うのですが、回答お願いします

1 高校の教科書と辞書を漁って考察してみましたが、コンプトン効果とド・ブロイ波をつじつまが合うように考えると、「粒子でも波でもない状態がミクロの世界では存在し、両者とも、エネルギーへと変わるにはこの状態に一度ならないといけない。」という考えに至りました。
これは正しいのでしょうか?違うのであれば実際どうなっているのでしょうか?

2 電子の二重スリット実験において、観測するのとしないので粒子性を持ったり波動性を持ったりするそうですが、どうしてそうなるのでしょうか?
現段階でわかってる範囲までで教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

まともに答えると、それが量子論や、場の量子論そのものになるので、不可能。イメージだけ。

粒子であり、波動でもある・・・・って表現が誤解を与えるのかもしれませんね。

素粒子は、力を伝えるもの(光子とかグルーオンとか)と、物質を作る要素になるもの(電子とかクオーク)がありますが、どちらも、空間の至る所になぜか場が存在し、その場がエネルギーで励起し振動しながら波のように伝わる。だから、力も、物質も、もとは全部波なのです。その波というかエネルギーの塊が、相互作用なしで空間を飛んでるのを観察すると、まるで粒子のように見えるってことですね。不思議なことですが、全ては波って考えるってことなのです。

位置と運動量を同時に決められない不確定性も、波って考えるとわかりますね。波は空間に広がっているんで、ある場所だけを見ていると、ある時間経過しないと全体の挙動がわからない。一瞬にして挙動を知りたい、ある空間の広がりを同時に観察しなければならない。不確実性も波の性質そのものです。

人間はもともと、物質を粒子だと思っていたので、波動性、粒子性の2面性とかいいますが、そうではなくて、すべて波動なものを、たまたま粒子と見ていると考えれば、不思議ではないってことなのです。

それじゃあ、そのへんの机とか、車とか、人間の体とか、物質ってなんなの?ってことになりますね。実は、そのマクロな物は、その波というか、エネルギーの塊が、ある力の相互作用によって、中性子や陽子内部に閉じ込められ、さらに、電磁気力で原子内に電子を閉じ込めた、原子というものが基本にあります。ミクロに見れば、原子内部では、波に近い現象がずっと起こっているんだけど、起こったとて、まわりから見たらそれなりに安定している。日常においては、化学反応と、一部、原子核反応を除けば、粒は安定して存在するので、いかにも物質としての粒があるかのように考えても差し支えないってことになります。

実際、そこらへんの板や鉄も、人間の体も、ミクロに見れば、原子核は点みたいに小さい。電磁力で電子を通じてかたまりになっているだけなのです。つまり、中はスカスカですね。水素原子で考えれば、東京駅に1mの原子核があれば、電子の軌道は100kmはなれた水戸や高崎や宇都宮や箱根です。関東地方の空間は何もない・・・・。でも、力によって結びついて、物質に感じる。ものの硬さは、電磁力の反発力ってことですね。

マクロな物質を分解した延長上には、素粒子はないってことだと思います。

まともに答えると、それが量子論や、場の量子論そのものになるので、不可能。イメージだけ。

粒子であり、波動でもある・・・・って表現が誤解を与えるのかもしれませんね。

素粒子は、力を伝えるもの(光子とかグルーオンとか)と、物質を作る要素になるもの(電子とかクオーク)がありますが、どちらも、空間の至る所になぜか場が存在し、その場がエネルギーで励起し振動しながら波のように伝わる。だから、力も、物質も、もとは全部波なのです。その波というかエネルギーの塊が、相互作用なしで空間を飛んで...続きを読む

