日本語を勉強している外国人ですが、「日曜日は」「日曜日には」の違いがよくわかりません。
ネイティブの方にお尋ねしたいと思います。
例えば、

a 日曜日は家で勉強します。
b 日曜日には家で勉強します。

のa,bとも可能な表現でしょうか。また、

c 日曜日来てください。
d 日曜日に来てください。

の場合も、両方可能でしょうか。
よろしくお願い致します。

A 回答 (2件)

日曜日、家で勉強します。


日曜日に家で勉強します。
a 日曜日は家で勉強します。
b 日曜日には家で勉強します。

以上4種類、どれも可能です。
(意味の違い)
「に」を付けると、勉強する時が日曜日であることが、付けない場合より、はっきり伝わります。
「は」を付けると、「ほかの曜日に勉強するかどうかわからないが、日曜日は間違いなく勉強する」の意味が、付け加わります。
「には」を付けると、上の「に」「は」両方の意味が加わります。

c 日曜日来てください。
d 日曜日に来てください。
日曜日は来てください。
 日曜日には来てください。

以上4種類も、どれも可能です。
(意味の違い)
上で述べた通りですが、「は」を付けた場合は「ほかの曜日には来てもらわなくていいが、日曜日は間違いなく来てください」の意味が付け加わります。

以上です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

4種類を全部比較していただき、大変わかりやすかったです。
ありがとうございました!

お礼日時:2017/03/21 07:06

c and d are same.


the difference between and b is emphasise.b is that you have to make it but now you haven't made it yet.a is your routine.every sunday,you suppose to study ordinary.
okey?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速な回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/03/21 07:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「Aですが、B」「Aのですが、B」両方ありますか

日本語を勉強中の中国人です。文Aと文Bをつなぐ時に「Aですが、B」より、「Aのですが、B」のほうが多いような気がします。両方正しい接続方法でしょうか。その違いは何でしょうか。私の理解では、後者の場合、逆接関係を表すだけではなく、文Aの強調にもなるかと、前者なら、単なる逆接関係を表しているだけで、文Aを取り立てて言う意図がないかと思われます。

質問が漠然としすぎて、申し訳ありません。最近目にした小説の一文も例に挙げさせていただきます。あるプロジェクトに参加してくれないかという上司の話に、社員が「本部長のお考えは素晴らしいと思いますが、優秀な方が社内にはたくさんいらっしゃるかと……」と答えました。もし「本部長のお考えは素晴らしいと思う【のです】が、優秀な方が社内にはたくさんいらっしゃるかと……」に変えたら、ニュアンスはどのように変わるのでしょうか。

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>私の理解では、後者の場合、逆接関係を表すだけではなく、文Aの強調にもなるかと、前者なら、単なる逆接関係を表しているだけで、文Aを取り立てて言う意図がないかと思われます。

素晴らしいですね。
全くおっしゃるとおりです。
その理解で間違いありません。
若干、解説を加えます。

この場合の「のです」は、下記辞書の【 (1)原因・理由・根拠などの説明を強く述べる 】という用法です。
「雪が降っているせいか,いつもより参会者は少ない-・です」 「会の運営がうまくいかないのは会員全体の責任な-・です」
などの例が挙げられています。
http://www.excite.co.jp/dictionary/japanese/?search=%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%99&match=exact&itemid=DJR_nodesu_-010

「本部長のお考えは素晴らしいと思いますが~~~」は、単純な逆接表現ですが、
「本部長のお考えは素晴らしいと思う【のです】が~~~」は、「本部長のお考えは【本当に】素晴らしいと思いますが~~~」というニュアンスです。
単純に「本部長の考えは素晴らしい」と言うだけではなく、「本当に素晴らしい」と強調しています。
「優秀な方が社内にはたくさんいらっしゃるかと」と言って本部長の依頼を断わる内容なので、褒め言葉を強調的に表現することによってバランスを取ろうとしているわけです。


>質問が漠然としすぎて、申し訳ありません。最近目にした小説の一文も例に挙げさせていただきます。
→質問が漠然としすぎているかもしれませんので、最近目にした小説の一文も例に挙げさせていただきます。
or
→漠然とした質問内容になっているかもしれませんので、最近目にした小説の一文も例に挙げさせていただきます。

>私の理解では、後者の場合、逆接関係を表すだけではなく、文Aの強調にもなるかと、前者なら、単なる逆接関係を表しているだけで、文Aを取り立てて言う意図がないかと思われます。

