四脚場は下記HPのP1の式(1)で表されます。
g_μν=η_ab e^a_μ e^b_ν

例えば

g_μν=
-1,0,0,0.3
0,0.9,0,0
0,0,0.9,0
0.3,0,0,0.9

のとき、e^a_μ や e^b_ν は、どのような行列になるのでしょうか?

g_μνが別の例でも結構です。

http://ha2.seikyou.ne.jp/home/Kiyoshi.Shiraishi/ …

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    e^a_μ や e^b_ν は、対称行列なのでしょうか?

      補足日時:2017/03/22 09:05
  • うーん・・・

    ご回答有難う御座います。
    私事で恐縮で御座いますが、先ほど、嫌がらせと思われる無言電話が2回あり、頭に血が昇って、交感神経のバランスが乱れ、冷静に考えられない状況です。
    すこし落ち着いてから、考えます。

    No.6の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/03/25 15:17
  • うーん・・・

    ご回答有難う御座います。

    んんん、添え字の上げ下げの規則を考慮する必要があるかもしれませんね。

    No.7の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/03/25 15:52
  • うーん・・・

    すいません。計算間違いでした。

    e^a_μ=
    1.04881,0,0,0.316228
    0,0.948683,0,0
    0,0,0.948683,0
    0,0,0,0.948683


    η_ab=
    -1,0,0,0
    0,1,0,0
    0,0,1,0
    0,0,0,1


    e^b_ν=
    1.04881,0,0,0
    0,0.948683,0,0
    0,0,0.948683,0
    0.316228 ,0,0,0.948683




    の場合は、

    e^a_μ*η_ab*e^b_ν=
    -1,0,0,0.3
    0,0.9,0,0
    0,0,0.9,0
    0.3,0,0,0.9
    となります。

      補足日時:2017/03/25 16:22
  • うーん・・・

    ご回答有難う御座います。
    私事で恐縮で御座いますが、ちょっとイライラしていて、失礼なお返事をしてしまいました。
    再度、規則を見直します。

      補足日時:2017/03/26 10:29

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

あ、ふと気づきましたが、


#5のお礼欄の行列を上から順に、η, e, e^tと書くことにしたら、計算すべきなのは
e^t η e
である事は大丈夫でしょうか。
η e e^t
など積の順番が違うのではありませんか?
この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。
(無言電話の怒りから回復しました。すいません。)

>η e e^t
>など積の順番が違うのではありませんか?
その通りです。

>e^t η e
>である事は大丈夫でしょうか。
以下でよろしいのでしょうか?


e^a_μ=
1.04403,0,0,0.3
0,0.948683,0,0
0,0,0.948683,0
0,0,0,1


η_ab=
-1,0,0,0
0,1,0,0
0,0,1,0
0,0,0,1


e^b_ν=
1.04403,0,0,0
0,0.948683,0,0
0,0,0.948683,0
0.3,0,0,1

の場合は、

e^a_μ*η_ab*e^b_ν=
-1,0,0,0.3
0,0.9,0,0
0,0,0.9,0
0.3,0,0,0.9
となります。

でも、
g_μν=η_ab e^a_μ e^b_ν
の順番で計算する必要があるのではないでしょうか?

お礼日時:2017/03/25 15:49

>η_ab e^a_μ e^b_ν


これを行列表示した時に転置行列が登場するとわかっている人が
>g_μν=η_ab e^a_μ e^b_ν
>の順番で計算する必要があるのではないでしょうか?
のような疑問を抱くとは思えないのですが。。。

アインシュタインの記法に使い慣れていなくて混乱しているだけだといいのですが。
正直あなたの理解がどの程度なのかさっぱりわからなくなりました。

どの程度の回答をする必要があるのか分からなくなりましたので、少し確認させてください。

行列Aの(i,j)成分をA_ijなどと書くことにしたとき、
行列ABCの(i,j)成分は
Σ_kl A_ik B_kl C_lj
である事はわかりますか?(Σ_klはk,lについての和を表すことにします)