Q不確定性原理の解説に測定限界という概念が必ず出てくる理由を教えてください。

不確定性原理の解説を読むとほとんど測定対象に光子をぶつける例えがでてきます。 しかし本来の不確定性原理とは、ハイゼンベルクが1927年に導出したxΔP≧h/2の解釈であり、量子の「存在位置Δx」を精細に特定すると運動量ΔPの分布範囲が広くなり、逆に「運動量ΔP」を精細に特定すると量子の位置Δxの存在分布が広くなるという(上記数式に関する素直過ぎる)解釈のはずです。 ここには(測定のために光子をぶつけるといった)測定概念など存在しません。 ほとんどの解説書に上記「測定限界」の概念がでてくるのは、ハイゼンベルクが不確定性原理(解釈)についてパウリに送った書簡、その後彼がボーアをはじめとするコペンハーゲン重鎮に対する説明が元になっていると想像できます。
疑問1:光子をぶつければ測定対象の位置がずれるのは当たり前。 こんな概念は数式の解釈とは何の関係もないでしょう? ハイゼンベルクは何故、こんな「とんちんかん」な書簡をパウリに送ったのでしょうか?
疑問2:天才パウリは何故こんな「とんちんかん」な書簡の中身から、「単一」量子に関する確率解釈という突飛な概念を理解できたのでしょう?
疑問3:こんな「確率解釈」しなければならない奇妙な状況におかれたら、普通ならば理論の前提(ドブロイ)を疑うのが当然でしょう? 1927年当時、左記解釈を裏付けるような実験的検証があったという話を知りません(有名な「二重スリット実験」は1961年です)。 実験的な裏づけが皆無な状況で、こんな奇天烈な解釈がまかり通るようになったのはどうしてなのでしょうか?
疑問4:未だに、不確定性原理の解説に光子をぶつける概念を用いるのは何故でしょう。 論点のすり替えではないのですか?

量子論に関する歴史を中心に片っ端から調査したのですが、いまだ納得できません。 上記疑問には、当方理解不足、誤解があると思われます。 ご専門の方、是非ご指摘とご指導をお願いいたします。

不確定性原理の解説を読むとほとんど測定対象に光子をぶつける例えがでてきます。 しかし本来の不確定性原理とは、ハイゼンベルクが1927年に導出したxΔP≧h/2の解釈であり、量子の「存在位置Δx」を精細に特定すると運動量ΔPの分布範囲が広くなり、逆に「運動量ΔP」を精細に特定すると量子の位置Δxの存在分布が広くなるという(上記数式に関する素直過ぎる)解釈のはずです。 ここには(測定のために光子をぶつけるといった)測定概念など存在しません。 ほとんどの解説書に上記「測定限界」の概念がでてくるの...続きを読む

Aベストアンサー

まず、観測にかけるという事抜きには不確定性を述べることはできません。
もちろん、不確定性原理は観測とは関係ない理論的な所から出てくるわけですが、
実際に観測するからこそ、重要な内容を含んでいると言うことですね(^^)
だからこそ、ハイゼンベルクは実際の観測を想定して、理論の正当性を述べる必要があったと言うことです。
「光子をぶつければ測定対象の位置がずれるのは当たり前」とありますが、
これは、位置が決まっていると考えていますよ。
もちろん量子論に従って、光子もぶつける対象(粒子など)も波動性をもっており、実験前に位置を確定させることはできません。
「位置がずれる」事が問題なのでは無く、光子と粒子が衝突する位置が確定できない事が問題なのです。
あとは、有名な話でもありますし、ハイゼンベルクがここから運動量の不確定性をどう考えて、
どのように自分の理論の正当性を述べたかを振り返ってみてはいかがでしょうか(^^)

参考になれば幸いです(^^v)

Q宇宙がコンピュテーションで成り立っているとすれば、世界のあらゆる現象は、情報処理の最小単位であるゼロ

宇宙がコンピュテーションで成り立っているとすれば、世界のあらゆる現象は、情報処理の最小単位であるゼロと1で作られていることになる。山々、夜空の星々、植物や動物、人間の意識や心、言語といった抽象的なものも含め、すべての現象がイエスかノーかの膨大な計算によって織り成されている。このデジタル物理の理論が証明されれば、運動(f = ma)、エネルギー(E=mc2)、重力、ダークマター、反物質などの現象もすべてゼロと1かの決定に基づく複雑な計算式によって定義できるだろう。

デジタル物理学の話ですが この宇宙は本質的に情報で人間の心は情報にすぎないのでしょうか ?
それを証明することはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

>デジタル物理学
こんな限定する限り、永遠に証明なんてあり得ません。

Q質度・密度・比重の違いを解説して下さい。

質度・密度・比重の違いを解説して下さい。

Aベストアンサー

質度????
質量かな?
慣性を表す量。同じ力で押した時、より動きずらい場合は質量が大きい、簡単に動くなら質量が小さい。
質量=力÷加速度で表される。

無重力の宇宙空間に質感も大きさも同じ球があって、1方は木、他方は鉄である時、木か鉄かを見分けるには押してみれば解ります。
木なら簡単にスッと動く。鉄なら押しても重くてスっとは動かない。

密度:質量÷体積

比重:水の密度を基準として、密度÷水の密度、が一般的に言う比重。

Q飛行機や車などの動くもののなかで進行方向に向かって光を発しても光の速さを超えないのは何故ですか?