素晴らしいですね。
全くおっしゃるとおりです。
その理解で間違いありません。
若干、解説を加えます。

この場合の「のです」は、下記辞書の【 (1)原因・理由・根拠などの説明を強く述べる 】という用法です。
「雪が降っているせいか,いつもより参会者は少ない-・です」 「会の運営がうまくいかないのは会員全体の責任な-...続きを読む

Q「AとB」、「AやB」、「AやBなど」の違い

 日本語を勉強中の中国人です。A、Bは名詞とします。「AとB」、「AやB」、「AやBなど」の違いを教えていただけないでしょうか。

 特に、「AやB」自体のニュアンス、「AとB」と「AやB」の違い、「AやB」と「AやBなど」の違いを中心に説明していただければ助かります。「や」の役割をよく理解したいと思います。

 また、質問文に不自然な表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「AとB」は全部列挙で、「AやBなど」は一部列挙と、端的に説明できますが、
「AやB」は、全部列挙の場合も一部列挙の場合もあります。
管見では同意しかねる部分もあるのですが、参考URLはこのことについて
書いてありますので、御覧になってみてください。

参考URL:http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/limedio/dlam/M19/M192672/4.pdf

Q一週間の初めの日は月曜日か日曜日か?

一週間の最初の日は月曜日でしょうか?
日曜日でしょうか?
国によって違うのかなーとも思ったりしますが、教えてください。

Aベストアンサー

現在のカレンダーは昔と大分変わってしまったので
結論から言えば欧州では月曜から始まり、米国、日本、中南米等では日曜から始まります。日本では両方式が入り乱れているのが実態です。

キリスト教諸国ではローマ時代からユダヤ暦を使用していましたが、キリスト教が力を得るに従い、金曜日(夜から)を安息日とするユダヤ式を捨て、キリストの復活日を主の日と定め安息日としています。ポルトガル語では今日でも当時の週の呼び方が残り、月曜は週の2日目、
火曜は週の3日目・・・と呼び、土曜日と日曜だけに
名前がついています(sabadoとdomingo).sabadoはユダヤ教の安息日の呼び名から、そして日曜日は主の日という意味です。

英国を中心に欧州では日曜から週が始まっていましたが
1971年国際標準化機構の勧告に従い、週は月曜から
始まると改定され、現在ではEU加盟国は右へ習えしています。

日本が両方式を使用するのは恐らく、ビジネスで月曜から始まるカレンダーを使用するようになったからだと思います。我が家のカレンダーはすべて日曜から始まっていますが、行事予定表(手帳、デスク用カレンダーなど)は月曜から始まり、土、日は週末に置かれています。ところが手帳の年間カレンダー一覧表は日曜から(通常のカレンダーどおり)で、スケジュールのページは月曜から始まるという見事なチャンポンぶりです。

現在のカレンダーは昔と大分変わってしまったので
結論から言えば欧州では月曜から始まり、米国、日本、中南米等では日曜から始まります。日本では両方式が入り乱れているのが実態です。

キリスト教諸国ではローマ時代からユダヤ暦を使用していましたが、キリスト教が力を得るに従い、金曜日(夜から)を安息日とするユダヤ式を捨て、キリストの復活日を主の日と定め安息日としています。ポルトガル語では今日でも当時の週の呼び方が残り、月曜は週の2日目、
火曜は週の3日目・・・と呼び、土曜日と日曜だ...続きを読む

Q大至急!!AはB BはC AはC になる文

AならばB BならばC AならばCになる文(国語)を2つ作っていただきたいです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

女子高生ならば高校生。高校生ならば学生。女子高生ならば学生。

女子高生ならば人間。人間ならば動物。女子高生ならば動物。

以上を宿題にそのまま書くと笑われるので、自分で考えましょう。
上記例で要領はわかりましたよね?
そして、コツとしては、Aをなるべく限定的にし、Cを広くすることです。

ちなみに、No.1様は今月に登録された方のようですが、昔の規定をよくご存知ですね。
私は規定が変わったことに気づかず、こういう質問をしたことがあります。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5528240.html

Q「AとなっているB」はA=Bですか?

質問内容はタイトルの通りです。
宜しくお願いします。


それと追加で質問なのですが、先の質問の
「AとなっているB」や
「AとなるB」
のように「なる」という言葉は、「A≠Bの状態が いつかに有って、あるときにA=Bになる」という
意味で使われるのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1。  「AとなっているB」はA=Bですか?

    はい。いまの状態はA=Bです。


  2。  それと追加で質問なのですが、先の質問の「AとなっているB」や「AとなるB」のように「なる」という言葉は、「A≠Bの状態が いつかに有って、あるときにA=Bになる」という意味で使われるのでしょうか?

   はい。そうだと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報