また、A_ik,B_kl,C_ljはただの実数ですので、
Σ_kl A_ik B_kl C_lj
=Σ_kl A_ik C_lj B_kl
=Σ_kl B_kl A_ik C_lj
=Σ_kl B_kl C_lj A_ik
=Σ_kl C_lj A_ik B_kl
=Σ_kl C_lj B_kl A_ik
のようにΣの中で積の順番を入れ替えたものたちが同じ値であり、
特にこうやって入れ替えたとしても 行列ABCの(i,j)成分である事は変わらない事はわかりますか?

最後にΣ_kl B_kl A_ki C_lj
がどのような行列のどの成分であるのかはわかりますか?(上の式とは違ってAの添え字がA_kiとなっている事に注意して下さい)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。
>アインシュタインの記法に使い慣れていなくて混乱しているだけだといいのですが。
慣れてないです。毎日、アインシュタインの記法を使って計算している人ならともかく、久しぶりに計算しようと思った次第です。

>正直あなたの理解がどの程度なのかさっぱりわからなくなりました。
細かい点は忘れているかもしれません。

>特にこうやって入れ替えたとしても 行列ABCの(i,j)成分である事は変わらない事はわかりますか?
(たぶんそんな難しい話ではないとは思うのですが)よく理解できないです。

お礼日時:2017/03/26 08:41

いや、ですから、


η_ab e^a_μ e^b_ν =η_ab e^a_ν e^b_μ
が成り立つ(μ,νを交換しても値が変わらない)のですから、正しく計算すれば【必ず】対称行列になります。

対称行列にならないのは、どこかの計算が間違っているという事であって、e^a_μの値のせいではありません。まずは何が間違っているのか探してください。
その間違いを見つけていないのなら、仮に正しい四脚場を提示したとしても、あなたが検算すると四脚場の条件を満たさない事になると思われますか、提示する意味がありません。

どうしてもご自身で見つけられないのなら、計算過程をできるだけ詳しく書いてください。(#5のお礼欄を見る限り、3つの行列の積を計算しているのでしょうから、まずどの2つの行列の積を計算して、いくらになったのかという事で十分だろうと思います)
この回答への補足あり
    • good
    • 0

η_ab e^a_μ e^b_νはeの値をどのように選んでも常に対称行列です。

対称行列にすらならなかったのならeの値のせいではなく、どこかで符号の計算などを間違えたという事でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。

η_ab=
-1,0,0,0
0,1,0,0
0,0,1,0
0,0,0,1

e^a_μ=
-1,0,0,0.5
0,0.948683,0,0
0,0,0.948683,0
0,0,0,1

e^b_ν=
-1,0,0,0
0,0.948683,0,0
0,0,0.948683,0
0.5,0,0,1

の場合は、

g_μν=
-1.25,0,0,-0.5
0,0.9,0,0
0,0,0.9,0
0.5,0,0,1

になったりして、上手く計算できません。g_μνが対称行列になりません。

例えば

g_μν=
-1,0,0,0.3
0,0.9,0,0
0,0,0.9,0
0.3,0,0,0.9

のとき、e^a_μ や e^b_ν は、具体的にどのような行列になるのでしょうか?

お礼日時:2017/03/25 12:39

>計算しようとしたのですが、上手く計算出来ません。

非対角成分の値が、0.3にならないです。
e^a_μを#3に書いたものにすると、
g_03=-αγ
になると思いますが、これが0.3にならない(他の条件からαまたはγが決まって0.3になるようにα,γを選べないなど)という意味ですか?それともこうはならなかったという意味ですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。
>g_03=-αγ
>になると思いますが、これが0.3にならない(他の条件からαまたはγが決まって0.3になるようにα,γを選べないなど)という意味ですか?
全くその通りです。
g_μν=
-1,0,0,-0.3
0,0.9,0,0
0,0,0.9,0
0.3,0,0,0.9
になってしまいます。