飛行機や車などの動くもののなかで進行方向に向かって光を発しても光の速さを超えないのは何故ですか?

Aベストアンサー

光に関してだけは、古典力学(ニュートン力学)の速さの合成法則(つまり、単純に足すだけ)が適用できないためです。

Q235Uの熱中性子による核分裂生成物

235Uの熱中性子による核分裂は、以下のような反応があります。

236U→92Kr+144Ba
236U→102Zr+134Te
236U→104Mo+132Sn

236U→79Ga+157Pm
236U→88Kr+148Ba
236U→90Rb+146Cs


質問1
この他にも核分裂生成物が作られますが、それらの反応式は何を見れば載っているでしょうか?

http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/03/03060304/03.gif

質問2
またこれらの反応のQ値(または核分裂生成物の質量)は何を見れば載っているでしょうか?

Aベストアンサー

核分裂は、かなりいいかげんに「適当に」割れます。通常は「2つ + 中性子3~4個」に割れることが多いですが、この「2つ」も均一に真っ二つではなく「不均一に2つ」に割れることが多いです。おそらく、極めて少ないですが「3つ以上」に割れることもあると思います。
どのような核種に、どの程度の比率で割れるか、というのが「核分裂生成物の収率」ということで、これで検索すればいろいろなデータが出てくると思います。「理論値」などあり得ないので実測値です。従って、誰がどこでどのように観測したかでいろいろなデータがあります。おそらくIAEAなどで国際的にデータを集約していると思います(下記の2番目の論文がそれに関したものらしい)。

http://www.rist.or.jp/atomica/dic/dic_detail.php?Dic_Key=765
http://wwwndc.jaea.go.jp/JNDC/ND-news/pdf77/No77-18.pdf
http://www.e22.com/atom2/images/fission_yield.pdf
http://www.fujiman.net/nonuke/NFM.html

ただし、割れた結果の「2つ」も、多くは不安定核種なので、「アルファ崩壊」「ベータ崩壊」などの「放射性壊変」を繰り返して、どんどん別な元素に変わっていきます。半減期の短いもの、長いものがあるので、最終的にどうなるかも一律には言えません。
そういうものだと思うしかないです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84%E6%80%A7%E5%B4%A9%E5%A3%8A

なお、「核分裂生成物の質量」は、上のような事情でいろいろありすぎるので、「核分裂生成物」として載せているものはないと思います。各々の生成核種に応じて、「核データ」の一覧から調べるしかないと思います。
例えばこんなところ。
http://wwwndc.jaea.go.jp/nucldata/index_J.html

核分裂は、かなりいいかげんに「適当に」割れます。通常は「2つ + 中性子3~4個」に割れることが多いですが、この「2つ」も均一に真っ二つではなく「不均一に2つ」に割れることが多いです。おそらく、極めて少ないですが「3つ以上」に割れることもあると思います。
どのような核種に、どの程度の比率で割れるか、というのが「核分裂生成物の収率」ということで、これで検索すればいろいろなデータが出てくると思います。「理論値」などあり得ないので実測値です。従って、誰がどこでどのように観測したかでい...続きを読む

Q物理における座標系の意味

工学部機械科の一年生です。

今、慣性系と非慣性系のところをやっていて座標系というのが出てきているのですが、座標系とは「運動している物体をどこを基準にして観測するか」というのであっていますか?

検証よろしくお願いします

Aベストアンサー

それでOKです(^^)
なんでしたら、観測者から見た座標軸って考えてもいいですよ(^o^)
運動している観測者の場合は、その観測者と一緒に座標軸も動いているって事ですね(^^)

参考になれば幸いです(^^v)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報