お礼日時:2017/03/25 09:23

四脚場を見つけるための具体的な計算方法を書いているのであって、条件を満たす四脚場の存在について言っているわけではありません。


また、#2に書いた計算方法が線形代数の内容だと言っているのであって、四脚場の話の全てが線形代数の内容だとか簡単だとか言っているわけではありません。

数学的には簡単な計算しかなくても、成分が多い分だけ手間はかかるのですよ。
計算結果を知りたいと思っていて計算するだけの知識を持っているであろう貴方自身が計算する気がないのに、代わりに計算してくれる人はなかなか現れないと思いますよ。

まぁ、とにかくお示しの計量テンソルに対する四脚場だけを手っ取り早く知りたいのなら、
e^0_0=α, e^1_1=e^2_2=√0.9, e^3_3=β
e^0_3=γ, 他の成分=0
の形の四脚場が存在していると思いますから、お示しの条件からα,β,γを求めることにした方が計算量は少なくて済むでしょう。(多分この式で大丈夫ですが、これで上手く求まらないならe^3_0=δを追加してみてください)

>e^a_μ や e^b_ν は、対称行列なのでしょうか?
いいえ。
例えば、g_μν=η_μνのなら、e^a_μは(広義の)ローレンツ変換の行列で、特に空間部分の回転でも良いです(回転行列は対称行列ではありません)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。

>まぁ、とにかくお示しの計量テンソルに対する四脚場だけを手っ取り早く知りたいのなら、
>e^0_0=α, e^1_1=e^2_2=√0.9, e^3_3=β
>e^0_3=γ, 他の成分=0
>の形の四脚場が存在していると思いますから、お示しの条件からα,β,γを求めることにした方が計算量は少なくて済むでしょう。
>(多分この式で大丈夫ですが、これで上手く求まらないならe^3_0=δを追加してみてください)

計算しようとしたのですが、上手く計算出来ません。非対角成分の値が、0.3にならないです。
α,β,γ等の変数ではなく、実数の例はないでしょうか?

お礼日時:2017/03/24 15:44

ベクトルa,bに対して内積を(a,b)=g_μνa^μa^νと定義する事にします。


(f_a,f_b)=η_abを満たす正規直交基底を<f_0,・・・,f_3>を一組見つけたとします。
e_μをμ番目の成分が1で、他の成分が0であるようなベクトルとしたとき、fは基底なので
e_μ=e^a_μ f_a
であるようなe^a_μが存在します。

このとき、(e_μ,e_ν)を計算すればこのe^a_μがご質問の四脚場である事が確認できるはずですし、e^a_μは線形代数でいう基底の変換行列である事もすぐにわかるでしょう。

したがって、やるべき計算は線形代数の言葉で言えば
・必ずしも正規でも直交でもない基底(e_μ)から、正規直交基底(f_a)を求める
・この時の基底の変換行列を求める
という事になります。
一般相対論に取り組もうとする人ならこの程度の学部の線形代数レベルの計算は自力でできるでしょうから具体的な値での計算が必要ならご自身でやって下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。
>具体的な値での計算が必要ならご自身でやって下さい。
そんな、、、解が存在するか否かは質問してません。
質問してないことばかりご回答されて、知りたいことが不明です。

>一般相対論に取り組もうとする人ならこの程度の学部の線形代数レベルの計算は自力でできるでしょうから
この問題は一般相対論を理解している人ならだれでも簡単に解る問題なのでしょうか?
四脚場は一般相対論より更にレベルが上の問題のような気もします。

お礼日時:2017/03/22 08:58

明らかにeの選び方に一意性はありませんから、どうなるとはいいようがありませんが、数学的には、斜交座標から直交座標への座標変換と同じ事をやるだけでしょう。


物理的には局所慣性系への座標変換を考えている事になっているはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。
すいません。よく解りません。

>明らかにeの選び方に一意性はありませんから、どうなるとはいいようがありませんが

幾つも存在するということでしょうか?
もしそうで御座いましたら、1つだけでも結構なので、
g_μν=η_ab e^a_μ e^b_ν
を満たすe^a_μ や e^b_ν の行列の例を教えて下さい。

それとも、e^a_μ や e^b_ν は、具体的な行列は、存在しないということでしょうか?

>数学的には、斜交座標から直交座標への座標変換と同じ事をやるだけでしょう。
その点を質問しているのでは御座いません。

お礼日時:2017/03/21 11:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハイパスフィルタ回路の入力電圧が(E_0/s + tanθ/s^2)e^(-st_0)とあらわされる過程を説明してほしいです。

過渡現象の問題の解説を読んでいます。
o----C--------------o 
↑       |        ↑ 
e_i       R        e_o
|       |        |
o--------------------o  

ハイパスフィルタ回路の伝達関数が
H(s) = R/(R+1/(sC))とあらわされるのはわかったのですが、入力電圧e_iが、

E_1(s) =(E_0/s + tanθ/s^2)e(-st_0)とあらわされる導出ができません。E_0というのはt=0のときの初期電圧だと思います。
上記導出についてアドバイスいただけますでしょうか。

Aベストアンサー

>E_1(s) = (E_0/s + tanθ/s^2)e(-st_0)

前稿を訂正。
(まったく見当違いをしてました)

e_1(t) は正弦波じゃなくて、ステップ波形に直線波形(傾斜角 = θ)を重畳したものですね。
 ステップ波形のラプラス変換がE_0/s
 直線波形のラプラス変換がtanθ/s^2
 e(-st_0) は時間シフトをかけたことを示す
.... ようです。

Q電磁気の定数 μ0、ε0、k0、km はμ0が基準ですか?

電磁気の定数 μ0、ε0、k0、km はμ0が基準ですか?

電磁気学はド素人です。
高校教科書物理IIを勉強しています。

わからない点について、
ネットや本で調べているのですが、
どうしても分からない点がいくつかあるので、
質問してみることにしました。
ネット上で質問するのは初めてなので、
質問したいことが伝わるか不安ですが、
よろしくお願いします。

[1]
電磁気で登場する定数の値は教科書には
バラバラに値だけ書いてあります。
でも、何故そんな変な値になるのか?
(比例定数だからもっと簡単になればいいのに)
と疑問に思い、いろいろ調べているうちに
自分の中では以下のような結論に達しました。
が、これで正しいのか?
それとも、違う理由があるのか?を知りたいです。

●電磁気学はマクスウェルの方程式が基本
●マクスウェルの方程式に「4Π」が現れないように
 するために「μ0=4Π×10^-7」と定める
 (10^-7は実際に用いる値が
  小さすぎないためのケタ合わせ)
●マクスウェルの方程式より
 クーロンの法則の式が導けて
 その比例定数1/4Πε0 1/4Πμ0 を
 それぞれk0、kmとおく
●また、マクスウェルの方程式より
 c=1/(ε0μ0)^1/2 が導ける
●実験の測定値より、現在は光速c=2.99792458×10^8
 とされている
●以上より、μ0を決めるとk0、km、ε0が
 計算より求まる

でよいのでしょうか?

[2]
でも歴史的にはk0、kmが先に実験で求められて
それが1/4Πε0 1/4Πμ0であるため
正確な値が再定義されたのでしょうか?

電磁気は、単位や定数の値が後から
再定義されているものが多いようで
???ばかりです。

[3]
あと、磁場Hと磁束密度Bについて
B=μHの関係がありますが、
HとBは何が異なるのか、
その比例定数にあたる透磁率μは
何を意味するのかが理解できずに
悩んでいます。
教科書には
●磁場が磁極に及ぼす力から定めた磁場の強さ
●磁場が電流に及ぼす力から定めた磁場の強さ
と書いてありますが、
なぜその比例定数がμになるのでしょう?

いろいろ質問して申し訳ありませんが
最後にもう一つ。

[4]
磁気量の単位Wb(ウェーバー)の大きさは
何を基準に定めているのですか?

疑問だらけで、全然先に進めず困っています。
よろしくお願いします。

電磁気の定数 μ0、ε0、k0、km はμ0が基準ですか?

電磁気学はド素人です。
高校教科書物理IIを勉強しています。

わからない点について、
ネットや本で調べているのですが、
どうしても分からない点がいくつかあるので、
質問してみることにしました。
ネット上で質問するのは初めてなので、
質問したいことが伝わるか不安ですが、
よろしくお願いします。

[1]
電磁気で登場する定数の値は教科書には
バラバラに値だけ書いてあります。
でも、何故そんな変な値になるのか?
(比例定数だからもっと簡単になれば...続きを読む

Aベストアンサー

 ●の流れは正しいと思います。

 電磁気の単位が構築されたのは、理論がけっこうわかってしまった後の比較的最近(?)の事で、理論的に色々いじれるので、二つも三つも単位系が出来て上がってしまったというのが実情と思えます。

 例えばクーロンの法則、
  F=k0・q1・q2/r^2

で、力F=1(N),電荷q1=q2=1(C),距離r=1(m)の時で、k0を定義するとします。これで良さそうなのですが、電荷1(C)(クーロン)はどう定義するの?という問題が生じます。そこでk0=1(無次元)とおいて、逆にそれを、1(C)の定義にするなんてやり方もあります。このやり方だと、C=N^(1/2)×mになるので、電磁気の固有単位はなくなり、全て力学単位で表せますが、ちょっとやり過ぎでは?というのが正直な感想です(もちろん、正しいんですけど・・・)。
 というのは力学単位は、万有引力の法則、
  F=G・m1・m2/r^2

なんかから出てきたものなので、電気力とは力の起源が違うのだから、電気量の固有単位Cはあった方が気持ち悪くない・・・^^。
 というわけでCを採用します。そうするとk0の決め方は色々あるわけです。k0・q1・q2全体が、F×r^2に等しければ良いだけなので。
 電磁気学の基本法則は5つ(実質4つ)あります。ファラデーの法則,アンペールの法則,電場と磁場のクーロンの法則の微分形,電荷保存則。これらの式が綺麗になるようにk0やkmを決めます。決め方には一長一短があり、さっきのk0=1方式(今度は無次元でない)だと、電気は綺麗になるけれど、磁気はどうかな?といった具合です。なので、平等に綺麗に(汚く?)なるようなのがいちおう妥当であろうと・・・^^;。それで調整した結果、k0やkmは、あんな不思議な値になりました。
 ここで話をややこしくしたのはウェーバーさん(磁荷の単位)です。当時、磁場が電流から発生し、電流は電荷の流れである事はわかっていたので、アンペールの法則から、1(m)離れた平行一定直線電流間にはたらく力が1(N)のとき、1(A)(アンペア)と決めよう、みたいな事を言い出します。そして1(A)の電流が1秒間に運ぶ電気量が、1(C)だと・・・。ここが電磁気学と現実の世界との接点です。後は法則を順次たどって実験にかけ、k0やkmを決めます。この立場だと、光速はε0とμ0から決まります(こっちの方が、なんか嬉しい^^)。光速とμ0からε0を決める方が、より普遍的とは思いますけど、要は現実との接点をどこにするかです。

>なぜその比例定数がμになるのでしょう?
 たんなる単位合わせの結果だ、というのはいちおうの正解だとは思います。でもμって、物質定数なのはご存知ですよね?(真空も物質の一種と考える)。という事は、同じ磁束密度B(電流値で決まる)であっても、まわりの状況によって磁場H=1/μ×Bは変わってくる。こういう場合、比例定数によらない(まわりの状況に左右されない)物理量Bの方が、磁場の正体だ!と考えたくなります(説明になってないかな?^^;)。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B0%97%E3%81%AE%E5%8D%98%E4%BD%8D

 ●の流れは正しいと思います。

 電磁気の単位が構築されたのは、理論がけっこうわかってしまった後の比較的最近(?)の事で、理論的に色々いじれるので、二つも三つも単位系が出来て上がってしまったというのが実情と思えます。

 例えばクーロンの法則、
  F=k0・q1・q2/r^2

で、力F=1(N),電荷q1=q2=1(C),距離r=1(m)の時で、k0を定義するとします。これで良さそうなのですが、電荷1(C)(クーロン)はどう定義するの?という問題が生じます。そこでk0=1(無次元)とおいて、逆にそれを、1(C)の...続きを読む

QE/ρ,(E^1/2)/ρ,(E^1/3)/ρについて教えて下さい!!

 材料について勉強しているのですが、E/ρ,(E^1/2)/ρ,(E^1/3)/ρの意味及び使い分けが分からなくて困っています。
 E:ヤング率、ρ:体積密度です。どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

E/ρ、 E^(1/2)/ρ、 E^(1/3)/ρ

これらの式、どんなところで使われていましたか ?
何を求めるときに出てきた式でしょうか ?

不勉強かも知れませんが、私には心当たりがありませんので。

Q(x,y)平面内の質点に力F(xy,xy^2/2)でかけられているとき質点が(0,r)から(r,0)

(x,y)平面内の質点に力F(xy,xy^2/2)でかけられているとき質点が(0,r)から(r,0)まで半径rの演習を動く時に力のなした仕事を求めよ。
これが分かりません…

Aベストアンサー

たぶん
(x,y)=(r・cosθ,r・sinθ)
と置いてF・dlをθについて π/4から0まで積分すればいいんじゃないのかな。
ちなみに
dl = (r・sinθ,-r・cosθ)dθ
ベクトルの内積はわかるよね?
だったら計算はできるかと。

Q水理学の物体の安定不安定について比重0.9の三角柱(B=4m,H=3m,奥行きの長さL=6m)を

水理学の物体の安定不安定について

比重0.9の三角柱(B=4m,H=3m,奥行きの長さL=6m)を比重1.02の水中に浮かべる。その時の安定不安定を検討せよ。

この問題なのですが、自力で吃水が2.82m,を求めたのですが、その後の安定不安定計算がよくわかりませんでした。
h=Iy/V-aの傾心高式を使って物体の安定不安定を求めるそうなのですが 断面二次モーメントや体積はどこのものを指しているのかがわかりません!

長々とすみませんがよろしくお願いします!

Aベストアンサー

Vは、水に沈んでいる容積です。 Iyは吃水面で切断した水平面の断面二次モーメントを重心軸を中心として求めた値です。
aは、重心と浮心の間の距離です。
頂角が下で、吃水が2.82mですから、水面下の面積は、(2.82/3)×4×2.82/2≒5.3㎡、容積は、水面下の面積に奥行きの長さ6mをかければいいので、V=5.3×6=31.8m3となります。
断面2次モーメントIyは、(2.82/3)×4=3.76mの幅で奥行き6mの長方形の中心軸での値になります。 Iy=6×3.76^3/12≒26.6m4
重心位置は、正3角形なので、底辺から高さの1/3の位置です。 したがって、3/3=1mの位置です。
浮心は、頂角が下向きなので、吃水×1/3となります。 したがって、2.82×1/3=0.94mの位置です。
重心と浮心の間の距離a=0.94-(1ー(3-2.82))=0.12mとなります。
h=Iy/V-a=26.6/31.8-0.12≒0.71>0、したがって安定です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報